D尾張と愛知 3

姿勢の大切さ
宇宙意識に目覚めようと瞑想、呼吸法、気功、宗教、言霊・・・様々な事をやりますが
宇宙のハタラキ、愛、叡智が自律神経にすでに入っています。

ということはパソコンのフリーズ修復と同様に
フリーズしている自律神経の緊張緩和=副交感神経優位を図ることが大切なベースです。


仙骨が副交感神経のモーターポイント
・瞑想前の腹式呼吸
横隔膜活性で心肺機能を上げ内臓の緊張を緩める=副交感神経優位。

横隔膜と骨盤を支える腸腰筋は、
傘と柄の関係で横隔膜の活性で柄の腸腰筋は緩み、仙骨が起きる(尾張から尾割)
(横隔膜のフリーズ=猫背は尾張の寝た仙骨です)

腹式呼吸で背筋が伸びるのは仙骨が起きることですし副交感神経を優位にします。


・瞑想前のアサナ(ヨガ)
何でやるかと言えば、体を柔らかくする=姿勢を整える=自律神経緊張緩和。


       imagesY2ZX14BT.jpg


特に前屈関連のポーズは坐骨神経緊張緩和で
大転子のロック解除=起きた仙骨=副交感神経優位にもってこい。

前屈でα波が出やすくなります。
坐骨神経の出所が腰椎4,5、仙骨ですから前屈ができるほど副交感神経優位になります。


瞑想を仙骨が寝た状態の猫背でやっていては効率は上がりにくく
α波θ波を出し深い瞑想のコツは尾割=起きた仙骨=副交感神経優位。


・気功、立禅などで丹田強化
尾張=寝た仙骨=中心軸が重力と同調できないで励んでいても
重力を上手く使えない身体操作であり丹田の受皿の仙骨は寝ているので強化しにくいわけです。


・宗教や言霊
学ぶことは言うまでもなく大切ですが自律神経緊張のままだと、感応力が高まりにくいんです。

感応できないで知識を入れ込み解ったつもりに陥りやすい。
教義に近づこうと まだダメ、足りない。こんな自分ではいけない、ネバベキします。

「今茲」と知識はありますが、「今茲」を上へ先へと求めています。
それでは余計自己否定自己分離を高め、自律神経緊張です。

コトバの本質=愛を学んでも、コトバを自己否定に使い続けているんですね。
それでは
自己解放を自己否定しながら求め、自律神経緊張緩和を緊張させながら図っています。


「愛を知る」ために
瞑想、呼吸法、気功、宗教、言霊・・・様々有りますが
尾張から尾割した仙骨が起きた姿勢=副交感神経優位の姿勢がコツと思います。


腰→月+要、文字通り 肉体の要
なぜなら、宇宙の愛が自律神経にすでに入っているからです。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad