D糖尿病 3


見落とされているもの
糖質制限食や腸内細菌の認識は広まっていますが、
「抜群の歯の強化」でアップしたように口内細菌が重要なんです。


善玉菌を増やそうと酵素たっぷりの食事にしても
(食べない方が増えますが)
口腔カンジダなどの口内細菌増殖のままでは片手落ちです。


原因→口に大きな原(みなもと)と示すよう
空気や食べ物の入り口にいる口内細菌が全身に運ばれてしまうので、
口内細菌と腸内細菌のダブルでケアが大切です。


歯周病の口内細菌が脳に心臓に肺に、血液やリンパに乗っかり
全身に拡散され弱い部分にコロニーを作ります。


院内感染に気を付けているのに肺炎になるのは口内細菌の侵入が大きな原因、
心臓では弁膜にコロニーができやすく、心疾患の隠れた原因です。

上顎に脳が乗っているので、簡単に歯周病菌が侵入し脳血管障害になりやすいです。


「2」でアップしましたが、カンジダ菌に乗っ取られた体では糖質制限が難しい。
わかっちゃいるけど止められない!

そこでMMS(CDS)の飲用と歯磨き、CDS綿棒で口腔ケア。
口内・腸内両方でカンジダ菌を抑制するので改善が早いです。


骨格でみると
腸の状態が土台の骨盤、柱の背骨、脳の受皿の顎関節の歪みに連動し
自律神経緊張になっています。

虫歯や歯周病があることは、顎関節の歪みがあります。


CDS綿棒するとわかりますが、
歯周病の改善・歯の強化と共に顎関節が緩みやすい。

三叉神経や血流が良くなり脳の受皿の顎関節、自律神経緊張を緩和しやすい。


さらに腎臓の下方・後方変位や骨盤修正することで良くなります。
下から骨盤修正+上から顎関節・頭蓋の緊張緩和
奥から腸内細菌(糖質制限)+表から口内細菌ケア


さらに一番気づいていない抑圧感情(恐怖)がもたらす自己否定を
「ソウカソウカ 無理なかった」「モンダイナイ」と
イタワリ溶かしていくことで体も心も軽くなって行きます。


健康と安らぎの扉が開きます。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad