D 有用菌はなぜ大事なのか

有用菌が健康に大切とはご存じだが

なぜかとなると曖昧ではないだろうか。


大前提は

エネルギーは空にあること。

エネルギーを物質化し、物質をエネルギー化するのが菌である。

(無から有に、有から無にする触媒が菌)


私達の命は空(宇宙・神・天)から授かっているし

空はあらゆる要素の根源である。


空という無に有がある。


空のエネルギーを触媒して取り入れてくれるのが有用菌なのである。


だから有用菌増殖で

生命力=免疫力が高まり自律神経は活性となり

それは個性の開花=人間性の魅力を上げ運気の向上、

命の情報開示となるので間に合っている世界を醸し出す。


悪玉菌や病原菌は

酸化=病気を発症し自律神経は緊張となり

生命力=免疫力を削ぎ個性を裏目し運気を下げるので

間に合わない世界を醸し出し


間に合わないが故にこんな自分ではダメ、もっとこうあらネバベキと

自己否定に陥るし間に合わせようと計算と思惑を強めてしまう。


命の情報は閉ざされるので

計算と思惑を発揮し自我を強めてしまう。



自我を解放しようとスピリチュアルに躍起するが

菌の仕組みを知らずにメンタル面だけでのアプローチは難しいと考える。


全ての要素は空にあるとスピリチュアルの知識はあるのに

日常生活となると

食べ物にエネルギーがあると考える人が結構いるのは

空のエネルギーを触媒する菌のハタラキを

理解実感できていないからではないだろうか。


もし食べ物自体にエネルギーがあるとするのなら

粗食で壮絶な千日回峰行や不食の人の説明ができない。




ネガティブ菌の増殖は自律神経緊張を余儀なくし

命は自律神経に働いているのであるから

スピリチュアルで求める六感覚(命の情報)は開きにくい。


そのため、開きたいが故にネバベキと自己否定・自律神経緊張させながら

自己解放・自律神経活性に躍起してしまう。


空のエネルギーを触媒する有用菌増殖を図り

それと連動するコトバの使い方が命の情報を開示し

健康だけでなく豊かさも安らぎも間に合っている世界

本来性回帰の要に考える。


水野南北が腹四分目で神に近づくと示唆していたことも

有用菌増殖からアプローチすると納得する。




スポンサーサイト
Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad