FC2ブログ

D ユズル

お先にどうぞと順番を譲る、電車で席を譲る、運転で道を譲る・・・

譲っても大した時間の差もどうって事も無いのに、譲れない人が多い。

あおり運転が物語っているこの頃だ。


譲れない人は

自分が正義なので許せず自己主張・権利を通したいのだ。


権利を押し通すのと譲るのでは

どちらがエネルギーが高まるか掘ってみたい。



譲られた方は感謝を向け

譲った方はエネルギーを受ける事になる。


譲るにはゆとりや優しさが無いとできない

つまりエネルギーがあるからでき、さらに相手から感謝されので

エネルギーが高まるとわかる。


譲れば良いものを譲れない事は

グッと力が入り構えてしまう→自律神経緊張を余儀なくし

それはエネルギーの低下となり権利や自己主張の発揮で

ますます自律神経緊張を招いてしまう。


相手からはケチンボというネガなエネルギーを放射され

ひどければ言い争いになりかねない。



あおる方もあおられる方も相当な自律神経緊張に陥ることは想像しやすく

エネルギー的に捉えると

譲るとエネルギーが入ると解るのに何で譲れないかを掘れば

自己主張と防衛をせざるを得ない抑圧の反動があるからで

幼少期に不安や恐怖、ネガなエネルギーを刷り込まれている程

自己主張と防衛を強めた思考と感情が醸し出され

それが人生の土台になっていて、大人げないと言われようが

何歳になっても反応してしまうのである。



譲れるようになるコツ

弱さを自覚できると良いと思う。

弱さを否定しているから自分も相手も許せず

もっと強くあらネバ、自分の力で勝ち取らネバと

躍起せざるを得ないのではないか。 弱くていい 1


どうぞと譲ることで気を楽にでき自律神経を緊張させることなく

相手からは感謝の想いを放射されエネルギーは高まるが

それって陰徳を積むことにもリンクしていると思うのである。


きっといつかどこかで陰徳で大きな譲りを受けるのではないだろうか。


波入ユズル→エネルギーを入れるにはユズル。



スポンサーサイト

D ピンクビームとPRAY

ピンクビームは3Dのイタワリである。ピンクビーム

エネルギーは

1次元→音

2次元→光

3次元→温度


イタワリ(音)の温かさ(温度)をピンク(光)に込めた3Dで

実践すると違いが解るが

相手のアナハタに向けピンクの光線で繋げるため

イタワリの音を回すより強力である。



ピンクビームは相手をコントロールする為ではなく

許しであり、私が私であるように・あなたがあなたであるように願い

私も相手も大切に思うエネルギーである。


ピンクビームは祈りなのである。



イノリは意乗リと取れるように

祈ることは天意に乗る事であり

天意は「愛と感謝、イタワリと許し」であるから

日常生活の中で深く広くイタワリができることが

自我を溶解し天意に乗れていくことになる。


逆は自我丸出しで売りコトバに買いコトバし

相手を抑圧コントロール・オ躾しジャッジする事だ。


祈り=P+RAY=PINKのRAY(光)

ピンクビームは祈りそのものと響くのである。


そして自我が溶解し天意に乗れることは

自身の本来性に回帰で命の情報開示→封印されていた覚醒遺伝子も

どんな病気も改善する遺伝子もスイッチオンとなり

健康で豊か、安らぎに満ち調和が連鎖する間に合っている世界が広がる。



先日(5/12)NHKスペシャルで遺伝子のスイッチオンをやっていたが

宇宙空間に滞在でスイッチオンとなったように

環境=場に影響されると解説していた。


残念な事に細胞膜のシグナル伝達には触れてはいなかった。

スイッチのオンオフは場のエネルギーを細胞膜が受け取り

シグナル伝達で遺伝子を引き出すと考えられる。

皮膚身神示とDNA 1



放送を見て響いたのが

肉体は宇宙=無重力に行かなくても

意識は天意である宇宙=無重力に祈り=意乗りで行く事ができる。


つまり「愛と感謝、イタワリと許し」の天意の音に乗ることで

遺伝子のスイッチオンとなると響くのである。スイッチオン


だからスイッチオン=主一致音→天意(主)と一致する音と取れる。

究極の場のエネルギーはコトバという場であり

コトバが持つ場のエネルギーは1/∞秒で無限大を回り

宇宙を構成する絶対電磁場なのであるから。


ロケットでは莫大な費用とごく限られた人だが

「愛と感謝、イタワリと許し」の主一致音は誰もがいつでもできるのである。


主一致音する3DのPRAYがピンクビームと響く。


忍耐努力我慢の命を削りながら間に合わせる必要は無く

PRAYが遺伝子をスイッチオンし健康で豊か、安らぎに満ち

調和が連鎖する間に合っている世界を広げるので

開花した個性を好きな事や楽しい事に思う存分発揮できる。

それが本当の遊び=PLAYではないだろうか。

PRAYとPLAYがリンクすることに感動する。


Pray girl、Pray boyが本当の遊び人だ



D 闘病を考える

アスリートの闘病生活の報道で響くので掘ってみたい。


闘病→負けるな、頑張れ!と克服するスタンスと思う。

原因を顧みずに病気に打ち勝とうでは

増々自律神経を緊張させるのではないだろうか。



病気は自律神経緊張

無理を重ねてきてエネルギーが枯渇し機能低下状態

自律神経を緊張させるライフスタイル

それを掘れば、そうさせるネバベキの思考と感情であったと思うのである。


なぜ無理を重ねてきたかと問えば

期待を裏切れない無自覚の不安恐れや

自己否定と自己防衛がイイ人ぶりや認証を求めるので

それが忍耐努力我慢を強いてきたし

あるいはそうしなければ勝ち取れない、幸せになれない

という刷り込みを受けてきたのではないだろうか。


無駄な努力は報われることは無いはずなのに

親も先生も世間も頑張れ!努力は報われると検証もせずに

伝承されてきたままを刷り込んではないだろうか。



忍耐努力我慢は

とりあえずのものは勝ち取れ幸せ感を得るだろうが

ネバベキで自己否定しながらやるので、命を削って得ているのである。


幸せや満足感は命が充実する事なのに

命を削って求めてはいつ充実するというのか?

裏腹に病気に陥るのである。



それに気づかずに闘病スタンスでは自然治癒力が高まり難い。

だから私は労病と考える。


労病

病気になった事を「ソウカソウカ 無理なかった」とイタワル。

病気になるのは無理なかったのだから。

イタワリはそうせざるを得なかった過去の行程を肯定するので

無自覚の自己否定を解放し、自律神経の緊張緩和をもたらしてくれる。


イタワル事で気づき、ライフスタイルを変えられるわけで

そうでなければ薬や手術のとりあえず改善で

また命を削るライフスタイルに戻ることになる。


「労」を割ると、ワ=和・ツ=通・カ=ちから

イタワリは調和に通じる力を発揮すると字は教えるように

自律神経活性=生命力=免疫力=自然治癒力活性と連動し

命の充足=運気向上=調和の連鎖=間に合っている世界が広がり

幸せを得ることになる。


イタワリと真逆のタタカイは

戦→単り+戈と示すように

自身にホコを向け自分を否定するので命は高まりようがない。



イタワリで病気から疒が取れ「丙気」

丙(へい)は陽の火をあらわし明るく輝く太陽に例えられ

万物全てに分け隔てなく光や熱を与えていく性質。

病気はそれが低下することと言える。


丙気は命の活性

そうなればどんなことがあってもヘイキではないか。

病気になったから手にできるわけで

労病がもたらしてくれると考える。



D 不安と不満

病気は不安と不満の結果

不安と不満が精神的肉体的関わらず病気の原因ではないだろうか。

不安が何をまねくかというとエネルギー不足=不満で

今の否定=自己否定に陥らせる。


こんな自分ではダメ、もっと強くあらネバベキ

そして自己否定は自己防衛を伴うので周りに過敏である。


今の否定は

「過去の後悔と執着、将来の不安」にロックし、今が充実しない。

自分を否定していてはエネルギーは枯渇の一途で

自律神経緊張を余儀なくし機能は低下、それが病気である。


ウツは不安と不満でパンパンだが、脳の機能低下なのである。



不安と不満はどこからくるのか?

「三つ子の魂百までも」というように

幼少期に不安を刷り込まれる程、自己否定と自己防衛の思考と感情を強め

それが人生の土台になってしまう。


刷り込みを客観できれば解放もできるのだが

幼少期からであるから自身を客観できない為

不安と不満に無自覚で人生を歩んできている。


その出所は潜在化され自覚できないが不安と不満を

体は正直に自律神経緊張=エネルギー不足=病気として現している。


治療では

体は不安と不満に反応し続けるが、出所は潜在化しているので自覚できない。

無自覚を考えても解らないが、筋肉反射(キネシオロジー)で読み取る事ができる。


原因である潜在化された不安と不満が

背骨のどこにネガティブなエネルギーとして影響しているか

何歳の時に強く受けているかなどを読み取る事ができる。


意識を向けた所にエネルギーは動いてくれるので

その幼少期に意識を向けることで潜在化された情報が上がり

イタワリ照射しながら解放する。



不安が不満を生んでいる

不安がある人は不満なのである。

不満=エネルギー不足が過食・アルコール・ギャンブル・ドラッグ・買い物・・・

様々な依存症に走らせ、あるいは人を抑圧する。

やりやすいのが自分よりエネルギーの弱い相手であり

一番の被害者は子供である。


躾と称しても体罰は抑圧そのものだし

あなたのためよ、こうしなさいあーしなさい、それじゃダメと

子供を心配するが、親自身にある不安と不満を子供にすり替えているのだ。


そうやって抑圧された子供が親になり

同じように繰り返すわけで、まさに因縁である。



不満フマン=HUMAN→人間

不満を持っているのが人間、英語とコラボしてピタリである。

そして不満は不安から生じているのであるから

人間だれもが多かれ少なかれ不安と不満を持っていると思う。


余剰エネルギーがある内は

不安と不満を自己防衛の反動でイイ人ぶりして誤魔化しているが

臨界を超えれば精神的か肉体的か体は病気に陥る。


そして不満のまま=満足しないまま死んでしまったら

誤魔化してきた不満と全面対峙すると思う。



なぜ幽霊は足が無いのか

満足→足が満ちると書くように  73749f55[1]

満足しないまま死んだから足が満ちていないとわかる。

幽霊の言うコトバは「うらめしや」

うら=心、めし=飯

心を温かくする「愛と感謝、イタワリと許し」の心の飯を求めるのだ。



不安と不満で凍結した人間の本来性「愛と感謝、イタワリと許し」を

早いとこ解凍したいではないか。

解凍するほど

健康で豊か、安らぎに満ち間に合っている世界が広がるのだから。


早く本来性に回帰した~い   smile[1]  

溶解人間 ベム、ベラ、ベロ、大



D ピンクビーム

アナハタが解放されれば丹田にエネルギーが降りる仕組みである。

     dansei-mae[1]


自律神経・中心軸・コイル・スシュムナとリンクする生命ライン→

「秘田ー中丹田ー丹田」が整う程

生命力=免疫力アップ=個性の開花=運気向上で

健康で豊か、安らぎに満ち調和が連鎖する間に合っている世界が広がる。


強く温かく厚みがあり輝くオーラ

中心軸が整い均整の取れた体

コトバやイメージにエネルギーが乗り

その様に現象をもたらし量子力学を降ろせる



生命ラインがアナハタ(中丹田)でブロックされるから

丹田に降りにくくしているのに

ブロック原因の自己否定には無頓着で

丹田強化を腹式呼吸や立禅、瞑想や練功・・・に躍起し

こんな自分ではダメまだ修行や学びが足りないと

今の自分を否定しながら宗教やスピリチュアルに

思考や知識で自己解放を自己否定しながら求めているのだ。


それは「今茲」を上へ先へ求めるのだから今が充実しようがなく

アナハタがブロックしているので

頭ではわかるが腑に落ちない=丹田に降りないので

自覚実感が持てないし実力も伴わないのである。


自己否定していてはエネルギーは枯渇の一途

それで丹田強化を様々に求めるし

不足感が自分探しに駆り立てるのは無理もない事である。



なぜアナハタがブロックするのか

不安恐れが正直な気持ちを封印し

ネバベキの音に縛られた思考と感情を生み

自己否定と自己防衛をしていて、それに無自覚なのである。


生まれた時は天真爛漫純粋無垢で命の働きそのものを顕現し

全てに繋がっているのだが

赤ちゃんは自意識を持たないのでそれを自覚できない。


そのまっさらに有限相対差別の地上の仕組みを

不安と恐れをもって刷り込まれるのである。


それが命の情報と自身の正直な気持ちをアナハタに封印させるのである。

あなたも私も初めからひねくれていたわけではない。



物心つく前からの刷り込みであるから自身を客観できない→

自己否定している事も

調和の連鎖で全てに繋がり「愛と感謝、イタワリと許し」の自身の本来性と

分離していることを自覚できないのである。


そのため自己否定のまま自己解放を求めることになるので

アナハタチャクラの活性が一番難しいのである。

その証拠にこんな自分ではいけない、まだダメまだ足りないと

ネバベキでアナハタの活性や丹田強化を躍起しているではないか。


だからアナハタが開けば他のチャクラは連動して活性化するし

エネルギーは丹田に降りる仕組みである。



チャクラを難しく考えることは無く

チャクラは六感覚の能力であるが、それはズバリ命のハタラキで

自律神経が担っているし

能力=脳力、能力を握るのが脳=自律神経の中枢である。

だから、自律神経の緊張緩和を図ればいいと解る。


自律神経を緊張させた原因は何かと言えば

無限絶対全一の命(天真爛漫純粋無垢)に

有限相対差別の地上の仕組みが必然する不安恐怖の刷り込みなのである。



アナハタを活性するピンクビーム

立位でも座位でもOK

右手を立て左手を寝せる   butuzou.jpg

自身のアナハタから相手のアナハタに向けピンクビームを照射する。

息を歯にかけ「スー」の吐く息に合わせ

(「スー」で丹田が力点になる。)

「ソウカソウカ 無理なかった」「モンダイナイ」を乗せ照射する。


エネルギーは

1次元→音

2次元→光

3次元→温度


ピンクビームは

ピンクの光にイタワリの音とアタタカイ温度を乗せた3Dのイタワリである。


あなたのアナハタからイタワリのエネルギーが3Dで相手に照射され

相手にも自分自身の活性化になり

やればやるほどアナハタは解放されエネルギーは高まるし相手と繋がる。


    


実践すると解るが

照射しやすい人とやりにくい人が出る。

しやすい相手は好きな人=同調共鳴しやすいからで

やりにくい相手は嫌いな人=あなたのアナハタのブロックを引き出している。

なぜならば、全ては自身の投影であるからだ。


その様な相手にピンクビームをしやすくなることは

無自覚の自己否定と分離の解放になっていて

アナハタが活性化され増々エネルギーが高まる。

そのエネルギーはアタタカイ想いである→

アナハタは愛のチャクラなのである。


アナハタの活性は不安恐怖の解放で

生命ラインは丹田にスムーズに降りエネルギーが高まる仕組みである。


逆を言えば

エネルギーが弱いから不安恐れに捕まり

「過去の後悔と執着、将来の不安」にロックされ「今茲」を遠ざけている。



何がイヤだった?怖かった?寂しかった?何を我慢した?と

アナハタに問いかけ、幼少期の自分をイメージしてやるといいし

ロックが強いとイメージしにくいので、幼少の写真に向けてやると良い。

ウツや問題を抱えている人には特にお勧めしたい。

エネルギーが高まれば良いのだから。


そして過去の行程を肯定でき、今が近づき

闇のままにしていた過去に加光し、今が明るくなり

凍結麻痺していた命の情報が開示され

調和が連鎖する間に合っている世界が広がっていく。


会う人・出かける場所・仕事先にピンクビームで先に繋げておく

寝る時にやることで潜在意識に入れやすい。

注意したい事は

相手をコントロールするためにやるのではない

イタワリなのだから。



そしてピンクビームは海外であろうが、肉体を脱いだ人にだろうが

時間空間を超越して繋がる。

なぜならばそのエネルギーの実態は

1/∞秒で無限大を回る絶対速度の光透波だからである。


ピンクの光はもちろん

「1/∞秒で無限大」をイメージできるほど出力は上がるからね。

脳力とイメージ



D 脳力とイメージ

脳は現実とイメージを区別しない

例えば

すっぱい梅干しをイメージすると実際には食べていないのに唾液が出るし

イメージトレーニングでも

実際に体を動かさずともイメージできることで

脳は現実とイメージを区別せず体はそのように反応する。


イメージが具現化するのは脳の持つ能力であるから

能力=脳力と同音リンクしているし

イメージで脳はエネルギーを発揮し現象に作用するのである。


これを使わない手は無いではないか!

最小エネルギーで最大効果はイメージできる能力=脳力にかかっている。



この観点からエネルギーを捉えれば

全ては脳からの指令で動くのだからイメージできる能力=脳力の高さが

エネルギーの高さであるし

意識が低ければそれなりのイメージしかできないように

イメージ能力が意識の高さとリンクしている。


それを更に掘れば

抽象の世界=宇宙をどの位イメージできるかだ。

30万km/秒が光の速度であるが

真空透明を生んでいるこれ以上速い速度は無い絶対速度→

1/∞秒で無限大を回る速度→

今という瞬間に茲から無限大を回って茲に帰ってくる速度を

どの位イメージできるかが最大能力=脳力で意識の高さと言える。


そうなれば無敵である

なぜならば吾即全、全てに繋がっている自覚なので敵が存在しようがない。



遠隔治療の原理

命はその絶対速度(光透波)を命に授かっている→

真実はあらゆるのもに繋がっている。


繋がっているが個々の周波数は違うので

送りたい相手の周波数にチューニングする→

相手をイメージすることで合わせる事ができ

イメージでエネルギーを送受信できる仕組みである。


だから脳は発信機であり受信機のアンテナでもある。



なぜ難しいか

自身の本来性の真我は全てに繋がっているが

自意識=自我は分離感があり、自我が強いほどイメージ能力は低い。


自我の強さは固定観念の強さであるから、ネバベキに縛られるため

イメージがその分できない=チューニングしにくいからである。


さらに掘れば固定観念の縛りが強いほど

こうあらネバベキと無自覚であるが自己否定=自己分離していて

それでは自分自身と繋がっていないので

他と繋がる事は難しいのは当然である。



imagine→イマジン=今人

自己否定は過去の行程を肯定できないからで

「過去の後悔と執着、将来の不安」に捕まり今を生きていないのである。


だから固定観念に縛られ、こうあらネバベキの思考と感情で

自我が強くイメージを膨らませにくい。


その逆は無邪気で

「泣いたカラスがもう笑う」→過去に後悔と執着しないからもう笑え

今が充実する今人である。

そして無邪気であるほど固定観念に縛られず

イメージを膨らませる事ができ

その様な脳はミラーニューロンが活性化している。


ミラーニューロン活性化の脳がイメージを現象化する能力で

最小エネルギーで最大効果を発揮する。


imagine→イマジン=今人

無邪気で今を生きる人が

イメージという最小エネルギーで最大効果を発揮すると字は教えている。

ジョンも固定観念の解放をメッセージしている。




D カンジダ菌の解説

カンジダ菌は常在菌であるが臨界を超えて増殖すると、さぁ大変!

玄米食べようが断食しようが白旗を上げはしないし

抗生物質でも太刀打ちできず、かえって耐性を持ち増殖する。


シモンチーニ博士は癌はカンジダ菌と喝破しているように

極みは酸素無しに増殖する癌である。癌の原因 1

(カンジダ菌は真菌で手ごわい水虫と同種で、内臓にできた水虫と言える。

だから来院する癌のクライアントさんのほとんどが水虫・爪水虫を持っている。)


口腔内のpHで癌チェックができるのも

癌に繋がるpH7以上のアルカリになる原因は

口腔カンジダになっていなくても  tikuwakun1[1]

体はちくわ構造の一本の管で口腔と腸はダイレクトで

アルカリにさせるカンジダ菌増殖が口腔のpHで解るからだ。


アトピー、糖尿、認知症、貧血、自閉症、ウツ、依存症・・・

あらゆる病気を招く根源菌であり、金欠病ももたらすと考える。

金欠病



なぜなら「エネルギーは空にあり」それを触媒するのが有用菌で

その増殖が生命力=免疫力アップ=個性の開花=運気の向上とリンクし

健康で豊か、安らぎに満ち調和が連鎖する間に合っている世界を開くが


カンジダ菌は餓鬼のイメージで

「空にあるエネルギー」を触媒しないので

有用菌と真逆で生命力=免疫力ダウン=個性の裏目=運気の低下

病気に金欠病、イライラプンプンに落ち込み

忍耐努力我慢させて間に合わせようとするが

間に合うどころか調和が連鎖せず、命を削るように誘導するのである。


(強い耐性と高い致死率の新型のカンジダ・アウリスも発症している。)



1_12[1]



カンジダのねっちこさは写真にあるように

初期の酵母増殖から仮性菌糸→菌糸に変化し

菌糸が細胞に癒着し、更には組織を貫通し、腸絨毛を破るリーキガット

→腸から毒素が漏れアトピー・アレルギー、更には解毒作用の肝臓を破壊する。


そして厄介なのは

バイオフィルムでバリアを張っているので

薬も玄米の抗酸化も跳ね返し、断食してもバリアに閉じこもり耐えるし

細胞に癒着し栄養をちゃっかり補充している。



その様な超ねちっこいカンジダ菌に威力を発揮するのがMMSである。

MMS浣腸、膣洗浄、飲用、塗布、歯磨き、入浴をアドバイスしている。


更には菌と意識は連動するので

カンジダは自己否定とジャッジを生む「ネバベキ」が大好き

「ソウカソウカ 無理なかった」「モンダイナイ」のイタワリの音が

大っ嫌いなので、どこまでも深く自身をイタワルと良い。


解りやすい動画



Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad