D 冷え症は筋肉が硬い

冷えは血流が悪い事はご存じだが

なぜ血流が悪いのかとなると難しく考えている人が多い。


血液ドロドロ、毒素が蓄積しているからと

抗酸化食や排毒を促す玄米食で改善を図ろうとしている。


しかしなかなか改善しない。




なぜ血流が悪いのかシンプルに捉えてみよう。

話は簡単、筋肉が硬いのである。


血管は筋肉の中にあり、筋肉が硬ければ血管を圧迫し流れが悪いのは当然である。

筋肉量の問題ではなく、筋肉が柔らかければ血流は良いのである。


心臓の位置は胸の中央部、握りこぶし大のポンプで全身に送るのであるが

その圧だけでは賄いきれないため

それをフォローするのが筋肉の収縮と弛緩で

柔らかい筋肉であれば動きの幅が大きい。


心臓から押し出された血液は重力で下半身に流れやすく

足の筋肉、特にふくらはぎの動きで押し戻される。


ふくらはぎは第二の心臓と言われる由縁である。


足先が冷たいのも足関節の詰り=アキレス腱・ふくらはぎの硬さ

足先の動脈と静脈のふん合部の圧が弱いからである。



     7-1[1]


冷えは足の血行不良

血液は心臓から腹部大動脈から鼠径部を通り下肢へ流れるが

鼠径部と膝窩部(膝裏)の緊張で動脈の流れがブロックされている。


股関節、膝関節、足関節の詰りが血行を悪くしているのだが

筋肉は関節をまたいで付着しているので

それらの詰りは筋肉が硬いからなのである。


血流も悪いし、心臓に押し戻す力も弱い。



筋肉を柔らかくすれば

血行が良くなり冷えは取れていく。


筋肉を鍛えるのではなく

柔らかくする=緩める運動が大切である。緩める事と伸ばす事の違い



首肩腋下腰回りには脂肪を燃焼する褐色脂肪細胞がある。

それらの筋肉を緩めると脂肪の燃焼が高まり体温が上がる→

基礎代謝アップ→免疫力アップとリンクする。


腰回りが緩むことは副腎の機能が上がる事でもある。




スポンサーサイト

D 冷え取りの菌アプローチ

冷えは万病の元

病気は血液の濁りと流れが悪いことなので確かにその通りで

靴下の重ね履きや玄米菜食で血液の浄化を図っている。


しかし、何年励んでもなかなか改善しない人が来院する。


なぜ改善しにくいのか菌からアプローチしたい。



病気は酸欠と血流が悪いこと(冷え)であるが

原因は 私って何?(菌アプローチ)でアプローチしたように

カンジダ菌の増殖がある。


嫌気性菌のため酸素なしで増殖し

酸欠の体となり毒素の蓄積、内臓の機能低下=冷え、硬い筋肉・・・


つまり冷え=病気の大きな原因はカンジダ菌増殖と言える。


排毒と躍起になっているが

確かに重金属や様々な添加物農薬、薬物の蓄積、環境ホルモン・・・

などの有害物質はあるが、

カンジダ菌増殖による酸欠=冷え、自律神経緊張に気づきたい。


無添加無農薬のものを飲食し自然のものを使用しているのに

良くならない原因がとにかくねちっこいカンジダ菌にあり

有害物質だけでなくカンジダ菌が毒を生んでいると考える。


糖尿病が解りやすい例だろうか。

糖質過剰摂取でカンジダ菌増殖で、

動脈硬化もだが壊死は血流が悪くまさに酸欠症状である。




エネルギーは空にあり

それを触媒し取り入れるのが有用菌で、有用菌増殖するほど

生命力免疫力は高まっていく。


有用菌増殖を図れば空のエネルギーが取り入れられ

冷えだけでなく健康と安らぎ、個性の開花、運気も上がり

調和が連鎖する間に合っている世界を開いてくれる。




しかし、なぜ食に気を付けていても有用菌が増殖しにくいのか。


フィジカル面からいうと

副腎の機能低下のままである。


副腎はあらゆるホルモンの司令塔だけでなく、

腸内細菌に関与するので機能低下では良いものを摂っても

有用菌増殖に繋がりにくいのである。


機能低下は必ず変位している。

その為大腰筋硬縮で骨盤や背骨を歪ませ自律神経緊張になっている。

食事で変位が改善すればいいのだが、食事だけでは難しい。


なぜならば食事に原因があればその改善で良くなるが

機能低下の原因が他にもあるからと考える。




では何がそれほど副腎を機能低下させているのか。


それがストレスである。

ストレスで副腎から抗ストレスホルモン、コルチゾールが分泌され

血糖値を上げる事でバランスを図る。


その為に甘い物お酒など糖質が欲しくてたまらなくなり

糖質大好きのカンジダ菌は簡単に増殖する。


ではなぜストレスが強いのか。

無自覚であるが自己否定している。


その原因を掘っていくと幼少期の親の抑圧があり

その反動で自己防衛のネバベキの思考と感情と自己否定を強め

長期慢性ストレスに陥っているので

副腎の余剰エネルギーは枯渇の一途なのである。


それに反比例しカンジダ菌は増殖の一途である。

自己否定していては有用菌の増殖は難しい。


カンジダ菌はネバベキの思考と感情と甘い物が大好きで

そのような人はカンジダ菌にはパラダイスなのである。



私達は菌に支配されていると言っても良く

空腹も飲食嗜好も行動も増殖のために菌がそうさせている。


わかちゃいるけどやめられないのは菌がそうさせているので

いくら固く決意しても勝ち目はないのである。


依存からの脱却が難しいのは菌のハタラキに気づけないからと思う。



そして菌からのアプローチから観えてくるものが

口呼吸である。


いくら無添加無農薬にこだわっていても口呼吸をしていたら難しい。

菌が口腔内は勿論(虫歯・歯周病・口臭)、体内に侵入するわけで

白血球は疲労し減少か異常増殖(白血病)、

疲労した白血球に運ばれ関節に巣食えばリウマチ、

内臓に巣食い極まりが癌、弱い所に増殖していく。



自己否定や口呼吸をしながら飲食に拘り排毒に躍起しているが

食べ物は大切であるのは言うまでもないが

大概は、食べ物にエネルギーがあると錯覚しているから

正食邪食とジャッジしている。


だからちょっと甘い物や動物性たんぱくを食べたからだ、

あるいは我慢できなかった自分を責めている。




エネルギーは空にあり

それを触媒しているのが有用菌であることを再認識したい。


飯→食+反と書くのである。

「食べるに反する」ことが飯とは、コトバなのである。


口から出すものがコトバであり、愛と感謝、イタワリと許しが

エネルギー触媒する有用菌増殖になることに気づきたい。


その理解の元に感謝しよく噛めば大概のものは

無毒化でき有用菌増殖にも持っていけるのである。



体の声を聞けずネバベキで知識でジャッジした飲食では

副腎を疲労させ

カンジダ菌の方が増殖しやすいのである。


菌は意識と連動するからである。



口呼吸と冷たい物の飲食をやめ

自己否定からの解放のイタワリと

菌退治の秘密兵器のMMSで冷えは改善され

有用菌増殖が醸し出す調和が連鎖する間に合っている世界が開かれていく。


菌のハタラキとコトバのエネルギーが要と考える。




D 10年冷え取りしたが改善しない

冷え取りの女王が来院された。

靴下の重ね履き10枚での来院が今までの記録であったが

なんと重ね履き20枚、下ばき5枚で来院。


象の足のようで靴は履けないので男性用の大型サンダルで。



40代前半、長身であるが

体重は35キロまで落ちガリガリで内臓下垂した体型。


体調不良で冷え取りを10年前から始めたが

一向に良くならないどころか、もうすぐ死ぬのではないかと思っていたところ

ブログを読んだら当てはまることだらけで

やっとの思いで来院された。



お風呂で寝ているという。

ん? お風呂に入ってから寝るのじゃなくて?と問い返す。


布団ではなく、温めながら湯船で寝るスゴワザだ。


そしておきまりの排毒の為にと玄米菜食だ。



冷え取りのメンケン、排毒で体調が悪いと思い込み

もっと冷えを取らねばと躍起しついには20枚に。


勿論メンケンや排毒作用は一時的にはあるが

10年など有りえず、客観的に言えば悪化しているのである。



なぜならば

冷えるには冷えるだけの原因があり、その原因を解消せずに足を温めるでは

かえって不具合になる。


腎臓副腎のオーバーヒート(鬱熱)の発散の為に足をラジエターにしているから

冷えるのである。冷え取りで改善しない理由


それなのに足を温めれば放熱できず、ホメオシタシスで一層足を冷やそうとする。


冷え取りするほど冷えてしまうのである。



腎臓副腎は増々鬱熱をこもらせ機能低下し硬縮するし

内臓の機能低下は変位(下垂など本来の位置からずれる)を招くので

歪みを生じる。


それが大腰筋の硬縮で、横隔膜を引っ張り猫背にはなるし

肝臓を圧迫し解毒は上手く行かず

(飲酒しなくても猫背で圧迫されれば機能低下する。)

胃は下垂するし、

横隔神経は頸椎から出るので当然首は緊張する。


それとリンクして胃袋というように

その袋は胸鎖乳突筋から吊るされているので一層首はガチガチになる。


体だけでなく精神的にもおかしくなるのは当然である。



大腰筋硬縮で

肝臓の圧迫と同時に右は上向結腸と盲腸、左は下向結腸を圧迫するので

腸の機能は上がりようがない。


つまりどんなに食事に気を付けても

腸も圧迫と機能低下なので有用菌増殖は難しい姿勢=条件になっている。


更に言えば、

副腎が全身のホルモンと腸内細菌に関与しているので

副腎の機能低下ではそれらが活性しにくいのである。



胃も下垂しているので

玄米を消化吸収するだけの力が無く

良かれで食べても逆に負担をかけるので体力は上がりようがない。


体の声が聞えず頭で食べているのである。


そして良くならないのは

甘い物を食べたからだ(ちょっとでも)

添加物入りを食べたからだ、あるいは電磁波のせいだとか…

どんどんストイックになりネバベキの音にロックされてしまう。


それらよりネバベキの思考と感情が悪くしていることなど気づきようがない。




大腰筋硬縮は

鼠径部を詰まらせるので

足に行く動脈をブロックしてしまい血流が悪くなる=冷える。


そして鼠径部でブロックされるためおへそ周りの動悸が強く絶えず気持ち悪い。


クライアントさんの鼠径部はコンクリートで固めたようにカチンコチンであった。


腎臓副腎の反応点は   imagesMASA1RLU.jpg

筋肉が骨化しゴルフボールどころかビー玉のように硬縮していてる。

(これ骨じゃなくて筋肉なんですよ。あまりの硬さに骨かと思っていたと…)




この様に体の構造と原因を説明し

更になぜ腎臓副腎が機能低下しオーバーヒートで鬱熱を持ってしまったのか

メンタル面からもアプローチした。


ネバベキの思考と感情があったはずで

それは幼少期からオの付いた躾=押し付けがあったはずである。


本来の躾は字が示すように美しい身になるのだが

オが付いては自律神経緊張=ストレス=副腎疲労を招くのは無理もない。


直線思考の思考と感情を余儀なくするので

超やクソが付くマ・ジ・メ人間で副腎疲労を招くのである。



そのような人は自身の正直な気持ちが麻痺しているため

何が心地いいのか、嬉しいのか、楽しいのか、美味しいのか・・・

体の声は聞こえようが無く

知識で食べ、外からの情報を鵜呑みにし翻弄される。




治療

イタワリ照射しながら先ずカチンコチンの腰を緩め

首を緩め脳の血流を上げ、

横隔膜を動きやすくし(横隔膜を緩めると心肺機能が上がる)

鼠径部を緩める。


鼠径部がすーと緩み、足首までビックリするほど温かくなる。


更に膝裏、足底筋を緩めることで全身の血流が上がり

顔に艶が出て文字通り面白くなってくる。(顔色が良い事)



セルフケアとして

イタワリの音波云

緩め方を教え

鼠径部にホカロンを貼ること

布団で寝ること

靴下は1枚にする

MMSの飲用とお風呂に入れる

タンパク質と消化の良いもの、(ゼラチンを溶かした卵スープなど)

をアドバイス。


まだ2回の治療であるが薄紙どころか厚紙を剥がすように回復し始めている。


オーラからの美人さんになるのが楽しみである。




D 冷え取りのセルフケア(大腰筋)

前回紹介した大腰筋緊張緩和は

冷え取りだけではなく様々なおまけがつく。


     snap_karuna98_20141208545.jpg

おへそと腸骨陵の中心の大腰筋反応点を指先でソフトタッチ。



大変なおまけを解説したい。


大腰筋は

ダンサーやアスリートが軽々と足を持ち上げる強力な筋肉であり、

体幹を支えるインナーマッスルである。



大腰筋の緊張緩和は

骨盤を起こしやすくする→腰痛緩和


下肢の筋肉全体に影響する→膝痛、O脚改善、股関節を柔らかくする


横隔膜と大腰筋は傘と柄の関係→呼吸が楽になる、胸が開きやすくなる 

               骨盤が起き姿勢が良くなる


       imagesW3S72DOA.jpg


大腰筋が緩むと横隔膜が緩む→内臓の機能向上

              内臓の圧迫が取れ正常な位置に戻りやすくなる


横隔膜の上には肺、心臓が乗っかり、下には肝臓、膵臓、胃などがある

  


     IMG.jpg



大腰筋の緊張原因は腎臓副腎の機能低下であるから

当然それらの機能と変位を修復する。


副腎疲労を解消するには大切なポイントである。




排毒が難しい原因

特に冷え取り励行者は排毒を重視していて、

ネバベキの食事傾向で無添加無農薬にこだわっている割には排毒されにくい。


それを大腰筋と内臓の関係から掘ってみたい。


大腰筋は骨盤臓器にも影響する。


右大腰筋の硬縮は上行結腸・盲腸を圧迫する。


上行結腸・盲腸が毒素の溜まる重要ポイントなのである


この部分が大腰筋によって圧迫されていては

いくら無添加無農薬を摂っていても毒素は溜まってしまうのである。



更に言えば

大腰筋は横隔膜と柄と傘の関係であり

横隔膜の緊張が肝臓をうっ血させ下方変位して上行結腸・盲腸を圧迫する。

そのような場合、右肩が下がっているのでチェックしてみよう。


お酒も甘い物も控え肝臓に良いものを摂取する割に良くならないのは

大腰筋と横隔膜の硬縮が影響するからである。



さらに骨盤内に有る卵巣・子宮の圧迫と変位にもなるので

生理痛や不順、婦人科疾患や不妊症にも影響している。


冷えが影響しているのだが、その要は大腰筋が握っているのである。


仕組みと原因の理解と大腰筋緩和で

薬にさよならできるし子宝にも恵まれる体になれる。




冷えが取れると言うことは

骨盤が起き胸と肩は開き首は緩み姿勢が整う事であり

その姿勢が自律神経緊張緩和=内臓の機能向上とリンクするわけで

大腰筋が文字通り大きな要の筋肉になっている。



体の構造や姿勢には目を向けずに

排毒と冷え取りにネバベキと躍起している人が多いように思う。


ネバベキを止めイタワリの音波云で体の声を聞こえるようにし

大腰筋の緊張緩和を図ることで

心の冷えも体の冷えも溶けていくと考える。



冷えの原因が構造上大腰筋硬縮に有ると解るし

なぜ骨盤を起こすことが大切なのかも解ると思う。


大腰筋と横隔膜の影響から観て、確かに冷えは万病の元と言える。




D 冷えがなぜ取れないのか 3

冷え取りのセルフケア

口呼吸は就寝時にバンドエイドでカバーできる。

その上で大腰筋の緊張緩和を図ろう。 



  0d119e50[1]   imagesW3S72DOA.jpg


イラストでわかるように、大腰筋の硬縮が鼠径部を通る動脈の流れを悪くしている。


大腰筋は体幹を支え股関節をコントロールする重要な筋肉で

大腿骨の小転子に付着している。


硬縮で股関節を詰まらせ膝に付着する太ももの筋肉も

更に下肢全体の筋肉の硬縮にも影響し、

膝の膝窩動脈、足首の足背動脈の流れを悪くする。


    7-1[1]



親分の大腰筋の緊張を緩めれば良い事が解る。


反応点がおへそと腸骨陵(骨盤のもっとも上の部分)の真ん中。


仰向けで人差し指か中指の指先(指の腹ではない)でソフトタッチする。


      snap_karuna98_20141208545.jpg

1分ほどで(人によっては数十秒で)緩みを感じてくる。

詰まっている筋肉に「気」が通ってくる感じ、

足先や肩首、頭にまで流れを感じる事もある。


それだけ大腰筋の硬縮が影響している事であり、

筋肉は筋膜で全身繋がっているからである。


タッチ時間は体の声に従おう。


(効率の良いケアは

来院時にやる自律神経活性化の緩むポジションをやってから

タッチすると格段に良いが

人によってポジションが違うのでここではお伝えできない。)



冷えの原因となる大腰筋の硬縮がなぜ起こるかというと

副腎腎臓の機能低下=慢性炎症=オーバーヒートで

変位するからである。


いわば副腎疲労が影響しているわけで

長期に渡るストレス=自己否定がメンタル面での原因であるので

アナハタに向け名前を優しく呼び、「ソウカソウカ、無理なかった」と

イタワリの音を回しながらやる事だ。



音がエネルギーであるから

イタワリの音波云で生体電流の-電気を自家発電し緩みをもたらす。

(自己否定・ジャッジを生むネバベキの音が緊張=+電気を帯電させる)


また、名前に命の情報、潜在情報がファイルされているので

優しく愛おしく呼ぶことだ。



皮膚身神示

皮膚と筋肉(内臓を含めて)無自覚の自己否定や潜在情報が録音されているので

緩むことで気づきも出てきやすい。

 

大腰筋は体幹を支えフィジカルは勿論

メンタルでも副腎疲労とリンクし大きな要となる筋肉である。




D 冷えがなぜ取れないのか 2

口呼吸している。


振り返ってみよう。

何年も冷えや食事にその他諸々気を付けてきているのに

好転反応とハンコを押している体調不良がずーと続いている。


好転反応とは本来一過性のもの

それがずーと続いていることは改善していないことである。


色々と気を付けていても

口呼吸をしていては片手落ちなのである。




口呼吸していれば

呼吸を止めることはできないのだから

空気中の様々な菌やアレルゲンがストレートに侵入する。



殺菌作用を持つ唾液の分泌が悪く

乾燥や粘つき、菌がダイレクトに口腔に入り

わずかな食べかすなどで菌を増殖させ

口臭、歯周病、虫歯などを起こす。


当然風邪を引きやすい。

あなたの風邪は鼻から?ノドから?ではなく、口からなのである。


その菌が防御役の扁桃腺に炎症を起こし

鼻に行く扁桃腺が先か、喉の扁桃腺が先に炎症を起こすかである。


(口呼吸を止めれば引きにくくなると知っていても

儲からないのでメーカーは決して言わない。

それどころか、口呼吸用の薬まで宣伝している。)



さらにそれらの菌がリンパ・静脈に乗っかり全身に運ばれていく。

歯から菌が首の付け根の鎖骨下静脈に行く。


そこはターミナルのように全身に分派され

左鎖骨下静脈は心臓にすぐ入る。


菌が心臓の弁膜などにコロニーを作り心臓病の原因とも考えられている。



      img_0[1]   


(院内感染に気を付けていても入院患者が口呼吸をしていれば

食後の歯磨きをやっていても口腔内に菌が増殖し

それが肺に侵入し肺炎を起こす。)



日中は気を付けることもできるが

就寝時は意識できない事を理解したい。

(いびき、起床時に口が乾燥は口呼吸である。)


口呼吸の原因として

ストレートネック、顎関節症、歯並び、肩首の凝り

幼少期風邪を引きやすかった→抑圧ストレス

中耳炎、副鼻腔炎、扁桃腺炎



五十肩で歯周病や口臭が強い人が多いのは

歯から首回りや鎖骨下リンパ、腋下リンパに菌が巣食い流れを悪くしているためだ。


改善が長引くのは口呼吸や歯周病で菌の増殖が抑制されないからである。



さらに菌が肺に侵入し

静脈、動脈、リンパに乗り全身に運ばれてしまい

白血球はフル活動で白血球自体の機能低下であり

関節に巣食い慢性炎症を起こし、関節を硬くしていく。


(風邪をこじらせ節々が痛くなるのも、菌が巣食い戦っている状態であり

ひどくなれば関節リウマチとなる)



免疫力が弱くなることであるが

そうなるとカンジダ菌で代表する悪玉菌、嫌気性菌の増殖で

有用菌や好気性菌が少ない事は酸素供給が少ない事であるから

筋肉は硬くなる。


内臓も不随意筋という筋肉であるから、

内臓が硬い=慢性炎症=機能低下であるし

筋肉が硬い事は血管は圧迫され血流や神経伝達が悪い事は言うまでもない。



筋肉を硬くする糖質大好きのカンジダ菌は

口呼吸で増殖は無理なく、菌がホシイホシイする。


それなのに甘い物ダメで頑張っていることはストレスを強め

そのストレスで副腎から抗ストレスホルモンのコルチゾールが分泌され

血糖を上げることでしのごうとする。


甘い物が欲しくなるのは当然であり、副腎疲労が強まるのは無理もない事。


意志を強く持っても菌に支配されているのである。


我慢できず食べてしまう→自己嫌悪と自己否定→ネバベキの音にロックされる。


菌は意識と連動するのでネバベキの意識(自己否定)は

カンジダ菌にはパラダイスなのである。


逆は「ソウカソウカ、無理なかった」のイタワリは

自律神経緊張緩和する音のエネルギーであり

カンジダ菌は大っ嫌い、居心地はすこぶる悪い。


口呼吸を止め、どこまでも深くイタワルことが大切である。




角度を変えれば、

いくら無農薬無添加にこだわっていても

口呼吸していれば免疫力は低下し老廃物や毒素は蓄積される。


つまり、血流が悪い事であり

内臓の機能低下とリンクするのである。


口腔疾患や風邪を引きやすい、副腎腎臓は元より、

肝臓機能低下、糖尿、リウマチ、心臓病、脳血管障害、

婦人科疾患、ウツ、アトピー、癌・・・根底原因の一つである。


様々な体調不良を起こし

それを改善しようと冷え取りや食事療法に躍起するのであるが

口呼吸が大きな原因であることも理解したい。

口呼吸の弊害



ずーと続く思い込んでいる好転反応は

好転しているのではなく

口呼吸が引き起こしている症状が考えられる。




D 冷えがなぜ取れないのか 1

「冷えは万病の元」と冷え取りに何年も励んでいるクライアントさん。


体質や添加物や農薬などの毒素の蓄積が原因と考えているようで

食事に無添加無農薬にこだわりながら取り組んでいるが

一向に改善しないという。



冷えは足の血行不良

血液は心臓から腹部大動脈から鼠径部を通り下肢へ流れるが

鼠径部と膝窩部(膝裏)の緊張で動脈の流れがブロックされている。


    7-1[1]



逆に言えば

鼠径部、膝窩部(膝裏)の緊張緩和で血流が上がり冷えが緩和されることがわかる。



ではなぜ鼠径部や膝窩部が詰り動脈をブロックするのか。

(鼠径部でブロックされるので臍脇の動悸が強くお腹が硬い)


    22-am14[1]



大腰筋の緊張が鼠径部を詰まらせる。


imagesW3S72DOA.jpg 0d119e50[1]


大腰筋の緊張が膝窩に付着する下肢の筋肉を硬くし

膝窩動脈をブロックするように連動する。



ではなぜ大腰筋が硬縮するのか。

その大きな原因が副腎・腎臓の機能低下であり

臓器は本来あるべき位置からずれる=変位し、それが大腰筋を硬縮させている。



なぜ副腎・腎臓が機能低下(副腎疲労)するのか。

ストレスに長期にさらされて慢性炎症で鬱熱を持っている状態だ。


角度を変えて言えば

その鬱熱を取る為にホメオシタシスが働き

足をラジエターにしているのに、足を温めては放熱ができず

一層鬱熱が強まりさらに足を冷やそうとする。


冷え取りするほど冷えるわけで長年やっても改善しない原因であり

足がだめなら他で放熱するしかないので

肌荒れ、頭皮のかゆみ、抜け毛、口腔疾患、他の臓器の負荷がかかる。


それを好転反応とか免眩と言っているように思えてならない。



副腎から抗ストレスホルモンのコルチゾールが分泌し続け

機能低下である。


副腎はあらゆるホルモン、腸内細菌のバランスに関与するので

その機能低下はメンタル面、フィジカル面の両方に大きく影響する。


いくら発酵食品を摂取しても善玉菌増殖はしにくいのである。


食事は大切であることは言うまでもないが

一般の人より食にこだわっていても改善しない大きな原因は

副腎疲労にあることが観えてくると思う。


機能を上げるには構造上、変位の修復(本来ある位置に戻す)ことが必要である。



そのストレスとは

幼少期からの抑圧、無自覚であろうが自己否定に陥っている。



勿論農薬や添加物、重金属・・・様々な解毒の為に疲労もがあるが

大概のクライアントさんは食事に気を付け、

酒もたばこもジャンクフードに気を付けていて

一般よりよほど健全なのである。



それでも排毒と躍起になっている人がほとんどであるが改善しないし、

好転反応とか免眩といっているがその症状は客観的に言って

自律神経緊張状態なのである。



なぜ冷えるのかの原因と仕組みを理解せず

闇雲に足を温め、ネバベキの食生活で排毒排毒と言っているように思える。


原因が無くなった結果として足が冷えなくなることを理解したい。



足が冷える事は

鼠蹊部や膝窩部の硬縮、大腰筋の緊張だから

それらの改善を図ればいいのであり


更にメンタル面から言えば自己否定を溶解する事である。

その溶解には思考では難しく、どこまでも深く自身をイタワルことである。



大腰筋の硬縮が骨盤の歪みになり

土台の骨盤が歪んでいれば、

自律神経が通る背骨という柱は歪みと緊張を余儀なくする。


更に言えば

大腰筋の緊張が腰全体の筋肉を硬縮させ肋骨を下に引っ張り

その影響は肩首を詰まらせるようになる。


図1



冷えのもう一つの要素

肩首回りには筋肉の100倍ほどの燃焼効率といわれる

脂肪を燃焼する褐色脂肪細胞があるのだが

肩首の緊張でその働きが弱くなり体温が上がりにくい。

(冷え、低体温症は肩首の緊張が強い)




来院するクライアントさんはハンコを押したように

重ね履きと排毒の為とネバベキの食事療法に躍起してきている。


冷えが無くなると言うのは鼠径部や膝窩部の詰りが取れ

血流が上がり、骨盤背骨の歪みと緊張緩和で自律神経が整うことであり

肩首が緩み褐色脂肪細胞の働きが良く脂肪の燃焼効率が良い状態である。



冷えを解剖学的に構造から捉えると解りやすいと考える。




D 冷えの原因

「冷えは万病の元」と冷え取りに何年も励むが改善しないクライアントさん。


冷えているのは原因があるわけで

何で冷えるのかを理解せずに悪者のようにして励んでも

原因の解消にならなければ難しいではないか。



冷える原因を掘ってみよう。


一言で言えば、自律神経緊張が招いている。


それはストレスが溜まっている状態であり、

一般的には精神的なものをいうが、体にとって排除すべき有害物もストレスなのである。


有害物の排除解毒の為に内臓に(特に肝臓腎臓)

負荷がかかり機能低下している状態なので

解毒、血液の浄化に玄米菜食をせっせとするのである。(ネバベキで)



私達も自然現象であるから環境に影響されるわけで

水も空気も食べ物は添加物、農薬、ホルモン剤・・・電磁波等

更にはイルミナティの人口削減計画で「緩慢なる毒殺」の環境に置かれている。


100年前の環境とは大きく違い、生命力は弱くなっていると言える。


それらの有害物が原因なら

-電気(還元作用)が豊富な衣食住にすれば良いわけだから

特に食生活の改善で自律神経緊張緩和=冷えが無くなるハズである。


そんなにも有害物質てんこ盛りの食生活をしてきたとは思えない人ばかりなのだが

実際は長年励んでいても思わしくなく、逆に冷えが強くなっている人も多い。



フィジカル面で観れば有害物の排除解毒すればいいのだが

改善しにくいのはメンタルの影響、心の冷えが大きいのである。


それに気づかずに衣食住に躍起しても難しい。



なぜか、更に掘ってみよう。


ストレスで体はどう反応するのか。


ストレスで

副腎から抗ストレスホルモン(コルチゾール)が分泌される。


コルチゾール分泌は

他のホルモンの分泌や腸内細菌に大きく影響して

自律神経緊張(交感神経)をまねき、いわゆるストレス状態だ。


具体的には血糖値を上げて対応を図る。


ストレス=コルチゾール分泌=血糖値上昇で

甘い物、炭水化物、アルコール・・・糖質が欲しくなる仕組みであり

腸内細菌は糖質大好きであらゆる不調の原因のカンジダ菌増殖だ。


いくら抗酸化食や発酵食品酵素を摂っても

慢性長期のストレス状態ではコルチゾール分泌と共に

菌は意識と連動するため有用菌の増殖は難しいのである。


(ネバベキの人の腸は大好物もふんだんでカンジダ菌にはパラダイスなのだ)





メンタル面でのストレス原因

ずばり、自己否定であり「ネバベキ」の音にロックされた直線思考と感情である。


自己否定は自身を否定しているのだから

抗酸化食をしていてもエネルギーは高まりようがないし

自律神経緊張を余儀なくすることがわかると思う。



では、何が原因で自己否定に陥っているのだろうか。


大きい原因は親(特に母)からの躾教育と称する抑圧である。毒は主に母


「ネバベキ」の思考と感情を余儀なくし、

命の情報が秘められている名前をネガティブエネルギーで呼ばれては

開花しようがない。


それが物心つく前からだから、「ネバベキ」路線から外れたことが無いので

自己否定していることに無自覚である。



しかし、体は正直に反応している。

自律神経緊張として、具体的には副腎腎臓に疲労が蓄積し

オーバーヒート状態に陥っている。


慢性的に副腎はホルモンを大量に分泌し続けるため、機能低下だ。

自力できなくなっているのでアレルギー等に副腎皮質ホルモン薬を使うのである。


(機能低下の改善を図らず、薬で対応する対症療法では難しいと解ると思う)




副腎腎臓のオーバーヒート

鬱熱がこもり機能低下になっている。(慢性炎症)


ホメオスタシスで体は鬱熱を発散することで機能回復を図る。


足をラジエターにして鬱熱を取ろうとする→

それが足の冷えになっている。


効率良く発散したいのだから、足の末端が冷えることもわかると思う。

だから、大抵は足首から先が冷たーいのだ。


冷えざるを得ない原因があると解るではないか。(ソウカソウカ、無理なかったわけね)




止むに止まれぬ状況で鬱熱の発散のために

足をラジエターにして懸命にバランスを図っているのに

足を温めたらどうであろうか。


体は鬱熱は発散できないばかりか更に熱がこもり

その為に一層足が冷えるのである。


冷え取りに励むほど冷えることがわかってくると思う。


冷えがひどくなり、さらに足を温めていては鬱熱はこもるばかり→

副腎疲労=自律神経緊張が強まり

体はいよいよバランスを取りにくくなり

何らかの方法で鬱熱を取る必要に追い込まれる。


それがわかると副腎が健気に思えて、ごめんね。



体の奥に鬱熱があっては、

逆気(のぼせ)フラッシュバック、パニック、暑がりで寒がり・・・

体温調節が難しいことも観えてこないだろうか。


様々な不調を起こすのは当然の事ではないか。


それを好転反応と言っているが、違う。

鬱熱を出しやすい所から何とかして発散しようとする切羽詰まった症状なのである。


知識に翻弄され好転反応と思い込んでいるだけで、

実際に客観すれば

好転反応とハンコを押した不調がずーと続いているのではないか。


だから冷えを取ろうと安易に温め続け足から鬱熱の発散ができなくなる程

体は不調の危惧がある。




目的は自身の感性を高め

健康と安らぎに満ち調和が連鎖する間に合っている世界をもたらす

「私は私でありたい」ことなのに

冷えを取ると言う手段が目的になっているのである。


その証拠が「ネバベキ」でやっている事ではないか。

「私を否定している」音なのだ。



振り返って良ーく観てみよう。

衣食住に気を付けているのにそんなにも毒が抜けないのもだろうか。


体に蓄積した老廃物有害物は断食でかなり浄化されるし、

断食でなくても冷たい物の飲食を控え少食でも内臓が休まり

機能が上がる。(口呼吸を止めることも大切だ)口呼吸




内臓の機能低下(副腎疲労)は必ず内臓の変位があり

体の緊張歪みを招いている。


緊張歪みを修正し本来の位置に戻すことで機能向上し冷える必要が無くなる。


例えば、

骨盤背骨や頭蓋骨の歪み、顎関節症などはストレートに

自律神経緊張(冷え)に投影しているが、

原因を理解しない冷え取りや玄米菜食でそれらの修正を図るのは

容易ではないわけで、

歪みの修正=中心軸を整えてあれば自律神経緊張緩和が加速する仕組みである。



しかし、

抑圧の反動で自己否定に陥っている心の冷えを持つ人は

視野を広げにくく

ネバベキでいるので振り返ることなく玄米や冷え取りに固執し

原因は他にもある事に気づけなく

ちょっとの事でも許せずストイックになりやすいし

できない自分を責めやすくもなる。


それが副腎を疲労させ、オーバーヒートになっているのだが。


楽しいね、嬉しいね、気持ち良いね・・・どこかに置き忘れてきている。





思うように改善しないので(原因は他に有るのだから当然なのだが)

更に知識を構築し情報に翻弄され、

大切な自身の快不快の知覚能力をダウンさせている。



自己否定に気づいていると言う人もいるが

それは知識(頭)でとらえただけに感じる。


そういう人に尋ねるのだが、自己否定をしているのは誰?


他の誰でもないあなた自身なのに

思考や知識で自己解放を図っているので、知覚は麻痺のままなのである。


思考や知識では感情の解放は難しい。

思考や知識でネバベキと自分を縛ってきたのだから。



ではどうすればいいかというと

どこまでも深く自身をイタワル事だ。


「ソウカソウカ、無理なかった」

「私は私でありたい」と音のエネルギーに云ばれる事だ。(音波云)



コトバがエネルギー、究極の電磁波なのである。


(電磁波過敏症で、来院できないので何人か往診したが

原因はアレルギーの深層原因と共通する。

ネバベキで自己防衛が強くなり過敏を増幅しているわけで、

コトバという究極の電磁波に気づくことだ)



ネバベキは酸化=緊張を生む+電気を自家発電

イタワリは還元=緩みを生む-電気を自家発電


イタワリの音が自律神経を緊張させている冷えの根底原因を

ジワリジワリ溶解してくれる。


体の緊張歪みの修正で内臓の機能が上がると共に

コトバのエネルギーは高まっていく。




D包む

心の冷え=腎臓の欝熱が取れると気持ちが自然と明るく軽くなってきます。

不安や緊張恐れが和らぐからで、自己分離の氷が溶けていきます。
その分自分自身を心地よく感じられるようになりますね。


大概、体と精神を分けていてHOWTOや精神的に何とかしようとしますが
体{イ+本、イ=意 意の本と取れるように体は
無意識無自覚を含め素直に意(こころ)の状態を現しています。
姿勢や呼吸、人相、皮膚、声などに出ますね。


体の調整、つまり自律神経緊張緩和によって精神状態が良くなり
スピリチュアルエネルギーに感応しやすくなります。

知識の詰め込みでなく感応ですから実際にエネルギーが高まり、
体も意識も連動し健康と安らぎは深まっていきます。



包むことができるようになります
優しさ・温かさ・いたわり・許し・・・そんなイメージを「包む」から持ちませんか?

人を、相手を、愛しい人を、子供を包む・・・包むエネルギーは心地よい

包まれるのも心地よい。

どの位、包むことができていただろう?

どの位、包まれる感覚を味わってきただろう?


心の冷えがあると包むより闘争か逃走の計算と思惑、自己主張や縛りに感じます。
包むと縛るでは大違い!



外国の実用合理主義と違い日本は包む文化に思う。
何でも包んで渡しますが、物や人を大切に思う心が現れるのでしょうね。


心の冷えが取れ腎臓機能は上がり自律神経活性化は
包むエネルギーが豊かになるが、天から包まれる実感も深まっていきます。


包む力が、包力=法力ではないだろうか?
包{フ+ノ+己、普く負っている能(ハタラキ)=天の中に己がいる。

誰もが天に包まれている。

冷え取りで実感が深まります。



テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

D冷え取り 4

フィジカルアプローチ

糖質制限
腎臓のオーバーヒートの姿勢は猫背傾向・寝た骨盤で自律神経緊張です。
自律神経緊張は血糖値を上げます。

砂糖・甘い物・炭水化物・糖質の多い芋類などの野菜果物・お酒・清涼飲料・・・・・
糖質の摂取が増えるし、濃い味・食べ過ぎ傾向になります。


内臓の負担は強く、糖質大好物のカンジダ菌が増殖し
酸欠の体・血流悪化・老廃物蓄積で腎臓の負担は更に大きくなるので
糖質を制限するほど良くなります。


冷え反射
 背中の腎臓の位置にアイスノンかビニールに入れた氷を直接当てます。
(腎臓の位置を腰だと思っている人が多いですが、腰上です)

 足首から5センチほどまで両足をキンキンに冷えた氷水に入れます。

膝蓋腱反射はポンと叩くから反射で足が上がるように、冷やすイメージでは反射になりません。
ウヒャ!という生体反射で欝熱は発散されます。

せいぜい30秒くらいです。


労れば腎臓の負担が取れて行き、冷え反射でオーバーヒートの欝熱は抜け
メンタルとフィジカルのダブルアプローチが効果を高めます。


「ソウカソウカ、無理無かった」のイタワリはやればやるほど溶け、
冷え反射は日に1~3回です。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D冷え取り 3

冷えを取る方法

メンタルアプローチ  
不安・恐怖・緊張が腎臓に負荷がかかり、心が冷えているのが一番の原因です

そのような心の冷え・感情が反動となり、これではいけない何とかしなくては!
スピリチュアルや、様々なHOWTOに求めますが自己否定のままでやっています。

自己否定は~ネバ・~ベキのコトバの使い方=思考と感情で
無自覚に自分と戦いを続けています。

戦{単+戈、単りにホコと書くように自分にホコを向けているのです。
タタカイを無くすためにタタカイ続けているので無くなりません。

自己分離の冷たい氷はますます大きくなって行き、
精神的・肉体的か病的症状を強めていきます。



どうすれば無くなるのか?
タタカイにアを付ければ、アタタカイ=温かいになるように
ソウカソウカ、無理なかった と自分自身をイタワル温かい音を照射することです。

不安や恐怖緊張を何とかしようとシノゴノせず、
その感情に対し「ソウカソウカ、無理なかった」と音のエネルギーを使います。

イタワリの音は宇宙中温の36度の温かい温度を持つ音なので、
凍っている心を溶かしていきます。

反熱を持つ高温ではないので、ジュッとは溶けませんよ、
ジワリジワリと溶けていきます。

イタワリ続けていくことです。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D冷え取り 2

足の冷えの原因は腎臓のオーバーヒートですが、
なぜ腎臓がオーバーヒートするほど負担がかかるのでしょう?


東洋医学の腎臓の捉え方
先天の元気、 生まれ持っている生命力なので体質的に腎臓が弱い。
腎は腰を司る、 腰に負担が掛かりすぎると腎臓に負担。
腎は視力に関わる、 目の酷使は腎臓に負担。
腎は精を司る、  セックスやりすぎ。
腎は恐れ・不安・緊張の感情に影響される。
まだいろいろありますが・・・。


先天の元気が弱い事は精神的にデリケートです。
そのベースに抑圧や様々なストレスが掛かる訳ですし
時代的・社会情勢・自然環境(体内環境に影響する)・添加物糖質過多の食生活
から言っても腎臓に負担が掛かりやすい。


無自覚の場合が多いですが、
恐れ・不安・緊張などの感情はモロ自律神経緊張で
その姿勢は胸は閉じ肩は内旋し力が抜けず、脳の受皿の顎関節は緊張し
猫背で骨盤は寝た状態。


先天の元気が無いから運動には消極的になりやすく、循環が悪い。

またそこそこあっても不安や恐怖のトラウマ、親子関係・対人関係で
抑圧やストレスで腎臓はへなへな。


そのエネルギー不足と抑圧の解消を一番簡単な方法、セックスに求めるか、
精神世界に自己否定しながら自己解放を求め自分探しの行脚で、
今茲と知識は増えるが今茲を上へ先へ求め続けます。

あるいは社会的成功、地位・名誉・経済力に求めもっともっとで足は満ちない。


仕事では勿論ですが、エネルギー不足はやたらと情報が欲しいので
猫背で何時間もパソコン・ディスクワークで腰に目に負担。

対人関係で気を使うわ、無意識に自分を守るために
闘争か逃走の思考と感情にロックされ腎気は損なわれます。


なぜウツが増えるのだろう?
なぜ腰痛の人が多いのだろう?
なぜ腎臓透析が増えるのだろう?
そしてなぜ冷えの人が多いのだろう?

腎臓のオーバーヒートが収まらない。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D冷え取り 1

靴下の重ね履きや足湯など冷え取りを長年やっても改善しない理由。

一生懸命冷え取りに励むが改善した人はどの位いるだろうか?
僕の知る限りではいません。


なぜでしょう?

冷えは万病の元、冷えは血行が悪いからと足を温めて冷えを取ろうとするのですが、
先ずなぜ冷えるのか?原因や仕組みを理解したい。


長年やっても改善しない人は、
腎臓に欝熱(内熱)があり腎臓がオーバーヒートしています。


エンジンの熱を取るラジエターが要るように、腎臓に負担・疲労が蓄積し
オーバーヒート状態だと体は足をラジエターにして欝熱を取ろうとしています

欝熱は中にこもってしまった熱なので表面には感じにくいです。


体は足を冷やして欝熱を取ろうとしているのに、逆に足を温められたらどうでしょう?
腎臓の欝熱は取れないばかりか、
熱は上に上がりのぼせやすい・逆気しやすい冷えのぼせです。

温められたらホメオスタシスでさらにラジエター代わりの足を冷たくします。
温めるほど欝熱は取れず、足は冷える仕組みです。


長年冷え取りをしているのに良くならないばかりか、
逆に冷えが強くなるやら敏感になってしまうわけです。

また温めるほど欝熱は取れるどころか強めていきます。

そうなると体の中は熱がさらにこもり、
足や体表は冷えで熱と冷えが両方あるので暑がりで寒がり屋さんです。
体温調節が難しい人です。


腎臓の負担=働きすぎ=オーバーヒートなのに
ラジエターの足を温められ腎臓の負担がどんどん強まる。

腎ちゃん かわいそう


冷え取りするほど冷えてしまう仕組みです。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad