D コトワリ

前回、2016年のエネルギーでも触れたが
21世紀は体主霊従から霊主体従の人としての本来性に回帰する。

アルファベット21番目にあるのが「U」で、21世紀がUターンの時代なのである。

21世紀

来た道を戻るならIターンだが、Uターンの意味は幅の獲得である。
幅ハバ=波場で自然法則を司るエネルギーの理解である理知力の獲得である。

アダムとイブが蛇=邪にそそのかされ智恵の実のリンゴ(輪語=地上のコトバ)を食べ
善悪を知る=固定観念によるジャッジし始めて以来
理知力を育むために何と長い時間と輪廻を繰り返して来たのだろうか。


物理の理解で科学を100年余りでF1マシンの加速のように発達させて来た。
物理法則は科(とが)学と書くように、とが=エントロピーを増大させるレベルだが
霊主体従の時代は真理を具現化するエントロピーを増大しないフリーエネルギーで
どんどん公にされてくる。

コトワリ(理)の獲得が進化と考えられるのである。


意識で言えば
自分という主観を客観する力が理知力である。
天は主観=客観で情を完成された完情、絶対に揺るがない普遍であり
理知で充満している愛である。

愛アイ=空意と取れるのである。

主観=客観は観る者であり観られる者、それを繋ぐのが理(コトワリ)なのである。



どうしたら理知力を育めるか。

逆から捉えるとわかりやすと思う。
主観に埋没していることは、「売りコトバに買いコトバ」のコトバの使い方である。
培ってきた固定観念による思考と感情でジャッジしている。

誰もが自分の思考と感情が正義で、正義と正義のタタカイを続けてきている。
つまり、培ってきた固定観念=記憶にロックされた
下からのコトバの使い方しか知らないのである。


自分とは何かと言うと意識である。
意識はコトバに由っているので、
どういうコトバを使っているかが自分ということになり
自分=言である。

言+l


横=地上のコトバで出来た自分=言を縦=天のコトバで割るのである。
天のコトバは「I」の字形でわかるよう、愛と感謝、イタワリと許しのコトバであり
そのコトバを使うことが売られたコトバを買わない事となる。

つまり感情から離れられている状態であり
その隙間に気づきがもたらされ理知力が育まれる。

ソウカ

割=ワル、カツの組み合わせで労る、ソウカで労るとなるように
自分を割る事はイタワルことである。

自分=言を割ることが、言割=コトワリ=理を育むと字は教えている。

「ソウカソウカ、無理なかった」は自分を客観し
過去を肯定する、許す、認める、労る音のエネルギーである。

イタワリは天のコトバであるから
自分をイタワルことで「今茲」が近づき、理知が育まれる。

「ネバベキ」は自己否定であり、過去を否定する音のエネルギーなので
「今茲」が近づかない。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad