D捨てる 2

文字はどう教えているか
捨→拾十  
捨てると十、拾える。
捨てることで拾える、それも10個も
捨てることでエネルギーが高まると取れますね。
十=答ですから、捨てることで答を拾えるとも取れます。

角度を変えれば、捨てないとエネルギーは高まらない。
体で言えば、排泄を良くすれば体調が上がる。
これは~に良いと食べることより、老廃物を排泄する方が上がることは断食で実感します。

心で言えば、執着を捨てれば答や新たなものが入ってくるのに
執着を手放さずに新たなものやエネルギーを求めていて、手にしたら捨てるスタンスでいます。


捨てれば拾えるのに、捨てないで拾いたい。
頭ではわかるんですがね、捨てるのが怖いんです。
抑圧でエネルギーを削がれているほど、執着や自己防衛があるので拾ったら捨てるなんですね。
依存症の傾向と比例します。

腹が立つ、胃がキリキリ・・・抑圧は内臓に蓄積し機能低下→自律神経緊張です。
内臓筋は硬くなるので、当然骨格筋も硬くなります。
抑圧という老廃物が体を硬くし、心も硬くするわけですね。

抑圧で自律神経緊張になりエネルギー不足や満ち足りない想いを紛らわすため
過食を始めアルコール、薬物、ギャンブル、恋愛・・・様々な依存症に陥りますが、
やめることは拠り所やエネルギーを失う感覚になるので、
できるようになったらやる=拾ったら捨てるスタンスでいます。

頭でわかったで終わりにして行動しないのでエネルギーが高まらない、
ンッ、おかしいな?まだ理解が足りないのかと知識を詰め込むことで上げようとします。
抑圧の反動で自己啓発やスピリチュアルにはまっている人に多いです。
捨てれば入ってくるのに、引き寄せようとアリガトアリガト・・・


バッハの法則で、捨てるという行動で場が変わりエネルギーは高まります。
メンタルではネバベキのコトバの使い方をやめたい。
コトバがコト場でエネルギー、それが空間現象に結果するので、言=事なんですね。

ネバベキが自己否定と緊張と執着とジャッジする元、
そして自分の思考と感情が正義で、プライドとうぬぼれを強めます。
一番捨てたいものに思います。

ステルは主照
主=天が照る、アマテル様がお出ましになります。
個々の岩戸開きは捨てることと言えませんか。
ステルことで身も心もステキ

頭で終わらず、実施しましょ



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D捨てる 1

ゴミ屋敷をTVで見ました。
捨てることができずに溜め込んだのと、
何かに使えると拾い集め溜まりに溜まって寝場所もないのと、溜まるばかり。

体も同じに思います。
老廃物が蓄積した体だから、コテコテの内臓脂肪、血液ドロドロ、宿便たんまり、
ベタベタの汗、臭い息、荒れた肌・・・

捨てるという排泄の大切さを考えずに、これは~に良いと食べる食べる。
排泄や内臓疲労を考えれば、食べない方が良いのに食べて良くしようとする人。
それもサプリの宣伝やTVの情報に踊らせられて。

不必要に物を買い込んだり集めたり、闇雲に情報を取り入れ翻弄されるわけですが
執着や自己防衛、損得勘定が強く自分を客観しにくい意識がそうさせているはずです。

そのような意識はどこからきているのでしょう?

抑圧が強いほど物欲に走ります。
抑圧でエネルギーを削られるので、どうにかして補充する必要があります。
ストレスがあるとバンバン食べられるのは
エネルギーを入れたい溜めたい失いたくないからで、食べることに限らず物にも当てはまります。

「三つ子の魂百までも」で幼少期の体験が思考と感情のベースになるので
抑圧でエネルギーを削られた反動が物欲の要素になるんですね。


抑圧が捨てられない思考と感情を生む
物を溜め込む物欲だけでなく、過去の執着未来の不安で今が充実しないし
損得勘定が感情のベースで自己防衛と自己主張が強く、
その意識がゴミ屋敷という空間に結果していると思います。

意識を変えればいい事が見えてきますが、どうやって?

バッハの法則
場通波→場は波(エネルギー)に通う
捨てる行為で空間が変わり、空間が変わるとエネルギーが変わる→意識の解放です。
場を変えると波(エネルギー)が変わるからです。
空間を変える風水や特定の場に行きエネルギーを高める方位取りもバッハの法則ですね。


考えていても変わりません。
物を捨てることで、過去の執着未来の不安、抑圧からの解放が広がります。

ゴミ屋敷の人は業者にやってもらていましたが、自分でやるか自分もやるかが大切です。
自分の意識の投影がゴミ屋敷ですから、人任せでは変わりにくいんです。





テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad