D親切 3

親切は親のしがらみを切る
自己否定自己分離させている原因のしがらみが切れることは
自己解放=因縁解消になります。

すると何がお出ましになるかというとTRANS-PARENT→透明の意味ですが
TRANS-PARENT→超越した親と取れます。


肉親のしがらみを切る親切で、
命の親=TRANS-PARENT=真空透明=宇宙=天を自覚でき
生かされ計らわれ誘導されている実感と感謝が湧き起ると思います。


なぜなら
しがらみが思考と感情に影響し、難と惨苦の隠れた原因ですが
乗り越えられると
魂の成長の為に命の親が至れり尽くせりで心を配っていることを感じ
難と惨苦が有難い、THANKに転換するからです。


自己解放、因縁解消、しがらみを切れたご褒美ですし、
引き寄せる必要のない間に合っている世界が広がります。


命の親である天は
天→二人、父母が一化しているのが天と字は教えています。

宇宙を根底から支える絶対時間が父であり、絶対時間が結果する無限空間が母です。


父→ハ×、 ハ=波 ×=TIME    父は時間というエネルギー

母→ロ÷、 ロ=空間 ÷=小     母は極小が展開し無限空間
               

点=転=展=天
極小の点が絶対速度で転回=展開し天を成立し実体は時間と空間は分離できません。


真空透明=TRANS-PARENTの実態であり間脳の生命電磁場に入る命です。

父は宇宙にあるどんな時間も根底から支えているので
隙間なくタイムリーで、母は全てを慈しみで懐胎する空間。

それをを命に授かっていますから、しがらみを切るほど
本来性の意識(CONSCIOUS=感謝ス)に回帰し、
タイムリーに間に合っている世界と慈しみが深まり行為に現れてくるわけです。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D親切 2

子供はストレスに無自覚ですが、体に正直に現れます。

腸にストレートに影響するので下痢や便秘しやすい。
押し付けられるエネルギーを咳や熱で発散する→風邪を引きやすい、喘息。
過剰な自己防衛が投影するアレルギー体質。


具合を悪くすると親(特に母親)は
あんなことしたからだ、お母さんの言うことをちゃんと聞かないからだ、
ダメダメこうしなさい・・・
嘆きと心配の表情いっぱいで諭してくる。


素直なイイ子はそのコトバと表情に萎縮しイイ子でなかったからだと自分を責めます。
そして母親は心配でいちいち細かくコントロールする。


子供は自分の判断を無くしていくと同時に
間違うことや否定されることを恐れ自己否定自己分離を深めネバベキのマジメな人か、
反発した荒くれが構築されていきます。


幼少期から副腎疲労の土台を構築していきます。


精神的肉体的関わらず症状は自律神経緊張です。
症状の原因を掘り下げて行くと、根底に親のしがらみが見えてきます。


しがらみを客観できないので大人になっても引きずっています。


しかし、不調だけは自覚するので
対症療法的に何とかしようとしますが原因にアクセスできないので
特にウツや副腎疲労などはなかなか改善しにくい。


あるいは過食が止まらない。
自律神経緊張(交感神経)が血糖値を上げたくなり過食となるのですが
いくらダイエットに励んでも大元の緊張原因を解消できないので難しく
リバウンドを繰り返します。

アルコールや薬物、ゲーム、恋愛・・・様々な依存症にも言えます。
頭ではわかっていても止められない、

しがらみの重さで潰されている体がNO!ですから。


縦社会の日本では
親は有難いもの、親孝行が大切ですから親のしがらみの重さがわかりにくい。
韓国語はオモニ(重荷)とはっきりですが。

親は有難いと頭では思えても(顕在意識)、心と体は親のしがらみの重荷に潰されています。


オモニを有難いと実感し親に報いられるには
先ずは親のしがらみの重さを自覚し、
自己否定自己分離からの解放が大切に考えています。


しがらみが親から親へ増幅され先送りされてきた因縁とも言えますから
自己解放が因縁解消でもあります。


親のしがらみを切るという親切が
自己解放、因縁解消とリンクし、意識の本来性に回帰していきます。

自己防衛の計算と思惑≒徳を積むための親切から
まごころの親切を発揮できるのではないでしょうか。



愛と感謝、イタワリと許しが深まり
連鎖する調和、シンクロタイムリーで間に合っている世界と
健康と安らぎが広がると考えています。





テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D親切 1

親切→相手の身になって、その人のために何かをすること。
   思いやりをもって人のためにつくすこと。


親を切る?

親を切ったら、警察沙汰、尊属殺人に成りかねないのに
何で親を切ることが思いやり・温かさ・優しさの親切になるのでしょう。



親とのしがらみ

物心がつく前から
こーしなさい・あーしなさい、これはダメ・あれもダメ・ダメダメダメ
ダメだな~こんなことして・こんなのでは・・・脳にNONO!

イイ子にしてなさい、もっと頑張りなさい・・・
あなたの為よ、言う通りしなさいとレールをがっちり敷く。

あるいは恐怖や体罰で言うことをきかせる。
兄弟や周りの子と比較されたり、競争をあおられる。



子供にとって親は絶対的存在。
ですから、否定されることや愛情をもらえないことは死活問題の訳で、
何が何でも親に従順になろうとします。


恐怖や否定で簡単に子供を思い通りにコントロールできるので
子供にストレスを発散する親も多いです。


言われなくても親の背中を見て学ぶのに、「人には親切にしなさい」と押し付ける。

親の言う通りイイ子にしていれば、愛情をもらえる・怒られないからやるわけで
子供は自分の気持ちを抑えて親の言うことを聞こうとします。

自分の気持ちに正直が本当の素直なのに、親に従順が素直なイイ子。


あるいは、可愛さ余って何でも子供の言いなりで傍若無人の我儘の子供にしてしまう。
(家では王様だが、外ではコテンパンか仲間外れでストレス)


ストレス発散する親、抑圧コントロールする親、言いなりの甘やかし過ぎる親
子供にとっては大変なストレスなんですね。


親のしがらみが
自律神経緊張を余儀なくし、精神的にも肉体的にもおかしくし
ネバベキの思考と感情の自己否定自己分離を強めます。


天真爛漫の無邪気さを潰される事でもあり
自己防衛のために嘘をつく、人のせいにして自分の正当性を主張するなど
逃走か闘争のエネルギーの使い方になり、
親切をされることはあってもすることはなかなか難しい。


親のしがらみが
自己否定自己分離を生み、その反動で精神世界にはまるか、勝ち組になろうと躍起します。


「三つ子の魂百までも」で
幼少期からの親のしがらみが思考と感情の土台になり
幼少から培われているので自己否定自己分離を客観できないんです。


自己否定自己分離をしていて、
優しさや思いやり、温かさ大切に思う気持ち=親切はできるのでしょうか。

一見親切でも自己防衛のための計算と思惑が見え隠れします。


自己否定自己分離が無くなる程、
感謝スの本来性が顕現されるのですから
まごころと言える親切は自然と出て来るのではないでしょうか。


親切、何を切るかが見えてきます。


自己否定自己分離を醸し出していた親のしがらみです。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad