D首を緩める 2

 アゴを緩めるセルフケア
                                                                                                                                                                
           yjimage7578EQAE.jpg
  
顎関節を指で軽くトントンします。



首を緩めるセルフケア

127a80957bf414faf74c6bf22c0ab568[1]


首に関する筋肉も肩、胸に関する筋肉も鎖骨に付着しています。
鎖骨の両端の関節部 胸鎖関節、肩鎖関節をトントンします。

        
骨伝導で鎖骨に付着する筋肉の緊張緩和です。
顎関節、胸鎖・肩鎖関節にトントンで関節のアソビが増えるんですね。


緩むことは
筋肉の緊張緩和と同時に関節のアソビが大切なんです。

JOINTの中にJOYがあるように
関節のアソビが肉体的にも精神的にも緩みとゆとりのJOYをもたらします。

自律神経が緊張している程、
内臓の機能低下=内臓筋緊張、内臓が硬ければ骨格筋は固いわけです。
柔らかくするコツ


このトントンは胸脇苦満のセルフケアとリンクしています。
なぜならば
胸脇苦満は胸は閉じ、肩は内旋、首は縮み、アゴは前に引っ張られ
緊張姿勢になっているからですね。

腰は寝ている姿勢で、
なぜ寝た状態になるのかというと、副腎腎臓の疲労で変位するからですね。
ですから、胸脇苦満は副腎疲労とリンクしています。

その原因はストレスで、メンタルストレスの根底原因は自己否定です。
いろいろ関連が見えてきますね。


音のエネルギーを使う
凝り痛み=緊張は生体電流の+電気の帯電です。
ネバ・ベキの音の使い方がもたらすものが、自己否定=緊張=+電気です。

「ソウカソウカ、無理なかった」
今までの行程を肯定する音=自己否定を溶かすエネルギーです。

ネバ・ベキで凍結麻痺した心と体を溶かすアタタカイ温度を持つ音であり
暗い過去を照らす光でもあり、過去を加光に転換するエネルギーなんです。


「ソウカソウカ、無理なかった」と自分をイタワル事は
自己解放=緩み=-電気の自家発電なんですね。


顕在意識ではイタワリの音を回しても、んッ、別に・・・!? でしょうが
筋肉反射テストやポリグラフ(嘘発見器)でみれば
いかに音=コトバの使い方が影響しているかがわかります。


自己解放を願い宇宙と繋がりたいとただスピリチュアルに
まい進するだけでなく、首を緩めてみませんか。

宇宙エネルギーを間脳に受けていても首でブロックし、降りて行かない。
文字通り首がネックになっているわけです。

首が走るで、道
自律神経緊張緩和がもたらすMY WAYが開きます。


MY WAYに自律神経として宇宙のハタラキがあるのですから。


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D首を緩める 1

ボーリングボール、首は体重の10%の重さの頭を支えています。

コマの軸のように中心にあれば構造的には支えやすいですが
食道や気管が通る為、頸椎は後方から緩く湾曲して重い頭を支えます。


吊り棚構造
重い頭を受け取る棚がアゴ、支える柱が頸椎
顎関節症=アゴの歪みと首の緊張はリンクします。


cervical_img[1]



頭からの自律神経・脳脊髄液が首を通るのですから
肩首の凝り、咽喉疾患、甲状腺など首回りだけでなく
首の緊張・歪みは全身症状に影響します。


脳は大量の酸素とエネルギーが必要で、総頸動脈・椎骨動脈で運ばれますが
首が詰まることは頭の血流が悪くなるわけです。


       11[1]



頭痛、眼精疲労、白内障、緑内障、副鼻腔炎、花粉症、顎関節症、
めまい、車酔い、難聴、耳鳴り、脳血管障害、認知症、脱毛・・・

さらに精神症に属されてしまうもの。
不眠症、不安症、パニック障害、うつ・・・

専門医では頭なら頭、眼なら眼、耳なら耳・・・その部分しか検査しません。
そして薬か手術。
あるいは検査しても原因がわからない。

なぜなら
結果として弱い=血流が悪い所に症状が出ているわけで
それ自体が悪いのではないからですね。


専門的に局所の検査治療は大切なことは言うまでもありませんが
一言で言えばそれらの症状は頭に行く血流が悪いからですよね。
「木を見て森を見ず」の如く、症状を診て首を診ず

首に通る神経、血流、脳脊髄液の流れを良くすることで
症状の緩和と予防ができることがわかります。



首の緊張が強いと顎関節を緊張させてしまい、顎関節症に。
脳の受皿はアゴですね。

顎関節症は脳の緊張圧迫になり脳からの指令、脳脊髄液の生産と流れが悪くなります。


顎関節の緊張歪みを取ることがとても大切で、
それだけで首から上の症状や不定愁訴だけでなく
腰痛・ひざ痛・・・様々な全身症状の緩和になりますが、

さらに顎に関連する筋肉の首を緩めることで背骨骨盤と連鎖し、
自律神経緊張緩和=脳脊髄液の流れを良くしていきます。


文字から見ても
首が緩むことで様々な流れが走る→首+走=道
道ができてきます。


フィジカルの症状だけでなく
メンタルエネルギーでその道は
自律神経の走りの良さ=中心軸=生命エネルギーのコイル=スシュムナとリンクし、
丹田の活性化です。

           imagesR84VRBXQ.jpg


コイルから出る磁界がオーラですし、
道が整うことに比例し、生命力の活性=個性の開花です。


個性の開花で比較競争でヤキモキ不安などない、
宇宙と繋がっている道=MY WAYが開けて行きます。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad