D体から見た異常気象

           yjimageC4L31T9U.jpg       

異常気象といわれ久しい。

春うららはあっという間で
冬からすぐ夏の気温、晩秋まで猛暑で四季がはっきりしません。

子供の頃は夕立があり温度は下がり空気はきれいで、
クーラーをがんがん入れることもなかったです。

今はゲリラ豪雨で水の被害が続出。

火と水の洗礼は
日本だけでなく世界中で、地球温暖化や薄皮饅頭の皮より薄いオゾン層は壊れ、
酸性雨、台風、洪水、地震、火山噴火の被害が後を絶ちません。



太陽フレア・黒点活動などの影響はさておいて
地球も生命体、私たちの体の仕組みからアプローチしてみたい

風邪は体に溜まった毒素の浄化作用の見方ができます。
酸化=+電気帯電が強くなると中和しよう、還元しようと生命力が働くわけです。
寒気・発熱・鼻水・痰・咳・汗・震え・吐き気・下痢・・・
溜まった毒素=酸化=+電気を放出しますね。


地球も同じように考えられませんか?
森林破壊・化石燃料の大気汚染・鉱物資源の乱開発や化学薬品の廃棄物・
土壌汚染・農薬・放射能・戦争で自然破壊・
世界中で1日どの位のジェット機が飛び交い大気汚染しているのでしょう?

特に日本は車の排気ガス規制は厳しいですが
中国をはじめ規制がほとんど無い国も多いし、
大排気量のジェット機は民間軍事問わず規制はほとんどありません。

兵器など軍事関連は燃費向上はあっても排ガス規制はあるわけないですね。


大量消費と大量生産で地球資源を乱開発し、
都会はアスファルトとコンクリートで地面を覆い大地に雨は浸透せず
熱はこもりその暑さをクーラーがんがん、電気はうなぎ登り。
発電に原子力や化石燃料。

この100年余りで地球の酸化=+電気帯電はF1マシンの加速のようです。


地球の持つキャパが無くなれば
人間同様地球自体がバランス回復のため大きく
還元現象=排毒をするのは当たり前に思います。


発熱悪寒は猛暑と寒冷、咳くしゃみは台風竜巻、寒気の震えは地震、
青っ洟や痰は火山噴火、汗や下痢は大雨もろ下痢ラ豪雨・・・って感じですか。


酸化が極まっていけば還元作用が激しく働きます。
地震で大地の電位が大きく動き、
激しい雷雨で酸化=+電気帯電が中和し空気が澄む、
台風一過も中和されて-電気が増えた結果。


異常気象はエルニーニョといいますが、
人類の大量消費大量生産・戦争などによる自然破壊で
地球のキャパがなくなってきた結果に考えられます。
地球も生命体だからバランス回復を図るはず。

異常気象で間に合わなくなれば地軸の転換が充分考えられますね。

異常気象と言う言い方は人間サイド、地球にしてみれば還元作用に思います。

人類もお金の値軸から智軸に転換、
体主霊従から霊主体従に転換の時代に思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad