Dマスクの効用 1


風邪をひいた人の咳やくしゃみの拡散防止に役立ちますが、
お勧めはマスクをして寝る。

就寝時、暖房を消すと部屋の温度が下がり乾燥し明け方が強くなります。
今日の明け方の室温は6℃でした。
寒冷地はもっと低いでしょう。

その冷えて乾燥した空気は肺には負担で循環は悪くなり、
ウイルスや異物を排除する鼻や喉の粘膜の繊毛が低下します。

体力の無い人やお年寄りにはてきめんです。


おまけにウイルスは低温乾燥を好むので、
冷たい空気で負担になっている呼吸器は受け入れ態勢ばっちりで感染しやすい。


マスクをしていると保温と保湿ができるんです
呼吸器の負担軽減になりますし、風邪の予防と回復を早くします。

すぐ風邪を引くそして薬を安易に服用は愚かです。
風邪だけではなく病気にならない工夫や知恵を働かせたいですね。

寒さが厳しくなるのでネックウォマーで首を温める、外出時にもマスクもお勧めですね。



MMSの飲用は効果てき面ですが
マスクや室内、エアコンのフィルターにスプレー、加湿器に入れる、
歯磨きやうがいをするのもお勧めです。

風邪だけでなく病気の原因は菌とウイルス、そして体内環境です。
自律神経緊張の体内環境はそれらを増殖しやすいです。

愛と感謝イタワリと許しのコトバが自律神経を活性化すします。




スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

DMMS


アメリカ人のジム・ハンブル氏が発見した治療処方。
安価、簡単、安全で効果絶大。

クライアントさんや紹介の方にも使ってもらっていますが素晴しい効果があります。

MMSはほとんどの病気に効果があるばかりか、
重金属、放射能なども分解排出するデーターがあります。


MMSを日本に紹介したのが、MMSJAPANを立ち上げている石井睦郎さんです。
石井さんはこのMMSをマラリアに絞って海外活動をしています。

彼はUFOや光の体験で、貧困と飢餓を無くす事で地球に
高次元のエネルギーが入ってくるとメッセージをもらっています。
高次元が地球にエネルギーを降ろしたくても、受け取れ消化できる状態ではないと。

僕もハンガープロジェクトと係わりがあったので共感します。

日本に住でいるとわかりにくいですが、世界の7割程が貧困です。
彼らの多くの願いは今日明日のパンであり、寒さや雨をしのげる住まいなんです。

教育や政治経済、まして意識の覚醒など頭のどこを探しても無いのです。
ですから貧困飢餓を無くす事が高次元エネルギーの受け皿を創ると納得します。


瞑想や祈りなど精神活動でのアプローチも大切ですが、
彼は安価、簡単、安全で効果絶大のMMSでマラリア撲滅活動をやっています。



バイク便の仕事でお金を貯め、
自費でバングラデッシュ、インド、アフリカに赴き活動しています。
活動内容がHPにありますが、
インドでの重篤マラリア患者が30分程で回復する動画には感動します。

様々な海外援助がありますが、援助する側が儲かるビジネスが裏にあり
本当にその国や人々が自立にならないのも多いです。

単に食料支援では自給にならずその支援に頼り続け、それをビジネスにする。
医薬品もそうですね。
貧困飢餓が無くなっては困る人が裏にはいるんですね。 

安価で簡単安全で効果絶大なMMSを認めない、潰そうとする動きさえあります。
そんな中で直接現地に赴き、人々を助けています。



石井さんの住まいまで車で15分ほどです。
マンションとは名ばかり、築数十年の古い三階建てです。

3階で日当りや風通しは良く,優しさ温かさつつましさが漂う
70年代の加川良の歌を感じる古くて狭い部屋です。

小さなナベに細いスパゲティーを手で折ってゆでてくれます。
そのナベでソース絡め,不ぞろいのお皿に盛り付けてごちそうしてくれます。

お箸でいただくその味はシンプルでつつましく優しい。


石井さんのサイト インドの動画や様々な情報満載です。
MMS JAPAN

癌のメカニズムが動画でわかります。抗癌剤ビジネスから目が覚めます。
MMSの仕組みをわかりやすく解説しています。

本当に大変な代物です。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D認知症


脳にNOの刷り込み
コトバのハタラキからみると、ダメ、ネバならないNOの刷り込みが
緊張萎縮歪みを蓄積し自分の思考感情に固執します。

脳が萎縮していきます。
自律神経緊張です。


特に胎児期幼少期からのは「三つ子の魂百まで」で根強く影響し、
体罰を受けた子供の前頭葉が最大19%も萎縮があると報告が有ります。

それが人生のベースになってじわじわ蓄積され、それに伴いボケ始めます。

そぐわないと否定や自己主張、攻撃的になります。(そういう人、多くないですか?)
認知症、キレやすい老人の増加と若年化を感じますが。

認知症、ウツ、引きこもり、キレる・・・奥底の原因で自律神経緊張なんです。
皮膚感覚が鈍りエネルギーを受け取れないので、食べる飲む、睡眠が多くなります。

あるいは精神的不足感を抑圧、支配、様々な依存で埋めようとします。


CTでわかるが認知症は脳の萎縮です。
自律神経緊張がとうとう頭にまで来たわけです。

皮膚と脳は同じ外胚葉で、皮膚のエネルギーの感応力が間脳力になっているんです。
皮膚感覚が自律神経の末端、間脳は中枢、それが狂ってしまうのだから大変です。


コトバがエネルギー
コトバをダメ、ネバならないNOに使うことは緊張萎縮の求心化に働きます。
衣食住(特に油)のプラス電気の影響も有るが、コトバがストレートに影響します。
コトバが物理次元を超えた電気で、心を創っているからです。

コトバをNOの求心化(ダメ、ネバ、ねたみ、やっかみ、恨み、誹り・・・)は
自分の命だけでなく人の命を弱めてしまいます。
特に子供は敏感ですね。

それらのコトバは顕在意識は、ん?別に・・・どうってことないと感じですが、
筋肉反射でチェックすればいかに自律神経を緊張させるか一目瞭然です!


命は無限絶対遠心の宇宙エネルギーなので、
コトバを遠心化(愛と感謝イタワリと許し)に使うことで
頭の回転速度のアップ、インスピレーションが高まり生命力活性=自律神経緊張緩和です。
(ボケるほどインスピレーションは出ないですね)


民族人種関係なく誰だって、愛と感謝イタワリと許しが心地良い、それが好き
なぜか?・・・ 命の本質、宇宙の実質に同調するからと思います。

知識を豊富にしても自律神経緊張させるコトバの使い方では、学者でもボケてしまいます。

頭は吾霊(アタマ)。
愛と感謝イタワリと許しに目覚め、霊性を高めればいいと思うのですが。



求心化の原因
教育ではないでしょうか?

比較競争で、良い学校、有名企業、立派な大人になる為に
ネバならないを刷り込み、刷り込まれていきます。

親もそれを願い、「あなたの為よ」とダメ、ネバネバを刷り込んでいくし
親自身のエネルギー不足を子供の抑圧に求めることがあるんです。

その社会的ベースは拝金主義の催眠術にかかっているように思います。

だからSCHOOLが命直結の学びの救得ル(スクウル)になっていないから
いじめ、体罰、登校拒否などがあると思うんですね。


4人に1人がボケだから3人で行動すれば大丈夫とか 予防としてボケる前に死ぬ
などとお笑いや、各種のサプリメントなどもありますが
コトバのNOの求心使用(ダメ、ネバの自己否定、タタカイ)を止め、
「愛と感謝イタワリと許し」の使い方が
認知症は勿論、様々な予防と命の活性になると考えます。

真の健康と安らぎはコトバの使い方にあるのではないでしょうか。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D細胞膜


皮膚身にあらゆる情報ありで皮膚身神示ですが、最小構成単位は細胞です。 
その核にDNAがあり全てはその情報からです。

誰もが癌をはじめ様々な病気のDNAを持っていますが、
どういう条件が健康面を含めネガティブな情報を出すのでしょう?


DNAの司令塔が細胞をかたどる細胞膜といわれています。
細胞膜の緊張萎縮歪みがネガティブなDNA情報を出すのではと考えています。
電気的にいえば緊張萎縮歪みはプラス電気の帯電です。


フィジカル面の飲食労倦、根深いのが親子関係、抑圧、恐怖、
それが反動となり自己否定になります。

細胞の集まりが皮膚になり、それは内臓と繋がっているし、
エネルギーの受信発信のアンテナ、脳と同じ外胚葉が素で、
自律神経の末端機能のセンサーです。


皮膚感覚活性化とはマイナス電気による緊張緩和で、
DNAはポジティブ、免疫力アップ等の情報を出すと思います。

ですから衣食住、特に食べ物、何とかグッズなど身に着ける物、
パワースポット、精神世界等にマイナス電気を求める訳です。 



しかしそれらの次元を超えた電気を知らないのでは。
それがコトバです。

その本質は光速C∞の絶対速度の電磁波「光透波」で、愛と感謝イタワリと許しです。
そのコトバのエネルギーが霊的覚醒遺伝子をも解除すると狙っています。

95%の眠っているDNAにはどういう条件があればいいのでしょう?

物理次元の衣食住のマイナス電気だけでは間に合わず、全てを管理する天の意思、
絶対時間の恩寵の元にコトバ(音と文字)の本質の理解が必要不可欠なんです。


ちなみにオメガ3,6の不飽和脂肪酸が細胞膜を構成する油で、
体内では造れず補充する必要があります。
PC(体)の性能アップにはとても大切です。

この油の補充で病気が良くなるのは、細胞膜が活性化するからに思います。
コトバと油がどうも要に思っています。


字割
膜はマク=真空。
膜は真空情報を秘めている。
月(肉体)に日(絶対時間の光透波)の情報が加わると月+日=明。

元々真空の情報は入っていますが、光透波の理解力が入ると真空(マク)が明ける。

膜+日で明け、莫+日=暮 

日(絶対時間の光透波)が加わることで、
膜(幕)明けで暮らしに投影し、真の健康と安らぎ、間に合っている世界、
生かされ愛されている実感が生活に投影すると考えています。

霊的覚醒遺伝子が解除されていく。

細胞膜:MEMBRANE  BRAINと同音。メインの脳と取れます。




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D本能


根本にある能(ハタラキ)だから訓練して得るものではないはず。
本能は自分の命を高めるものをチョイスするセンスといえます。

「センスいい」とは自分のエネルギーを高めるものがわかること。
身に着ける物、色、食べ物の衣食住、かかわる人や仕事、趣味・・・

どこにいつ行けばいいか、何をするのが高まるのか
全ての行動選択はこのセンスにかかっていると思うんです。


宇宙のハタラキがオートマチックに繋がっている神の経、自律神経にあるのだから
その活性状態は生命力アップとなり、体の声が聞け、
インナーチャイルドと仲良し潜在意識の活性・・・それらを軸として判断できると思います。



アダムとイブを想像すると 
天と直結なので緊張萎縮自己防衛が無いので
間違いがないチョイス、だから病気がない、災いが無い、全て調和に繋がっていく。

数秘術も占星術などとあえて言わなくてもその法則は命のハタラキとして
入っているのだから、摂理と一体になっていたのではと思うんです。

まぁ そこまでいかないまでも、自律神経活性化は本能のセンスアップになるはず。
でも そのセンスがにぶっている。

人から言われたことを鵜呑みにし、知識に翻弄され
自分自身に備わる本能を軸にするより外からの情報を基準にしやすい。
自分自身を信頼しにくくなっていると思うんです。


だから少しでも命を活性化したくなるのですが、裏腹にそれを外に求めてしまう。
外に求めるほど訳がわからなくなります。
何をすれば?
どうすれば?
何を食べれば?
どこに行けば?・・・自分で判断できにくくなってしまいます。
(冷蔵庫一つ買うのでも、占いに頼って決める人が来たことがあります)

少しでも良くなりたい反動から、自分の感性・本能より外の情報に翻弄されています。


なぜそうなるのでしょう?
命よりお金、拝金主義の世の中に翻弄され催眠術にかかっているように思えてなりません。
恐怖を植えつけられているからなのでは? 
過労死など象徴的に思います。

催眠術にかかっていることに無意識無自覚。
わかるようなら過労死しないのでは


幽体離脱や臨死体験があれば呪縛を解放しやすいと思いますが、
それをボーとして待っていては日が暮れるだけ。

でも 確実な方法があります。 
「自分をイタワリ許し愛するコトバ」を自分自身に照射し続けることです。
その温かい温度を持つ音が自己分離の氷を解かし、緊張緩和をしてくれるから。


皮膚の活性化でエネルギーを受け取れます。
受け取れた分、呪縛が解け本能のセンスが回復します。

世の中を基準ではなく、自分の命を基準にでき比較競争が無くなり
MY WAYができてきますね。 


体でいえば首の詰りがとれ、知識が知恵となっていくと思います。
首が走るで道ができるから。 (首+走=道)

首が走らない状態(肩、胸が閉じ脳の受皿の顎の緊張)は、
外からの情報、知識に翻弄され頭でっかちでは。


実際に自律神経緊張=脳脊髄液の滞留で頭が大きいです。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dなぜ治らなかったのか? 3

体に良いものとはどういうことか?電気的に考えて見ます。
全てのものは電気を帯びています。

マイナス電気(イオン)プラス電気(イオン)
-電気(イオン)は還元、+電気(イオン)は酸化。
この見方をするとわかりやすいと思います。

なぜ無農薬野菜がいいのでしょう?
同種類の野菜で無農薬の有機栽培と農薬野菜を同じ条件で置いておくと
無農薬は干からびていくが、農薬は腐っていく。

これを電気的にいえば 
無農薬はマイナス電気が多く、農薬はプラス電気が多いからです。
鮮度が良いのもマイナス電気が多いからです。
水素水がなぜ良いかといえば、もろマイナス電気の還元作用だからですね。


       マイナス電気          プラス電気          
          還元              酸化   
          発酵              腐敗
    水   クラスター小         クラスター大 
    繊維   絹、麻              化繊
    土地  イヤシロチ            ケガレチ


電気的に捉えるとわかりやすいでしょう? 
なぜ発酵食品、無農薬、絹や麻・・・などがいいのか。

病気老化は酸化現象で+電気が多くなるので還元の-電気を取り入れたいからなんです。

それで衣食住にはマイナス電気を取り入れようと気を使うのですが、
それらの物理次元を超えた電気があることになかなか気づいていない。

それがコトバの使い方なんです。 

コトバの本質は光速C∞光透波の絶対電磁波・場で真空エネルギーです。
ですから真空パックは腐らないんです。

真空は電気的には絶対マイナス、意識でいえば宇宙意識、愛と感謝イタワリと許し。


ネバならないの自己否定に使っていてはプラス電気を自家発電し続けているんです。
こんな自分ではいけない、ネバならないの自己否定ではいくら衣食住に気をつけても
あるいは治療を受けても追いつかないのがわかりますね。

大概は自己否定していることに気づけないでいます。

少しでも良くなりたい、悪くなりたくないのネバネバ直線思考が
プラス電気を発電し続けて自律神経緊張まっしぐら。

緩むことがなかったわけです。
良かれと思い一生懸命忍耐努力我慢してきた。
玄米の噛み方が足りないからではないんです。

ソウカソウカ、無理なかった




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dなぜ治らなかったのか? 2

自己はどのような形質からできているか?
肉体の構成要素は地球です。 

簡単に言えば水と土、泥。
神道で産土神(うぶすな)がありますが、土から産まれたことを言っています。

死んだら肉体は土に還るのが自然ですね。
精神は土には還らないんですよ。
「千の風になって」って歌にもあるでしょ。

肉体を分ければ固体、液体、気体だから栄養素は固体食、液体食、気体食となり
それらの質が影響するのでこだわる訳です。

しかし肉体自己だけでなく、精神自己があります。
精神はコトバが素なんです。

玄米食は肉体の要素ですから、精神自己までは及ばないんですね。 
この理解がすっごく大切。


実は僕も7号正食(玄米に梅干)で健康はもちろん第七天国が開けると
食養の勉強と実践にはまってフードコンサルタントの資格まで取りました。

肉体自己と精神自己の構成要素が理解できていないと、
以前の自分のようになんでも玄米で解決できると思い込みストイックになります。
無理が出るんですね。

食べ物に良い悪いをつけ過ぎ神経質になり、良くならないのは噛み方が足りないからとか
コーヒー、砂糖や肉など邪食を摂ったからとか・・・


確かに食べ物は大切ですが、
ネバならない思考や体の声が聞こえず知識で食べてしまう落とし穴があるんですね。

肉体は地球が素ですが精神はコトバ、その本質は宇宙なんです。
エネルギーでいえば
肉体=物質、秒速30万KMの物理を構成する光。
精神=コトバ、その本質は光透波、無限分の一秒で無限大を回る真空を構成する光。
どっちのエネルギーが強いでしょう?


酵素や腸内細菌、体内微生物群は意識に反応するんです。
そしてそれらが必要のものに原子転換するんです。

ネバならない意識でいるより、
美味しいね、嬉しいね、楽しいねと感謝で食べる方がはるかに体内微生物群は活性化します。
ちょっと変なものでも無毒化します。
酵素の数が免疫力なんです。


クライアントさんにこの仕組みを話したら、ほっとして緩みましたね。
ストイックにネバならないでやってきた方ですから。

良くなりたい一心が逆に自律神経緊張になっていたわけです。
体の声が聞こえるようになります。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

DことたまTV


12.6日 「小見寺孝子ことたまTV」にゲスト出演
25分ほど、コトハと体のスピリチュアルをお話させていただきました。

メンバーさんは七福神に扮し歌や踊りを披露していますが、
ミラーニューロン活性化のコツをご存知なのかと感心しました。



     




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dなぜ治らなかったのか? 1


病気の問屋さんのようなクライアントさんが来院しています。
様々な療法、著名な治療家をまわり、占いや宗教や霊能者にもかかわったり、
良くなりたいと一生懸命やってきたそうです。

食養も学び数十年玄米食で、健康食品の評論家と思うほどいいろいろご存知です。

甘い物などもってのほか、無添加無農薬、サプリメントの類も常用し、
体にいい物にこだわっているといいます。

健康のためなら死んでもいいかのように本当にまじめ一生懸命


ウツで入院経験もあり、西洋医学の怖さを実感しているので薬や手術は嫌だという。
乳癌の時は霊能者の力で胸から膿がいっぱい出てきてしこりが小さくなったとか。


こんなに一生懸命頑張っているのに、センセ なんで良くならないのでしょう?
玄米の噛み方が足らないのかしら?と聞いてきた。

虚症タイプなので玄米を消化吸収に負担がかかっているのがわかる。

玄米は止め白米かせいぜい2分搗きとアドバイスすると、
玄米を止めたら死んでしまうかの表情をしました。
(大丈夫 死にゃしませんから)


それで消化吸収の反応点を触るとすごい圧痛。
ホラ、体は正直に反応しているでしょ?

一生懸命さが裏目に出て、体の声が聞こえず、知識で思い込んでやっていらっしゃる。
そして良くしてもらおうと人を頼り、行脚してきました。

少しでも良くなりたい、
ちょっとでも悪くなりたくない、
それにはこうあらネバ・・・
ネバネバとネバランドのお姫様でいるんです


ネバランドの国の人は、
姿勢が猫背、肩が内旋し胸が閉じ顎が緊張しています。

自律神経緊張なのですが、何が原因していたのでしょう?
本人は食べ物や遺伝と思っていました。(遺伝子は皮膚身神示2参照)

だから食べ物にこだわり、遺伝=因縁解消に宗教、霊能者を頼っていたのですが。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D皮膚身神示 2


皮膚は脳と同じ外胚葉が素
皮膚身に無意識の記憶や感情は元より、宇宙の情報が秘められていると考えています。

皮膚身の最小構成単位は細胞です、その核には遺伝子があります。
遺伝子: 遺{貴走、隈なく走っている宇宙の貴さを伝える音光詞数(子=ネコシス)
音光詞数の実態が光透波で全ての情報を秘めている。

人類はとんでもないものを頂いていますが、なかなか開示できていません。


どういう条件が病気やネガティブな遺伝子を引き出すのでしょう?
あるいは95%のまだ秘められている情報が開示できるのでしょう?


細胞膜の状態が遺伝子に作用すると聞いています。
細胞膜の歪み、緊張、萎縮が
病気(精神的肉体的)やネガティブな遺伝子情報を引き出すようです。
細胞膜はあたかも遺伝子の司令塔です。


細胞の集まりが皮膚身ですから、
その緊張緩和がネガティブ情報をフェイドアウトしていくと思います。


緊張の大きな原因はネバならないの抑圧、自己否定のコトバのエネルギーです。
ネガティブなコトバを発しても
「ん?別に・・」って顕在意識ではどうってことないかも知れませんが
オーリングや筋肉反射テストすれば
一目瞭然に皮膚身は反応していることがわかります。


刷り込まれた抑圧感情、自己否定のコトバのエネルギーが
皮膚身=細胞膜を緊張させ遺伝子に作用します。
中心軸、自律神経に投影し負のサイクルを強めます。

(我が強い、精神異常や病気、犯罪者を作るのは
隙間なく抑圧、恐怖、ネガティブを刷り込めば簡単ではないでしょうかね?)


コトバが大変なエネルギーですから、
宇宙の本来性の愛と感謝,労りと許しのコトバを
自分に照射することで中の心のフタが開き押し込めていた感情を成仏できます。
先ずはこれが第一関門!


成仏せずには知識を詰め込んでも降りてくるのは難しいのでは?
感応できないとエネルギーを受け取れませんから。
現象や相手を変える、引き寄せるために言霊と称し使うレベルに感じますが。


命の本来性に回帰し主観客観を伴う情理一体で天意に染まって行きたい。
その為の遺伝子を頂いているのですから。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D言語化して、成仏させる


FBのやりとりのコメントです。
怒り、不安、恐れ、ねたみ、恨み、悲しみ・・・
様々な感情を中の心にしまい込みきっちりフタをしています。

それを出してはいけない、こうあらネバと精神の背伸びをしています。

フタをし続けるには大変なエネルギーが要るし、
あるいはしまい込んでいる感情が麻痺状態になっています。


幼少期からの親の抑圧が影響していますね。
子供は親から愛情をもらえないのは
恐怖だから自分の感情を押し込め、親に従がおうとします。

「三つ子の魂百までも」でその感情や思考をベースに人生を歩んでいくので、
なかなか自覚しにくいんです。

しかし皮膚身は正直に中の心を投影しています、中心軸の歪み、自律神経緊張として。


その緊張やエネルギー不足が精神的肉体的病気ですし、
いじめ、引きこもり、依存症、血糖値のアンバランスで肥満と不満の元です。


中の心のフタを開け、訳のわからなくなった感情を言語化し、成仏させる。
そのお経が「ソウカソウカ、無理なかった」
自己否定で凍った中の心を解かす音です。
アナハタに向けて唱えるのがコツ。

強力接着剤で癒着した感情とコトバ剥がれていき、自分を客観しやすくなりますから。
この客観がすっごく大切なんです。


「ソウカソウカ、無理なかった」は
今までの人生の行程を肯定する音ですし、アタタカイ温度をもっています。
命本来の温度で凍結麻痺を解かしていきます。


反熱を持たない宇宙の絶対温度(仏教的には常春といいます)ですから
ジューとはいきません、ジワリジワリ解けて成仏していきます。

溶解人間 ベム、ベラ、大




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D皮膚身神示 1


宇宙は「光透波」  
音だ!数だ!愛だ!光だ!叡智だ!音楽だ!、命の温度だ!

人は宇宙のACEの命をもらっています。
その命が自律神経として働いています。
文字通り、オートマチックに繋がっている神の経なんです。

自律神経は筋肉の状態や末端は皮膚感覚に現れ、体幹を貫く中心軸にリンクしています。


皮膚身に
無意識無自覚に潜在する記憶や感情は元より、宇宙の情報が神示されています。

それを緊張させたまま自己解放を願い、外に宇宙を求めてはいないでしょうか?

12月3日 ヒフミの日



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad