D させられている

自分がしていると思っているが実は、させられている。


この理解がウンを上げる。



確認しておきたい事は

髪の毛一本たりとも人為では無理なように

命は自分が創ったものではなく授かったものである。


生かされているとよく耳にするが、表現を変えれば「させられている」ことである。



イライラ、クヨクヨは自分がしていると思い

こんな自分ではダメ、もっとこうあらネバベキと自分とタタカイ

一人相撲を取っているのであるが

イライラ、クヨクヨも不安も恐れも

失敗も、失恋も、貧乏も、病気も・・・様々にさせられているのだ。



そうさせられている自分を体験しているのだが、

客観できずとっ捕まって翻弄されている。



そして何とかしようともがくのである。

無駄な抵抗はやめて、させられていることに気づけばいいのに。


例えれば

もがくほど水におぼれてしまうが

力を抜いて水に任せると浮くことができるように

受け身でいたら浮くのである。


人生も同じで受け身でいれば浮くのではないだろうか。


流れにお任せ、

無駄な抵抗はよせ!全面降伏は全面幸福を醸し出し

I surrender 愛サレンダー は受け身でいるから愛されるわけで

自分で勝ち取るのだと自惚れ粋がっていてはまず難しいのではないだろうか。


そうさせている側を知っているからできるのである。



命を自分が創ったのなら話は別だが

授かったものだから授けた側が支配しているのだ。


それが解らないと

ウンは自分で切り開くものだ、

しっかり目標を持ち忍耐努力で一生懸命励みなさい

とありがたい教訓を洗脳されてしまい

ネバベキのガンバレ!で自律神経は緊張の連続で終には癌腫れに

あるいは自分のふがいなさを嘆き、落ち込む。



そうなると、何とかウンを上げたいとなり

占い、方位取り、宗教、ツボや印鑑やらパワーグッズ・・・である。


それらによる願望成就は目前の達成もあるだろうが、果てしがない。


そのような目先の感情の満足の達成ではなく

成就とはさせている側を理解することではないかと思う。


させている側は「よしよし、気づきおったな。第何章何節の課題終了じゃ。

では次の章はどうかな?」とまた課題を出してくる。


その課題も自分ではなくさせられている気づきと

させている側の存在を知り

ジワリジワリとさせている側になじみを深めていく。



させている側は自分を客観する力を育むことをもくろんでいるようだ。


具体的には

これを見せてくれたのね、これに気づくことだったわけね・・・という感じであろうか。


とっ捕まりから解放できれば問題は無くなるのだからウンは上がるが、

もがくほど問題は増し、ウンは下がる=生命力低下である。


させている側を知り体験している自分を客観できれば

とっ捕まりから解放され

そして本来何一つモンダイナイ世界に根を張れ

神人合一の成就の道を歩むと考える。



ウンを上げることは

現状を肯定することであるが、

自分がしているのではなく、させられていると理解できると

イージーであり、客観力=理知を獲得することである。





スポンサーサイト

D ウンを上げる

運を上げたい。

方位取り、占い、改名、風水、神社参拝、パワーグッズ・・・いろいろやっている。


それらで運が上がった体験をお持ちであろうが、

さらに上げる事が出来るものがある。


先ずは、ウンとは何かを掘ってみよう。


「これでいいですか?」 ウン

「こうですよ」 ウン


ウンとは肯定する音である。

ウンとうなずくことは世界共通、誰もが肯定を意味する。

(なぜそうなのか不思議に思う人が他にもいると嬉しい)



ウンを上げる事は肯定を増やすことと言える。



現状・今を肯定できたら運が上がることが解ってくる。

それを肯定できないから運を上げようと様々とやっているのがパラドックスに思う。



逆に運を下げる事は

現状・今を否定することであり自分を否定すること。

つまり、肯定のウンと真逆な「ネバベキ」の音に縛られることである。



流れにお任せ、無駄な抵抗はよせ

全面降伏でいられることが全面幸福となることが解るし

英語ではI surrender 愛サレンダーと裏付けている。


なぜなら絶対肯定が成就であるから、

現状・今をウンと肯定する音によって

成就という絶対運に根を張ることができると考えられ

どんなことでもプラスに反転できるお力を授かることだ。


根は音なのである。



全面降伏でお任せされたら

任せられた天は放っておくわけにはいかない筈ではないか。


更に言えば、ネバベキは天の使いのささやきを聞こえなくしている。

その声はかすかなものだから、

自己否定で緊張していては聞こえないのである。


耳元で小さな天使がパタパタしながら「ねぇねぇ聞いてよ」と

一生懸命ささやいているのだが、ネバベキの耳には聞こえず

しょぼくれているイメージ。


聞こえないので方位取りを始め様々に躍起しているのではないか。




なるほど!

ウンと肯定すればいいのか、流れにお任せすればいいのかと

頭ではわかるのだが、

実際はそうは問屋がおろさず、感情が納得しない。


毎度言っている事だが、思考でやろうとしても難しい。



納得しない感情を

「ソウカソウカ、無理なかった」とイタワリの音波云したい。

イタワリが過去の行程を肯定し、今を近づけてくれるから。



そうなると、天の使いのささやきが聞こえてくる。

(耳からというより内側から響いてくる、それを田心という)






D運命を上げる 3

フィジカルからもアプローチ
「秘田ー中丹田ー丹田」に命が入っています。
生命電磁場の間脳から中丹田ー丹田に降り肉体を動かし
中心軸=スシュムナ=自律神経とリンクしています。

自律神経の緊張緩和で運命は上がるわけですからそれも一緒にやりましょう。
緊張状態が中心軸の歪み=重力とのずれで姿勢に現れていますね。(猫背になりやすい)
他に、おへそ周りの動悸や硬さに出ています。



      147d68386836a4fee6428709da2a684e[1]


まだ何の抑圧も自己否定もない天真爛漫純粋無垢の赤ちゃんのお腹は
搗きたてのお餅のように柔らかい。
僕もあなたもそうだったんですけどね。
圧痛や動悸が有るほど自律神経緊張ですからチェックしてみましょう。



緩め方
厚さ2ミリの皮膚だけを優しく手のひらか指で動きの悪い方に
スライドしホールドします。
緊張している皮膚を開くんです。
自律神経の末端の皮膚を開くことで中枢の間脳は活性化します。
皮膚と内臓は繋がっているので、内臓は緩みます。
抑圧と腹

今→展開するL(開く意味)+ラ、ラ=楽 楽しいことをどんどん開くことで「今」が充実ですが
ラ{一フ、ヒフ=皮膚、皮膚を開く(L)ことで、感応力は上がりエネルギーを受け取れます。
エネルギーアップするから「今」が充実するんですね。

自己否定が強いほどエネルギーダウン、自己否定を止めればいいのですが、
*感情が納得しないとできない (コトバのハタラキがわかっていない)
*無自覚なので、過食、アルコール、ドラッグ、恋愛、ギャンブル・・・様々な依存にはまる
*自己否定しながら自己解放をとスピリチュアルし、受け売りと思い込みに埋没
*自己否定の反動で自分の存在や価値観をアピールしたいので勝ち組になろうと躍起する
*運命を上げたいので、宗教、占い、風水、宝石、パワーグッズ、印鑑やツボ・・・
 人や物に頼り自分で判断できなくなる→自分が自分の主人公ではなくなる。


アダムとイブがそうだったように
愛と感謝、イタワリと許しに満ち、完璧に間に合っているハタラキを
命に授かっているのに何かがブロックさせています。
当時も今も命の根源の真空は変わっていませんから。

そのブロックが自己否定であり、ネバベキの音にロックされた思考と感情、ジャッジです。
「秘田ー中丹田ー丹田」の中丹田=アナハタ(愛のチャクラ、心臓)でブロックしていて
おへそ周りの圧痛に現れています。

復活は腹活、お腹を緩めながら
○○○と自分の名前をアナハタに響くように
優しく愛おしい想いで呼んであげます。



今日は70年目の原爆記念日
人類を一括りに纏めれば、戦が単り+戈と書くよう、自分自身に鉾を向けている。
そして振り返るまでもなくタタカイを無くそうと戦い続けてきました。
個の集合が全体ですから
個人で言えば、自己否定を無くそうと自己否定をしながら自分と戦っています。

タタカイに終止符は戦では無くなりません、
「ア」を付ければ良いんですね、ア+タタカイ=アタタカイになります。
名が命ですから、アタタカイ想いでアナハタに響くように自分の名前を呼んであげましょう。
自己否定の氷が溶けて行きます。

名が先(長崎)と続きます。 
祈りを込めて


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D運命を上げる 2

名前が大事であることはご存知ですね。
姓名判断、画数や音の響き・・・拘ります。
「1」でアップしたように名前が命であり、光透波の情報から潜在意識など
運命の情報が秘められているし、その音のエネルギーが展開し人生という
空間に現れると考えられるからですね。



抑圧がどう作用するか
「三つ子の魂百までも」というように、幼少期に受ける抑圧や否定は
自己否定の思考と感情のベースになりネバベキの音にロックされやすいです。

抑圧や否定される時は、
大概ネガティブなエネルギーがてんこ盛りの口調で○○○!と名前を呼ばれます。
子供は本当にデリケートですから、呼ばれる名前に乗っかっているネガティブなエネルギー、
気配を敏感に感じ取り、呼ばれただけで緊張、萎縮を強めます。

幸せを願い祈りを込めて○○○と名前をつけ、
そして愛と感謝、イタワリと許しの宇宙の情報や明るく温かい運命が秘められている
「大切な大切な名前」を呼ばれる時が、抑圧や否定だったらどうでしょう?

名前に秘められている命の情報は開示しにくいですね。
抑圧のエネルギーは強く作用し、褒められる事が多くても
1つの抑圧で飛んでしまいます。
ましてや体罰を伴ったら尚更です。

個性の開花か裏目に出るかというとわかりやすいでしょうか。
名前に秘められているエネルギーが開示ではなく裏目に出ますし、命を潰してしまいます。
具体的にはウツやパーソナリティ障害、体の不調で心身とも病んでしまいます。
命が自律神経に働いているのですから、自律神経緊張を強めますね。
認知症の深層原因も脳にNO!NO!NO!と抑圧・否定のエネルギーがあり
名前を大事にされなかったのではと思います。



名前を呼ぶ意義
上記のようなプロセスで抑圧の反動でネバベキの音にロックされ
ジャッジと自己否定を強め、命をくすぶらせているわけですが
仕組みがわかってくると方法も見えてきます。

自己否定は他の誰でもない自分自身ですね。
自分の命を否定している→自分の名前を大事にできていない。

振り返ってみると
赤ちゃんの時かラブラブの時ぐらいだったかもしれませんが、
優しく愛おしく名前を呼ばれることは、嬉しいですよね、安らぎますよね?
あるいはペットのワンコやニャンコには呼んでいるか。

自分自身で呼ぶことは少ないと思います。
自己否定の氷を溶かすには、自分をイタワルこと、愛すこと、許すことですが
自分の名前を優しく愛おしく呼ぶことで浸透性が上がります。

○○○、愛しているよ
○○○、ありがとう
○○○、ソウカソウカ、無理なかったね
○○○、モンダイナイ、モンダイナイ

口に出しても、頭の中でも良いです、全身の細胞に響くような感じを持てるといいですね。
自己否定の氷はジワリジワリ溶け、くすぶっていた命は燃え始め
「今茲」の充実感が近づいてきます。





テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D運命を上げる 1

命は光透波、宇宙の絶対電磁場(田)を誰もが共通に授かっています。
しかし、運命は一人ひとり違いますね。

それをズバリと現している字が「異」。
異→田共、田(絶対電磁場)を共にしながら、コトナル。
コトナル→言成る、運命はコトバの使い方で成っている。


命メ=名、
命は名前に在り、肉体にはありません。
ですから、人は死んだら名前という音=波動の存在です。
名→タロ=田露
自分の「名」という音(波動)と字に命=絶対電磁場(田)が網羅され露われています。


運命は、名=コトバの運び
人生において、どういうコトバを使い展開せて行くのかとも考えられます。
コトバが究極の場のエネルギーであり、コトバの使い方が心の在り方=意識のレベルで
言=事で、コトバ(エネルギー)が事(空間)に結果しています。

名前=音に運命が在るのですから
根底には光透波の絶対電磁場=宇宙の愛・叡智、
前世から培ってきた思考と感情の潜在意識(インナーチャイルド)、
今生での顕在意識などあらゆる情報、
つまりどうコトバのエネルギーを展開させてきたか、
あるいは展開しやすいかが秘められていると考えられます。



方位取り で運命を上げるテクニックもありますが
コトバが場のエネルギーと理解できると
コトバの本来性=光透波の持つ「愛と感謝、許しとイタワリ」の音をどんどん使うことで
個性の開花、命の活性、運命向上になると考えます。


逆を考えればわかりやすいでしょうか。
コトバをネバベキに使いジャッジする。
それは培ってきた自分の思考と感情(自我)が正義でそれを基にジャッジしています。

ジャッジはそれに見合わないものを否定しコントロールします。
ネバベキの音が醸し出すジャッジは人生の行程を肯定できないので「今茲」が近づきません。
自己否定をしているわけですから、命は活性化しませんね。

ネバベキのジャッジ=自己否定しながら(無自覚ですが)
方位取りや宝石の類にエネルギーを求めるより、
ネバベキのジャッジを止め「愛と感謝、イタワリと許し」の音を使いながらの方が
断然効率は高いと考えます。

自己否定が無いほど
自律神経の緊張は少なく2万Hz以上の波動をキャッチする皮膚感覚=感応力は高く
エネルギーを受け取れるはずですね。
同時に意識の本来性に近づいています。
CONSCIOUS=カンシャス=感謝スで「愛と感謝、イタワリと許し」です。


自我と比例する自己否定が強いほど、
感情にロックされていて自分の感情が何より大切で守ろうとしているので
「ソウカソウカ 無理なかった」「モンダイナイ」と音のエネルギーに乗りにくい傾向です。
コトバを変えるから感情が変わるんですが、感情が納得したら変わろうとするスタンスです。
(感情のロック解除ができると
感覚にシフトでき、客観力=理知力と感覚がシャープになってきます。)

授かっている命は何一つ問題ない完璧なのに、思考と感情が「モンダイアリ」にしています。
「モンダイアリ」にスタンスしていますから、問題は無くなりません。
そして問題を解決しようと自分自身と戦い続け、いろんなものに頼ってきました。
その輪廻に終止符を打てる時代ですね。



名前を呼ぶ
自己否定は名前に秘められているエネルギー(運命)を開示できないとも言えます。
ジャッジを無くしていくには自己否定の氷を溶かしていくこと。

それには自分の名前を優しく、愛おしく自分自身に呼んであげます。
声に出しても頭の中でも良いですが、全身の細胞に響くように。
あるいは、具合の悪い所に注意を向けて。

自己否定の反動になっている奥底に押し込めた正直な気持ちや
インナーチャイルドを自覚しやすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad