D腹四分目で神に近づく 4

皮膚感覚
神に近づく体の皮膚感覚はどんな状態でしょう?

柔らかい筋肉と連動して自律神経の末端である皮膚感覚は活性します。

末端の活性は中枢の活性ですから
皮膚感覚活性は中枢の間脳=生命電磁場の活性につながり
体調や五感覚の良好さだけでなく六感覚の活性にも影響します。


皮膚をいくつかの角度から見てみましょう。
皮膚は顔→口内→内臓→肛門→体表と一枚で繋がっているわけで、
体表の皮膚が一番深い内臓と直結で内臓の状態が現れています。
ですから皮膚の調整で内臓を治療できます。

内臓が良いと艶のある綺麗な肌です。

菌で言えば内臓の有用菌増殖が皮膚の常在菌に影響しているわけです。
吹き出物のアクネ菌、水虫のカンジダ菌・・・存在しようがありません。

高い化粧品より少食にする事で内臓からいやオーラからの美人さんですね

小田野先生は90歳を超えても透き通るようなベビースキンでした。


また相撲の解説で力士のコンディションを艶や張りがあるとか肌を重要視しますが
肌の状態が良い事は内臓=自律神経=骨格筋=神経伝達・・・とリンクし
精神的にも充実していると読めるのでしょう。


耳は2万Hzまでの音=波動をキャッチしますが、
皮膚はそれ以上の耳には聞こえない音=波動をキャッチするアンテナです。
気配を感じるセンサーなんですね。


ちなみに、温度、湿度は空気中の水分子の震動状態ですが、
皮膚はその微妙な振動差をキャッチし暑い、寒い、蒸すと認識しています。
すごいセンサーに思えませんか?

お年寄りの熱中症は皮膚感覚の麻痺=自律神経緊張が強くなっていると言えます。
あるいは統合失調でリストカットしても痛みを感じない、
真冬の寒い中Tシャツ裸足で平気なども同じです。


温度だけでなく2万Hz以上の波動をキャッチするアンテナの皮膚感覚活性は
耳には聞こえない・目には見えない波動=音=光=エネルギーがわかり、
感応力=間脳力が高まる仕組みです。


アンテナは受信=発信ですから、
霊感や気とは皮膚感覚が物を言うわけです。



千日回峰行を見て思ったのですが、山で修行する意義は
清浄な空気や還元電位の高い清流、行場に存在する有用菌や土壌菌を
体内に取り入れることになるはずです。

更に極少食で内臓機能は高まると同時に、
空間エネルギーを触媒吸着する有用菌の増殖は加速されます。

(極少食の栄養とカロリーでの修行は
物にエネルギーがあると考える栄養学では説明がつかないんです。)

一念発起した意識での極限の行は
ドーパミンなど覚醒脳内ホルモンを分泌させ

耳には聞こえない2万Hz以上の様々な自然音=波動=エネルギー、
行場に存在する情報に感応することで一体感が醸し出され、

活性した皮膚感覚=感応力=間脳力=生命電磁場活性=六感覚覚醒
に繋がるのではないかと思います。

五感覚は肉体の持つ感覚ですが、六感覚は命そのものの感覚です。


自我の壁はなくなり空との一体感であり、肉体を超越し霊としての存在の自覚。
自分と空を隔てているのは皮膚ですから皮膚感覚が高度になることは
分離感がなくなるのではないかと考えています。
皮膚は透明感が出るはずですね。


この観点から見ると、我が強いとは緊張した皮膚感覚とも言えませんか。
自己主張ばかりで空気を読めないわけですし、自律神経緊張です。

自我の終焉を皮膚感覚から捉えるのも面白いと思っています。


アセンションで切断された遺伝子修復が取り沙汰されますが、
具体的に考えると
糖質回路から短鎖脂肪酸回路にシフトし、物にではなく空に全ての要素ありの
自覚実感回路をもたらす有用菌増殖の体にすることに思います。


過食しながらアセンションの時代よね~、
肩が閉じた姿勢で岩戸開きよね~と期待しても
知識を詰め込んだ思い込みだけで、実際にエネルギーに感応出来るのだろうか?


           yjimage4VJ4FP4W.jpg


有用菌増殖で空に全ての要素ありの自覚実感回路がもたらす意識は
全てに繋がっている実感で、個であり全体である。

守る意識は消え、包むエネルギーと包まれるエネルギーに満たされる。

体では菌、意識ではKINSOUND=母音、どちらもキン=KIN(直結)が要



スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D腹四分目で神に近づく 3

空間エネルギーを触媒吸着する有用菌増殖の体

腸内細菌に一番多く増殖しているので歪み圧迫のない好調な腸です。
また腸の状態が骨盤に影響するので歪みのない骨盤です。

その土台に背骨と続き顎関節が脳の受け皿で、中にある自律神経は良好です。


宇宙のハタラキが自律神経に入っています。
文字通り、オートマチックに繋がる神の経で
有用菌増殖は好調な腸=歪みのない骨盤・骨格=自律神経活性と言えます。


精神的肉体的関わらず病気は自律神経緊張ですし、
ドーパミン・βエンドルフィンなど覚醒に関わる脳内ホルモン分泌も、
あるいは六感覚・チャクラも自律神経=命のハタラキによっているはずです。


腸内細菌が宇宙のハタラキの自律神経にストレートに関与していることがわかります。
KIN、英語で直結という意味ですからドンズバリで面白い!


歪みのない骨格
有用菌増殖の腸=歪みのない骨盤=起きた骨盤=開いた肋間=緩んだ肩で
中心軸が重力と同調し、最小の筋力で支えられる骨で立つ感覚で緩んだ筋肉です。


肋{月=肉体の力、開いた肋間は体幹を使えることで強靭な力を発揮できますし、
肋間=六感でアナハタチャクラの活性でもあります。
アナハタ=中の心に閉じ込めた恐れを開くことが中心軸を整えるコツに思います。


肩{月=肉体の戸、緩んだ肩はエネルギーが入ってきます。
自律神経緊張は肩が閉じているので
個々の岩戸開きは、肩が開きエネルギーを受け取れる姿勢が要に思います。


また、使うべき筋肉を使え、
無駄のない合理的な体幹からの身体操作ができるので
武道は元より肩の力を抜く意味がここにありますし、

筋肉のキャパは
収縮と弛緩の幅ですから柔らかい筋肉はキャパがあり、
その中にある血管リンパ管神経伝達は良好ですから
反射神経、ミラーニューロン、センスは高くなりますね。


中心軸が整うことは自律神経活性と同時に丹田の強化です。
丹田の部位は腸ですから、有用菌増殖が丹田強化となり
受け取っているのが骨盤(仙骨)です。

丹田強化がコイルを整え、整った分生命エネルギーという電流は強くなります。


自律神経=中心軸=スシュムナ=コイルとリンクします。
コイルから出る磁界がオーラと言え整うほど強くなり、
空間エネルギーと繋がりが深まります。チャクラの活性ですね。


空間エネルギーを触媒吸着する有用菌を増殖する少食が可能にしてくれます。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D腹四分目で神に近づく 2

腹四分目でOKの体とは?
エネルギー源が糖質ではなく脂肪やタンパク質を糖新生する
短鎖脂肪酸回路(ケトン体)になっているはずです。

糖質回路とは違い酸素消費が少ないので酸欠になりにくく、
一番多く必要とする脳はボケにくくなります。
頭はシャープで高回転! 


糖質回路だとエネルギーはすぐ消耗するので頭の中は食べる事が大半!
お昼食べたら夕食の話や、バイキング行ってダイエットの情報交換に盛り上がる。


酸素消費が少ない事は
エネルギーを得る為に使うエネルギーが少なくて済むわけで、
少ないエネルギーで高出力。
それがスタミナということですね。

内臓の負担は軽く、疲労や機能低下しない=酸化しにくい=アンチエイジング
南北先生いわく、老いを忘れる。



シモンチーニ博士は癌はカンジダ菌と解明して重曹で治していますが、
癌だけではなく殆どの病気の原因がカンジダ菌といえます。

糖尿病・高血糖・高血圧・肥満が認知症の共通点で、
原因はわからないけどインスリンが効果あると
NHKスペシャルでやっていましたが、どれも糖質過多ですね!

木を見て森を見ずなのか、あくまでも薬に依存させる思惑なのか?


カンジダ菌は嫌気性菌=酸欠大好き、血液ドロドロの原因です。
大好物は糖質ですから、糖質回路はカンジダ菌にとってはパラダイス。

短鎖脂肪酸回路はカンジダ菌抑制で医者いらずになるわけです。



腹四分目や更に少食の体は酵素や有用菌が増殖しているはず
食べないから増殖するのに、
糖質回路は食べて増やそうとしその結果、酸欠・老廃物・毒素を生み
増えるどころか負担が増しエネルギー効率が悪いのです。


短鎖脂肪酸回路は
ハイブリッド機能の上に増殖した有用菌は
老廃物・毒素をエネルギー源に原子転換するのではないかと感じています。
汗・口臭・おなら・垢・大小便の悪臭や量は少ないきれいな体。

外から入れなくても有用菌が
必要な栄養素を作りエネルギーを空間から取り入れてくれる。


エネルギーは空間にある。これが重要なんです。
皆さんご存知のように空に全ての要素があると頭ではわかっていても、
実際の食生活は食べる事で物からエネルギーを得ようとしています。

それではワンネスの世界のお勉強で思い込みのレベルで、
繋がっている実感は出にくくないですか?

全ては今茲と言いながらも今茲を上へ先へ求める感じかな。


物に栄養やエネルギーがあるとしているのが栄養学であり現代科学です。
それは酸化物を生みます。

体では老廃物・毒素、エネルギーシステムでは環境汚染で非常に効率が悪い
低次元科学、フリーエネルギーと違うまさに科=とが学なんです。



腹四分目、更に少食は空に全ての要素がある事の実感と体現なんです。
南北先生いわく、神に近づく。

エネルギーは空にあり、それを触媒し吸着するのが菌です。
糖質回路はカンジダ菌増殖で餓鬼が抜き足差し足で忍び寄り、
短鎖脂肪酸回路・少食は有用菌増殖で空と繋がっていく。


菌と意識は連動します。
食べないことで増えていきます。
飯{食べるに反する、空を食う真の飯=マナに思います。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D腹四分目で神に近づく 1

腹八分目で医者いらず、腹六分目で老いを忘れ、腹四分目で神に近づく

          yjimageOIVURD5F.jpg


江戸中期の観相家・水野南北の名言を検証します。


腹四分目で神に近づけるとは、なんとも素晴らしいことで!
逆に言えば、いくらスピリチュアルしていても過食していては無理!

無理どころか病気や老化を近づけてしまうと取れます。



先ずは八分目・六分目から
わかってはいるがなかなか少食にできないのはなぜか?
そもそもなぜ過食するのか?

自律神経緊張状態はコルチゾール分泌で血糖値を上げたくなり、
食べる飲むで糖質過剰摂取になります。
(自律神経緊張は自己分離・自己否定と言え自分探しの行脚へ・・・)

糖の吸収まで1時間程かかります。
その間あめ玉1個で待てればいいですが、飢餓状態なのでそうは問屋が卸さない
落ち着いた時はカロリーオーバーと血糖急上昇の為インスリン分泌で膵臓はフル稼働。

消化器系は元より内臓は疲労していきます。
これが日常ですから余剰エネルギーが切れると、糖尿だョおっ母さん
肥満と不満が募っていく。


内臓疲労はエネルギー不足と言え、それを食べることで補充しようとするので
負担はさらに高まり内臓筋は硬くなり骨格筋も固くなります。
自律神経緊張=酸化=病気=老化です。

精神の不安定=自律神経緊張が糖質回路を強め、
糖質回路が過食を招き更に自律神経緊張と負のスパイラルで、
わかっちゃいるけど止められない。

それで精神的に何とかしようとHOWTOや霊的にはまっていくケースも多々有り。


南北先生の時代とは桁違い、糖質過剰とストレスの現代は自律神経緊張度が高い。
それだけ病気になりやすく、薬や手術に頼り
巨大な医薬品メーカー・食品業界の餌食になっているように感じます。
食べなきゃいいのにね


飯とは?でもアプローチしましたが食べないとどうなるのか?
飢餓感に襲われます。
しかしそれが体の機能を目覚めさせ、
エネルギー回路が糖質回路から短鎖脂肪酸回路(ケトン体)に変わります。


過食で内臓が疲労機能低下、内臓筋が硬くなり老廃物=酸化物たんまりの体です。
それらが排毒され浄化=自律神経活性化です。

とにかく内臓を休ませ機能を上げ排毒することが大切なのに、
過食のままでサプリや薬、これが体にいいあれがいいと食べて良くなろうとしています。

ダイエットは一番は食べないことなのに、食べて痩せようとか運動を頑張ります。
無理した運動は三日坊主。
(ジムのトレッドミルで生中250kcl消費に何分走ると思います?
20分近くかかりますぜ。
飲むのはアッという間!フライドポテトのおつまみで糖質とカロリーはバッチリ!)


糖質をエネルギー源とする糖質回路は
消化に大量の酸素を必要とし、かつ3時間程でエネルギーは消耗するので
スタミナは無く頻繁に補充が必要です。
すぐ腹減ったぁ

酸欠と内臓疲労は糖質大好物の悪玉菌の親分カンジダ菌増殖で
血液ドロドロ・老廃物蓄積です。
 
糖尿病・高血糖・高血圧・肥満、それが認知症の共通点です。
頭の体操くらいでは間に合わないですね。


しかし短鎖脂肪酸回路に変われば、
脂肪やタンパク質を糖新生できるので
糖質を必要としない=過食しない=酸欠・内臓疲労軽減=スタミナアップ、
カンジダ菌は抑制され自律神経活性化です。


満腹→八分目→六分目は
エネルギー源を糖質に求めず、短鎖脂肪酸回路を作ること。
自律神経活性化の道を歩みます。

ボケ知らずも追加したいですね


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad