D胸脇苦満 3

セルフケア
鎖骨の両端(胸鎖関節・肩鎖関節)を指でトントン軽く叩きます。


骨をコツコツ響かせる感じ→骨伝導で振動が胸郭・背骨・頸椎・顎関節・・・
伝わり緩んできます。


PCやりながら、TV見ながら、就寝時に、車の渋滞中に・・・~ながらトントン。
胸脇苦満の症状が緩和していきます。


        



腰が弱い人
おへそと腸骨陵(骨盤の尖った所)の中心部に片方の手指を軽く当てながら
鎖骨の両端をトントンします。


        



・ストレスが強い人
1、不安・恐怖・怒り・・・ストレスの場面を思い出す。すると、体は反応し緊張します。
  緊張=生体電流のプラス電気帯電が上がってきます。

2、さらに押し込めていた情報=抑圧感情のエネルギーを表面に浮き上げるため
 「ヤダ!ヤダ!」の音を頭の中で回すか、口に出します。
 体が反応して駄々をこねるようになればさらに良いです。

 * ポジティブに明るく考えよう、許そう、認めよう、忘れよう・・・
    自分と戦う精神の背伸びはしません。
    「ヤダ!ヤダ!」で、根底に押し込めていたドロドロ感情を表面化したい。

3、「ヤダ!ヤダ!」しながらトントンを始めます。
  トントンで筋肉緊張として現れた抑圧エネルギーを解放です。

4、緩みを感じてきたら「ソウカソウカ、無理なかった」、「モンダイナイ」の音を
  回すか言いながらトントンします。→音によるマイナス電気の自家発電。

 
「ヤダ!ヤダ!」・「ソウカソウカ、無理なかった」・「モンダイナイ」の使い分けは
体や気持ちがしっくりくるように合わせます。

どの位やれば? 時間はあえて指定しません。
体やインナーチャイルドの声を聴いてやってください。


・ストレスとして反応してしまう抑圧感情が有るから胸脇苦満(ストレス)になっているんですね。


そして何とかしようと、自分を変えようとか成長しようとかネバベキで頑張ってきました。
あるいは、ずーと我慢してきました。


我慢=我満でエネルギー的に観ると我を強めています。
許せないのは我慢してきた要素が大きい。

我慢は美徳のイメージがあるせいですかね?
我慢より工夫が大切に思います。

緩むことはなく緊張路線を走っているわけで、余剰エネルギーは枯渇の一途なんです。

なかなか自覚できないレベルも体は正直に緊張=歪み=胸脇苦満として現しています。


角度を変えていえば、胸の奥底にいるインナーチャイルドの叫びが
緊張=歪み=胸脇苦満と思うんです。

無自覚のものを考えてもわかりませんね。

しかし、体の緊張、歪みとして現れているのですから緩むことでわかってきます。
(胎内にいた時の母親の精神状態、前世情報が出ることも)

緩んで抑圧エネルギーが解放された分、
つくづく「ソウカソウカ、無理なかった」の思いが深まります。


それは今までの人生の行程を肯定するエネルギーですから
緊張原因の大元、自己否定の溶解です。


シンクロタイムリーが増え「間に合っている」実感が出てきます。
「モンダイナイ」世界が広がります。


そうなると「モンダイ」は
自分の思考と感情が作っていたのだとわかってきます。



スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D胸脇苦満 2

なりやすいタイプ
・弱さを出せない立場・環境・社会的地位にいる人。
前向きで仕事バリバリのキャリア、教えたりリードする立場の人、
思考が深く責任感が強い人、インテリジェンスが高い、完璧を追及する芸術志向・・・
 
ちょっとくらいのストレスだと、ファイトファイト・前向きで乗り切ろう!

気力も体力もあるわけですが、余剰エネルギーが底をつき始めるに従い
不安感、逃げ出したい気持ちがチラチラ出始めますが、
立場や環境が弱音を許してくれません。


不定愁訴を感じ病院で検査しても
「別に異常はありませんね、疲れでしょう。ビタミン剤と安定剤を出しましょう」


余剰エネルギーの底が近づくのが中年、(もっと早い人も)
ストレスの蓄積は自律神経緊張、骨格では胸郭が広がります。

副腎のストレスホルモンで血糖値を上げたくなるし、胸郭の広がりは胃の拡張で
甘い物・炭水化物・お酒など糖質摂取バンバンやります。

甘い物やめられない、飲まなきゃやっていられないでGOING糖尿病
若い時はスポーツマンタイプがメタボに、昔は乙女 今は太め。


・マジメな人
清く正しく美しくあらねばの直線思考で、間違いや失敗を恐れるし許せない。

まっいいか、人生いろいろ、七転び八起き、
HPPY-GO-LUCKYの思考回路を持ち合わせない頭で、
思い通りにならないと許せない闘争タイプは
自己主張が強く、自分の思考と感情という正義を振りかざす。

あるいは、間違いや失敗、否定や嫌われることを恐れるので
良い人ぶり、事なかれ主義の逃走タイプ。


思うようにいかない怒り、または失敗、否定や嫌われる事の恐れ・不安は
当然自律神経緊張=胸郭拡大か縮小。

マジメな人の原因は親の刷り込みに大きく影響されています。

そして「三つ子の魂百までも」で思考と感情のベースになり、
抑圧が強いほどその感情が反動になり、自己否定が強くなってしまいます。
マジメな人の側面です。


体罰などの恐怖は反射的にハッと息を吸い込み胸郭が拡大緊張します。
泣きじゃくる→横隔膜が緊張して息が吐けない。(胸郭の拡大緊張)

あるいは慢性的に怯えた萎縮は胸郭の縮小緊張で息がうまく吸えない。
胃下垂になりやすく、息が吸えないので水泳やかけっこが苦手な子供。


胸郭の拡大緊張の胸脇苦満の他、縮小緊張の胸脇苦満の人もいます。
痩せっぽち、太れない、体力なしの虚弱です。


抑圧感情のエネルギーは蓄積されています。

体の緊張として蓄積されているので
意識ではもう気にしていない、忘れたとしても体は正直に現しています。

それが原因のはっきりしない不安感になっていたり、(緩むと自覚が出やすい)
特定の刺激に反応するトラウマになっているわけです。


胸郭の拡大・縮小緊張として現れ胸脇苦満の症状を起こしています。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D胸脇苦満 1

肋骨弓が広がり太りやすくなる他
季肋部が何とも言えない不快感・モヤモヤ詰まった重苦しい感じがあります。

検査してもどこも悪いところは無いと診断されますが、不定愁訴があるんです。
慢性的に体も精神的にも重く、無意識にため息がふぅ~頻繁に出ます。


ひどくなると理由がよくわからない不安や心配、恐れが続く不安障害と言え、
糖質が一時的に緩和するので、食べたい飲みたい。

何かしら口に入れていないと落ち着かず、スナックとコーラが手放せないケースも。


まぁ 当然太るし、内臓は疲労が蓄積されるので
疲れやすい・だるい・横になりたい、睡眠時間は長いが眠りは浅い。

出るのは愚痴かため息ばかり、自己主張の闘争か良い人ぶりの逃走で慢性緊張。


闘争モードの自己主張は
正義をかざしいつもプリプリイライラ。

事なかれの良い人ぶりは
無理してオーラを作る(気を使う)ので、大変なエネルギーが必要なため
出不精になるしテリトリーに入られるのを嫌い引きこもりの要因にもなります。


さらにちょっとしたことがきっかけで
動悸や息切れを誘発する激しい症状のパニック障害にもなります。

本人は何であんなことでパニックになるのかわかりませんが、
いつまたなるのか不安でたまりません。


ベースに胸脇苦満があります。
季肋部が硬く独特の圧痛があるのでチェックするといいですね。


auto-XOcFqw[1]



気で言うと
丹田の充実は頭寒足熱のナイスな心体ですが、
中丹田でブロックしているので丹田に行かず逆気症状で上実下虚。

・不安障害
・血糖値、血圧高め
・肩首の凝り、頭痛頭重、眼精疲労 
・顎関節の緊張有りで虫歯・歯周病、脳の圧迫
・背中が張る、腰が重くだるい・痛い
・咳・痰が出やすい(本人は風邪と思って薬を飲むが治まらない)
・喉に詰まった感じが付きまとう(ンッンッ)
・げっぷやおなら(匂いより大き目の音)が出やすい
・睡眠が浅い、夢が多い 疲労が取れにくい
・耳鳴り・耳が遠くなる(脳脊髄液滞留で耳を圧迫、頭も大きくなる)
・寒さですぐくしゃみや鼻水たらーり、熱い物を食べると鼻水
・花粉症 (胸脇苦満がベースに有り急になるトリガー)
・手足の冷え、寒がりで暑がり(腎臓のオーバーヒート
・頻尿、尿漏れ
・緊張感があるのに集中力散漫、ポカミス、記憶力低下。
・気分が重い、やる気が出ない、面倒くさい
・音に敏感(ちょっとした物音が気になる)
・爪を噛む(子供だけではありません)
・イライラ、特にお腹が空くと顕著
・キレやすい・落ち込みやすい・・・

大概の人が何かしら当てはまるものがあると思います。
多いと胸脇苦満があり、慢性化しています。

検査しても原因はわからないが、不定愁訴がある。


フィジカル重視だと、安定剤・導入剤・向精神薬に依存し
メンタル重視だと、スピリチュアルビジネスに取り込まれ
少しでも良くなりたいと過敏になっていきます。



肋骨弓の緊張緩和=横隔膜と大腰筋活性で胸脇苦満の解消、
丹田強化であり自律神経緊張緩和で心身共にパワーアップ。

健康と安らぎの扉が開くと考えています。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad