D 知覚の活性 1

肩が凝っているのにわからない、なぜだろう?

検査したら末期の癌、なぜわからなかったのだろう?

突然の過労死、死ぬほどの疲労がなぜわからなかったのだろう?



活性の前になぜ知覚ができないのかを掘ってみたい。


靴下や服を着た時はその圧や重み感触などは知覚するが

時間が経つと感じなくなる。


変化がほとんどなく一定だと圧や重み感触などはわからなくなり

脱いでみると、それらがわかることを経験する。


知覚の働きは

刺激が一定、変化がない、あるいは微妙な変化には慣れと言うか麻痺して

全部を知覚し続けていたら、脳は対応できないようだ。


水に入れたカエルをゆっくり加熱していくと、温度変化がわからず逃げない

と聞いたことがあるが、これも知覚の仕組みである。


強い刺激や変化があって知覚でき、集中や意識する物事に知覚を開いていて

同時に様々には開きにくいようである。



治療でも一番気になる症状しか知覚しにくいので、

それが良くなると他の所の痛みや不具合がわかってくる。


先の肩こりも、緩んでくると凝りがわかるようになるし

慢性的にジワリジワリの変化や絶えず同じ状況に置かれていると

知覚が開かれず相当悪化するまでわからず、検査したら末期の癌。


過労死は更にプレッシャーで精神的にロックされるので

知覚はブロックされるのは無理もない。


カエルと同じプロセスに思う。





知覚の仕組みから

恐れ、不安、怒り、満たされない想い・・・感情にロックされていると

それに対応する知覚だけが鋭敏になり他の知覚は閉ざされてしまう。


視野は狭まり見えているのに見えない(認識できない)

聞こえているのに聞こえない

味覚も鈍り濃い味になる(味覚障害)

リストカットしても痛みは感じにくいように皮膚感覚は鈍る。



感情にロックは知覚が鈍るので

相手の気持ちや空気を読めない

気配がわからない

抑圧やトラウマなど感情に触れるものには過敏だが、

その他には鈍感になってしまう。


感情のロックが生む知覚のブロックは自律神経緊張を余儀なくしているし、

慢性化しているので緊張の自覚が出にくいが

体は正直に緊張を蓄積するので、余剰エネルギーが無くなった途端

ウツになるし花粉症や不眠症、

ひどければ突然大きな病気、過労死である。



脳力=能力で

脳の圧迫ストレスで脳は機能低下、それは脳脊髄液滞留であり

自律神経緊張であり知覚能力は低下する。


ウツは不眠を伴うが、不眠は脳の緊張=機能低下=疲労=自律神経緊張であり

精神的肉体的関わらず病気は免疫力自然治癒力など様々な能力低下だが

自律神経中枢の脳の機能低下なのである。




認知症をこの角度で見れば

脳の機能低下=知覚能力の低下であるが

脳にNO!NO!NO!

三つ子の魂百までもというように

思考と感情の土台が作られる幼少期に

否定や恐怖、ネバベキをいっぱい刷り込まれた脳ではないだろうか。


脳の廃用性萎縮を考えると、

否定や恐怖不安が作る自己防衛に知覚を働かせていたら

知覚能力は限定され萎縮するのではないだろうか。


自己防衛知覚が研ぎ澄まされて来たのがキレる老人であり、

キレる事が認知症に伴うというのも納得できないだろうか。


幼少期からの刷り込みで緊張を余儀なくされているのだから

当然脳は萎縮しやすい条件が根底にあると思うのである。



抑圧、囚われ、ストレス、感情のロックがあるほど、

知覚は限定され活性しにくいことがわかってくる。


その思考と感情はネバベキの音に支配されていて

ジャッジと自己否定をしている。


そしてその事を知覚できていない。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad