D人はHUMAN(フマン) 5

15歳少年、母と祖母を殺害
シンクロして18日、横浜で本当に包丁で親を切る親切事件が起きました。
生活態度や勉強のこと、将来のことで注意され、母と祖母に頭にきた。

評判は粗暴というよりは「普通の子」、中学校の部活動は柔道部で成績も結構良かった。
普段はまじめで、いつも場を盛り上げる役回りだった。


自分の気持ちを押し潰し、親の想いに従おう従おうと
親に素直を健気にやってきたと思うんです。


あーしなさい・こーしなさい、これもあれもダメ、そんなんでどうするの
あなたのためよとレールを敷き、親のペースと想いをぎゅうぎゅう押し付ける。

それもいちいち細かくなんだろうと想像してしまいます。

少年にとって母親はオモニ(重荷)、さらにおばあちゃんの押し付けだから、大オモニ。


父親は単身赴任、少年を抱擁するエネルギーの存在がいません。
きつかったでしょうに。

でも、そのがんじがらめを客観できないんです。
もの心つく前からの路線ですから。


親に従順なイイ子をずーとやってきた。

ガス抜きのゲームでなんとかしのいできたが、
抑圧のフマンと怒りの内圧は高まり臨界点になっていたんでしょうね。

「深夜までゲームをして学校に遅れるんじゃないかと注意されたことにカッとなってやった」
そのゲームを否定されては・・・

臨界ですから些細なことで内圧が高い分大爆発します。


母も祖母も親の同調と共感、一人の人格としての尊重が欲しかったはずなのに
その抑圧エネルギーを変えることなく
子供に孫にそのまま、いや増幅させて発揮してきた結果と思います。


因縁を増幅し先送りにした来たわけで、因縁が少年で極まった現象と思います。


親も祖母も本当はマン族の血筋なのに、
マン族で生まれた少年を幼少からその血筋を凍結麻痺させ、抑圧というしがらみで
がんじがらめにしてきたのではないでしょうか。


少年は抑圧のオモニと大オモニを切って、軽くなったのでしょうか。
本人にも父親にも妹にも心に大変な重荷がのしかかると思うのですが。


極まる前に、早いところマン族に回帰が大切だと気付かせられる事件です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad