Dストレッチの注意

体をを柔らかくする=ストレッチと考えますが、落とし穴があります。

柔らかいとは関節の可動域が大きいこと。
ストレッチは筋肉は関節をまたいで付着するので、
縮んだ筋肉を伸ばせばいい、伸ばせば流れが良くなると考えたやり方です。


本当にそうでしょうか? 
良いと思い鵜呑みにしてやっていますが、
ストレッチしたのに体が硬くなることを経験しませんか?

筋肉は伸ばされると反射で縮まろうとするからです

それで気持ちいい痛さでとか呼吸を深くしながらやるとアドバイスされますが、
どんなにオプションつけても伸ばしたら反射で縮もうとします。


また筋肉は拮抗筋と対になっているので一方を伸ばしたら拮抗筋は収縮します。
関節のアソビは広がりません。


伸ばせば反射で縮む、縮んだら血液・リンパの流れは悪く力は入らないので
ストレッチ後のパフォーマンスは上がりません。

伸ばすことと緩むことは違います


関節の可動域が広がり、緩むことで
酸素供給や老廃物j除去がスムーズでスタミナがあると回復が早くなり
神経伝達が良く反射神経や思った通りの動きができパフォーマンスが上がります。


毎日ストレッチしないと硬くなるという人がいます。

なぜか?
伸ばすから反射で縮もうとするからだし、
それでも続けているとゴムひもの如く筋肉は伸びきった状態になります。

一見柔らかいが使えない筋肉です。


ジムで前屈や開脚、一生懸命ストレッチに励む人を見ますが、
大転子をロックしたまま背中丸めて伸ばそうとしています。

何年たっても柔らかくならないし、かえって固くなっているようにも見えます。


緩む事は力を抜くこと。
関節の可動域が広がること。

それなのに関節をロックさせたまま呼吸を止め力を入れて伸ばそうとしています。


スポンサーサイト

テーマ : 美と健康!
ジャンル : 心と身体

Dユスルとユルム

関節からアプローチ

柔らかい体、即筋肉がテーマになりやすいですが
体が柔らかい事は関節の可動域大きくがスムーズに動くこと


硬い事は関節の遊びがなくなってるわけで、その状態での運動が続けば
関節は炎症を起こし腫れ痛むわけです。

膝、腰痛肩こり、肘、顎関節症、寝違い・・・全部関節の遊びがないからですよ


痛みをとることは勿論、柔らかくするには
関節の遊びをつけてやれば良く、可動域は広がるわけです。

筋肉に意識を持っていかず関節の遊びを増やそうとするとどうでしょう?
自然と力を抜いてユスル動きになります。

自発功もユルム動きだとわかります。

または関節に軽く手を当て可動域が広がるようにユスル。
そんなことで緩んできます。

強く伸ばしたり引っぱたり叩いたり揉んでは緩みません。


さらに音の力も使いたいので「そうかそうか無理なたった」とイタワリながら
あるいはユルユル・ふわふわ・ふにゃふにゃ・トロトロ・・・
気持ちいいオノマトペを使います。


テーマ : 美と健康!
ジャンル : 心と身体

D柔らかくするコツ 5


骨格筋を柔らかくするには内臓筋が要ですが、橋渡しをする筋肉があります。
それが横隔膜です。

英語でDIAPHRAGM、ダイヤフレーム
活性化は金剛力を持つナイスバディ


なぜそうなるのかアプローチしましょう。

横隔膜を活性するほどインナーユニットは強化され骨格筋は勿論、
意思ではコントロールできない内臓筋も柔らかくなっていきます。

構造から見ると、横隔膜の上に心臓と肺が乗っている。
横隔膜の緊張は心臓・肺の圧迫です。

心臓・肺そのものを強めるのは大変ですが、
横隔膜を活性化するほど圧迫は取れ、心肺機能が高まります。


またその緊張は肋骨下部を狭め、下にある胃や肝臓すい臓を圧迫し機能低下させています。
胃下垂がひどくなると腸や膀胱・子宮も圧迫し、便秘・頻尿・下垂にもなります。

胃下垂の人は肋骨下部が狭く肋間がぺしゃんと潰れ、
胃は胃袋と言うよう首から吊るされる袋なので胸鎖乳突筋は引っ張られ首は細く硬いです。

首は顎関節につながり頭を受け取っているので、顎関節症や脳の圧迫にも影響します。



メンタル面では、
恐怖や不安は反射的に胸を閉じフリーズしてしまい、
骨盤は寝て背中は丸まり肩は上がり首はすくむ猫背で、横隔膜が潰されます。

どの内臓も圧迫状態=内臓筋緊張=骨格筋緊張になり
寝ている骨盤は、骨盤の歪み=中心軸の歪み=自律神経緊張です。


忘れた・気にしていないといっても、
恐怖や不安を刷り込まれた抑圧エネルギーは
皮膚身の緊張として蓄積され横隔膜に影響しています。(三つ子の魂百まで)
いや横隔膜に蓄積されると言っても良い。



治療で特定の皮膚身の緊張を緩めると、
無自覚になっている抑圧情報、幼少期の出来事や
場合によっては前世の記憶が大脳スクリーンに上がってくることがあります。

その気づきの感覚は心地よく自然と深呼吸します。
それは横隔膜が緩んだ結果です。


無自覚の抑圧感情が
ネバネバの自己否定自己分離の根深~い原因であり
横隔膜を潜在的に緊張させていることが見えてくるし、
横隔膜の緊張が体にも心にも大きく影響しているのかわかってきます。


だから横隔膜の活性化は
柔軟性やアンチエイジングは勿論ですが、
脳力=能力を高め自己解放し健康と安らぎの扉を開けます。


横隔膜活性には呼吸が要です。
様々な分野で呼吸の重要性を説くのは、呼吸によって横隔膜を活性することで
自律神経・2万Hz以上の皮膚感覚・神経伝達活性化、インナーユニット強化・・・
心と体の緊張を解きパフォーマンスや能力を発揮できるからです。

精妙になるほど呼吸にかかっている意義が深まります。

息{自心、呼吸に精神状態が現れいると字は示します。

深い呼吸は横隔膜は活性し、心をコントロールできることであり
主観を客観できる理知力を養うことにもなります。


様々な呼吸法がありますが、
仕組みから観るとすべて横隔膜活性のためと考えられます。

この理解が加速し、さらにユルスとユルム音のエネルギーに気づきたい。



なぜユルス音が大切かというと、
せっかく根深い緊張原因が出てきても
ソウカソウカ、無理なかったとそれを許す・イタワリがないと
記憶に捕まってしまい自己憐憫に陥るからです。

36度の暖かいイタワリの音が自己否定自己分離の氷を溶かしますから。


自己解放したダイヤが象徴する輝きと力を持つフレームに変身(和名は金剛石)

横隔膜は大覚膜、胸の奥にはダイヤが眠っている



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D柔らかくするコツ 4


ユルスとユルム
無自覚を含め抑圧感情がストレスを受けやすく、すぐ反応してしまう過敏状態。

自律神経緊張で疲れやすい=エネルギー不足=食べたい飲みたい=カンジダ菌増殖
=酸欠状態=内臓疲労=内臓筋緊張=骨格筋緊張と連鎖しています。


抑圧感情の反動が~あるベキ、~ネバならないと固執を強め、
ネバネバ思考と感情で自己否定自己分離に陥っています。

陥るほど自分の感情と思考に固執するので、常に自分が正しいのだ

だから問題は現象や相手にありで、
思い通りに変えようと計算と思惑に満ち、悪いのは相手だ!謝るのはそっちだ!
一生許さないと気張る人もいるようです。


慢性的にイライラカリカリ、ちょっとしたことでもすぐキレる人。
それって緊張なんです。

お年寄りにも、電車でも、スーパーでも、街中でも緊張の国の王様王女様を見かけます。


わからなくもないですが、
冷静に見れば本当の問題は自分の感情と思考にありで、
さらにフタを開ければ抑圧が生む自己否定自己分離がそうさせています。

でも自分が正しいにロックしているから、自己否定しているなんてわからない。

自分自身を否定していることは、自分を許せない=認められない=愛せない。

ネバならないが強いほど緊張度アップ。
それが体の硬さになっていると思います。


TVの健康番組、健康雑誌に、頑張るストレッチ・・・
自分を否定しながら柔らかくしようと日夜努力している。


自分を許すと緩むことに気づきたい。
「ソウカソウカ 無理なかった」とユルスとユルム。

スがムとなる。それがスム=澄む、心も体も浄化していきます。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D柔らかくするコツ 3

メンタルアプローチ
ではなぜ食べ過ぎ飲み過ぎし、内臓筋を硬くしてしまうのか?

ストレスは自律神経緊張(交感神経)でコルチゾールを放出し血糖値上昇になります。


ストレスが糖質が欲しくなる原因ですが
吸収されるまで1時間程かかり、その間チョコ一欠けらで待てればいいのですが
どうしても食べ飲み続けてしまいます。

1時間たって落ち着いた時は後の祭り。
カロリーオーバー糖質過剰=カンジダ増殖=内臓疲労で内臓筋は硬くなります。


糖質を摂るほどカンジダは大喜び!どんどん酸欠状態です。
糖尿病で太るどころか枯れ木のように細く硬くなった人は、
カンジダ蔓延で内臓筋も骨格筋も酸欠状態だからでしょう。

血流が悪く末梢から壊死が始まりやすい。


ストレスが原因とわかりますが、では何がストレスを生むのだろう?
自分の感情・思考に合わない不快状態がストレスで、
怒りや不安悲しみが出ますね。
その不快感が内臓にストレートに影響します。


血圧は簡単に上がり、強く念じても変化しなかった心臓がバクバクするんですよ。
あるいは胸が痛む、胃がキリキリ、ムカムカする、
はらわたが煮えくり返る、断腸の思い、腹が立つ・・・
不随意筋である内臓がいとも簡単に影響されます。

特に感情の安定にかかわるセロトニンを分泌する腸や胃に強く現れます。

先に挙げたコトバの表現にあるように、
怒りや緊張に反応し下痢や便秘、痛みや吐き気の経験があると思います。


ひどいと病的過食ですが、食べ過ぎ飲み過ぎは無意識無自覚の抑圧感情があり
すでにストレス下にあるのでちょっとしたことにでも反応しやすく、
甘いものを手放せない、やめられない止まらない。


胃腸は消化吸収器官だから食べ過ぎ飲み過ぎは慢性的に負担がかかっている、
その上にストレスではダブルパンチ!そりゃ硬くなります。

さらに腸は常在するカンジダ菌増殖、宿便が溜まり毒素を作り血液の汚れや
腸の圧迫緊張捻じれが骨盤の歪みの原因になっています。

エネルギー触媒してくれる善玉菌は減少だから、エネルギーは高まらない。

エネルギー不足を補おうとして食べる飲む、内臓疲労とカンジダ増殖の悪循環。


骨盤の歪みは背骨の歪みで、骨格筋の緊張や脳の圧迫で自律神経緊張です。

このように内臓筋がヘビーに硬い状態では骨格筋も当然ヘビーに硬くなるし
柔らかくしようとしても難しいですね。

さらに頑張るストレッチで伸ばそうとしているのですから。

硬いのは無理ない無理ない、ホントそう思います。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D柔らかくするコツ 2

骨格筋は意思が作用できる随意筋。それを試してみましょう。

指伸ばし
1、小指の下の両方の感情線を合わせ手を閉じ指の長さをチェック
2、手を開き利き手を目の前にしリラックス
3、その手を見ながら指が伸びるとコトバを回す、伸びるイメージを2分程する
4、1と同じように両手を合わせる

指が伸びていると思いますがどうでしょう? 
随意筋だから意思が作用するんです。

リラックスが深まれば2分と言わず数秒で伸びるようにもなります。

指だけが変化するのではありませんよ、随意筋ですからね!

これをどんどん応用したいと思いませんか?


それなのに頑張ってやらないと緩まないと思い込んでいます。
その呪縛を解くのに指伸ばしは面白い、皆さんウソーとビックリします。

そもそも緩むのに頑張るなんておかしいと思うんですね。


骨格筋は随意筋だから、ゆるゆる・ふわふわ・とろとろ・ぐにゃぐにゃ・・・
オノマトペの音のハタラキやヨシヨシいい子・緩んでねとコトバで緩んでいきます。
また同時に深呼吸と気持ち良くゆっくり動かすことで緩みます。


頑張ってやったら逆に硬くなります。
そのいい例がストレッチ。

大概、呼吸を止めて(頑張ると息は止まる)無理して伸ばしています。
バランスを保とうとホメオスタシスが反射的に作用し、
無理して伸ばすと筋肉はヤバイヤバイと収縮します。

やればやるほど硬くなってしまう。


やらないとすぐ硬くなるのは無理して伸ばすからで、それでも日々精進で
頑張るストレッチを続けていると筋肉は伸びきってしまう。

一見柔らかいが、伸びたゴム状態で使えない筋肉になってしまいます。


筋肉は伸びきったらアウト!なぜなら筋肉は収縮することで働くからです。
この仕組みがわからずに一生懸命ストレッチに励んでいる人をジムで見かけます。
何年やっても硬いままなんですね。

伸ばすことと緩めることの違いや筋肉の仕組みを理解したい。

ストレッチが逆に硬くする危惧があります。


意思が作用できる随意筋がまるで不随意筋のごとく言うことを聞かないのは、
いかに内臓筋が硬くなっているかがわかると思います。

食べ過ぎ飲み過ぎを止め糖質セーブでカンジダ菌撲滅が要!
でもね、カンジダがそれを許してはくれない。


断食すると早いのですが、
カンジダのパラダイスの体の人は一食抜くのも大変ですから
断食は遺書を書くほどの覚悟と勇気が要るようです。
MMSがお勧めです。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D柔らかくするコツ 1

血液・リンパ・体液の循環、神経伝達には柔らかい体がいい事はわかります。

ヨガ・ストレッチや運動、マッサージなど様々な療法で
柔らかくしようとしますが、おいそれとはいきにくい。


お腹までぺたりの開脚やY字バランスには
大転子のロック解除ができないと難しいですが意外と気づいていない点があるのでは?

筋肉には骨格筋と内臓筋があり、骨格筋は意思で動かせる随意筋で
内臓筋は意思では動かせない不随意筋です。

強く念じても心臓を止められないのは不随意筋だからです。


大概、柔軟性を求めているのは骨格筋、それは意思のコントロールが効くはずなのに
日々励んでいてもなぜなぜ硬い?

不随意筋の内臓筋が硬いままなんです


内臓の疲労緊張萎縮が骨格筋に大きく影響しています。
食べすぎ、飲みすぎで内臓が慢性疲労!

そしてそしてねちっこいカンジダ菌が増殖していきます。
カンジダの大好物は糖質でお腹の中でそれをアルコールとガスに分解します。
カンジダが音の大きなブーブーおならやげっぷの原因だから、多い人は注意!

アルコールを分解する肝臓に負担が掛かり、
東洋医学では肝臓は筋(スジ)を司るといい、肝臓の負担は筋肉を硬くします。

アルコールの分解でアセトアルデヒドという毒素になり酸欠常態にするので
アスリートがアルコールを控えるのは筋肉を硬くしたくないからです。

お酒を控えても問題は糖質だから、甘いものでも勿論影響されます。


カンジダは嫌気性のため、
酸素の行きにくい部分に増殖し末梢の爪水虫、水虫の原因であり
また、血流の悪くなった部分、特に食べすぎ飲みすぎで負担の掛かっている臓器に
増殖なら内臓筋は硬くなるのは当たり前です。


それどころかあっという間に癌になります。
(イタリアの医師シモンチーニ氏はカンジダ菌が癌の原因と解明し重曹で治している)

消化吸収そして循環には大変なエネルギーが必要です。
自律神経緊張状態(交感神経)はエネルギー不足のため、
体はバランスを取ろうと(ホメオスタシス)高血糖になります。
糖質が欲しくてたまらなくなります。

エネルギー不足を補おうとバクバク食べて、
それを消化吸収循環させるために更に内臓が疲労し硬くなっていく。

カンジダは待ったましたとばかり増殖の一途で悪循環に陥っていきます。

食べ過ぎ飲み過ぎの人は実は自律神経緊張でエネルギー不足の人であり、
カンジダのパラダイスで内臓筋は硬くなります。

食べ過ぎ飲み過ぎ=内蔵疲労=カンジダ増殖=酸欠状態=内臓筋硬縮=骨格筋硬縮
なかなか柔らかくならない原因が見えてきますね。


老化は免れませんが、仕組みを理解すると柔らかくできると思います。
柔らかい体は内臓筋の緊張緩和でカンジダ撲滅が要になります。
そして一番深い内臓の状態が一番浅い皮膚に出ます。

アンチエイジングは内臓筋がカギです。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad