Dダイエットのコツ 3


では どうしたら骨盤を起こせるの?

具体的アプローチ
骨盤を支えているのは腹筋群です。
その緊張を緩めるのがコツ。
筋肉の緊張状態は圧が強いわけですから、圧を抜けばいいんです。


泣いている子をなだめるのと同じで、優しく撫でてあげればいいんですね。よしよし
強く𠮟りつけたらよけい泣きわめくか、かたくなに堪えますね。

泣きじゃくりは緊張で内圧が高まり横隔膜の痙攣なんです。
凝っているといって強い刺激は圧がかかり、緩むどころか更に緊張します。


骨盤周り、腹筋群の皮膚を優しく軽く擦る、触れる。
ターゲットは皮膚です。

筋肉をターゲットでは圧が強く、脳は防衛反応で反射的に緊張します。
微細な刺激ほどナニナニと脳は受け取ろうとし、脳には強く働きます。

皮膚と脳は同じ外胚葉です。
S+KIN(筋)皮膚を解けば筋は緩みます。


運動としては 大転子のロック解除。
背中を丸める前屈は、ロックされ寝ている骨盤。
背筋ピンでお腹が太ももにつくのは、大転子ロック解除の起きた骨盤です。



大転子の靭帯の構造上
立位では靭帯が後ろにねじれるので骨盤は寝てしまいやすく、
人間だけが二本足で立てるわけですが、それには強力な腹筋が必要なんです。

d0154281_21431580.jpg



ハイハイの四つんばいでは、腹筋は緩みやすくロック解除になります。
ですからお勧め運動はヨガのネコのポーズ、伸びネコのポーズです。

    imagesO9G6FNC8.jpg



おへそを見るようにして背中を丸めるは、骨盤が寝た状態。
あごを上げおでこを見るように背中を反らせるは、骨盤が起きた状態です。
この動きの可動域を広げればいいわけです。

また膝の幅を広げ「の」の字を書くように腰のローリングもいいですね。

負荷をかけ過ぎずゆっくりの動きと酸素補充で緩む仕組みですから
深い呼吸で気持ちの良いレベルでやるといいんです。

「ソウカソウカ、無理なかった」とイタワリの音を回しながらやると更に緩みやすいですよ。 
桑原流イタワリヨガです



大転子のロック解除は
中心軸が整い自律神経の活性化です。
「オートマチックに繋がる神の経」ですから神様を感じやすくなるんです。

大転子は大天使
ミカエルはどこにいるのでしょう? 
自分の中にです外に求める必要はありません。

ロックされているんです。ロック解除しませんか?
ミカエルが蘇える

HIP JOINTにS(19番目のアルファベットでトク意味)
SHIP JOINT 「舟を岸につなぐ」になります。

その舟は SKIN SHIP




スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dダイエットのコツ 2


自律神経緊張緩和をベースにダイエットすれば効率がいいわけです。

フィジカル面のアプローチ
中心軸の顎関節ー背骨ー骨盤の修正をすればいいんです。

骨盤は土台、背骨は柱、顎関節は脳の受け皿です。
土台が歪んでいると全部に影響しそれを補正するために筋肉緊張をしています。
司令塔の脳の緊張圧迫になるんですね。


自律神経緊張は
骨盤が寝て、猫背、肩は内旋し首は縮まり顎関節は緊張傾向です。
骨盤が寝ているとは、ソファーでくつろいでいる時の状態。
骨盤が起きているとは、寄りかからず背筋が伸び坐骨結節で座っている状態。

骨盤が寝ていると、骨盤は横に開くため奥行きが浅くなります。
そのため骨盤内の臓器は行き場が無くなった分、前と横に出ます。
これが下っ腹が出るポコちゃん原因です。
カロリーオーバーだけでないんです


骨盤を支える大腰筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋、腹直筋などの緊張状態です。
しっかり骨盤を寝かせた状態にロックしています。

腹筋群はとても強い屈筋なので、骨盤が起きる背筋ピンが大変なんですね。
1回のセッションでウエストが8センチ締まった人もいます。


また横隔膜も緊張なので、その上に乗せている心臓や肺を圧迫する分
心肺機能の低下で基礎代謝が悪くなるんです。


有酸素運動で脂肪は燃え絞れてきますが、
運動の割には、あるいはお腹周りがなかなか落ちないのは、
骨盤が寝ている状態が改善していないからなんです。


というわけで効率アップには
骨盤を起こせばいいわけです
中心軸が整うわけですから美しい姿勢と個性の開花、オーラからの美人さんです



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dダイエットのコツ 1


ダイエットがなかなかできない、リバウンドしてしまう。
なぜか?
原因を自律神経からアプローチしてみましょう。


自律神経(交感神経)の緊張状態は、血糖値バランスが崩れます。
そうなると体はホメオスタシス作用でバランスをとろうとします。

一番簡単な方法は糖質を摂ることです。
それで炭水化物、甘い物、アルコールなどが欲しくなるんですね。


飲み食いした物が糖として吸収されるまで、1時間ほどかかります。
チョコ1カケあめ玉1ヶで待てればいいのですが、そうはいきません。
その間食べ続けてしまいます。

吸収され安定した時は、後の祭りカロリーオーバー

ストレスが強い時は自律神経緊張が強いので、飲んだり食べたくなりますね。


それでダイエットの固い決意。
バナナ、ヨーグルト、リンゴ、ごぼう茶・・・
古くは紅茶ダイエット、運動を頑張ったりいろいろやります。

しかし、慢性的自律神経緊張状態でいるのに、頑張り無理して目的達成した途端、
やったーッ!OK出すと
頑張りは緩んでしまいます。

だいたい頑張って、無理しては自律神経緊張をさらに強めている状態ですから、
反動が強く出るので更に飲み食いしたくなります。


それでもって いけなーい!
ダイエットしなきゃ。 
自律神経緊張状態のまま繰り返すのです。
やるほど反動が強くなりさらに飲み食いします。

リ・バ・ウ・ン・ド


ダイエットが難しいのは意志が弱いのではなく、自律神経緊張状態のままでいるからなんですね。
慢性化しているからわからないんです。


何で慢性化しているのか?
大きな原因は自己否定です。
無意識無自覚に、こんな自分ではいけない、こうあらネバでいます。
いい子でいなければ。

いい子ってくせ者で、間違いや否定されることを怖がり、反動でうそついたり誤魔化したり、
我慢しすぎる、完璧を求めすぎる、
くそまじめでゆうずうが利かない・・・  そりゃ緊張しますって。


その原因を掘っていくと、幼少期からの親子関係、抑圧感情があげられます。
幼少期、物心つく前からの緊張ですから客観しにくいんです。
慢性化しているし余剰エネルギーが無くなるに従って、ダイエットが難しくなります。

それでも無理してやっていると、拒食症の大変な状態に陥ります。


ダイエットを成功させるコツは 自律神経緊張緩和なんです
フィジカルアプローチは顎関節ー背骨ー骨盤の中心軸の修正。

メンタルアプローチは「ソウカソウカ、無理なかった」と自分をイタワル。
どこまでも深く優しく。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D皮膚の考察 2


皮膚はアンテナ、エネルギーの感応器官です。
脳と同じ外胚葉ですから皮膚の感応力が間脳力に通じます。

皮膚感覚の活性はエネルギーが入ってくることで、間脳の生命電磁場が強くなることです。

響くとか、体でわかるなどといいますね。
感激感動のミラーニューロンの活性です。

これがとても大切なんです。
「頭でわかった」では思い込んでいるだけで実際にはエネルギーの入りが少ないので、
自律神経活性やオーラに投影しにくく不足感が出ます。


不足感を知識や教えで埋めようとします。
無邪気に感応すればいいのですが、できないんですね。


まだダメ、まだ足りない、知識は増えるのですが、降りて来にくい。
頭でっかちの理屈屋さんか、
こうあらネバならないと自己否定のネバーランドのお姫様王子様。


自己否定が自律神経緊張の大きな原因なのに、ドツボにはまったまま自己解放を求めています。
ドツボだから自己否定していることに気づきにくいんです。

何で私がこんな目に・・・ あの人のせいだとか、あのことのせいだと
原因を外に求めてしまいます。

苦しいですね。
緩むことがずーとできないでいますから。
あるいは、「今茲」を上へ先へ求めている感じですか。



まだ余剰エネルギーがある内はいいんですが、無くなった途端ウツになります。
ですからウツの人は皮膚感覚が鈍くなっています。
ひどいとリストカットしても痛くないほどです。

そういう人がいたら
「ソウカソウカ、無理なかったね」と声かけながら優しく優スキンシップしてあげるといいです。



字割
今{L一フ   Lは開く意味一フは皮膚

「皮膚を開く」ことで
エネルギーが入り間脳の生命電磁場を強め自己否定が弱まってきます。
あるがままを認められる感じで「今」が近づきますね。

逆は過去を悔やみ続ける、執着です。


「鳴いたカラスが、もう笑った」はエネルギーを受け取れるからでしょう。
無邪気さのミラーニューロン活性の賜物です。




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dオーラと個性


コイルに電気を流すと磁界ができるのと同様、
秘田ー中丹田ー丹田の中心軸がコイルです。


       chakura01[1]


秘田(間脳)に生命電磁場があり命という電気を受け取り丹田に通じています。

中心軸が自律神経とリンクなので、
体調が良い、精神的に安定しているなど
自律神経の状態が良い時はオーラは強く出ます。
個性が良い面に発揮する状態です。


しかし中心軸の歪みは性格の歪みで、文字通りひねくれています。

優しく相手の立場になれる、話を聞ける
気配りができる、先のことも考えられる・・・とっても良い個性ですが
裏目に出ると、
どう思われるかと思ったことを言えない、シュミレーションしてしまう
人が気になり緊張しやすい、冗談が通じない、取り越し苦労・・・


あるいは 
自分の意見やビジョンをしっかり持っている、責任感が強い、統率力がある・・・
裏目に出ると
自分が悪くても曲げない、合わない人を抑圧や排除、頑固意固地・・・
自己嫌悪に陥り、自分を変えようとします。


しかし生年月日と同様で持って生まれた個性は変わりません。
開花か裏目に出るかなんですね。

それなのに変えようとしますから自己否定のドツボにはまっていきます。
こういうのがきっかけで自分探しの行脚になります。


誰もが初めからひねくれて生まれてはきません。
天真爛漫純粋無垢に生まれてくるはず。

何が原因で
中心軸、自律神経を緊張させ
無邪気さをつぶし個性を歪ませてしまうのでしょう?





テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D皮膚の考察  1


自律神経の末端は皮膚感覚。
温度変化は皮膚で感じますが、
温度変化は空気中の水分子の振動の違いです。

その微細な違いをキャッチする感覚です。
すごいと思いませんか?


自律神経緊張の一環の精神疾患は皮膚感覚が鈍くなります。
リストカットしても痛みを感じにくい、冬の寒さの中でもTシャツや裸足で平気。

老人に多い室内での熱中症も皮膚感覚の鈍りで、
自律神経緊張=生命力低下といえます。


皮膚は体表から口の中、内臓を覆い肛門に通じ、奥の内臓と繋がっています。
東洋医学で皮膚が内臓状態の現れとする所以です。

耳でキャッチできる音=波動は2万Hzまでですが
皮膚は2万Hz以上をキャッチできるセンサーであり受信発信のアンテナです。

「気」を出す受け取るの能力は皮膚感覚が活性するほど高まります。


「気」を情報、エネルギーに置き換えれば、
皮膚感覚活性はパワーアップや意識の拡大、センスの良さにつながります。

空間にはあらゆる情報、宇宙意識で充満しているのですから
チャンネルをあわせれば受け取れるわけです。

感情に固執状態ではその感情に見合うワンチャンネルにロック状態です。
それを裏付けるように
受精卵の細胞分裂で外胚葉が皮膚と脳になります。
皮膚と脳は同じ!


皮膚と脳は直結していることで、
皮膚感覚活性は脳の働きにつながり自律神経活性になります。

皮膚感覚を高めることが治療になります。 
皮膚がターゲットなんです。


SKIN=S+KIN
Sは19番めにあるアルファベット、十九=トク
KINは直結という意味ですから
宇宙との直結を解く=得 

KIN、キン=筋 皮膚の緊張を解けば筋肉も緩む。

内臓と繋がっているわけだし。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D中心軸のリンク


宇宙のハタラキ=命が「秘田ー中丹田ー丹田」にあり
それが中心軸とすると
中心軸は自律神経にリンクすると思います。

「オートマチックに繋がる神の経」と読めるように、
自律神経に宇宙のハタラキがあるわけです


宇宙のハタラキ(宇宙意識、全ての根源、自然法則)を自覚実感するには
自律神経の緊張緩和が大切に思います。


また中心軸はチャクラのスシュムナにリンクするので、
チャクラは命のハタラキ=六感覚を現してると考えられます。

チャクラは無いものを取り入れるのではなく、
元々あるのですが自律神経緊張で閉ざされていると考えます。

チャクラを開く為に瞑想や難行苦行いろいろやりますが
このような観点でヨガをみると 
中心軸=自律神経のライン(蝶形骨ー顎関節ー頚椎ー脊椎ー仙骨)の
歪みの解消を狙っているといえます。


中心軸=自律神経=姿勢を歪ませたままは、
フリーズしたパソコンと同じで情報処理はトロロ芋。




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D生ー死=命


客観: (肉体+動+音+温)-(死体+無動+無音+無温)=動+音+温
主観: (肉体+感情)-(死体+無感情)=感情

命波(命のエネルギー)は
客観では「動音温」。
主観では感情=感覚に伴う「コトバ」。


生命電磁場が間脳(秘田)にあり胸(中丹田)を通り
仙骨(丹田)に通じ肉体の動力源と考えています。

頭をアタマ=吾霊と取れるのは間脳に生命電磁場があるからですね。


「秘田ー中丹田ー丹田」の関連
中心軸=蝶形骨~背骨~仙骨=自律神経=脳脊髄液=スシュムナとリンクできます。

パソコンのフリーズ修復でサクサク動くように、体を整えることで活性化を狙います。




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad