D太りやすい人 3

昔は乙女、今は太め。

                      


生まれつきの骨格や年齢と共に落ちる基礎代謝などは置いといて、
胸郭と骨盤が広がる原因をアプローチしましょう。 
          

胸脇苦満(きょうきょうくまん)
東洋医学の用語ですが、ストレスがあると季肋部に気鬱ができます。

横隔膜が胸郭を拡大します。

初期は胸の脇が重苦しく、脇になにか詰まっている感じがあり
さらに進むと肋骨の下あたりに違和感のような鈍痛が出てきます。

これがしばらく続くと範囲が広がり、心下部や肋骨に沿ってのライン、
または脇腹から背部、肩甲周辺に至るまで突っ張る感じがします。

激痛ではないので、慢性化していきます。
                           


imagesN30H45TO.jpg


胸郭が広がると胃が拡張されることはわかりますね。
胃が圧迫されないのでバンバン食べられます。

胃拡張はお腹はぽこちゃん、
同時に肋骨下の臓器を圧迫下垂するので骨盤は開き下腹も出てきます。


ストレスがあると副腎からストレスホルモンのコルチゾールが分泌され
血糖値を上げたくなります。

甘い物・炭水化物、お酒や清涼飲料(感じにくくても砂糖たっぷり)大好き!
糖質摂取でストレスが緩和されるので、甘い物食べていると幸せ。


ストレスが胸郭の拡大と血糖値上昇のトリガーになっています。
血糖値が上がるまで1時間、満足感が出るまで食べ続けてしまい
必要以上のカロリー摂取になり、それが中性脂肪として
お腹や太ももに蓄積されていきます。


ストレスの原因が解消されていないと
糖質摂取で一時的に対処するだけなので、やめられない糖質中毒。

そこに年齢に伴う基礎代謝の低下や運動不足が加わり、
いつのまにやらふなっしー。 

b7682520140630150841[1]



1.ストレスで胸脇苦満=胸郭拡大→過食・糖質過多
2.ストレスは少ないが生まれ持つ骨格が胸骨弓が広い→太りやすい体型
3.1+2→雪だるま(残念ですが春が来ても夏になっても溶けません)

ストレス原因解消、自律神経緊張緩和、骨格矯正、糖質制限、有酸素運動・・・

メンタル、フィジカル様々な角度からのアプローチで変わって行けます。



 
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D太りやすい人 2

大人になってからバレエを習う人が多いですね。
ダイエットの角度からバレエレッスンを見ると横隔膜と大腰筋活性に大変有効です。


横隔膜と大腰筋活性化がもたらすもの
・太りにくくなる。

・骨盤が起き、中心軸は整い自律神経緊張緩和しやすい姿勢。

・ 両肩の力が抜け開いて下がり頚のラインが美しくなる。
 逆からいうと、季肋部の広がり(横隔膜の緊張)があると肩は力み上がってしまう。
 季肋部をそのままで肩を下げようとすると、
 広背筋や僧帽筋などを使ってしまい体全体が力んでしまいます。
 (緩もうとして力んでしまう)

・肩が下がると顎は前方に出にくくなり、脳の受け皿の顎関節が緩みやすい。

・緩むと脳脊髄液の流れが良くなり、脳の圧迫は取れ小顔になる。
 (脳脊髄液が滞留すると、頭は大きくなり、耳は固く耳穴は小さくなり、
 目も小さくなります。
 年を取ると耳が遠くなるのは滞留で耳穴が小さくなるのも原因です。)

・骨盤が起きて閉まることは、内臓下垂が無くなりお腹はぺこちゃん、
 内臓の機能アップにもなります。


・O脚の改善→原因は骨盤が広がり内臓下垂で鼠蹊部が圧迫されるので
 膝が外に逃げる(外旋)
 O脚の骨盤は横に広がっていますね。
 お腹が出ている(骨盤が開いている)人は椅子に座ると膝が開いてしまいます。

・大転子の動きが制限されるので股関節が硬い=体全体の柔軟性が出にくい。


      imagesM36G2639.jpg


バレエレッスンで
横隔膜と大腰筋の関係、季肋部と骨盤の起こしと閉めの
仕組みの理解が有る無しでは体の使い方が大きく違います。

バレリーナのスタイル、柔軟性、身体操作は活性された大腰筋と横隔膜が基です。

生まれ持った骨格が骨盤、季肋部が広めだと太りやすいので
一流を目指すのは難しいと言われます。

バレエ教師は才能を骨格からも見出すのではないでしょうか。


食事制限や運動に辛い思いで頑張るだけでなく
太りやすい骨格に気づくとダイエットの道は開けます。


季肋部と骨盤を起こし閉めれば良いのですから。





テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D太りやすい人 1

骨格からアプローチ
そんなに食べていないのに太りやすい、水を飲んでも太るのよ。

何でなのよ?の疑問にお答えすると太りやすい骨格になっています。


            auto-XOcFqw[1]



肋骨弓下の季肋部が広いと太りやすいです。
骨格というフレームに見合った体型になりますね。

骨格が大きければ身長は高いし、小さければ低いです。

背が高くても低くても痩せっぽち・太っちょは
身長のベース骨格に季肋部の幅によって、痩せ型・肥満型の体型になります。

痩せ型→季肋部が狭い→食べても太りにくい。
肥満型→季肋部が広い→少量でも太りやすい。

思うようにダイエットの効果が出にくいのは、
忍耐努力が足りないのではなく広い季肋部になっていませんか?


季肋部は横隔膜とリンクしています。
そして横隔膜は骨盤の要となる大腰筋とリンクしています。


         images[9]


横隔膜と大腰筋は傘と柄の関係でしたね
季肋部が広ければ骨盤は広く奥行きは浅くなるため、お腹はぽこちゃん。

たんすのイメージだと分りやすいでしょうか。
骨盤というたんすの奥行きが無くなった分、引出しは奥まで仕舞いません。

骨盤が横に広がり奥行きが浅くなって、
骨盤臓器が仕舞われなくなった分がぽこちゃんです。


まぁ そこでダイエットに励みます。
食べないことが一番ですが
腹腔の広がりはバクバク食べられるキャパがあるので
少食にするにはキツイわけで、
食べながら痩せようとするのでサプリメントやダイエット食品にはまりやすい。


太るのはカロリーではなく糖質なのに、
カロリー制限した食事ではケトン体回路ができないので
忍耐努力が必要で、かえってストレスを増長します。


スロージョギングなど無理ない有酸素運動は有効ですが、
頑張った運動では思ったほど脂肪の燃焼はありません。

しかし気持ではものすごく頑張った感があるので、
さぞかし減った錯覚に陥り自分にご褒美で食べる・飲むでかえって食欲増大。



太りやすい・ダイエット効果が出にくい原因に骨格があります。

太りやすいのは生まれ持った骨格が影響していますが、
季肋部と骨盤を閉めることで痩せやすくなります。


横隔膜と大腰筋の活性化が要です。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad