D玄米菜食の落とし穴 3

メンタル面のケアをお忘れでは?

良くならないのは噛み方が足りない、
ちょっとでも陰性食品や農薬、添加物入りや動物性を摂ったらいけない、
あるいは食べたからだと厳しく言われたり
自分自身でもネバならない思考に固まっていきます。


ただでさえ消化に負担=内臓疲労を起こしやすいのに、
ネバならない思考と感情が更に自律神経を緊張させ、
知識や思い込みで食べているので自分の体が本当に美味しく感じる物や、
何を必要としているのかがわからなくなってしまいます。

感謝の気持ちで美味しく食べるより、堅いネバならない表情で黙々と食べる感じ。


自律神経活性は健康=生命力のアップ、別に言えば本能が高まるこです。
何をするか、何を選ぶか人生は判断力にかかっているわけで
本能は自分に合うもの、命を高めるものを選べるセンスと言え
インスピレーション・直感が働くシャープな判断力です。

胸の奥で呼んでいる内なる声が聞こえ、自己分離の氷が溶けていく。

自分を客観する力も出るので感情に埋没しなくなり
オーラは包むエネルギーを醸し出す。


          yjimage4VJ4FP4W.jpg


ネバならない食べ方では自律神経活性化は加速しにくく、
外からの知識で判断するので迷い道くねくね。
オーラは縛るエネルギーを醸し出す。


食べ物の大切さは言うまでもありませんが、
全てを正食で改善するのは無理があると考えています。

なぜなら肉体は水と土で構成され地球が素ですが、
日本人は日本語の音で、英語圏の人は英語の音の仕組みで自意識を持つように
心はコトバで構成され素は宇宙のエネルギー、光透波です。


肉体と心は素が違うので
病気=自律神経緊張を食養でフィジカル面でケアしても、
メンタル原因の自己分離・自己否定(無自覚多し)の氷を溶かすに至らないのです。

これに気づかないと
ネバならないの思考と感情のままでの食養ですから、
あれを食べたからだ、これをしないからだ、出来ない自分を責めたり否定・・・
とネバならない思考と感情を強めてしまいます。


本来どれも自然な食物を正食、邪食と良い悪いとジャッジすることは、
全てにおいてジャッジする思考と感情になりやすく、
感謝や包む温かさは出にくいのではないだろうか。

なぜなら自律神経緊張緩和を自律神経を緊張させてやっている、
リラックスするのに忍耐努力する
自己否定しながら自己開放を頑張るわけで大きな落とし穴にはまっています。



自分をイタワル
「ソウカソウカ、無理なかった、モンダイナイ」と自分をどこまでも深くイタワリたい。
ふーと楽になり、緩んできます。

上へ先へ頑張っていたのから振り返ることができてきます。


なぜモンダイナイかというと、
命は何一つ問題無い宇宙エネルギー・光透波を貰っており
問題は自分の感情と思考、コトバの使い方にあるのですから


「ソウカソウカ、無理なかった」は今までの人生を肯定するエネルギーなんです。

「ネバならない」は
今までの人生の行程を否定しているからネバならないわけで、
無意識に自己否定・自己分離しているのでなかなか気づけません。
それが自律神経緊張の根深くて大きな原因になっています。


「ソウカソウカ、無理なかった」は人生の行程を肯定するエネルギーであり
アタタカイ温度を持つ音なんです。


戦{単り+戈、
字が示すよう戦いは自分に戈を向けた自分とのタタカイ=
自己否定・自己分離で、タタカイを無くそうと「ネバならない」を続けています。

タタカイに終止符を打つには「ソウカソウカ、無理なかった」と労ることで
タタカイにアが付きアタタカイになります。

そのアタタカイ温度の音が自己分離・自己否定で凍結した心を溶かしていきます。

自律神経緊緩和になり、包むエネルギーが醸し出されていきますね。

人生の全行程を心底全肯定して死ねたらアタタカイ軽い世界=常春の浄土です。
分離がありませんから。

ちなみに常春とは暑くも寒くもない命に同調した温度なので全くの快感温度です。
命の本来性の宇宙大愛が持つ温度を常春と表現していると思います。


ソ・ウ・カの字を組み合わせると何という字になるでしょう?
うかんむりのウにソ、カを入れるとソ+ウ+カ=労
ソウカはぴしゃりと労ることになり、その思いを込めています。



因縁解消
病気は因縁とも言えます。
因縁とは親・先祖・集合意識から刷り込まれた物の見方考え方・価値観で
命の本質の愛と感謝、イタワリと許しとは逆の
ネバならないの感情と思考=コトバの刷り込みと使い方です。

それが命の本来性(真我)との分離で、分離度に比例して自律神経緊張です。
宇宙のハタラキが命として入っている自律神経を緊張させています。


コトバが心、思考と感情を作るエネルギーでその使い方が空間を結果し、
一番身近な空間が文字通り身=体に現れています。


因縁とは
恐れ・不安・妬み・恨み・やっかみ・・・
刷り込まれた否定のコトバの蓄積が作る記憶と反動と言え、恐怖が根底になっています。

因縁は恐怖が根底になったコトバの使い方ですから、
心の本来性の愛と感謝イタワリと許しのコトバを使うことで
自己分離・自己否定の氷を溶かすことが因縁解消になります。


コトバの仕組みが解らないと
自己否定のコトバを使い続けながら上へ先へ自己解放を求めるわけで、
水平線を求めた船出です。

今茲と知識は入っていても
感情が納得したらコトバを変える感覚で感情に縛られていますが、
コトバを変えるから感情が変わるわけで、
コトバ=心の本来性の愛と感謝・労りと許しの音のエネルギーが要になります。

因縁という無意識の恐怖で凍結麻痺した自己分離が溶けていきます。
36度の温度ですから残念ながらジュ~ッとは溶けませんよ、ジワリジワリです。


因縁解消はコトバという音のエネルギーの使い方にあります。

正食を厳格にやったり、お線香あげてお参りするだけでは追いつかないんです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad