D 主役はインナーチャイルド 1

自我=顕在意識が主役だと
5次元と繋がっているインナーチャイルド(自分の本来性)は
中丹田=アナハタの奥底に閉じ込められている状態であり
無上の答えが聞こえる本来のハート(HEAR+T)から遠のいている。

インナーチャイルドが取り持つ無上の答えが聞こえないので、培ってきた知識や
固定観念、外からの情報を頼りにするし、それを基にネバベキと無意識にジャッジしている。

海面下の存在は自覚できず、海上の氷が顕在意識でそれが自分と限定しているので
情報量は5次元と繋がるインナーチャイルドとは比較にならない。
自己分離状態であり、そのギャップが自律神経緊張である。


       C0F8BADFB8B2BADFC9B9BBB3[1]


自我=顕在意識が主役だと
知識は構築できていてもコトバの出力は弱く
リンゴの知識はあっても実際に味わったことがないようなものであり
「コトバは神なり」と学んでもその実感が薄い状態ではないかと思う。

インナーチャイルドと繋がるほど無邪気、トランス、ミラーニューロン活性化状態で
5次元の無上の答えが聞こえるし、そのエネルギーを降ろせることになる。
それが言霊を降ろすことであり、念=イメージ=祈り=コトバが具現化する。


インナーチャイルド(自分の本質)と繋がれば良いのであるが
ネバベキの催眠術に罹った顕在意識が主役だから無自覚であるがジャッジに明け暮れている。

主役をインナーチャイルドに明け渡せば良いのである。
しかし、感情にロックされているので、頭では分かっていてもそう簡単にはできない。
感情を基にジャッジ=ネバベキで決めつけ=固定観念に縛られれているので
答えは自分の中にあると知識はあっても外に求めてしまい、自問自答ができないのである。

それは自分自身を信頼できず、外に安らぎや判断を求めるので
自分が自分の主人公になれず不安定なのだ。



コツは
名メ=命、名前に5次元と繋がるインナーチャイルド、命、宇宙の情報が秘められているので
名前をやさしく愛おしくアナハタに向け呼び、自身をどこまでも深くイタワルことである。

繋がってくると閃きやインスピレーションとして内から情報が出てきやすくなる。
(繋がっていないから外に情報を求め、「今茲」と知識はあっても上へ先へ求めてしまう。)

そうなると自問自答回路が開くが、アナハタのインナーチャイルドに向け問うことだ。
固定観念でジャッジするのではなく、インナーチャイルドに問うことで
主役がインナーチャイルドに変わっていく。


「これを見せてくてか、この為にあったのか、これに気づくためだったのか・・・」
顕在意識は主役から受け身の立場になっていき、無自覚の緊張が緩んでくるのである。

その緩みが自律神経緊張緩和、無邪気さの回復、トランス、ミラーニューロン活性化で
インナーチャイルドと繋がり5次元エネルギーを降ろせるようになると考える。

受け身の立場になるほど自我の氷は溶けていくが、
主役に固執するほど忍耐努力しもっと力を持たネバ、勝ち取るのだ、守るのだ
まだ学びが足りないと緊張を強め、生かされているという感性は出ようがない。


「主役」は文字通り、主=神の役である。
顕在意識は主の役にはなれず、インナーチャイルドが主の役を担っているのである。
その存在をネバベキで封印しながら言霊をお勉強していても降りにくいと考える。
言霊は命なのだから。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

先生、ご無沙汰しております。
久々にコメントさせて頂きます。
私は自営業ですが、その延長で違う分野の仕事に入り、新しい事を記憶しなければならなく、忙しさにすっかり宇宙空間に投げ飛ばされた感覚です。

その最中感じましたのは、「体が、お腹が硬直しているぞ…」でした。途中何度も頻脈も起きそうになるのですが、どうにか発作は起きずにすみましたが

なんども忙しい最中浮かび上がるのは、【自己否定】でした。
先生の手振りも何も頭にもないくらいいっぱいの生活してました、その中でもひとつ気づけたのは、その自己否定の最中
「失敗するんじゃないか…怒られるんじゃないか…」と起きてもない事を想像してる自分に気づけた事。。
あれ?少し進歩してるんじゃない?→そうか、そうか、モンダイナイと。
これが先生のおっしゃってた、『お出まし』なのか…まではたどり着けないけれど、なんだか前の自分とおなじなのに、同じじゃない不思議な安心感があり、少し自信もついたみたいです。

先生、ありがとうございます。

Re: タイトルなし

猫。さんこんにちは。

ナイスですね。
そういう感覚が自信にもなるし、緩みをもたらせます。
自律神経の緊張緩和で体調も上がり、気持ちもモンダイナイと鼻息で吹き飛ばせますね。

今までどうしようどうしようで感情にとっ捕まっていたのから
あっ、ソウカ!と気づきも出やすくなります。
気づけば気楽ですね。

気づきはAWARE、ローマ字読みでアワレ=吾割れで自分を割ることですが
割るはイタワルでしたね。

自分をどこまでも深くイタワルことで主役をインナーチャイルドにできます。
そうなったら、しめこのウサギですよ。

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad