D カンジダ菌とトラウマ

感情は腸に蓄積される。抑圧と腹

トラウマはメガトン級のネガティブ感情であるが故に腸にガッチリ蓄積される。


いくら頭ではわかっていてもできないのは

腸に蓄積されているトラウマが拒むのである。


そしてそのネガティブ情報が出ないように出ないように

繊細な注意を払って押し込めていて

そのエネルギーは大変なものであり自律神経を緊張させ

思考と感情はトラウマが反動となった自己防衛の強いものである。


疲れやすいのも、恐れ緊張するのも、いい人を演じるのも、

攻撃的に自己主張するのもトラウマの反動である。



フィジカル面で観ると

トラウマを抱えている人は首の緊張が強く

カチンコチンに詰まっている。


脳の血流を悪くし脳の緊張圧迫がある。

トラウマが脳を機能低下させ

脳の血流が悪い=首に詰りがあることが解ると思う。




あなたのためと自己犠牲的に相手に尽くすケースがあるが

実はトラウマが反動となった恐れがそうさせている。


無自覚だが自己防衛でやっているので

悲しいかな当然裏切られる羽目に合い

注意深く押し込めていた感情が否が応でも暴れ出すし

トラウマの反動が強まる一方である。


よほどの客観力の持ち主でなければ

その思考と感情はトラウマが反動となっている事に気づけない。


無自覚であるが故に

暴れ馬となった感情はコントロールできない

なにせ注意深く押し込め内圧を高めていたからだ。


あるいはその思考と感情に対し

頭ではわかってるのになぜできないのかと自分を責め

ネバベキと自己否定に陥るのは

腸に蓄積されたトラウマのメガトン級の感情が

納得せず拒んでしまうからである。



あなたのせいではなく菌のせい

菌とリンクさせると

ネガティブな感情はカンジダ菌(悪玉菌病原菌の代表)を増殖する。

空のエネルギーを触媒できないので

生命力は上がらず、個性は開花できず

ネガティブな思考と感情にロックさせているのである。


トラウマがカンジダを増殖させ、カンジダがトラウマに縛り付けるのだ。


改めていうが

私達は菌の複合体、菌の宿主であり

食の嗜好も頭の思考も菌に支配されているのである。



トラウマを解消したいと

カウンセリング、退行催眠、心理療法、自己啓発、スピリチュアル・・・

様々に行脚するがなぜメンタルアプローチだけでは難しいかと言えば

首が詰まったままであるし

カンジダ菌が抑制されないからである。


言っておきたいのは

カンジダ菌は一旦増殖したら超ねちっこく

思考ではもちろん、その思考が菌に支配されているので無理だし

食事療法でも断食でもカンジダは白旗を上げはしない。



カンジタ菌が抑制されれば

有用菌は増殖しやすく空のエネルギーを触媒して

生命力は活性化し命の本来性に回帰するので

思考と感情は明るく軽くアタタカイもので

現象面ではシンクロタイムリーで間に合っている世界を醸し出す。


トラウマを解放できないのは菌のせいであるから

カンジダ菌を抑制することでイージーになる。


MMS浣腸が効果を発揮する。




スポンサーサイト

D カンジダ菌とダイエット

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ過食するのか

カンジダ菌からアプローチしてみよう。


ストレスを受けると副腎から抗ストレスホルモンのコルチゾール分泌で

血糖値を上げてバランスを図るため糖質を摂取したくなる。


糖質大好きのカンジダ菌は常在菌であるが

ストレスで糖質が多くなれば当然増殖する。



ストレスで

自律神経緊張、内臓で言えば副腎が疲労

菌で言えばカンジダ菌増殖、

意識で言えば自己防衛が強くネバベキの思考と感情で自己否定を余儀なくしている。


自己否定では自分自身を否定しているのであるから

エネルギーは高まりようがないのである。



私って何?(菌アプローチ)でアップしたように

菌をテーマにすれば

カンジダは増殖したいが故に食べろ飲めと脳に指令するので

いくら固い決意をしても砂上の楼閣で菌には勝てない。


食の嗜好も頭の思考も

カンジダ菌が過食させ自己防衛を強めイライラ、不安、ネガティブ感情に陥らせる。



なぜストレスを受けやすいか

その様な思考と感情を掘っていくと

幼少期の親からの恐怖や不安の刷り込み、オの付いた躾(押し付け)

名前をどう呼ばれてきたか(愛おしく呼ばれてきたか、否定されて呼ばれてきたか)

が「三つ子の魂百までも」というように思考と感情のベースになっていて


無自覚であるが長期の慢性ストレス下であるので

副腎疲労は余剰エネルギーが無くなるに従い悪化しカンジダ菌増殖が加速する。



菌の仕組みに気づかないと苦しくてたまらない。

菌がそうさせているのに、できない自分を責め続け

あるいはもういいやと自暴自棄に陥り、

それはカンジダにとって思う壺で増殖しやすいパラダイスなのである。



太るのは当然で、それでダイエットに励むが

大概は我慢したカロリーや糖質制限、頑張って運動するが

我慢頑張りは自律神経緊張を強めている。


自律神経緊張を強めたままのダイエットでは

カンジダ菌は飢餓を強め内圧を高められている。


目的の3キロなり減量を達成したのに合わせ内圧の限界を迎え

ヤッター!と気持ちが緩んだ途端

カンジダは爆発し食え飲めとどうにも止まらなくなる。



飢餓の反動は顔なしの如くである。


    20130916122638652[1]




あっという間にリバウンドし、同じパターンでダイエットに励むので

ダイエットするほどカンジダ菌は増殖し

どんどん太るし、頭は食べる事とイライラと自己否定自暴自棄に陥って

ついには拒食症の危惧がある。



別なパターンは

食べても太れない

体力がない

気力もない

集中力もない

ないないで、周りや人の目が気になり落ち込みと不安

ネガティブで心も体も冷えている人。


この様な場合はカンジダに栄養を取られているのである。


カンジダ菌を理解していないと

菌のせいなのにメンケンや好転反応とずーと思い込んでいて

いくら冷え取りに躍起しても難しいことが解ってくると思う。



カンジダ菌は

腸壁に根を張りバイオフィルムでバリアを張ってコロニーを作っているので

超ねちっこく(ねちっこい人はカンジダに乗っ取られていると思う)

ちょっとやそっとの食事療法や断食では歯が立たないのである。



カンジダ退治にはMMS浣腸が効果がある。



D水虫

水虫が悪化しやすい時期になりました。
薬を塗っても、爪水虫は抗生物質の内服薬も服用しますがなかなか完治しません。


感染しやすい、治りにくい原因をアプローチしましょう。
原因はカンジダ菌で代表される真菌です。

カンジダ菌は誰もが持つ常在菌ですが、大好物が糖質です。
砂糖、ご飯・パン・麺類の炭水化物、
芋類・レンコン・にんじんなどでんぷん質の多い野菜、
ジャンクフード・お菓子・清涼飲料・アルコール(特に醸造酒)・・・

糖質が高いものを食べる事はカンジダ菌増殖に直結なんです。


カンジダ菌増殖で善玉菌が減り免疫力が弱くなるし、
糖質摂取が多くカンジダ菌の増殖は感染しやすい条件になっているので
疲労の蓄積、風邪を引いている、ストレスなど体調が落ちている時に感染します。

カンジダ菌は嫌気性なので、血流・リンパ流を悪くし
酸素の供給老廃物の除去が悪く、特に靴の圧迫で足の末端は顕著です。

血流が悪いところにコロニーを作るので
靴や靴下が臭くなりやすい人はこの傾向が強いわけです。


糖質の摂りすぎでカンジダ菌がいっぱいいる体に薬を塗っても
カンジダ菌の餌は補充され続けるので薬が間に合わない。

それで頑固な水虫・爪水虫には抗生物質を内服しますが、
カンジダ菌の殺菌だけでなく善玉菌もやられてしまいます。

善玉菌が減少しているのに糖質が補充されていれば
当然カンジダ菌を筆頭とする悪玉菌は増殖しやすいことがわかると思います。


皮膚科では薬の処方だけです。

糖質制限とMMSがとても効果があります。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dカンジダ菌 4


カンジダの原因
1.抗生物質の多用
なぜなら悪玉の病原菌だけでなく善玉菌も抑制する。

善玉菌が少ない環境はカンジダ菌増殖の格好条件です。
薬の多用や早めの風邪薬なんて怖いんですよ。

薬の使用だけでなく、見落とされるのが肉や魚。
畜産、養殖の餌に抗生物質を結構使っています。

ノロウィルスは昔もいたはずなのに、なぜこれだけ発生するのか?
ノロが悪いというより、殺菌、薬の多用で善玉菌減少で免疫力が弱くなっているせいに思います。


2.ストレス
ストレスは、自律神経(交感神経)緊張で体内にコルチゾールを放出し
血糖値を上昇させ、免疫システムを弱めカンジダの増殖です。
ストレスがあるとアルコールや糖質を欲しくなる仕組みです。

幼少期からの抑圧感情や長期のストレスは、
免疫の重要部分の副腎を弱らせ腰骨の脇が硬いボールのようになります。
副腎は闘争・逃走反応ホルモンのアドレナリンを生産しています。

慢性緊張状態なので、だるい、疲れる、免疫力低下ですぐ風邪を引く、病弱、集中できない・・・

メンタルでは自分の感情や思考が第一で自分を守ることに神経質で
周りの気配に敏感、怯えた猫状態。


3.食生活
抗生物質入りの餌で育った肉や魚の他、添加物。

カンジダで舌苔が厚くなるので、味覚が鈍り濃い味を好み糖質を多食。
糖質がカンジダの大好物です。

お酒や甘い物が止められないのは自律神経緊張であり、カンジダが欲しているわけです。
糖尿病はカンジダを撲滅する観点からだと早い。


4.環境
シモンチーニ博士がカンジダが癌の原因と解明しているが、
放射能で癌になることは放射能がカンジダの増殖になるはず。

また腸内フローラに重金属蓄積がカンジダを始め悪玉菌の増殖に繋がる。
PM2,5や更に微細なPM0,5、様々な有害物質が増殖させる。


5.コトバ
意識、感情はコトバで成立しているのでネガティブなコトバは自律神経を緊張させる。

ネガティブなコトバで胃が痛む、横隔膜が詰まるように内臓も筋肉も緊張する。
酸素が行きにくく嫌気性菌のカンジダ増殖の条件になる。

逆に「愛と感謝、許しとイタワリ」のコトバの本来性は緩み自律神経を活性化する。

コトバ=意識と菌は連動する。体は菌の複合体



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dカンジダ菌 3


カンジダの大好物は糖質です。
お酒、炭水化物、甘い物、ドリンク類にもかなりの糖質が入っています。

糖質を餌にアルコールとガスを作り、アセトアルデヒドの毒素で
肝臓に負担がかかり、分解できない分をお腹や太ももに蓄積させていきます。

ダイエットで一番落ちにくい部分です。
痩せないのは肝臓に負担があるためで、その元にカンジダの増殖があります。


カンジダと自律神経
カンジダ症状と自律神経とリンクさせるとドンピシャです。

メンタル、フィジカル全て症状は自律神経(オートマックに繋がる神の経)に
因っていますが、体は菌の複合体ですから自律神経失調はカンジダが関与です。

病気だけでなくダイエットも難しいのも無理ありません。ダイエットのコツ

腸内細菌がストレートに脳内ホルモンに関与します。

精神安のセロトニンは善玉菌によって作られますがカンジダが善玉菌を抑えてしまいます。


NHKスペシャル アルツハイマーをくい止めろ!




アルツハイマー患者に共通しているのが高血糖とありました。
最新医学ではカンジダにはノーアプローチでしたが、
脳機能、脳細胞の破壊、酸欠にする、高血糖とカンジダ(アセトアルデヒド)条件です。

口が粘つく、舌苔が厚い、また脳の受皿の額関節緊張も共通すると思っています。

さらに脳にNOのコトバのエネルギーが蓄積され、脳が萎縮するベース。認知症

ウツ症状、自閉症の原因でもあります。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dカンジダ菌 2

カンジダが作る毒素がアセトアルデヒドです。
アルコールが肝臓で分解されてできる毒素で酵素を破壊し、
DNAをダメージしフリーラジカルを放出します。

カンジダの増殖は慢性的二日酔いみたいなもので、気分も体調もずーとダウン。

二日酔いでわかるようにアセトアルデヒドは脳の機能を奪い脳細胞を破壊し
分泌系、免疫系、呼吸器系、全体に影響し赤血球の膜にもダメージを与え
酸素を運ぶための能力を低下させます。

不定愁訴が蔓延して極まって癌になっていく。


腸内でアルコールを作る
カンジダは腸内で炭水化物を発酵させアルコールとガスを作ります。

アルコールの作用でふらつき感や頭痛、吐き気、口臭、ゲップやおならがよく出ます。

直接お酒を飲まなくても炭水化物、甘い物でアセトアルデヒドができるので
お酒を飲まない人でも肝臓をやられる仕組みです。

筋肉が硬くなるとアスリートがお酒を控えるのは
アセトアルデヒドが酸素供給を低下させるからでしょうね。
反射神経も鈍くなる。



お酒や甘い物炭水化物を止められない、過食はカンジダの大好物だからです。

嫌気性菌のため血流の悪い部位に増殖するので頑固な爪水虫、巻き爪は勿論
糖尿病で足先の壊死、関節炎、リウマチにも関連します。

メチルアルコールが作られると
視神経に影響し視力低下、白内障など眼病の原因になります。
糖尿病は白内障にもなることがわかります。

ガスがゲップ、おならだけでなく、
腹部膨満で横隔膜を押し上げ心肺機能低下で呼吸器疾患、心臓肥大、不整脈、高血圧。


アセトアルデヒドは筋肉だけでなく臓器(不随意筋)も硬くするので
膀胱、前立腺は頻尿、前立腺肥大。肝硬変、心筋梗塞・・・

多臓器不全と繋がります。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dカンジダ菌 1


シモンチーニ博士はカンジダが癌の原因としています。
癌だけではありません。体は菌の複合体


生殖器感染や口腔カンジダ症の原因として知られていますが 
有るわ有るわ 大概の不定愁訴の原因で、一般的に認識されていない。

カンジダは腸、口の中に常駐する菌だが、
バランスが崩れると毒素を体中に放出し様々な症状を引き起こします。


消化器系 
胃酸逆流、下痢便秘、げっぷおなら、吐き気、
胃痙攣、消化不良、過敏性大腸炎、痔、肛門のかゆみ、糖尿病

皮膚   
爪や皮膚の真菌感染症、水虫、体臭、にきび、じんましん、寝汗、乾癬、湿疹、皮膚炎

口内   
歯周病、口内炎、口臭、口の粘つき、舌苔(ひどいと厚みで嚥下困難やむせやすい)

呼吸器 
花粉症の症状、蓄膿症、慢性鼻炎、喘息、持続性の咳、咽頭痛、扁桃腺炎

泌尿器 
頻尿、尿道炎、膀胱炎、腎炎、前立腺肥大、生理前のいらいらや生理不順

目、耳 
目のかゆみ、光への過敏症、かすみ目、目の下の隈、視力低下、
飛蚊症、耳鳴り、耳の中が湿っぽい

免疫関係 
風邪を引きやすい、食品や香料、化学物質過敏症、アレルギー

感情面 
いらいら、めまい、うつ症状、突発的に泣きだす、パニック障害
慢性疲労、過剰な活動、甘い物やアルコールの禁断、不眠、協調運動障害

その他 
頭痛、動悸、慢性的な身体の痛み、関節痛、筋肉痛と筋肉の凝り
体重増加、体重減少(ぶくぶく太る、痩せにくい、太れない)自閉症、アルツハイマー




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad