D肩 4


文字からアプローチ
肩{月+戸 なぜ肩が肉体(月)の戸なのだろう?

戸を開けると光、風、音、人が出入りできる、エネルギーが入ること。


オープンザドア
肩が緩み開いた姿勢は使うべき筋肉の操作、体幹からのエネルギーを使える
力まない、疲れない、スムーズな動きを生む。

胸が開き骨盤が起き中心軸が整い自律神経活性化の姿勢。


クローズザドア
肩は上がり内旋した姿勢は拮抗筋も使うから力み、疲れる、小手先のぎこちない動きです。
精神状態が姿勢に投影するので、不安や恐れ抑圧された感情が内在します。

無自覚でも身体は正直に反応しています。

首は縮こまりアゴは緊張し顎関節症の原因でもあり、脳の受皿なので脳の圧迫となります。

特に後頭骨の小脳が潜在意識を担うのでクローズのままでは
潜在意識・潜在能力活性は難しいと考えています。
能力は脳力ですから。



クローズの原因を英語でズバリ!
SHOULDER⇒SHOULD+ER ネバならない人!

自己否定のネバならないのコトバの使い方、思考がクローズさせます。
緊張や自己分離、ウツ症状に陥る姿勢なんです。


クローズザドアの姿勢で「岩戸開きの時代よね~」と実感も無く
情報の受け売りでいるより、オープンザドア姿勢が潜在意識活性化であり

中心軸=自律神経活性(中枢は間脳、末端は皮膚)で皮膚感覚が高まり
エネルギーを実際に受け取れるので個々の岩戸開きになると思います。


肩を開くとエネルギーが入る



スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

D肩 3


肩の力が抜けた身体操作はいいことイッパーイ

自分が実感する例
ゴルフ(オフィシャルHC6) 
力まずヘッドの重みとシャフトをうまく使え、体軸がブレずスムーズな体重移動
スイングプレーンが安定し体幹のエネルギーと重力をうまく使える。

肩に力が入っていると筋力で飛ばそうとするので力む。
力みは拮抗筋も同時に使うのでヘッドスピードは上がらず安定しない。

仕組みの理解が無いので筋力アップに励みパワーで飛ばそうとする。
マン振りかインパクトが緩む、腰、膝、肘など痛める。

ただでさえ緊張しやすいのに力むのでヘッドアップするわ、
パターはインパクトで緩む、イメージ通りにヘッドが出ない。

肩の力を抜こうとして他を緊張させてしまうと訳がわからなくなり
それでこの本にはこう、あの本にはこうと対症療法的にいじくり続ける。

下手なのは道具が合わないと買い替え、ちょっとでも飛ぶドライバーに飛びつく。


スキー(インストラクター資格) 
バランス感覚が高まり、スピードに乗れる。
瞬時に変わる雪面、雪質に機敏に対処できる。転びにくくなる。


ランニング(最高月間450KM、最近は170KMくらいのRUN)
肩に力が入っていると肩が内旋し胸が閉じるので心肺機能に負担がかかり
姿勢は骨盤が寝ているので腰の位置が低く足の運びが悪い。

それはハムストリングを上手く使えず膝に負担がかかる。

またうつむき姿勢のため頭の重さが首にかかる。

ランニングは体重の5倍の負荷が膝にかかるので膝を痛めたり
頚椎の手術したランナーも身近でいます。

姿勢や身体操作がわからず闇雲に走っては故障してしまう。


水泳 
パワースイムと違い体幹を使った体重移動を推進力にしたクロール。
大抵の人は20ストローク以上ですが、25Mを10ストロークで泳げます。

ツービートキックで水しぶき立てず静かに水の中を滑っていく様に
週一で1時間ロングスイムしています。

力まないので浮力(無重力)を味わえ、ストレスは水溶性かと思うほど。


HIPHOP(身体操作が面白く10年はなります)
肩が緩んでいるとキレのある大きな動き、筋力でダウンアップでなく
武道で言う膝の抜きでできるのでキレがいいし疲れない。

肩に力は体幹を使えない手足おどり。
使うべき筋肉を使えると関節バラバラのアニメーションが上手くなる。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

D肩 2


なぜ肩に力が入るのか?
怒り肩、肩の荷が降りる、肩をすくめる、肩を落とす、肩肘を張る・・・
心の状態を肩で表現するのが多いです。


精神状態と肩は密接のようだ。
肩が内旋し緊張している姿勢は猫背となり、胸は閉じ横隔膜は圧迫され
骨盤は寝ているし、脳の受け皿の顎関節も緊張となります。


メンタル面から見ると
キャー怖い!と胸を開く人はいません。怖いと必ず胸を閉じます。

       imagesP6AKSYAP.jpg


不安や恐怖で抑圧された感情がその姿勢の原因に挙げられます。

もう記憶に無いとしても幼少期、あるいは物心つく以前のものも
皮膚感覚筋肉緊張として蓄積されています。

無自覚でも不安や恐怖の抑圧が内在しているし、身体は正直に反応します。
それが先にアップした横隔膜を緊張させキャパを狭めているわけです。


その姿勢は
慢性的に屈筋緊張ですし、顎関節緊張は脳の圧迫、自律神経緊張、心肺機能を落とします。
能力は脳力、心配機能が心肺機能でしたね。

自分の感情や思考回路にべったりなので響けない=センスの悪さ。
肩の力が抜けるとはこのような症状の改善にリンクしています。


自律神経活性化で神経伝達がいいので機敏、皮膚感覚が高まるので
センスが良い、皮膚は2万HZ以上の波動をキャッチするアンテナでしたね。

疲労しにくくなる、本番に強い・・・いい事イッパーイ




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D肩 1


武道、スポーツは勿論様々な身体操作でコツは肩の力を抜く事といわれます。
なぜ肩に力が入るといけないか?

慣習的に言うだけで仕組みを理解している人は少ないように思います。


簡単な実験
利き腕の肩に力を入れ腕を水平に伸ばす。(肩が上がった状態)
その腕を誰かに肘から曲げてもらう。
曲がらないようにするには大変な力が必要で、相手と力比べです。

次は
肩の力を抜いて同様にやります。(リラックスし肩が下がった状態)
するとどうでしょう?
なかなか曲がりません。曲がらない腕、腕に気が通るといいます。



気が通ることを筋肉からアプローチ
肩が上がり力が入って腕を伸ばすことは伸筋の他に屈筋も使っています。

腕を伸ばすには伸筋だけを使えばいいのに、拮抗する屈筋も使うから肩が上がるわけです。

肩が下がり力が抜けての動作は腕を伸ばすという伸筋だけを使っているので
拮抗する屈筋が働かないので曲がらないのです。

肩の力が抜けている状態は使うべき筋肉だけを使える身体操作なのです。



使わなくていい拮抗筋も同時に使った操作は
動作が遅い、バランスが悪い、文字通り小手先の動き、力が弱い、ぎこちない
可動域が狭い、疲れやすい・・・へたくそセンスの悪さです。


肩の力が抜けている身体操作は
使うべき筋肉だけを使える最小エネルギーで最大効果を発揮できるわけで、
中心軸が整って緩んだ姿勢=体幹からのエネルギーを使えます。

丹田からの動きになるわけです。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D横隔膜 2

腹式呼吸がなぜいいのか?
仕組みがよくわかっていないのに、腹式呼吸が良いという人が多いです。


横隔膜からとらえてみました。
先ず確認したいのはお腹に空気が入るのではなく横隔膜の動きです。

空気は肺にしか入りません。(お腹に空気を入れて~と教えているのがありますから)
腹式呼吸は横隔膜を緩め活性します。

先にアップしたように心肺機能や下にある肝臓胃など内臓の働きにも良いわけです。

また横隔膜の動きは骨盤底筋にも繋がりますし(肛門を締める緩める)
猫背で(横隔膜が萎縮し胸が潰れ、腰は寝る)試すとわかるように

大腰筋が横隔膜の動きを支えているので骨盤が起きてくるので
胸が開き肩の力が抜け背筋が伸びた緩んだ姿勢になり
中心軸が整い自律神経緊張緩和になります。


メンタル面からは
無意識無自覚になっている抑圧緊張が慢性的に横隔膜を硬くしています。
横隔膜を緩めればいいのに、無意識無自覚に蓄積されたものなのでわからない。

その緊張状態のまま精神的に自分を変えようとか、何とかしようとHOW TOを求め頭でっかち、
自分探し君に行脚するケースが多いです。

硬いほどちょっとしたことにも横隔膜は許容できず感情の起伏が激しくなります。
その不安定さが自分探しに駆り立てるのだろうが。

逆に言えば、横隔膜が緩んでいるほど許容キャパが強くフリーズしません。
精神の安定を腹が据わっている、腹ができているなどいいますが
具体的には横隔膜の活性ですね。



メンタル面からも中心軸が整い、脳の受け皿の顎関節が緩み自律神経活性化は
リラックスした脳波(α波θ波)が深まり、
明るさ軽さ、幸福感、覚醒に繋がる脳内ホルモンの分泌を良くするはずなんです。

横隔膜は大覚膜


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

D横隔膜 1


抑圧緊張が作る姿勢は肩が内旋し胸が潰れ横隔膜が硬くなります。
怖いと反射的にその姿勢になったり、フリーズします。

忘れていても幼少期のそのような体験が筋肉の緊張として蓄積され
横隔膜を硬くしてます。膜と言っても厚い筋肉です。


横隔膜の上に心臓、肺があるので横隔膜の硬さが心肺機能に影響します。
ストレスで呼吸が浅くなりますが、肺が問題ではなく横隔膜が硬くなっているからです。

また心臓を圧迫するので負担がかかり、
心臓肥大や不整脈などにもなりますが、医者は心臓しか見ません。
それで様子を見ましょう(何もしないこと)、薬や手術になりますが、
横隔膜を緩めることで随分と負担が取れ良くなります。


また胸脇苦満はストレスで横隔膜が硬くなっている症状です。

小児の疳の虫、喘息、虚弱体質も横隔膜が硬くなっていますし
泣きじゃくってヒクヒクするのは横隔膜の痙攣です。


恐怖不安怒りストレスが横隔膜を硬くし心肺機能を低下させます。
心配機能が心肺機能です。
横隔膜が硬いままで明るく考えよう、心配はやめようとしても難しい。

横隔膜を緩めれば明るくなれやすい。呼吸は深まり内臓は活性するから。


ウツの人は横隔膜が硬いです。
緩めばafraidの心配から、心を配る暖かさになれると思います。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dマスクの効用 2


マスクをして寝て、良く眠れると感想があります。
寒がり屋さんで寝る前にお風呂で温まり靴下を履いたりしても冷えてきて睡眠が浅い。

暖房を消せば室温は下がります。冷たい空気は肺が冷え負担が大きいのです。
首から下は布団の中でも、体温より30℃程も低い空気が肺に入り冷えるんですね。

体の外側を暖めてもその冷えた空気が体の内側から冷やしていく。
肺は血液に酸素を取り入れるところですから、冷えて循環機能が低下しやすい。


冷たい飲み物や食べ物、冷え取りグッズ、長時間の足湯をしたり神経質なほど冷えに気を
つける人は多くいますが、就寝中の空気に無頓着な人が結構多いように思います。

冷たく乾燥した空気はウィルスの好環境で罹患しやすいし、循環機能低下では治りにくい。
体力の無い人は簡単に風邪を引いたり肺炎にまでなります。

なってからでは遅いので、薬のCMに影響されてかちょっとのことで薬を多用したり冷えに
気をつけているわけですが、マスクをお勧めします。ネックウォーマーも。


冷えは睡眠が浅くなり、体力を無くし循環を悪くします。
マスクの効用は保温と保湿で、それらが良くなります。

風邪をうつさない為だけで使っていてはもったいないですね。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dアゴ(カミ合わせ) 3


「シークッレト ウインドウ」(カミ合わせの映画)
スティーブン・キング原作、ジョニー・ディップ主演 2004年アメリカ映画

ジョニーは人気作家であるが別居の妻と協議離婚で疲労困憊しスランプ状態のある日、
ジョニーの作品は自分の盗作だと謎の男が尋ねて来る。

ジョニーは覚えもないし、時期的にもありえない。

謎の男は自分の作品をジョニーに渡すが、
妻を殺して埋める結末になっていてそれだけが違っているものだった。

男は結末を書き換え自分の名前で出版するよう執念深くジョニーを追い詰めていく。

ジョニーは友人の探偵に謎の男の調査依頼をするが、
ペットの犬が殺されたり、別居の妻の家が全焼したり、
盗作疑惑を晴らす雑誌が焼かれたり不可解なことが続発する。

そして関係者が殺害され、最後には妻も殺害されトウモロコシ畑に埋められてしまう。
謎の男の作品の結末通りの展開になってしまう。


謎の男とは誰か?誰が犯人なのか?
スティーブン・キングならではのサスペンスでミステリーな映画ですが、
ジョニーは顎関節症でカミ合わせが悪く冒頭からしきりにアゴを動かすんです。

映画のラストで明らかになるのですが、これを見てピンと来た!犯人はジョニーだと。
カミ合わせが悪いことは脳の圧迫があるわけで、
自律神経失調や被害妄想が起きても不思議ではないからです。

すでに別の男と暮らしている妻からの離婚要求はかなりのストレスで
自律神経緊張は強まり頭の中で別人格を作り出し、それとやり取りしていた訳です。

別人格にシフトしてしまうので自分が事を起こしている自覚がまったく無いのです。


この映画の解説や評論でジョニーの顎関節症をついたのはまだ見たことがありません。
スティーブン・キングはアゴの仕組みを知っていたに違いないと感動した映画です。


アメリカでの犯罪者の大概が顎関節症と調査報告があります。
そういうのを基にしたのだろうか?アメリカはいろんなことを調べますね。

さすがは子音言語の分析特性です。母音言語の日本ではやらないと思いますが。




テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dアゴ(カミ合わせ) 2

アゴが全身の緊張歪みの集約ポイントであり頭の受け皿です。
その緩和は自律神経の活性化で、中枢の脳からの指令が良くなっていきます。


具体的症例
出産の影響で発達障害の児童、虚弱で風邪を引きやすく言語障害、
不自由な身体操作などいろいろですが、1番は癲癇発作。

発作は見るに耐え難く、強い薬で抑えるだけなので少しでも良くしたいと来院でした。

頭蓋は歪み扁平し、アゴは緊張と歪みでゆだれが出るほどでうまく口が動かない。
これだけ脳に圧迫があれば生命力はその圧迫を何とかしようとハタラク。

それが発作と考えられるわけで、圧迫が取れた分、発作を起こす必要が無くなるはず。

皮膚が脳直結だから皮膚をターゲットに、超軽くアゴ周り頭蓋に触れ緊張緩和していく。
病院で痛い思いをしてきたからか白衣を見るだけで
拒否反応していた子供が拒まないと驚かれた。

超ソフトタッチは痛いどころか気持ちよく深部そして脳に強く作用する。
お腹、骨盤、足首・・・いろいろと症状にあわせて緊張を取っていく。


緊張歪みが取れていくに従い発作は起きなくなり、
風邪を引くと必ず発作が起きるのでとても恐れていたが風邪も引かなくなる。

さらにアゴの緊張が取れるので言語訓練の先生が驚くほど滑舌が良くなってくる。
滑舌の活性は脳のハタラキにもリンクするので知能も上がってきます。

言語訓練もただ発声練習や無理やり口を開かせるなどより、
こういう仕組みを理解できればいいのにと思いますね。

当然身体操作も良くなってくるわけで、かけっこができるようになる。


身体は生命力のハタラキで絶えずバランスを取ろうとしているはず。
圧迫緊張歪みを解消した分その症状は無くなります。

どう条件をかえていくかなんですね。
条件を変えずに症状を薬で抑えるのは更に負担という条件が累積すると考えます。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Dアゴ(カミ合わせ) 1


骨盤が土台、背骨が柱で頭があります。
重さは体重の約10%、60kgの人ならボーリングボール程です。
頭は重いです。

その受け皿がアゴ(顎関節)、食道気管があるので頚椎は後方から支え
アゴがつり棚になり頭を受け取っている構造です。


フィジカル、メンタルの抑圧緊張は
中心軸=骨格の歪みを蓄積しアゴに上がり全身の歪みの集約になっています。
アゴはAGO、過去からの緊張を集約しているわけです。

アゴ周りの筋肉は小さいですが強力です。
中国雑技団が歯で車を引っ張ったり宙吊りで人を支えるのを見たことがあるでしょ?
アゴの力は相当なもので、それが緊張しカミ合わせが悪いと頭蓋を歪め脳に影響します。

能力=脳力アップはカミ合わせを良くするのが大切。
また逆算すればアゴの緊張緩和で全身に影響することがわかります。


カミ合わせは神合わせ
カミ合わせが良くなる事は中心軸=骨格の修正、脳の緊張圧迫が取れることで、
宇宙(神)のハタラキが入っている自律神経の活性化です。

自律神経が全てを指令していてオートマチックに繋がる神の経と文字通りです。


メンタル面のコツはAGO、過去を許しイタワルことです。
無意識ですがコトバで自縛しているので、「ソウカソウカ、無理なかった」とコトバの力を使うのです。


神様は「愛と感謝、許しとイタワリ」ですね。
その質のコトバを使うことでカミ合わせが良くなってきます。

神合わせはアゴの緊張緩和とイタワリから。





テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad