D ダイエットの相談

読者からの相談があった。
なぜ難しいのかアドバイスしたい。


小さい頃から
「痩せなきゃ、食べる量を減らさなきゃ」という気持ちがあり、
肥満児ではないが食べることも好きなので、
今までずっと「食べたいでも食べちゃだめ、痩せたい、この身体じゃだめだ」
との戦いでした。


2年前それにほとほと疲れ
一大決心をして心理面からも自分なりにアプローチし
食事の量を減らし、
空腹になってから食べるように思いつく限りの行動の工夫をし
半年で10キロ以上のダイエットに成功しました。
(154センチ60キロ→48~49キロ)


それからしばらくの間、月に1回程度過食が再発し
翌日は食事を抜くなどして凌いでいましたが、
半年ほど痩せた状態をキープしたのち
過食が再発、半年で10キロリバウンドしました。

昨年9月から食事を気を付け始め
4か月で10キロ減量しましたが、今年2月から過食が再発。
10キロ近くリバウンドしました。(現在57~58キロ)

今日の時点で過食は収まっていますが、
またいつ再発するかわからない恐怖感と、
今まで必死に頑張ってきたのに再発したことへの絶望感と、疲労感でいっぱいです。


先生のブログを読ませていただいて、
今の私に必要なのは痩せることよりも、
食べるたびに自分を否定することをやめる
ということなのではないかと思いました。

今まで、「お腹がすいた、美味しく食べた、満足して食べるのを忘れた」
という経験がほとんどありません。


いつも、食べることについて気にしていて、本当に疲れています。
痩せているときもいつも食べることを気にしていましたし
身体は軽いのですがすごく元気というわけではなく
いつも何かがしんどいという感覚がずっとありました。

何かアドバイスをいただけると、大変嬉しいです。


この様に悩んでいる人が多いのではないだろうか。

先ず
小さい頃からその様な周りを気にし過ぎる思考になった原因が有るはず
なぜそうなったかに気づきたい。

この身体ではダメだ自分と戦い続けてきたことは
自己否定=自律神経緊張を強め続けてきたこと。

その状態は慢性ストレス状態で副腎疲労に陥る。
→抗ストレスホルモン(コルチゾール)分泌で血糖値を上げることで
凌ごうとするので、どうしても糖質を摂取せざるを得ない。

→食べたくてたまらなくなる。
糖質の過剰摂取→カンジダ菌増殖。

カンジダ菌に乗っ取られた体になるので、
意思の力は砂上の楼閣で自己嫌悪に陥る。

更には、一大決心で臨むが
自律神経緊張を強めてのダイエットなので
半年で10キロ減→嬉しい事だが実は体は飢餓感をどんどん強めている。

その反動で体は蓄えようとするので
意思の力は体の要求には勝てず、飢餓感を感じた分猛烈に食べたくなる。
→リバウンド

リバウンドで簡単に太るのは
自律神経緊張のままいや強めながらのダイエットだからであり
ダイエットするほど体は飢餓感でどんどん蓄積しようとする。

過食に陥るし自律神経緊張ベースでは
ダイエイットするほど逆に太るのである。

さらにはカンジダ菌増殖は余儀ない。
カンジダ菌は自律神経緊張を加速し、あらゆる病気の原因にもなり
副腎疲労からジワジワ様々な疾患に移行し究極は癌である。

酸欠の体に陥るので脳も酸欠で簡単にウツにもなる。
(ウツは脳の酸欠症状→脳の血流が悪い=肩首の緊張)

あるいは水虫、爪水虫、カンジダ膣炎などの危惧もある。

さらに口呼吸、冷たい飲食では大変な事に・・・


大概は摂取を控えることで
それも我慢=自律神経緊張をさせながらダイエットするが
非常に安易であり危険である。

過食症に陥るし反動で拒食症に陥る危惧もある。



太りやすいフィジカルアプローチ

骨盤が寝て広がっている太りやすい人
身長に関係なく骨盤が広ければその骨格に見合った体型になる。

寝た骨盤→大腰筋硬縮→鼠径部の詰り→足の冷え・むくみの危惧あり。

肩・首・腋下・腰が硬い
この部分は褐色脂肪細胞が多い。首を緩めたい
脂肪を燃焼する細胞で筋肉の約100倍の燃焼効率と言われている。

これらが緊張状態では脂肪の燃焼ははかどらない。
基礎代謝は上がらず低体温=免疫力低下とリンクする。

その様な状態は自律神経緊張であること。


メンタルアプローチ
相談者の場合は子供の頃からなぜその様に「ダイエットをしなきゃ」
の思考に陥ってしまったのか。
つまり自己否定に陥った原因に気づくことが大切である。

根底原因はそこにあると考える。

それは無自覚であると思うので、考えてもわかりにくい。
→自己否定からの解放がイタワリの音波云であり
命の情報がファイルされている名前を愛おしく呼ぶことが大切になる。


相談者もそうであるように大概が心理面でもやるが
そのアプローチは思考でやっている。

その思考が自己分離・自己否定の原因になっている事に
気づけていないのである。
だからネバベキにロックされ続けてしまうのである。



来院するクライアントさんは
自己否定の解放=自律神経緊張緩和=首肩腰など褐色脂肪細胞の活性
骨盤が整うため
食べているのに太らないし、ウェストは締り今までのものがゆるゆるになり
姿勢は整いオーラからの美人さんに変身する。
いや、本来性に回帰していく。

生命力アップ=個性の開花=潜在意識・能力の活性・・・
そして調和が連鎖する間に合っている世界が広がる。

それが真のダイエットではないだろうか。

PS
カンジダ菌抑制、毒素の分解にMMSは強い味方である。


スポンサーサイト

Dダイエットのコツ 

お腹が空いたら動く
カロリーよりも糖質を制限することが大切ですが、
普段、炭水化物を主食にしているのを制限すると空腹感が襲います。

糖質をブドウ糖に変えエネルギーにしていますが、
糖質は吸収も早いですが消耗も早く、
3時間ほどで消耗されるので三食+間食で補充したくなります。

空腹感は、エネルギー源のブドウ糖が不足のシグナル。
空腹感が強いほどドカ食いしやすいです。
糖質がブドウ糖として吸収され血糖値が元に戻るまで1時間ほどかかります。
空腹感が出てそのまま食べることは、ある程度安定するまで食べてしまうので
エネルギーは過剰になり脂肪として蓄積されていきます。

過食は中性脂肪を増やし、特に糖質の消化には酸素とエネルギーを大量消費するので
内臓疲労を蓄積していきます。
食べるほど消化にエネルギーを使いエネルギー不足を招き、
それを食べることで補おうとする悪循環で生活習慣病の幕開けなんですね。
それでダイエットと言われるわけですが。


運動でのカロリー消費は実はそれほど高くありません。
ジムのトレッドミルで表示が出ますが、ビール約500ml250㎉消費するのに
20~30分のランニングが必要です。

メロンパンなど500㎉もあるんですよ。
あっという間にビールを飲み干すし、パン1コでは物足りませんね。
運動での消費は少なくがっかりします。
ですから運動より食事、特に糖質の制限が大切と言われるのですが
食事、糖質制限だけだとどうしても空腹感との戦いになります。

それで空腹感が出た時に糖質の無いもの、ゆで卵、ヨーグルト、サラダ、チーズ、ナッツ・・・
で満たすことになりますが体は糖質を欲しがります。
食べたくなりやすいんです。


空腹感即食事、あるいは空腹感はそれほどなくても朝昼晩と時間で食べることは
ブドウ糖回路のままでエネルギー過剰になり太りますが
空腹感を感じた時に運動すれば、
蓄積した脂肪をブドウ糖に変換しエネルギーにできるケトン体回路に持っていけます。

ケトン体回路に持っていければ血糖値の変動は激しくありません。
ブドウ糖回路だから変動が激しくどうしても食べ過ぎになりやすいんです。

空腹時に運動をすると空腹感が無くなります。ケトン体回路の為せる業です。
運動での消費カロリーは思ったほど高くないのですが、
カロリーの消費よりブドウ糖回路からケトン体回路にシフトし
空腹感を無くすことに意味を見出します。

そうすると
1日1食とか1,5食でOKの体になります。
内臓の疲労は少なくなりスタミナアップ、内臓の機能向上は柔軟性が増します。
内臓筋が疲労していては骨格筋は硬いのは当たり前、
仕組みもわからずかえって害になるストレッチを励む効率の悪さ。


ブドウ糖回路のままだと空腹の恐怖、食べないといけない固定観念
あれが良いこれが良いとあくまで食べて良くしようとし内臓が休まる時がありません。
食べても食べなくてもOKの食からの解放が出ようがありません。


どういう運動が良いか
有酸素運動ですが、呼吸が苦しくないゆっくりなジョギングが一番のお勧めです。
「ソウカソウカ 無理なかった」「モンダイナイ」と頭の中で回しながらやると
自律神経を緊張させる一番の原因の自己否定を同時に解放したものになります。

イタワリ高速呼吸だけでもいいし、歩きながらやるのもお勧めです。
過食のメンタル原因は自己否定による自律神経緊張で血糖値を上げたくなるんです。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dダイエットのコツ 3


では どうしたら骨盤を起こせるの?

具体的アプローチ
骨盤を支えているのは腹筋群です。
その緊張を緩めるのがコツ。
筋肉の緊張状態は圧が強いわけですから、圧を抜けばいいんです。


泣いている子をなだめるのと同じで、優しく撫でてあげればいいんですね。よしよし
強く𠮟りつけたらよけい泣きわめくか、かたくなに堪えますね。

泣きじゃくりは緊張で内圧が高まり横隔膜の痙攣なんです。
凝っているといって強い刺激は圧がかかり、緩むどころか更に緊張します。


骨盤周り、腹筋群の皮膚を優しく軽く擦る、触れる。
ターゲットは皮膚です。

筋肉をターゲットでは圧が強く、脳は防衛反応で反射的に緊張します。
微細な刺激ほどナニナニと脳は受け取ろうとし、脳には強く働きます。

皮膚と脳は同じ外胚葉です。
S+KIN(筋)皮膚を解けば筋は緩みます。


運動としては 大転子のロック解除。
背中を丸める前屈は、ロックされ寝ている骨盤。
背筋ピンでお腹が太ももにつくのは、大転子ロック解除の起きた骨盤です。



大転子の靭帯の構造上
立位では靭帯が後ろにねじれるので骨盤は寝てしまいやすく、
人間だけが二本足で立てるわけですが、それには強力な腹筋が必要なんです。

d0154281_21431580.jpg



ハイハイの四つんばいでは、腹筋は緩みやすくロック解除になります。
ですからお勧め運動はヨガのネコのポーズ、伸びネコのポーズです。

    imagesO9G6FNC8.jpg



おへそを見るようにして背中を丸めるは、骨盤が寝た状態。
あごを上げおでこを見るように背中を反らせるは、骨盤が起きた状態です。
この動きの可動域を広げればいいわけです。

また膝の幅を広げ「の」の字を書くように腰のローリングもいいですね。

負荷をかけ過ぎずゆっくりの動きと酸素補充で緩む仕組みですから
深い呼吸で気持ちの良いレベルでやるといいんです。

「ソウカソウカ、無理なかった」とイタワリの音を回しながらやると更に緩みやすいですよ。 
桑原流イタワリヨガです



大転子のロック解除は
中心軸が整い自律神経の活性化です。
「オートマチックに繋がる神の経」ですから神様を感じやすくなるんです。

大転子は大天使
ミカエルはどこにいるのでしょう? 
自分の中にです外に求める必要はありません。

ロックされているんです。ロック解除しませんか?
ミカエルが蘇える

HIP JOINTにS(19番目のアルファベットでトク意味)
SHIP JOINT 「舟を岸につなぐ」になります。

その舟は SKIN SHIP




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dダイエットのコツ 2


自律神経緊張緩和をベースにダイエットすれば効率がいいわけです。

フィジカル面のアプローチ
中心軸の顎関節ー背骨ー骨盤の修正をすればいいんです。

骨盤は土台、背骨は柱、顎関節は脳の受け皿です。
土台が歪んでいると全部に影響しそれを補正するために筋肉緊張をしています。
司令塔の脳の緊張圧迫になるんですね。


自律神経緊張は
骨盤が寝て、猫背、肩は内旋し首は縮まり顎関節は緊張傾向です。
骨盤が寝ているとは、ソファーでくつろいでいる時の状態。
骨盤が起きているとは、寄りかからず背筋が伸び坐骨結節で座っている状態。

骨盤が寝ていると、骨盤は横に開くため奥行きが浅くなります。
そのため骨盤内の臓器は行き場が無くなった分、前と横に出ます。
これが下っ腹が出るポコちゃん原因です。
カロリーオーバーだけでないんです


骨盤を支える大腰筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋、腹直筋などの緊張状態です。
しっかり骨盤を寝かせた状態にロックしています。

腹筋群はとても強い屈筋なので、骨盤が起きる背筋ピンが大変なんですね。
1回のセッションでウエストが8センチ締まった人もいます。


また横隔膜も緊張なので、その上に乗せている心臓や肺を圧迫する分
心肺機能の低下で基礎代謝が悪くなるんです。


有酸素運動で脂肪は燃え絞れてきますが、
運動の割には、あるいはお腹周りがなかなか落ちないのは、
骨盤が寝ている状態が改善していないからなんです。


というわけで効率アップには
骨盤を起こせばいいわけです
中心軸が整うわけですから美しい姿勢と個性の開花、オーラからの美人さんです



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dダイエットのコツ 1


ダイエットがなかなかできない、リバウンドしてしまう。
なぜか?
原因を自律神経からアプローチしてみましょう。


自律神経(交感神経)の緊張状態は、血糖値バランスが崩れます。
そうなると体はホメオスタシス作用でバランスをとろうとします。

一番簡単な方法は糖質を摂ることです。
それで炭水化物、甘い物、アルコールなどが欲しくなるんですね。


飲み食いした物が糖として吸収されるまで、1時間ほどかかります。
チョコ1カケあめ玉1ヶで待てればいいのですが、そうはいきません。
その間食べ続けてしまいます。

吸収され安定した時は、後の祭りカロリーオーバー

ストレスが強い時は自律神経緊張が強いので、飲んだり食べたくなりますね。


それでダイエットの固い決意。
バナナ、ヨーグルト、リンゴ、ごぼう茶・・・
古くは紅茶ダイエット、運動を頑張ったりいろいろやります。

しかし、慢性的自律神経緊張状態でいるのに、頑張り無理して目的達成した途端、
やったーッ!OK出すと
頑張りは緩んでしまいます。

だいたい頑張って、無理しては自律神経緊張をさらに強めている状態ですから、
反動が強く出るので更に飲み食いしたくなります。


それでもって いけなーい!
ダイエットしなきゃ。 
自律神経緊張状態のまま繰り返すのです。
やるほど反動が強くなりさらに飲み食いします。

リ・バ・ウ・ン・ド


ダイエットが難しいのは意志が弱いのではなく、自律神経緊張状態のままでいるからなんですね。
慢性化しているからわからないんです。


何で慢性化しているのか?
大きな原因は自己否定です。
無意識無自覚に、こんな自分ではいけない、こうあらネバでいます。
いい子でいなければ。

いい子ってくせ者で、間違いや否定されることを怖がり、反動でうそついたり誤魔化したり、
我慢しすぎる、完璧を求めすぎる、
くそまじめでゆうずうが利かない・・・  そりゃ緊張しますって。


その原因を掘っていくと、幼少期からの親子関係、抑圧感情があげられます。
幼少期、物心つく前からの緊張ですから客観しにくいんです。
慢性化しているし余剰エネルギーが無くなるに従って、ダイエットが難しくなります。

それでも無理してやっていると、拒食症の大変な状態に陥ります。


ダイエットを成功させるコツは 自律神経緊張緩和なんです
フィジカルアプローチは顎関節ー背骨ー骨盤の中心軸の修正。

メンタルアプローチは「ソウカソウカ、無理なかった」と自分をイタワル。
どこまでも深く優しく。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad