D 顎関節症と抑圧感情

「感情と筋肉の関係」でアプローチしたように

抑圧が正直な気持ちや無邪気さを潰しアナハタをブロックする。


その姿勢は

猫背→胸は閉じ肩は内旋・いかり肩、首は縮こまり腰は寝て

腕にもアゴにも力が入り慢性筋肉緊張を生んでいて

顎関節症の原因にもなっている。



   kou_03[1]




子供は抑圧を受けると泣く

なぜ泣くのかと言えば、受けた抑圧感情を解放したいからで

不安や恐怖などの抑圧は本来性を潰し命を弱めるから排除したいのである。

本能的なものである。


泣くことは

感情を解放できるので大切なのだが

親の勝手なオの付いた躾の「泣いてはダメ」の刷り込みが

本能を弱め感情の解放を抑え込むのである。


なぜなら

愛情を貰えない事は死活問題で

子供にとって親は絶対的存在であるため

必死で言うことを聞きイイ子になろうとする。


その泣きたい衝動と表現を制御するには

横隔膜を始め関わる全ての筋肉を緊張させてやるのである。


やってみるとわかるが

泣きじゃくっているのを無理に止めようとすると

特に肩、首、口、アゴ、のどを緊張させ抑え込む。



泣く事ができない人は

解放できていないのでそれをずーと抑え込み続けるので

慢性緊張で顎関節症だけでなく


本能は何が命を活性化するのかが解る事であり

それがセンスの良さと言え

その本能のセンスが抑え込まれるため

何をやったら充実するか・やりたい事が解らないし

感激感動の感応力が弱い事にもなり

表現の乏しいのっぺらぼうの顔つきになる。



そしてオの付いた躾の抑圧がやりたいことを解らなくし

学校も仕事も親の言われるままに進む。


それでは命が活性化しないので余剰エネルギーは枯渇し

鬱積したストレスが爆発し「親がそうしろと言ったからじゃねぇか!」


言われるままから投げやりの人生の幕開けで

引きこもりやウツになりやすい。




アゴは脳の受皿なので頭蓋骨の歪みになり

首の緊張も伴い脳の血流悪化で脳力=能力も発揮されにくいし

ウツも頭痛にも顔の歪みにもなるし

片噛みが首、肩、背骨、腰と全身の歪みに影響する。


        yugami1[1]




片噛み側の筋肉が強くなるため横向きの寝相にもなりやすい。

(左の片噛みなら左を下にした横向き)



噛み合わせ=神合わせ

頭=吾霊(アタマ)と取れるのは

神から授かる生命電磁場が間脳にあるからで

その受皿のアゴの緊張歪みは

無邪気さと命の躍動と本来性をブロックし

神と合うのが上手くいかない事でもある。アゴ



治療

アゴを緩めるには

アゴ=agoで過去の無自覚の抑圧感情がアゴに現れており

それを解放すると早い。


その理解の基にイタワリ照射しながら緩める。

「ソウカソウカ 無理なかった」のイタワリは

過去の行程を肯定し過去の闇に加光し

凍結を解凍するアタタカイ音のエネルギーであるため

考えても解らない無自覚が自覚でき

蓄積されてきた抑圧が解放されるので緩みが早いのである。


根底に潜み無自覚→潜在意識に組み込まれた状態の

原因になっている抑圧が解放されないと

緩んだとしても戻りやすいし治りにくいのは無理もなく

不安や恐怖、否定されるネガティブな感情に

体は敏感に反応しストレスを受けやすいままなのである。


そして自己防衛の反動の闘争か逃走の思考と感情が強く

ジャッジと自己否定にロックされ続けている。



アゴが緩むことは

吾合(アゴ)と取れるように

自身の正直な気持ちと本来性、インナーチャイルドに合う事ができ

緊張と歪みは解放され

健康で豊か、安らぎと間に合っている世界が広がるのである。


それをブロックしていたのが不安と恐怖の抑圧である。




スポンサーサイト

D 感情と呼吸と筋肉の関係

息をのむ・息を殺す・息をひそめる・息が詰まる・・・

恐怖や不安、怒りなどネガティブな感情が呼吸をフリーズさせる。


ネガティブ感情が息を止めさせ

横隔膜はもちろんだが、体の筋肉は硬縮することはご存知と思う。


このことから

ネガティブ感情の蓄積が呼吸を浅くしていると言え

同時に慢性的筋肉緊張が動くことを億劫にし一々面倒くさい。


動きの良さが豊かな感情表現である為

億劫さは感応力を鈍らせ

何をやってもつまらない・面白くない・楽しめない

感激感動を持ちにくくしている。


だからぐだぐだ引きこもってしまうし

あるいは何気ない日常の中には満足は見い出せず

もっと豪華に贅沢に派手にと強い刺激を求め続ける。


どちらにしても抑圧に由るネガティブ感情がさせるのである。


浅い呼吸と慢性的筋肉緊張の体は酸欠になっている。

それは内臓も脳も機能低下でカンジダ菌が増殖した体で

有用菌と違い空にあるエネルギーを触媒できず

エネルギー不足を過食や飲酒、糖質過剰摂取傾向

または依存や人を抑圧することで補おうとしやすい。


上手く補えないと

すぐにイライラプンプンだし相手をジャッジしまくるか

クヨクヨ落ち込み埋没する。

(だから感情を病んでいるのであるが)

私って何?(菌アプローチ)



感情面で病んでいる人は

「息をしていない」事に気づけないでいて

薬や精神的な面から改善を図ろうとしやすいが

呼吸が浅く慢性的筋肉緊張の両方があることに目を向けると良い。



ネガティブ感情の心理的葛藤が自己否定を生み

身体に反映したからで

葛藤=自己否定が体に構造化され呼吸と動きを制限しているのである。


極まれば

呼吸と動きの停止そして無感情が死であるように

その制限が強まるほど生命力は低下するのは当然で

自己否定していれば生命力=自然治癒力は高まりようが無く

ネガティブ感情にロックされ

持っている個性は開花せず裏目に出るし

運気も間に合っている世界も開かれにくい。



逆を言えば

呼吸と動きが感情に作用することである。


深呼吸や腹式呼吸で感情をコントロールできることは経験するように

息→自心

イキ=生

字が教えるように息の状態が自身の心と生命力にダイレクトである。



「動けるようになったら動きます」ではなく

動くから生命力は上がるのだから、おっくうがらずに動くことだ。

そして「息をしていない」事に気づき呼吸を深める事である。


「ソウカソウカ 無理なかった」「モンダイナイ」と音波云しながらの

ウォーキングやスロージョギングなどは思考回路を排除し

呼吸も深くなるのでお勧めである。



治療

呼吸を浅くしている横隔膜を緩める。

そして体の緊張歪みに

自己否定=葛藤=ネガティブ感情=抑圧=因縁を現すので

緩める事でそれらの解放に繋がるのである。


そして治療の要は首と頭を緩める事である。

なぜならば

ネガティブ感情=抑圧は脳にNO!NO!NO!と

ネガティブエネルギーを撃ち込まれた結果

脳の緊張萎縮=脳の血流悪化→首の緊張があり

ひどいと首が太くなっているからである。



           11[1]

    首の緊張で頚動脈が圧迫され脳の血流が悪くなる。



同時に頸椎(C3C4C5)から横隔神経が出ているので

横隔膜の活性に繋がる。


首+走=道となるように

首が緩むことで脳の機能向上・横隔膜活性で

命が躍動し自由な動きと豊かな感情のmy wayが開かれる。




D 治るコツ

人によって治り方が違うが早く治るにはコツがある。

そのコツを掘ってみたい。


先ずなぜ病気になるかといえば

何かが自然治癒力=命の働きを弱めているからで

その弱めているものが無くなれば

自然治癒力=命は活性化するのは当然である。


弱めるものが自己否定である。

話は簡単で自分を否定していたら命は活性化しようがないからだ。


命の活性は

健康と安らぎだけでなく個性の開花、意識の拡大、潜在能力アップ・・・

と充実する人生である。


しかし

自己否定していることに無自覚で

自律神経活性を自律神経を緊張させながら

自己否定しながら自己解放や能力を求めている。



活性化は

命の本来性に共鳴することであり

誰もが速い・明るい・清らか・調和の連鎖・筋の通った合理性と

愛と感謝、イタワリと許しが心地よいのは

命に光透波を授かっているからである。


もし命が有限相対の地球質からできていたら

太陽という条件を除けば地球の本質が解るが

暗黒であり(夜は地球の本来性を見せている)

-273℃の絶対温度が存在し

中心部では6000℃のマントルで熱と反熱が激しい。


それは波動が荒く遅い事で

その質がもたらす暗い遅い、比較競争差別・妬みやっかみ・不安・怒り

熱しやすく冷めやすい激昂・・・などが心地よいはずである。



しかしそれらは命の本質と違うため

地球質に埋没する自分が本能的に心地悪いので

自分が嫌い・こんな自分ではダメとネバベキの音にロックされ


先に挙げたように自律神経を緊張させながら活性化を

自己否定しながら自己解放を求めるパラドックスに陥っていてる。


その様な人は

完璧を求め結果ばかりを気にするのでプロセスを観れない。

治療面でも

良くなっている事には目をくれずまだダメ・まだここが・・・と

細かくネガティブを広げエネルギーを高められない。




自己否定に気づいていて

そんな自分を愛せばいい・許せばいい・受け入れれば良いと

わかっているが、それができないから苦しいんだぜ!


それは愛せるようになったら・許せるようになったら・・・

できるようになったらでいるからであり

その原因は思考でやろうとするからで

そしてそのスタンスはネガティブを否定している。



それは自然の摂理を無視していると思う。


なぜならば濁らなければ清浄が解らず

失敗するから成功が

悩むから解放がもたらされるように

ネガティブがポジティブの前提になっているわけで

ネガティブを否定していたらネガティブに埋没のままなのである。


命の本来性と違うために自己否定に陥るのだが

それを否定しては本来性にシフトしないのである。



コツは

落ち込んでいる・イラついている・できない・不安・・・

そういうネガティブな自分自身を

「ソウカソウカ 無理なかった」「モンダイナイ」と

どこまでも深くイタワルことと考える。


ネガティブや過去を否定していては

エネルギーは上がらず今が充実しないし

問題ありに根=音を張っていては問題は無くならないからである。


イタワリは思考で変えようとするのではなく

音のエネルギーに云ばれることである。(音波云)




D 老化防止

軟らかい心と体を保つこと。


その為には良い姿勢が要である。

良い姿勢=中心軸が重力と同調でき「骨で立つ」

最小の筋力で支えられるので軟らかいのである。


軸がぶれる分、筋肉で支える必要があり硬くなってしまう。

例えば軸が前傾すれば腹筋・足の前面で支え

膝にも腰と肩首にも負担が常時かかってしまう。


        images2U80G311.jpg



その為には軟らかくする運動が大切であるが

なぜ硬縮しやすくなるかアプローチしたい。



軸のブレのメンタル原因

前傾になるのはアナハタのブロックで胸は閉じ肩は内旋し

首は縮こまり腰は寝てしまう→猫背


なぜアナハタがブロックするかというと

不安や恐怖、怒りなどが原因する。

その様な感情は必ず胸を閉じてしまう。


(喜び・優しさ・温かさで胸は開く

なぜなら命の本来性がそうであるからだ。)


それらのネガティブ感情が自己防衛を余儀なくし

反動でネバベキの音にロックされ自己否定に陥るのである。



自己否定していては

余剰エネルギーは枯渇の一途で老化に拍車をかけるのである。


その状態はアナハタのブロック=猫背と共に

過去の行程を否定している為

絶えず先へ先への思考と感情であるので軸は前傾すると考えられる。


(だから姿勢から内面に抱えているものが観えてくるのである。)




肉体は求心エネルギーで構成されるため

求心化=老化は免れないのであるが

命に絶対遠心エネルギー(光透波)を授かっているので

意識はどこまでも深く抽象の世界にアクセスできるのである。


それは六感世界を開き

命の遠心エネルギーを加速するので理知力が高まり

アナハタの解放で丹田が充実することでもある。


丹田の部位は腸であるので

空にあるエネルギーを触媒する有用菌増殖

丹田の受皿となっている仙骨の活性化

それはクンダリーニの活性化であり

仙骨は副交感神経のモーターポイントである為

自律神経は活性化し生命力が高まるのである。


生命力アップは

軟らかい心と体と同時に個性の開花・運気向上と連動する。



逆を言うと

物は求心エネルギーであるので

物欲が強い意識であるほど

本来性を求心化するため理知力も頭の回転は上がらない。


生命力は高まらず心も体も固く

個性は裏目に・運気低下で間に合う世界が遠のき

ボケと老化を加速してしまう。



認知症は脳の廃用性萎縮と言われるように

脳を本来の抽象の世界・智恵・理知・美と愛に使わないから

萎縮=求心化=機能低下となると考えられる。


意識の求心化が自己防衛と物欲と連動し

肉体の求心化=硬縮=機能低下=老化を加速する。



意識が自己防衛と物欲に埋没していたら

いくら抗酸化食や運動に励んでもままならず

その様な意識で甘いもの大好きで運動もせず

一日中TVにくぎ付けであれば簡単にボケと老化を加速する。



なぜ自己防衛と物欲に縛られるのか。

その大きな原因は不安・恐怖・怒りなどの抑圧感情があり

ネバベキの音にロックされ自己否定しているからである。


否定されれば萎縮する

脳にNO!NO!NO!と抑圧のネガティブエネルギーを

撃ち込まれてきたからで

脳の委縮と反動による思考と感情が自己防衛と物欲を強める。


そのようなことに無自覚であるが

ねほりんぱほりん 介護 にあるように

老化で理性を失えば押し込んでいた抑圧感情が暴発するのは当然である。



「ソウカソウカ 無理なかった」のイタワリの音のエネルギーは

抑圧感情と自己否定を解放し

自身の思考と感情を客観する理知力を育んでくれるので

求心化した意識を本来性の遠心性に転換し

命は活性化し美と愛を深めボケも老化も防止すると考える。


飲食や運動だけでは片手落ちなのである。



D なぜ老化は免れないのか

当たり前と思うが、その当たり前を掘ってみよう。


かつて徐福は不老不死を求め蓬莱山に探しに赴き

現代は肉体の冷凍保存やips細胞などで挑戦し

いつの時代も求めて止まない。


命は永遠であるが肉体の仕組み上、不老不死はあり得ない。

いずれ肉体は土に還り命は宇宙に帰る。


仮にできたとしたら

映画「グリーンマイル」を思い出すが

尿路感染症で苦しむ看守のポールは死刑囚のジョンコフィの

不思議な力で治っただけでなく不老不死になるのだが

家族も友人もみんな死んでいき

一人取り残されることは地獄の苦しみで死を願うようになる。


また不老不死では人口が増加するばかりで大変な事になる。


やはり生まれたら死ぬことが自然の摂理であり

摂理であるのだから恐れることはない。


死の世界が未知だから恐れてしまうのだろうが

臨死体験者も言うように肉体を脱いだ世界は耽美と考えられる。


(小田野先生が解かれた「字割」は命の世界を開き

臨死体験を待たなくても

生きながら死の世界を理解できる秘術である。)



肉体を作るエネルギー

肉体は地球からできている

それはどういうエネルギーが働いているかというと

エネルギーは一点に集まる求心か拡散する遠心のどちらかの方向性である。


(宇宙空間では東西南北・上下は無く

エネルギーの方向性は求心か遠心かであり

求心エネルギーが物質を作り、遠心エネルギーが真空=宇宙を創っている。

物質を作る求心エネルギーは光速C、真空をつくる遠心エネルギーはC∞。


影を作る秒速30万kmの光は宇宙では一番低速で物理を創り

影が存在せず透明という光で充満するC∞の絶対速度が真理を創っている。)


地球が分散せず形を持ち続けている事は

求心エネルギーが働いているからで、それが重力を生んでいる。



肉体は求心エネルギーでできているため

重力を受け分散せず肉体を保てていると同時に

求心化=硬縮=老化は免れない仕組みになっている。


では重力を受けなければ老化しないかと思うかもしれないが

宇宙飛行士で解るように

無重力だと筋肉は萎え骨密度は低下し貧血などに陥るのは

肉体は求心エネルギーでできているので

重力が無いと筋肉に負荷がかからず簡単に萎えてしまう。


筋肉が萎えてしまえば全身の機能低下に陥る。

それが老化なのである。



動かないでいると

硬縮するのは求心性の影響下にあるからと解り

そのため筋肉が硬縮し動きが悪くなるのは当然で

血流悪化=機能低下=老化と連動し免れない仕組みになっている。




D 老化

難しく考える事ではない、老化とは硬くなることだ。

極まれば死で硬直する。


硬くなることは

筋肉の硬縮=血流の悪化=酸欠=機能低下であり

内臓は変位し(本来ある位置からずれる)

骨格の歪み・姿勢に影響しそれがまた筋肉の硬縮と連鎖し

歯止めがかからなくなっていく。



骨格筋は意思で動かせる随意筋

内臓も血管も平滑筋という筋肉で意思では動かせない不随意筋

骨格筋も内臓も血管も柔らかいことが大切で


骨格筋は内臓疲労=機能低下=変位の影響で硬縮し歪むので

過食や冷たい物の飲食をしていては軟らかくなりにくい。


冬でも氷を入れた飲料水が通常に出てくるし

アイスクリーム、冷えたビールに水割りやロックのアルコール・・・

内臓を冷やし機能低下・腸内細菌に影響していると思う。


老イルはOIL

摂取する油の影響も大きい

オメガ3,6の不飽和脂肪酸が細胞膜を構成する油で
体内では造れず補充する必要があり

これが不足すると老化に拍車をかける。(亜麻仁油が豊富)



D 血の浄化

食事療法は

食物が血に影響すると考え玄米菜食・抗酸化食などで浄血を図る。


「血流と筋肉の関係」でアプローチしたが

抗酸化食に励んでも血流が悪いと濁りやすく

筋肉が硬いままでは血流アップ=浄血にはなりにくい。


この基本が解っていないと

流行りの健康番組のあれが良いこれが良いに

サプリのCMにまんまと踊らされてしまうし

食事に気を付けていても改善しにくい原因の一つと考える。


(これはダメあれはダメと食事にこだわる人に

健康でハツラツの人をあまり見ないのは私だけか?)



そもそも何で濁ってしまうのかを掘ってみたい。


確かに糖質やアルコールなどの過剰摂取や食べ過ぎは

内臓疲労と共に血液を酸性化するため

抗酸化食が大切となるのだが


過剰摂取の大きな原因がストレスがあり

抑圧感情が強いほど慢性ストレス下で過敏に反応するし

副腎疲労に陥っている。



日々食事に気を付けていても

一発の不安恐怖・怒りで血は酸性化=濁る

つまり過敏にストレスに反応するネガティブ感情の蓄積が

血の質に大きく影響しているのだ。


無自覚だがストレスに過敏であるため

食事にもその他にもこだわりやすいのではないか。


なぜならば

問題にするので「モンダイナイ」と吹き飛ばせない。

そのため問題だらけで何とかしようとこだわるのである。


WORLD→WORD+Lと取れるように

どうコトバを展開し意味付けているかが世界=現象であるから

問題にしなければ問題は無いわけで

問題は「問題と認識する思考」であり

その思考を生んでいるコトバの働きには気づけないのではないだろうか。



字はどう教えているか。

血→ノ皿

ノは能(ハタラキ)で最初にあるノ=先天の能

それを受け取る皿が血と取れる。


天の能(ハタラキ)を受け取るには濁っていては難しい。


天のハタラキを命に授かっているのだから

その受皿が綺麗であるほど

命は活性化し健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち

調和が連鎖する間に合っている世界が広がると考えられる。


フィジカル的には

血液サラサラで酸素供給を多くする食事や

軟らかい筋肉で血流アップする運動だが

それだけでは賄えない浄化がある。



それは思考と感情の浄化である。

ストレスは思考と感情に因っているからである。


その思考と感情は何に影響されてきたかというと

因縁は因音云(インネン)と取れるように

親や先祖からLEGENDされてきたコトバの使い方で

それがものの見方考え方を構築し

ネバベキの抑圧が強いほど

自己防衛と主張が強い思考と感情になりストレスに過敏になる。



それでどうしても売りコトバに買いコトバになるのである。


何で買っているかというと

抑圧の反動で構築されてきた思考と感情で

自己防衛と主張が強いほどそれが正義になるからである。


買いコトバするほど因縁にロックされるため

天の能は受け取れず

慈愛と安らぎは薄く間に合わない世界に幽閉され続ける。



買わずにいるには

自身を客観する力が必要で(丹田力)

それはそれは大変なエネルギーがいるため

買いたくなるのは重々承知であるが


売りコトバを買わずに「モンダイナイ」と

「ソウカソウカ 無理なかった」と自身をどこまでも深くイタワルことで

天の能をドンジャラ受け取れるお皿=血の浄化と考える。


血の浄化は因縁解消であり自己解放なのである。


食事や運動だけでは血の浄化は片手落ちで

売りコトバを買っていては因縁のままであり

因縁通りのネガティブ遺伝子が引き出されるのは当然ではないか。




Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad