D ポジティブ思考の落し穴

悩みから抜け出すには明るく積極的に肯定的に考える事と
大概はポジティブ思考は大切で良しと考えていないだろうか。

しかし、それがくせ者で落し穴がある。
何故か掘ってみたい。


暗く萎縮し悪い方にしか考えられないから悩んでいる、
だからポジティブ思考に変えれば良いとなるのだろうが
よーく観ると、ネガティブな思考と感情を否定してることが解ってこないだろうか。


「あなた、こう明るく考えれば良いじゃないの」と言われ、
「そうか!」と納得するが
最初は良いのだが、だんだん苦しくなってくる。

明るく考えられない感情が顔を出してくるのである。

そうなると、明るく考えネバとなるし、できない自分を否定し
乗り越える方法が無いものかとどんどん外に知識やHOWTOを求めてしまう。

知識を構築するが故に、こう考えネバとネガティブな思考と感情を否定し
知識で押し込めてしまうのである。

あるいは、許せばいい、認めればいい、愛せばいい・・・と
HOWTOは分かっていても感情を思考で変えようとしているのだ。


ネバベキの音にロックされ、知識で感情を変えようとするので
ポジティブ思考しようとするほど感情を押し込め自己否定を強めるので
苦しくなるわけである。

そして高まった内圧のガス抜きが必要になり
アルコール、過食、ドラッグ、様々な依存、あるいはとんでもない魔が差すのである。
そしてそんな自分を増々嫌いになり、許せない・・・

自己嫌悪か依存のドツボではないだろうか。



ポジティブ思考とは暗く萎縮し悪い方にしか考えられなくなっている
ネガティブを丸ごと肯定することではないだろうか。

では、どうやったらできるようになるのだろう。


感情は感覚にコトバが伴っている。
感情を変えるには緊張で鈍くなった感覚、逆に過敏になった感覚を緩め
コトバを変える事と考える。

ネガティブな思考と感情は感覚とリンクする体の緊張歪みに現れるし
コトバがエネルギーであるので
「ソウカソウカ、無理なかった」とイタワリの音に、
「モンダイナイ」の音に云(はこ)ばれることだ。

音波云(ネハン)、思考や知識ではなく音(コトバ)のエネルギーに
云ばれることで感情は変わってくる。


「ソウカソウカ、無理なかった」のイタワリの音は
過去を肯定するエネルギーであり、闇を照らす光であり
凍結麻痺を溶かすアタタカイ温度を伴う。

(ネバベキは過去も現状も自身を否定しているが故の音であり
知識で変えようとしている。)

なぜならば、波動=エネルギーは
1次元では「音」
2次元では「光」
3次元では「温度」 である。

「モンダイナイ」の音は
問題を無くしていくのである。

なぜならば、授かる命は地上の楽園のアダムとイブの時代も今も同じ真空であり、
シンクロタイムリーで調和の連鎖と愛で充満する完璧で
何一つモンダイナイものである。

モンダイアリの催眠術に罹った思考と感情が問題を作っているだけなのである。
その催眠術を解けば問題は無くなって行くのである。

催眠術に罹っているので無理もないが
モンダイアリにスタンスしている限り、何をしようが問題は無くならないのだ。



アドバイスすると3パターンある。
一つは、イタワリの音とモンダイナイの音に乗れば良いんですね、
わかりました!ルンルン
再来で、「どう 調子は?」と聞くと、
「えっ 音に乗ることがわかっただけではだめなんですか?」

二つは、感情が納得しないので音に乗れません、回せません。
納得したらやります。

三つは、ストレートに乗れる、試せる。


音がエネルギーだから、感情は関係ないのであるが
感情にロックされていると、乗れない回せないのである。

逆を言えば、できることは感情から離れられているからで
その隙間にエネルギーが入り気づきがもたらされるのである。

閃き、インスピレーションだ。
人や知識など外からではなく自身の内からもたらされる情報であり、
それがポジティブ思考と感情となるのである。


感情から離れられている事は
客観という理知力が育まれる事であり
イタワル事で自己否定が作る中丹田の凍結麻痺は溶けて行き
頭でっかちに培ってきた知識が腑に落ちるようになる。


イタワリがネガティブな今までの行程を丸ごと肯定する
ポジティブ思考を醸し出していくのである。

行程の肯定が「今茲」を近づける。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 横隔膜

えみさん、コメントありがとうございます。

辛いので何とかしたいと、現状を否定している事に気づきませんか。
気持ちは痛いほどわかりますが、それでは緩みにくいんです。
ネバベキでいますから。

体では喉は腎臓の司りですし、横隔膜の緊張は傘と柄の関係の大腰筋の緊張で
寝た骨盤になりその姿勢は猫背傾向で腰にも負担で腎臓の機能低下=変位していると思います。
腎臓の疲労はどうしても心配性になりやすく、胸脇苦満=横隔膜の硬さですし
寝た骨盤は副交感神経モーターポイントの仙骨の緊張です。

ヨガの猫のポーズが有効ですし、ブログにアップしたように
「ソウカソウカ、無理なかった」とどこまでもご自身をイタワリ、
「モンダイナイ」の音波云すると良いですね。

あと、糖質が多くありませんか?冷たい物、冷えるものは摂っていませんか?
内臓を冷やさない事です。

内臓疲労=機能低下=冷えている、内臓下垂です。
胃下垂は、胃袋という袋は首=胸鎖乳突筋から吊るされているので首喉の緊張です。

ありがとうございました。
なるほど、私はそうだったんだ、と気付きました。まったく逆に考えていました。
身体の調子の悪いと感じるところを、どうしたら治せるか、良くなるかばかり考え、調べ、実践して…でも本当に良くなりませんでした。本もたくさん読みました。いけない所もたくさん直そうとしました。
でも、モンダイナイ、なんですね。
モンダイを作っていたのは自分だったのかもしれない、自分を否定し続ける事で、こんなにも身体は緊張感でガチガチになってしまうのですね…
昨日は一日中、身体の緊張とか、声の不調とか、気になる度に、モンダイナインダヨと、心の中で声をかけてみました。
なぜか、自然と笑顔になります。のびのびします。心配いらない、モンダイナイとお母さんに言われている様で、安心感からか、1日楽しく友達とお花見が出来ました。
モンダイナイ、の意味がようやく分かりました。自己否定はこんなにも身体を痛みつけてたようです。
それから、先生から指摘のあった、
甘い物、冷たい物、本当に大好きです。
暴飲暴食もしてしまいます。
少しずつ気をつけていこうと思います。

No title

えみさん、良かったですね。
明るい波動が伝わってきます。

「モンダイナイ」、「ソウカソウカ、無理なかった」と名前を愛おしく呼びながらイタワリ、
更にアナハタのインナーチャイルドに向かって、
「元気になると嬉しいよね?」と問いかけてみましょう。

「うん」と言えばそうなっていきます。
自己否定しながらネバベキでの忍耐努力でなるのではありません。
5次元と繋がるインナーチャイルドがそうなるように動いてくれ、気づきが出てきます。

「いや」といったら、どうすればいい?と問えば良いですね。
問題は無くなって行きます。

問題はネバベキの音にロックされた思考と感情に在り、
インナーチャイルドと仲良しになれない事です。
イタワリで仲良くなれることはもうお解りですね。

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad