Dアルがまま 1

「アルがまま」に生きるとか、捉えるとか・・・「アルがまま」を良く耳にします。

思考を無くすとか、囚われないことなどと言われますが
どういうことを言うのか解るようではっきりしません。


「アルがまま」を掘ってみます。
物事の認識は過去の記憶情報を元にしています。

ということは
時代、国や地域、人種、環境、男女・・・
同じ物事でも意味付けになる記憶が違うなら個別に「アリ方」は違います。


「アリ方」は
記憶=概念=ものの見方考え方によっているわけで
同じ物事でも人によって認識が違いますし
個人でも物の見方考え方=思考と感情が以前と違えば「アリ方」が変わります。


有ルがまま
そのアリ方は思考と感情によってころころ変わるわけです。
概念が作っている「アリ方」の「有ルがまま」ですから普遍的ではありません。


有→ナ+月
ナは名=コトバ、月は肉体
肉体五感覚に乗っかるコトバと取れます。

それが概念を作っていて、物事の「アリ方」になっています。


記憶、そしてそれが基となっている思考と感情が作る「アリ方」なので
「アルがまま」に生きる、捉える・・・といっても
無自覚ですが決めつけやジャッジをしているので
概念から抜け出せず囚われていることが見えてきます。

ジャッジした途端、記憶=概念に縛られた「アリ方」になり
「アルがまま」ではなくなってしまいます。



ジャッジしない「アリ方」=囚われることなく
「アルがまま」でいるとはどういうことなんでしょう?





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

No title

ブログを読みながら、たまに怒ったり、泣いたり、うなずいたりしています。本日の記事ですが、丁度少し前からぶつかっている壁(常に自分のジャッジから結局逃れていないことを認識。その認識に対して、罪悪感も持ってしまう)でもある疑問点でした。どうしたらジャッジしないでいられるのでしょうか?それとも、ジャッジしないことに気をむけるのではなくて、ジャッジしている自分をジャッジしているな、と思うだけにするのでしょうか?

Re: No title


コメント、ありがとうございます。

「あるがまま」といってもジャッジし続けていて、

そのジャッジでしのごのと自分を縛っている事に気づきますね。


「あるがまま」って何?とアプローチするきっかけが、先日のブログ「濁りと浄化8」なんです。

何かヒントになるかもしれませんので良かったら読んでみてください。


コメントを踏まえ近々に「アルがまま2」をアップしたいと思います。
Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad