D 外反母趾の原因と治療

ダンサーにも外反母趾に悩む人は多く、先週伺ったバレエ団でも何人か治療した。


リハーサルを控えテーピングでしのいでいた男性ダンサー

痛みをかばってやっているので骨盤の歪を作るはず、診れば1,5CMほど脚長差がある。



外反母趾の原因

長拇指屈筋の緊張である。

choubosi[1] 21447f53[1]


 


   9149824d[1] 



ポアントは指先に全体重がかかり足底筋、長拇指屈筋が強く収縮するため

疲労の蓄積で筋緊張が強まると腱も収縮し母趾は外側に引っ張られてしまう。


腱と腱鞘の摩擦で炎症を起こし痛むし、引っ張りが強まるに従い骨がとび出てくる。


男性ダンサーは案の定足底筋膜炎もやったことがあるという。

疲労が抜け切れていないため、外反母趾になりやすいベースがあったとわかる。



痛みが出やすい部分は勿論だが

腓骨にある長母趾屈筋の起始部を診るとかなりの圧痛があり

外反母趾の原因はこの筋肉の疲労と緊張にあることを説明した。


人の知覚は一番痛む部分にクローズアップされるので

長母趾屈筋があるふくらはぎには自覚が出ないのである。


自覚のある母趾周辺をテーピングしても

腓骨からの筋肉自体をフォローできていないので効果が弱いのである。




長母趾屈筋の緊張緩和を図ればいいのであるが

前回アップしたように強く揉んだり押したり、固いボールでグリグリは

筋線維や毛細血管を切ってしまい修復にカルシウムが分泌され

また、頑張ったストレッチでは収縮反射が起こるので

返って緊張を強めてしまうので悪化の危惧がある。



痛む部分に軽く指を当て無理のないレベルでゆっくり大きく動かしてあげる。

それで緩んでくるのである。

ちなみに、5分ほどで痛みが半分になり更に痛む所を追っていき

同様に繰り返していく。


母趾周辺の痛みを緩め、腓骨の起始部を緩め交互にやっていくと

どんどん痛みがなくなっていく。


動脈・静脈の血流、リンパの動きが良くなり

酸素補充とカルシウムの沈着や老廃物の除去ができた結果である。



説明しながらの30分ほどでポアントしてもほとんど違和感がなくなり、

喜んでリハーサルに向かった。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad