D筋と菌 1

収縮と弛緩の幅が大きい質の良い筋肉にするには?

筋肉をストレッチで伸ばすのではなく緩めるケアが大切ですが
腸内細菌など菌からアプローチします。



食べ物が体を作る訳ですが、
食べ物は腸内細菌の餌で食べ物の質が菌の質となり
その菌の質が体の質=筋肉の質とリンクします。体は菌の複合体

寮生活や合宿などで同じ釜の飯を食べた仲は、
苦楽を共にし共感しやすいことですが
食べ物を同じにすれば同じ菌体が増えやすく心も体もまとまり易いとも言えます。



菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌の三種います。
日和見菌は優柔不断で、善玉菌が優勢だと善玉菌になびき、
悪玉菌が優勢になると悪玉菌に加担します。

気をつけたいのはカンジダ菌増殖です。
カンジダ菌は糖質が大好物です。

砂糖は元より炭水化物(ご飯麺類パン・・・、玄米だって糖質)・甘い物・清涼飲料・
果物・でんぷん質の多い野菜(芋類かぼちゃれんこんコーン・・・)・醸造酒・・・

カンジダ菌は癌を始めほとんどの不定愁訴の原因で、自律神経緊張に作用します。

糖質→カンジダ菌増殖→高血糖→自律神経緊張→血流悪化→酸欠→硬い筋肉

お酒が筋肉を硬くするといわれるのは糖質にあります。
本当はお酒だけじゃないんですね。

ただでさえ糖質が多い食事内容に更にお酒が入るから、
肝臓の負担は増えるし糖質が増えるからお酒が目立つのだと思います。


糖質はカンジダ菌を増殖し、おなかの中でアルコールとガスになり
アセトアルデヒドの毒素を作り肝臓に負担が掛かります。

お酒を飲まないのに甘党の人が肝臓が悪くなるのもこの仕組みです。

甘いものを摂りすぎが頭がボォ~するのはアルコールに分解されるからだし
分解にはものすごく酸素を必要とするので、酸欠状態で眠いだるい。

肝臓で処理しきれない分をおなか周りや太ももなどに脂肪として蓄積します。
それで脂肪=カロリーでカロリーを問題にしますが、問題は糖質なんです。


硬い筋肉は
神経伝達が悪いし酸素供給も悪く疲労物質は蓄積で
代謝が悪くすぐ疲労する・スタミナが無い、エネルギーがすぐ枯渇です。

そのエネルギー補充に糖質を摂るとなります。
糖質は吸収が早いですから疲れた時は甘い物となります。


あるいはスポーツドリンク・サプリメントを摂ります。サプリメントの注意
これらはすでに結晶体ですから菌や酵素は働く必要が無いので減っていきます。


糖質がカンジダ菌を増殖させ代謝を悪くし硬い筋肉になりやすいことがわかるし、
慢性酸欠状態で体も頭もキレの良さは出にくいわけです。

増殖が加速すれば様々な精神的肉体的に不定愁訴が増え、
老化=筋肉の硬化=酸化を加速し、認知症や癌など重篤化する仕組みです。


問題は糖質ですから糖質を減らすことでカンジダ菌は減少
自律神経緊張緩和しやすく筋肉の質は良くなります。


カロリーより糖質が問題なんです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad