D 即身成仏 2

仏→イ意 ム務ツトメ=通透明

字が教えるように透明に通じる意識に成る事が成仏。


それは真空透明=宇宙意識は概念を超えた世界であるから

概念を超越する事である。



概念の超越は読みを変えること

概念とは

透明=宇宙意識を生んでいる「音」を対象と結びつけ意味付けている。

例えば

 この絵を見れば誰もがハサミと認識するが

 にハ・サ・ミという音を結び付け、切る道具と意味づけている。

→ハサミという概念を生んでいる。



固定観念=概念を割ることは

読みを変えることである。

対象に固定された音を解放するのである。


ハサミ= 切る道具に固定された音を天鏡図に照らし読み変えれば

波左実→光透波は直理(ヒタリ左)の実態

と概念を宇宙の実相に読み変えている。


天鏡図に照らし読み変えれば

概念として固定された音を

天念=宇宙意識・真空透明の実相に展開できるのである。



概念は肉体五感覚が認識する現象の世界

宇宙意識は命の六感覚の潜象の世界


だから肉体五感覚を超越しようと難行苦行し

マントラという意味づけしない「音」を使い

瞑想し宇宙意識=六感覚世界を開こうとする。


それらに求めなくても

概念を天念(宇宙意識)に読み変えできれば

概念の世界であるこの世に生きながら

あの世に通じる事ができるのであり

日常生活そのもの中に開くことになる。


読み変える=ヨミカエリ=甦→更に生きる と字は教えるように

この世だけでなく更にあの世にも生きる事ができる。


黄泉帰り、四三帰り→四+三=七次元に帰るとも読み変えられる。

黄泉は死の世界、死は一タヒ(対)と取れるように絶対に対応した世界

(この世は相対の世界)

七は一Lと取れるように一は絶対、Lは開く意味があるので

黄泉の世界である七次元は絶対が開かれた世界と展開する。


読み変えりに親しんでくると

ネバベキの思考と感情(固定観念)から解放されていくので

田心(閃き)がどんどん

自身の本来性=愛と感謝、イタワリと許し

健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち調和が連鎖する間に合っている世界が広がり

ネガティブな事を反転できてくる。


封印していた無邪気さの回復であり

全てに繋がっている自身の本来性に回帰し

私は和足し

I am what I am→私はIアイ愛を編ム存在である。


自己否定・自己分離の解放に比例し

言霊を使え日常生活に空間性原理を降ろせると考える。



逆から言えば

どんなに知識を構築してもその知識は概念を超えることはできない。

そしてその知識でジャッジしているので

概念から抜け出すことはできないのである。


この世は対象と音が結び付いた概念の世界であるから

真理は曰く言い難し・コトバでは言えない

そう表現するのは概念を超えたところにあるからだが

「曰く言い難し・コトバでは言えない」とコトバを使っているのである。


だから真理はコトバそのものにあると解る。



「真理は知ることではなく生きることである」

聖者グルデブのコトバと聞くが

そんなのわかってらいと知識は構築できるが

問題はどうしたらできるかなのである。



嫌な事・不安な事・上手く行かない事・・・

それらは自身の概念=固定観念が生んでいる。

なぜなら

その概念=固定観念に見合わないことが「問題」になるからだ。

問題は相手や現象にあるのではなく

自身の概念=固定観念が生んでいるのである。


そして問題を無くそうと躍起するが

何に頼ろうが、どう計算と思惑を発揮しようが

固定観念に縛られていては

目先は解決しても問題は無くなりようがないと解ってくる。



その概念を天念に読み変えることで

解放され気づきがお出ましになり

それらのネガティブが反転もするし

意識の拡大=自身の本来性に回帰するのである。


つまり概念を天念に読み変えし続けることで

真理の理解と同時にそれを生きる仕組みなのである。



スポンサーサイト

D 即身成仏 1

真言密教の狙いは即身成仏である。

生きながらの現世に存在しながら大日如来と結合して仏となる。


仏ホトケ→解ケ

死んでから解放されるのではなく生きながら解放される事と考えられる。

字を観てみよう

仏→イ+ム イ意 ム務ツトメ=通透明

成仏は透明に通う意識に成ることである。


この意味から言うと

死んだからと言って必ずしも透明に通う意識に成れるとは限らない。



(透明は光透波の絶対エネルギーで

1次元で捉えれば「音」

その音が宇宙意識である愛(空意)と数に働き法則=真理を生み


2次元では「光」

絶対のクリアな光=透明


3次元では「温度」

宇宙が中和した温度

仏教では「常春」と表現する極楽の温度で

宇宙を命に授かるので私達の命の温度=36℃に投影している。)



大日如来は

大=無限空間、日=宇宙を根底から支える絶対時間

如来=如去如来 去=来の相対しない絶対速度の光透波である。


無限空間は「今茲」で充満し

それは愛と感謝、イタワリと許し 絶対の明るさの透明と

どんな重い質量でも浮かせる絶対の軽さ

(だからあらゆる星は浮いている)

シンクロタイムリー 真理・叡智 命の根源で充満している。


それに通う意識であれば

この世に投影できる→潜象のエネルギーを現象化でき

健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち 調和が連鎖する間に合っている世界を

開く事ができるのである。



どうしたら即身成仏ができるのか

成仏は透明に通う意識に成る事であるが

私達は大日如来=光透波を命に授かっている。


光透波はコトバの本質で

大日如来=神=宇宙意識=愛(空意)を生んでいる音である。


その音を空海は真言とズバリと表し

真言、読みを変えればマコト=誠である。

(だから誠は言成、愛と感謝イタワリと許しのコトバで成っている。)



逆から考えると解りやすい

不誠実であれば無理ではないか。


その一番の不誠実は自分に嘘=自己否定と言える。


その原因は不安と恐れである。

WORLD→WORD+L(開く)と字は教えるように

ネバベキの音がつくる思考と感情が自我であり

その音が間に合わない世界を開いていて

間に合わせようと計算と思惑に始終しているのである。


ネバベキの音が潜象界を封印し、自我に幽閉させている。


(自分を否定していたら命は活性しようがない

命に光透波を授かり、自律神経に働いているから

エネルギーは枯渇し健康は遠ざかる。)




更に人類の歴史をさかのぼれば

アダムとイブの時代は神人合一、つまり神と超伝導であったことは

健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち調和の連鎖の地上天国で

神のコトバの愛と感謝イタワリと許し、縦のコトバだけであったが

善悪を知りジャッジが始まり

縦のコトバは封印され地上の横のコトバになってしまった。


(だから自分の思考と感情が正義でネバベキとジャッジしまくり

相手もそうであるから戦うわけで

戦いを無くそうと戦い続けてきた歴史である。)


それで神と繋がりたいために宗教が台頭し

繋がりたいが故にこうあらネバベキの教えに捕まり

求めるが故に増々封印するパラドックスに陥ってきた。


「神はコトバなり」と知識はあっても

そのコトバを繋がりたいが故に

ネバベキと自己否定=不誠実に使っているのである。



修行でいくら真言を唱えても

こんな自分ではまだダメ・まだ足りないと

自己否定のまま励んでいる事に無自覚なのである。

ソウカとソワカ


そして

問題を感じるが故に修行に励むのである。



そこで改めて観たい事は

命には何一つ問題ない完璧を授かっている事だ。


問題を生んでいるのは

WORLD→WORD+L と字は教えるように

コトバの使い方なのである。


コトバの働きが解ると

潜象界を現象化するには

売りコトバに買いコトバを止め

問題を感じたら「モンダイナイ」

「ソウカソウカ 無理なかった」とどこまでも深く自身をイタワリ

無自覚の自己否定を解放することで

透明に通う自身の本来性との分離がフェイドアウトしていく。

-×-はなぜ+に?



そしてイタワリは

過去の行程を肯定する音のエネルギーなので

「今茲」が近づき

成就とは一切の肯定であるので

イタワリは成就の現在完了進行形なのである。


即身成仏の手段でありゴールと考えられるのである。


どんなに知識を構築しようが

ジャッジであるネバベキにロックされていては

絶対幸福=極楽の潜象界はNOWHERE、どこにも無いのである。

なぜなら「今茲」を否定している音だからである。

青い鳥(NOWHERE→NOW+HERE)



肯定オンパレード=肯定音波霊道

イタワリの肯定の音のエネルギーが霊道で即身成仏を開き

paradise=parade is とアナグラムできるように

パラダイスはその肯定音のパレードです!


そして

それが醸し出す想いは「愛と感謝、イタワリと許し」に

根=音を張ったものだから調和が連鎖するしかないのでる。


即身成仏は真言=言霊を降ろせることと言える。

空間エネルギーも

アカシックレコードにある叡智も

「今茲」に同時にある異次元アクセスも

超能力と言われる潜象エネルギーの現象化は

透明に通う意識がもたらすが

意識はコトバであり

根源である光透波を命に授かるが故に可能なのである。



D 青い鳥(NOWHERE→NOW+HERE)

「病気の娘のために、青い鳥を探してきておくれ。
青い鳥さえあれば、あの子は幸せになれるのだからね。」

クリスマスの前の晩

貧しい木こりの息子チルチルと妹のミチルは
魔法使いのおばあさんに頼まれ

犬やネコや光の精や水の精などの不思議なお供を連れて

夢の中の世界へ青い鳥を探しにでかけます。

しかし思い出の国へ行っても幸福の国へ行っても
未来の国へ行っても青い鳥はみつかりません。


やっと青い鳥を捕まえたと思うと、すぐ色が変わってしまうのです。

やがて朝になり二人は目を覚ましました。

するとどうでしょう
青い鳥は木こり小屋の鳥かごの中にいるではありませんか。
本当の青い鳥(しあわせ)は

すぐそばの自分達の生活の中にあったのです。


(せかい伝記図書館 巻末小伝 メーテルリンク(1862-1949)より)



子供の頃は読み聞かされるままであった童話の内容が

今はなぜそうなのか理解ができる。


「幸せは思い出の国にも幸福の国にも未来の国にもどこにもなく

すぐそばの生活の中にあった。」


この意義を一発で現すのが

NOWHERE→NOW+HERE である。

どこにもないものが「今茲」にあるのである。



文字にはとんでもない秘密が隠されている!

その秘密を開いてみたい。


今とは1/∞秒の瞬間であり

その瞬間に茲から無限大を回って茲に帰ってくる

これ以上ない最速のエネルギーである。


タイムラグがないため無限空間は「今茲」で充満しているのである。


最速の絶対エネルギーが創る「今」という瞬間に

過去も未来も永遠があり

この世もあの世もあらゆる次元が同時に存在する。


「今」という絶対エネルギー=時間が無限空間を結果し

無限空間は「茲」で満たされ

隙間なくシンクロタイムリー、つまり完璧で充満している。



その絶対エネルギーである光透波を命に授かっているのだが

無自覚に自己否定に陥っているのである。


それは「今茲」の自分を否定していることであり

自己否定が強いほど

「過去の後悔・執着と将来の不安」に埋没し

「今茲」にある幸せ、ピタリと調和が連鎖し間に合っている世界を

上へ先へ外にネバベキで求め続けている。


真実は絶対に否定できない「今茲」に生きているのに

意識は「過去の後悔・執着と将来の不安」にロックされているのである。


間に合っていないと感じるそのギャップが不幸なのである。


そしてそのギャップを体は正直に緊張歪みとして現している。

光透波は自律神経に働いているからである。



その不幸を埋めようと

知識の構築と自分探しに行脚するのだ。


「今茲」に全てがあると知識は構築しても

ネバベキの音にロックされたままなので

間に合っているという「今茲」の充実感は深まらないため

探すことをやめられず本当の自分はどこにいるの?と

いくら探してもNOWHEREなのである。


自我であるネバベキの音に翻弄された自分ではないと気づき

自分探しに行脚するのだが

悲しいかな、ネバベキの音を使い続けながら探しまくるのである。



ネバベキの音がアナハタの奥底に

すべてに繋がり調和に連鎖する自身の本来性を閉じ込めているのだ。


そのアナハタのブロックが

中心軸=スシュムナ=コイル=自律神経とリンクする

「秘田ー中丹田ー丹田」の生命ラインを詰まらせてしまい

間に合っていない世界=自我に幽閉するのである。


そこからの脱却を図るが

幽閉原因のネバベキの音のままでやるので

自己解放を自己否定しながら躍起してしまう。



探すのをやめた時

そのままの今の自分を許せ認めることができるのである。

そしてNOWHEREが「NOW HERE」に反転する。



どうしたら探すのをやめられるか

ネバベキの音の使い方をやめ

「ソウカソウカ 無理なかった」とどこまでも深くイタワルことだ。


振り返ればわかるが、思考や知識では無理である。

なぜならばネバベキの音が思考や知識に求めさせるからだ。



イタワリは

過去の行程を肯定し、過去の闇を加光し

アナハタの凍結を解凍するアタタカイ音のエネルギーで

無自覚の自己否定を開放し「今茲」を近づけてくれる。


ネバベキは

真逆で過去の行程を否定し続け

過去を闇のままにし

アナハタをカチンコチンに凍結麻痺させるので

「過去の後悔と執着、将来の不安」に埋没させる。


「今茲」を上へ先へ外へ求めさせ

自己否定しながら自己解放を知識や思考で求めさせる音である。



♪探すのをやめた時 

見つかることもよくある話で ウウフー



D 股関節痛と静脈瘤

足が上がらず股関節が痛くて長年びっこを引くクライアントさん。

静脈瘤がひどく血管除去手術した経緯がある。


股関節痛と静脈瘤の関係

鼠径部は腹部大動脈から来る下肢動脈・静脈の関所になっている。


       0d119e50[1]


鼠径部の硬縮があれば

動脈も静脈も圧迫され血流が悪くなり

どんどん固まって痛みが出るのは当然である。



足の冷えの原因は

第一関所の鼠径部と第二関所の膝窩の硬縮で血流が悪いためである。

冷えがなぜ取れないのか 1



股関節痛で足が上がらないのは

この鼠径部の硬縮があるからで、緩めれば痛みは緩和するとともに

血流が上がり冷えもむくみも改善する。


静脈瘤の原因

関所の鼠径部、膝窩部の硬縮で静脈がブロックされて流れが悪くなり

ボコボコになるのである。



         1-222x300-1[1]



 13_amime[1]    syouhukuzaizu[1]



除去手術でボコボコ脈は無くなるが

原因の関所は閉ざされたままなのである。


だいじな血管を手術で取っては余計に血流は上がらなくなる。

年齢と共に関所はいよいよ硬く閉ざされてしまい

股関節痛はひどくなるのは当然である。


原因の鼠径部・膝窩部を緩めず

対症療法で血管を手術しては再発の危惧もあるし

痛みは股関節だけでなく膝や足首も

冷えもむくみも起こしてしまう。


この関係をお伝えしたら

安易に手術したことを後悔されたが

関所を緩めると痛みが緩和され足が上がるようになってきた。


整形外科では年のせいにされ、痛み止めでごまかして

少しも良くならなかったと言われたが

長年閉ざされてきた鼠径部・膝窩部の関所を緩めることで

希望が持てるのである。




D 天とtransparent

宇宙は真空透明

それを生んでいるエネルギーが

1/∞秒で無限大を動く絶対速度の光透波である。


時間と空間

時間は動きであり空間はその動きの結果で

時間と空間は一体になっている。


例えば

時速60kmは1時間に60kmの距離=空間を結果する速度で

逆から言えば

60kmの空間を結果するのに1時間かかる動き=エネルギーだ。



光透波は

1/∞の極小の一点が絶対速度で動くため無限空間を結果する。

無限空間から観れば

その中は絶対速度で動く極小の点が充満している。


真空透明の無限空間は極小の点=絶対電磁場で充満し

点の連続が線を構成するように

場の連続が波になり絶対電磁場が光透波なのである。


(日月神示の丸チョンは○無限空間、・極小点と解り

無限空間を構成する一点を「ス」と言っている。

スは主であり数で、数が法則を生んでいる。)



1/∞秒で無限大を回る絶対速度

「今」という瞬間が無限空間を結果し

その速度の中にあらゆる動き=時間とあらゆる空間が懐胎されるので

過去も未来も永遠もあらゆる次元が「今茲」に存在している。


通常私達は地球時間に意識を拘束されている。

角度を変えて言えば

肉体五感覚に縛られこの世の3次元に幽閉されている。

その解放が地球時間を超越し

六感世界・高次元とのアクセスが開かれるが

命に光透波を授かっているが故に可能なのである。



天→二人

天は父と母の二人一化した字形である。

父は時間、母は空間

字を割ると

父→ハX 

ハ=波(エネルギー)、X=タイム

父は時間であるエネルギー


母→ロ÷

ロは空間を表し割れば割るほど極小になると同時に無限に広がる。

÷の前提にはX(かける)が必然する。


(2×3=6 two times three is six

英語で掛けることをtimeといい、timeは時間である。

更に面白い事にXはアルファベット24位で

24は地球の一日の時間であるし

なぜ時間が存在するのかの実態が謎=X(エックス)なのである。)


小学二年で習う父・母の字に宇宙の根底の仕組みが秘められている。


点=転=天

極小の点が絶対速度で転回し無限空間の天を構成しているので

テンテンテンと同音で展開する。



真空透明が天であり全てを懐胎し育んでいる親である。

transparent→trans+parent

透明は「超越した親」と取れ

父は絶対時間、母は無限空間であり

父と母の二人一化が天と解る。


絶対時間が寸分の狂いなく完璧に管理=プログラムし

無限空間が愛(空意)で全てを懐胎している。


この仕組みが解るほど

自分の思考と感情が正義で

売りコトバに買いコトバに明け暮れる自我丸出しは

自我が生むバーチャルの世界に幽閉される無駄な抵抗と気づく。


全面降伏が全面幸福、I surrender 愛サレンダーになり

trans-parentの慈愛に包まれ

シンクロタイムリーの調和が連鎖している実感が深まる。



D なぜ音が時間なのか

前回のブログで、神はコトバ・愛・光と認識できるが

時間となるとわからないと寄せられた。


意識はコトバ=音で成立している。

だから神=宇宙意識は音である。

音は波動、波動はエネルギー。

ここまではわかるという。


ちなみに音が光であるのは

波動を1次元で捉えると、音→天意=空意アイ=愛

波動を2次元で捉えると、光→これ以上ないクリアな光=透明

波動を3次元で捉えると、温度→暑くも寒くもない命と同化する快感温度

仏教ではこの快感温度を「常春」と現している。


波動=音=光=温度



波動を掘ってみよう。

波動=エネルギーは何かというと「動き」である。

どのくらいかかって動いたか→時間

動きが時間の本性である。


波動=動き=時間

地球時間は自転と公転の動きであり、それは速度である。
地球一周4万km、これを24時間で割り 4万km÷24時間=1666km/h
公転は1年=365日(時速10万Kmで公転)

1666km/hで自転し10万㎞/hで太陽を回る動き=速度=時間である。



神の音はどういう動きか?

                 ll

神はどういうエネルギーを持つのか?


光は1秒で地球を7.5周の秒速30万km。

光透波は

1/∞秒という瞬間、それが「今」であるが

1/∞秒のうちに無限大を回ってくる動き→光速C∞のエネルギーである。


止まっているが動いている(止=動)

止と動が相対しない絶対速度であり

太陽系銀河系・・・あらゆる時間を根底から懐胎する絶対時間である。



その絶対速度が「今」を生んでいて

宇宙は1/∞1/∞1/∞1/∞・・・切れ目も隙間もない「今」の連続である。


映画のフィルムは1秒間に24コマで収めた連続だが

宇宙は1/∞秒に無限数のコマで収め連続している。


これをどのくらいイメージできるか→意識の明度と能力。

なぜならば、意識のレベル以上の事はイメージできないからである。



今=瞬間

絶対速度があらゆる時間を根底から懐胎するから

「今」と言う瞬間=1/∞秒に永遠がある。

未来も過去もあらゆる次元もだ。


「今」を生んでいる絶対速度の音が同時に数に働くので

数が生む絶対法則を伴っているのである。


それが微塵のズレもブレもない完璧で全てを管理している。

角度を変えれば

完璧な法則でプログラムしている→全知全能。


神は光速C∞の絶対エネルギー=無上の力

それは絶えずフレッシュに「今」を完璧な法則で連続させている。


無上の力を字形で取ると「刀」である。

SWORD→S+WORD

Sはアルファベット19位→十九トク解

WORDコトバを解くことで無上の力を開けるのである。


その秘術が字割である。




しかし

自己否定していては無上の力=神のお力は降ろす事ができない。

自分を否定しているのだから神がホレホレと促していても

受け取れようがないではないか。


自己否定は

過去を否定し過去を闇のままにするネバベキの音にロックされ

「過去の後悔と将来の不安」に埋没していて

「今茲」の知識は構築しても「今茲」を上へ先へ求めるのだ。


神のお力は「今茲」にあるのだから

そのスタンスでは降りようがないのである。



「ソウカソウカ 無理なかった」のイタワリは

過去の行程を肯定し

過去の闇を加光し

アナハタに凍結した無邪気さを解凍するアタタカイ音のエネルギーで

自己否定を解消し「今茲」を近づけ

神のお力を受け取る受皿を広げる。


成就とは一切の肯定であるので

イタワリは成就の現在完了進行形であるから

ingで神のお力を受け取れるのである。


計らわれ生かされ愛され

護られる事に恵まれている自覚実感である。


愛で完璧にプログラムされている理解が深まり

無駄な抵抗はよせ

全面降伏が全面幸福、I surrender 愛サレンダーが広がる。




D 神=コトバ=音=波動=動き=時間

ヨハネの第一章

初めにコトバありき、コトバは神と共にあり、コトバは神であった。

ご存じのように神はコトバである。


神であるコトバを様々にリンクしてみたい。


神→ネ+申

ネ=音、「音を申す」とズバリと字は教えるように

神はコトバ=音、音は波動である。


sound

アルファベットは数を内在するので数で取ると

sound→19+15+21+14+4=73

73ナミ=波、音は波動とピタリと裏付けている。




神=コトバ=音=波動

その波動は

「今」という1/∞秒の瞬間に無限大を回ってくる動きである。


その動きはタイムラグが生ずることが無いので

無限空間でどこでも同時に「「今」が存在する

「止=動」の絶対速度のエネルギーである。


仏教でいう如来は

「如去如来」→去=来で絶対速度のエネルギーと解り

そのエネルギーが極楽浄土の絶対界を生んでいるのである。



時間の本性

時間とは動きであり、動きに見合って空間を現象するので

時間は空間に結果し分ける事ができず

時間=空間と一体になっている。


例えば

時速60kmの速度とは

1時間で60kmの空間を結果する動き=エネルギーである。


光透波は光速C∞の絶対速度のため無限空間を結果している。


時間という動きが空間を現象しているので

地球には地球の時間あり

地球時間→地球の自転と公転の動き=速度が生んでいる。


太陽系、銀河系・・・とそれぞれが網羅する宇宙空間には

それらが持つ動き=時間が存在するのである。


月の1日を地球時間で言うと27.3日となるように

同じ1日でもそれぞれの自転速度が違うため

地球時間、太陽系時間、銀河系時間・・・と固有の時間がある。


わかりやすいのは浦島太郎で

竜宮の1日は地上では数年になり

浦島太郎は玉手箱を開けたことによって

竜宮時間とのズレを認知してしまい途端に老けたと考えられる。

浦島太郎(異次元融合)




神の波動=動き=時間

「止=動」の絶対速度で

これ以上ない最速を秀+走と取れる「透」が意味し

これ以上ないクリア=透明を生み

真空透明の無限空間を現象する光透波なのである。



光透波が1/∞秒で無限大を動くエネルギーで

地球時間も太陽系時間も銀河系時間でも・・・

あらゆる時間=動きを網羅し根底から懐胎する絶対時間である。


透明を生む秀走の絶対速度

TOPSPEED→DEEP SPOT

TOPSPEED→STOP SPEED


絶対速度が宇宙の根底=DEEP SPOTを支え

絶対速度はSTOP SPEEDで止っている速度(止=動)

英語でズバリとアナグラムでき、なんとも文字は凄い!


さらに驚くことは

止るというSTOPはS+TOP

Sは19という数を内在するので、19=十九トク解と取れ

TOPを解くと「止」と教えている。


止るの中に最速・最高があると同時に

字形を観ると

止→上の無い正=無上の正となり

止っているが動いているTOPSPEEDが

無上の正=真理を生んでるのである。


だから

無限空間で同時に「今」を存在させている事は

シンクロタイムリーで充満し微塵もズレを生じることは無い。


絶対界=完璧なのである。



コトバ=音が意識を生んでいるのであるから

その完璧を意識で言うと

絶対にぶれることは無い完成された情→完情=愛であり

空意アイと取れるように

宇宙は愛で充満しているのである。


私達はどうあがいても愛からは逃れられない仕組みになっている。


この事を自覚できれば

自身の誠をに生きるしかないのではないか。


嘘偽りの無駄な抵抗を止める

全面降伏が全面幸福で、I surrender 愛サレンダーと考える。



微塵もズレもブレも生じないのは

音が意識と共に数に働いてバックしているのからだ。


ピタゴラスは「宇宙は数」と喝破したが

数とは何かというと音であり

数の特性である規則性・順序性・正確性が法則を生んでいるのである。


音が愛を生み同時に数に働き真理を生んでいる。


number→14+21+13+2+5+18=73

sound→19+15+21+14+4=73


音=数でありスペルを数で取っても

両方とも73で波=波動=エネルギーとピタリなのである。


神はコトバそれは音である。

音がエネルギーであり

宇宙を根底から支え懐胎する絶対時間である。




Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad