D午年の立冬 11,7



A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  前段=午前
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 11 12 13 体主霊従の時代

26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14  後段=午後
Z  Y  X  W  V  U  T  S  R  Q  P  O  N   霊主体従の時代




‘14はN、平成26はZ
N=ン=云{ニム。 

ニム=26=Zになり、またNの転回がZで
西暦からも平成からいってもシンクロする重要なポイントで
午年の今年が霊主体従の時代を意味する後段にシフトしました。

2013年までが午の前(午前)で、物質文明の体主霊従の時代。

2014年からが午の後(午後)で、精神文明の霊主体従の時代を云える
云=ン=Nの意味が出ます。



午の意味
方位は南
南{幸+l+l   Lの小文字とIの大文字でL+I=凵=U  

「幸にUターン」が南に秘められています。

時間は零時=霊時(示)、12時=L,開く時


このような大転換のエネルギーがベースになっている午年の立冬を迎えました。

その意義をアプローチします。


立冬は立答
何が立つのか?
フユ=普負、誘  
普く負うって誘われている。(完璧に誘導されている)
誘{言+秀、

最高のコトバ=音のエネルギーで誘導されている。

それは「愛と感謝、イタワリと許し」の天意を成立する光透波です。



2014からの午後の意味は霊主体従で霊性が開くことですが、
午前は体主霊従ですから物がテーマのため、わだかまりを作ってきました。

わだかまりは許せない心を大きくします。

許せないから正義をかざし、ネバ・ベキのオンパレード=音波零度で
言霊を降ろせず凍結麻痺していました。


霊性を開くことは「許す」事ではないでしょうか。


ユルス=誘立為、
最高のコトバを立て為す=「愛と感謝、イタワリと許し」の音を使うことが
あらゆるわだかまりを解かし、「幸にUターン」になります。


許{言+午、
言=事ですから 午の事=霊性開花を意味します。

また、言は時という意味もあるんですね。 
午の時が許しのエネルギーが開く。


長~い間、人類は
わだかまりの記憶を元に下からのコトバの使い方しかできず、
タタカイを無くそうとタタカイ続けてきたわけです。

許せなかった。



午年の今年2014は
「愛と感謝、イタワリと許し」の音の本来性の最高のコトバ(誘)、
上からのコトバの使い方ができ、その音に乗って行くことで幸に誘導されていく。


天意を成立する上の音のエネルギーが発揮される時が来たのだと思います。
その型示しが;御嶽山噴火;と響いています。


午年の立冬は、タイムリーにも満月でエネルギーが満ちているわけで
許すエネルギーが高まっています。


           imagesAFFS9O65.jpg



許すことで身も心も楽になれ天意の誘導を受け幸にUターンです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad