D悩み 3

悩み解消のフィジカルアプローチ
何とかしたいのだが、がんじがらめでどうすることもできない。
だから、宗教や占い自己啓発、HOWTO・・・と外に求めるのだろうが。
外に求めていては、自分が自分の主人公になれず情報に翻弄され
かえって、不安を増すことにもなりかねないと思う。

頭ではわかっているのだが、できずに辛い苦しい
特にトラウマや幼少からの抑圧、長期のストレス状態だとその傾向があります。
なぜならば、体がNO!

ネガティブ感情に対応するために脳や副腎から抗ストレスホルモンが分泌されます。
悩みやネガティブ感情が強い、長期にあると絶えずホルモンが分泌する体になっている。
逆に言えば、ホルモンに感情が支配されているので、
頭でわかっていても抜け出すのは難しい。
胸脇苦満 副腎疲労 ウツ状態に陥っています。


がんじがらめはホルモンに支配された体=自律神経緊張=生命力低下。
その姿勢は胸は閉じ肩は内旋し腰は寝ている。(猫背)
中心軸が重力と同調しない分、自律神経緊張が強くホルモン支配下にあると言える。



腕振り

       images[2]


達磨易筋経にあるもので日本サイ科学会の関英男博士が理論付けた運動。
肩幅に立ち、前習えの姿勢から肩を支点として腕を振る。




イタワリながらの腕振り(イタフリ)
*緩める動きなので頑張って振るのではなく、力を抜き重力で勝手に振られる感じ。
*顎を緩め、肩甲骨が動くと良い。

*中丹田に向け、名前を優しく愛おしい想いで呼ぶ
  ○○○、「ソウカソウカ、無理なかった」「モンダイナイ」
  ○○○、愛している、ありがとう・・・
  名前と「愛と感謝、イタワリと許し」の音のエネルギーを照射しながらやる。

*15分~、無理がないなら制限なしだが、毎日の継続がコツ。

*遠心力が掛る為、中心軸が整う。→整わないと力を抜いて振れない。

*肩が開く→肩{月戸、肉体の戸が開きエネルギーが入る体になる。
 2万Hz以上の感応力の皮膚感覚=自律神経活性は肩の力が抜けた姿勢。
 呼吸器筋が緩む→副腎疲労反応点の前鋸筋、横隔膜緊張緩和 
 肩の緩みが首→顎関節(脳の受皿)→頭蓋(特に間脳が入る蝶形骨)と緩みのリンク
 SHOULDER→SHOULD+ER、ネバベキの人から解放条件が整う。

*グランディングする(思考が頭から離れない逆気から気が下がり落ち着く)

*脳波が安定し、トランス状態に入りやすくなる



中心軸が整うことは
「秘田ー中丹田ー丹田」の生命ライン=自律神経の緊張緩和で
ホルモン支配からの解放になり、その条件の基に命の情報を秘めている名前を呼び
「愛と感謝、イタワリと許し」のコトバを回したい。
コトバが光透場の究極のエネルギーだから、そのように動き出していく。

名前に宇宙の働き(愛と叡智)、潜在情報、個性が秘められ
その命が自律神経に入っていて中心軸とリンクしているわけだから
整うことでそれらが開くはず。

すでに在るのだが、比較競争の催眠術でわからなくなっているので
外に求めるのではないだろうか。


フリーズ解消したPCのようにサクサク動き、コトバの出力は高まっていくし
許せば緩み緩むと許せ、忘れていた許すという安らぎが醸し出され
天の声が聞こえるHEART(HEAR+T)に回帰していく。

「ソウカソウカ、無理なかった」の実感が深まることは
現状を肯定でき緩んでくる。
自分とのタタカイが終わると同時に
自分には何の力もなく、全ては天の計らいと誘導でプログラムされた運命を自覚でき
I SURRENDERの境地が開かれていく。

全面降伏が全面幸福で天にお任せ、流れに逆らわない。
任された天は放ってはおかないのだから。



生命力の活性には
文字通り、運動(運を動かす)が必要と考える。血流を高め体力もつく。
そうでないと感情にロックされ思考が止まらない逆気状態だ。
スローランニングなどセロトニンの分泌を促すので良いのだが
準備や行動が億劫でわかっていてもなかなかできない。

しかし、イタフリは簡単、準備は要らないしその場でできる。
そして、緩める運動なので頑張る必要はないのでやりやすく続けられる。
(頑張る動きは続かない、ダイエットや運動が三日坊主なのは頑張るからだ)

体は緩み中心軸は整い重力を使える身体操作が可能、
心も体も美しくなれる条件が整うのでやればやるほどオーラからの美人さん。


ダイエット
悩み・ネガティブ感情があると血糖値を上げようとホルモンが働くので
食べたい飲みたいで頭の中はぎっちり。
我慢はするが、ホルモンには勝てず分かっているが止められない。
許したら最後、血糖値が安定するまでどうにも止まらない。

そういう人はイタフリをやるといい。
毎日の継続は勿論だが、気配を感じたらやってみる、
15分やってから食べようでやると、ありゃりゃあの飢餓感はどこに?

過食が減ることは内臓の疲労が少なくなることだから、
体脂肪と共にだるさも減り積極性も出てきやすい。



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D悩み 2

「名病、名闇」と取れるよう、名=命が病み、闇に閉ざされていることは
解消法は命を活性すればいいのではないか。

命は自律神経に働いている。
「秘田ー中丹田ー丹田」の生命ライン=中心軸にリンクしているので
悩みは元気が無く、うなだれた姿勢(猫背)になるし重く暗くなるのは無理もない。

自律神経の緊張(悩み)度合いがおへそ周りの圧痛でわかります。


      147d68386836a4fee6428709da2a684e[1]



中丹田の詰りを溶かすと丹田に降りて行くので
中丹田に向け、ホメオパシーのレメディーのように微細なエネルギーに同調するように
超優しく愛おしい想いで心の中で名前を呼んでみるといい。

インナーチャイルドの存在、正直な気持ちに気づき、感情を客観できてくる。
更に、「ソウカソウカ、無理なかった」と自分をイタワルことで加速します。


感情にロックされネバベキと自分をジャッジ=自己否定していたこと、
一番大切にしなければならなかったのは自分なのに、
一番おろそかにしていたことに気づきます。

社会の渦に巻き込まれ迎合しようと無理をし、比較競争で緊張していたこと
許すことを忘れ、タタカイ続けていたこと
そこにものすごいエネルギーを使っていたことを。

エネルギーが無くなったのが悩みではないだろうか。
比較競争で生きる道を忘れていたからのではないだろうか。
死にたくなるのも無理はない。



比較競争の催眠術に罹った感情にロックされ、本心に素直になるが怖くてできなかった。
その怖さを溶かすことが自我の終焉とも考えられるが
「ソウカソウカ、無理なかった」の実感が深まっていき
行程の肯定が「今」を近づけ現状を受け入れられ、認められるようになる。
もがき、辛さ苦しみは遠のいていき
その心境は流れにおまかせ、無駄な抵抗はしない。

英語では、I SURRENDER アイサレンダー=愛されんだーと読めるように
天に全面降伏することが全面幸福とわかってくる。
委ねられた天は放ってはおかないのだから。


天の計らい、誘導を感じられるようになると
自分には何の力もなく、全ては天の計らいであり、
プログラムされた運命であることを自覚できてくる。

その心は計算も思惑もない素直で、曇りの無い美しい鏡のように思う。
鏡はキョウ=胸、中丹田にある。
HEART=HEAR+T、天の声が聞こえるハートに回帰していくはずで
悩みがあったからこそ回帰できると考えられる。


悩{心、ツ(通)、凶→凵コンカン(根幹)、メ(名=命)
心が根幹に入っている名前に秘められる命に通じると取れ
そのために悩みがあることを教えてくれる。

WORRY、ワリ→割、と取れ
ソウカ

悩んだらイタワルことだ
中丹田に向けて、○○○「ソウカソウカ、無理なかった」




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D悩み 1

先日、治療家の友人のメールがきっかけになり
悩みはどういう状態か
悩みは何で起きるのか
悩みは何のためにあるのか・・・文字はどう教えているのか掘ってみたい。

悩みは辛い苦しい
感情が満足しない、現状を受け入れられない状況にあるからで
神仏、占い、霊能者、自己啓発、HOWTO本・・・などに頼りやすい。
それも少しでも早く解決したいと。


ナヤム→名病む
名(前)が病んでいると取れるのだが、どういうことだろう。
名前(音と文字)に命の情報=宇宙の働き・潜在意識・個性が秘められている。

名=命で同じ「メ」の音を持ち、名{タロ、タ=田(絶対電磁場)、ロ=露と取れ
名前に宇宙の絶対電磁場が露(あらわれ)ていて、名前が命がであることがわかる。
確かに、死んだら名前=波動の存在になるわけだ。

命が病んでいる状態が悩みと取れるわけだが
なぜ悩みが多くなるかを考えると、
ネガティブなエネルギーを乗っけられて名前を呼ばれると命は潰されてしまう。

○○○、そんなことしちゃダメ!
躾と称し、名前を呼ばれるたびに脳にNOとネバベキを刷り込まれたらどうだろう。
願いを込めて名付けたはずなのに、抑圧を込めて呼ぶようになっていく。

ネバベキの思考と感情、固定観念を強めジャッジする事しか知らなくなる。
子供にとって親は絶対的存在なので、正直な気持ちを抑え従おうとするし
出来ないのは自分が悪いと自責する。
呼ばれただけでいやーな気持ちになったり萎縮しやすい、子供は感受性が敏感。

自分自身をジャッジするので自己否定になるのは当然で、
命を潰し名前に秘められる個性は開花できず裏目に出やすく
無邪気さは押し込まれてしまう。

命を潰していることは
生命力低下で心身とも不調であり、こんな自分は嫌いと変えようとしても
生まれ持った個性は変わらない。
開花か裏目に出るかなのではないだろうか。
エネルギーダウンだから、個性は裏目に出るし自己防衛を強め損得感情に縛られやすい。


ナヤミ→名闇
名=命が闇の状態と取れる。
命は光透波だから、究極の光(透明)の明るさ、軽さなのだが
名前に秘められる命・個性が本来性を発揮できず闇に埋没している状態と取れるので
悩みは暗くなるのも重くなるのも納得できてくる。
個性を発揮できれば輝くが、発揮できなければ、スムーズに行かないし楽しくできない。


赤ちゃんの時とラブラブの時は別としても
名前にどういうエネルギーを乗っけられて呼ばれて来たか。
命・個性という種に抑圧エネルギーの水で育てれば
スクスク育つというより、ひねくれるし個性という花は開花しにくいのではないか、
悩む・悩みを生む大きな要素に思う。

名に秘められる命が潰され個性が発揮できないから悩み、悩むのではないだろうか。
ネバベキの音が作る自己否定と固定観念に縛られ
ジャッジと比較競争意識が強いからではないだろうか。

感情にロックし現象に囚われ、生きる道を忘れている。


心の中で自分の名前を呼んでみるといい
悩み多き者は自分の名前が好きでない、呼びにくい傾向があるようだ。


♪あぁ 生きる道を誰でもが忘れているのさ




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad