D ゆでガエルの気づき

カエルを水からジワリジワリ加熱していくと

カエルは逃げ出さず茹で上がってしまう。


実際にはカエルは逃げ出すが

気づかぬほどゆっくりと進行していくと

人は気づくことも対応もできず瀕死の状態になる事を比喩している。

茹でガエル理論



tpolicy_img09[1]




生まれた時は命の働きそのものを顕現し

全てに繋がっていて天真爛漫純粋無垢だが、残念な事に自覚できない。


そこにジワリジワリと

有限相対差別の地上の仕組み→オが付いた躾で比較競争差別を刷り込まれ

無邪気さを潰しひねくれていく。

(あなたも初めからひねくれていたのではないのだ。)


不安と恐怖が創るネバベキの音にロックされ

命の本来性を封印し自己防衛を強め

自身の思考と感情が正義となりジャッジに明け暮れるようになるのだ。



自分が正義なのだから

問題は現象や相手であり

自身の思惑に見合うように変えることが問題解決なのだ。


引き寄せだとか言霊とかスピリチャルに躍起するが

注意深く掘ればそのような問題解決を狙っていて

本当の問題は

問題にしている自身の思考と感情であることにはなかなか気づけない。



相手も誰もかれもが自分が正義なので

自己主張の計算と思惑でジャッジと戦いを続け

その思考と感情が命の情報を封印していることなど気づけない。


茹でガエルに陥っていてジワリジワリ茹で上がっていくのである。



角度を変えれば

本来性との分離の語膜を厚くしていき

体はカンジダ菌が増殖し酸欠で自律神経緊張を高め

嗜好も思考も支配され


ジワリジワリ茹で上がりに比例して

余剰エネルギーの枯渇でウツだ癌だ、糖尿だよおっかさんだ。


ネバベキとカンジダ菌が支配する茹で釜から逃れられず

頑張れ頑張れで自律神経緊張路線まっしぐらで癌張れ

間に合わない世界に埋没していくのである。




茹でガエルを思うと

調和の連鎖と愛と感謝、イタワリと許しの命の世界から

地上という茹で釜に降ろされたように思えてならない。


その茹で釜の中で

比較競争差別と自己防衛にエネルギーを費やすばかりでは

エネルギーは枯渇の一途ではないか。


そして残念ながらそれに無自覚なのである。


超越や臨死体験でもすれば茹でガエルを自覚し

命の世界である本来性回帰にエネルギーを発揮でき

茹で釜脱出ができると思うが

如何せん自身の思考と感情が正義であり続け

ネバベキにロックされていては、そうは問屋が卸さない。



ではどうしたら無自覚を自覚できるようになるか。


無自覚を考えても解らないが

体は緊張歪み症状として

本来性との分離、茹で具合を教えているのだから

そこにイタワリ照射しながら緩めると気づきがお出ましになる。


それは封印してきた命の情報開示だ。


(例えば過労死などは

ネバベキとカンジダ菌で命の情報が封印され

茹で上がったと言えないだろうか。

知覚が麻痺されてしまったのである。)



イライラプンプンの最中や落ち込みのドツボでは

「ソウカソウカ無理なかった」「モンダイナイ」とイタワリは無理

自身の思考と感情(主観)にとっ捕まっていてはできず

イタワリは主観から離れるからできるのである。


つまりイタワリは

主観を客観する理知力と知覚の活性を醸し出し

茹でガエルになっている事に気づけるのである。



主観に埋没し知覚の麻痺は茹でガエル

イタワリで客観力と知覚の活性でヨミガエル


命の世界に甦るのだ



スポンサーサイト

D コツは元々有る事に気づく

トレーニングを見ていて思うこと。


一生懸命練習し鍛えるスタンスは、

能力が足りていないから加える必要があると考えているからではないか。


本当に足りていないのだろうか。


足りないなら加える必要があるが、そうではないと考える。


能力は元々有るが、何かがブロックしていると考えると面白い。



元々有ることを知っていると知らないでは全然違う。


元々有ると知れば加える考え方ではなくなり

ブロックしているものに気づくことだ。


ブロックが外れればスムーズになることを経験するではないか。


有るのだから忍耐努力で加えることではなく、

引き出す考え方・気づくスタンス。

それがセンスの良さになる。




どうやったら引き出せるか?

能力は情報でありエネルギーであるから

共振共鳴・同調することである。


ミラーニューロンを活性したい。

ヒーローになりきって遊んだ子供の頃の感性、無邪気さ、感応力だ。



抑圧されて育った人は

無自覚に親や周りの反応を気にしているので無邪気になりきれない。

やりたいことより周りの反応評価が優先するからだ。


それが無自覚の緊張で能力を出しにくくするブロックである。


出しにくいから有ることに気づけず

感応より左脳的に覚えようとヘロヘロに頑張るのではないだろうか。




DAWARE(気づき)

NOTICEの他に、AWAREも気づき。
AWARE、アワレと読めます。

アワレは吾割れ=自分を割れば気づけるよ


自分を割ることは
清く正しく美しくと精神の背伸びをすることではなく、
「ソウカソウカ 無理なかった」とイタワルことでしたね。

背伸びはネバ・ベキのコトバの使い方で自己否定になり、自我の氷を大きくしますから。


割{ワル・カツ、ツ+ワ+カ+ル=労ル。
ソ+ウ+カ=労
「ソウカソウカ 無理なかった」は労る音のエネルギーなんです。



宇宙意識を成立している光透波=コトバの本質は愛と感謝・イタワリと許し
そのエネルギーが持つ速度は1/∞秒で無限大を回っている
動いてはいるけど止まっている、動と止が相対しない動=止の絶対速度です。

字ってすごいんです。ちゃんと真理を現しています。

正から一をとると止
無上の正しさが止ということで絶対速度が作る不変の法則です。
その速度を仏教では如去如来と表していると思います。


絶対速度のエネルギー(波動)は
1次元では音
2次元では光
3次元では温度
4次元では時間(速度)
5次元では点(場)
(極小の一点が絶対速度で無限大を回っているので極小=極大を成立)、

この点の連続性が波動であり、その振幅は1/∞㎜です。


音が数に働いて、規則性・順序性という数の持つ法則性が真理に、
意味に働いて、愛と感謝・イタワリと許しという宇宙意識=完情を充満させています。


完情とは
主観をパーフェクトに客観し絶対揺るがない意識と言え、
完成された情、主観=客観の世界です。

人間は感情、自分を客観できず自我が強いほど主観に囚われ揺るぎますね。
熱しやすく冷めやすい・袖の下でコロッと変わってしまう損得勘定=感情です。


光では、透明な光。
透{秀走、トップの走り これ以上ない速い速度で走っています。
それが光透波、真空透明の実質です。


温度では、
全宇宙を中和した温度で命の温度である36度と考えられます。
極楽浄土を常春といいますが、この命の温度を言っているのではないでしょうか。


音=光=温度
愛と感謝・イタワリと許しのコトバの本質(音)はアタタカイ温度を持つ光なんです。


自分を割ることはネバベキと精神の背伸びをするのではなく、イタワルこと。

イタワリの音がアタタカイ温度を持ち、氷を溶かしていきます。
自我の溶解であり、自律神経緊張緩和です。

精神の背伸びでは溶けて緩んでは行かないと思っています。


前世から長~い長~い間、ネバベキで氷を大きくすることしかしてきませんでした。
コトバをフリーズに使い続けてきました。

どこまでも深くイタワルんです。

なんせ36度ですからジュ~ッとは溶けてはいきません、

ジワリジワリと海に溶け込んでいきます。


NOTICEとAWARE、面白く思っています。


         0000000000134482[1]



テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

DNOTICE (気づき)

NOTICE=NOT+ICE 氷じゃない  面白いですね、どういうことでしょう?

意識を氷山で例えます。


        0000000000134482[1]


海が宇宙意識とします。

海上の氷が顕在意識、目に見えるから自覚できます。大脳新皮質の司り。
潜在意識は見えないので自覚できません。小脳の司り。


潜在意識は幼少期・胎内時の母親の影響・前世からの情報・・・
更には海=宇宙意識に繋がっています。

音=コトバは意識を成立しているエネルギー、そしてエネルギーが空間を結果しています。
コトバの本来性=愛と感謝・イタワリと許しの音を使うと変わる由縁です。


本来、氷は海の水からできています。
コトバの本質(光透波)でなる宇宙意識=愛からできているのですが、
本来性と裏腹のネガティブなコトバの使い方でフリーズし分離していきます。


恐怖がフリーズ、氷を大きくし顕在意識=自我を強め、
それが自分だと錯覚して
恐怖が反動となっている感情の満足を求め、

自己防衛のための計算と思惑でますます氷は大きくなり、
自分の本質である愛との分離感を強めて行きます。


本能的にどこかで分離感があり、
気づけばいいのですが更に氷を大きくすれば埋められると錯覚し、
自分の手で勝ち取るんだ、ネバならないと躍起になっています。


自我の強さは冷たい心。 
分離感が自我の強さで自律神経緊張にリンクし
恐怖が代表するネガティブな抑圧感情が内臓に蓄積されてると考えています。


何に気付きたいかと言えば、自分の本質は氷じゃないッ NOT ICE


気付くは己付く
己は字を分けるとコ+L、コは光、Lは開く意味。

自分の本質は光(光透波)が開かれた存在なんですが、それと分離を強めてきました。

氷じゃないと気付くことは
分離感がなくなり自分の本質に付いていくとも言えます。


そして気づきます、 
シノゴノどうあがこうが、宇宙意識=愛の大海に浮かされている。


気が楽になります。



テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad