Dアルがまま 3

ジャッジが「アルがまま」を封印していることが見えてきましたが
ジャッジしないとはどういうことでしょう。


字はどう教えているか。
有るがまま
「1」でアップしたように記憶=概念から抜け出せないのでジャッジは付きまといます。

「アルがまま」をなんとなくわかるがはっきりしない。


在るがまま
在→ナ l 土{+-
ナ=名でコトバ、l=絶対、+-=トヒで問い
コトバを絶対性を問う使い方です。

決めつけない=ジャッジしない唯一の方法が問い続けることです。

ジャッジは思考と感情=記憶=概念で固定しますが、問い続けることが固定からの脱却です。


それは何で?、何でそう考えたり反応するのだろう?・・・
ジャッジせず問い続けることは
善悪、良い悪い、正しい正しくないなどを拠り所にできません。
そういうことを超えて行きます。


ネガティブが前提になってポジティブが在るという必然性であり
必然性=法則を良い悪い、正しい正しくないとジャッジし翻弄されていることに気づきたい。



問い続けることで
自分は何でそう考え反応するのかと主観を客観する力を育みます。
自我を薄くしていきます。
感情に縛られなくなるので、感覚にシフトしていきます。
感覚のセンスアップが感応力=間脳力となり
 感応=電信=田心=思考を超えたインスピレーション=直観=六感が深まります。
その体は自律神経緊張緩和ですから健康と安らぎが深まります。



思考と感情にロックされることは
自我の強さであり、記憶=概念を無意識に基準にしているため
売りコトバに買いコトバで反応し続けます。

記憶という過去からのコトバの使い方しかできません。


許せるようになったら許す、ですから許せないでいます。
やれるようになったらやるスタンスですから今が充実しません。

ですから「今茲」と知識はあっても上へ先へ求めますし、
「アルがまま」と言いながらジャッジの世界から抜け出せません。


常に刷り込まれた善、正義、正解に近づかネバと、
ジャッジと精神の背伸びをするネバ(NEVER)ランドの国の人になってしまい
無邪気さは潰されてしまいますね。

腰痛肩こりでカチンコチン、体も心も緊張がネバランド人の特徴ですね。



思考と感情を超越した「アルがまま」の世界は
ジャッジの無い世界で、在るのは「愛と感謝、イタワリと許し」のアタタカイ世界が
何ダ何ダと問い続けることで開けて行き、
ネバランドからアイ(愛)ランドの国の人になると思います。

インドの聖者を~ナンダ=何ダというのが面白いですね。


アイランドの人は「無知の知」を知っている人。
パスポートは「何ダ何ダの問い」ですね。



問い続ける=知ろうとする=素人するで、
怒り恐れにロックされた思考と感情が生む自我意識から
「空立(アル)がまま」という法則=必然性=真理、宇宙意識に開けて行けると思います。


AMATUREがAMATERU(アマテル)ですから
「アルがまま」の世界のアイランド人はAMATURE=素人です。

濁りから浄化のコツでもあります。


山に籠り瞑想に明け暮れなくても日常生活に開けます。
手段としてではなく、趣味として瞑想を味わえます。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad