D 無心が痛みを超越(三宅選手)

オリンピックで日本人選手の活躍に拍手しているが

特別な舞台でのメンタル面と身体操作が視点になって観ている。


気になったのが重量挙げの三宅選手だ。


スポニチの記事抜粋

深刻な腰痛を抱える三宅はスナッチで81キロに2度失敗。

後がない3回目、尻がつく寸前でこらえ、笑みを浮かべながらゆっくりと立ち上がった。

「正直、私の夏は終わったと思った。最後は無心。あれ、奇跡ですよ」。

記録なしの大ピンチを乗り切り、スナッチ8位からジャークで大逆転の銅メダル。

   バーベルを優しく撫で、いとおしそうに抱いた。

三宅は豊富な練習量で自信を積み上げるタイプ。

満足にトレーニングができなくなると、「引きこもってしまう」と明かす。

口数は減り、自問自答を繰り返す日々。

リオ入り後、腰痛は痛み止めのブロック注射を必要とするほどに悪化する。


これまで周囲の期待に応えようと奮闘してきたが、リオだけは自分のために闘うと決めた。

この日はドクターからもらった座薬を忘れるほど集中。

ジャークの最終3回目に107キロを挙げると「やったぁ」とつぶやいた。


◆三宅 宏実

1985年生まれ、埼玉県新座市出身の30歳。

アテネ五輪9位、北京五輪6位、ロンドン五輪では銀メダル。

指導を受ける父の義行氏は68年メキシコ五輪銅メダリスト。1メートル46。    




腰痛でボロボロ、満身創痍で案の定記録なしの大ピンチ!

その状況から銅メダル獲得ができたのは「無心」と言っている。


無心がいわばトランス状態にし痛みの防御システムを消し

とんでもないパワーを発揮したのだと思う。


リオだけは自分のために闘うと決めたことが無心のトリガーになっていたと思われる。

今までのように周囲の期待に応えようとしていたら無心にはなれず

体の防御システムが働いたのではないだろうか。


そのシステムは反射なので通常の意識ではどんなに頑張ってもコントロールはできない。


2度の失敗で後がない

長年の過酷な練習が水の泡になってしまう瀬戸際にものすごい重圧で押し込まれたはずで

それがトリガーを引いたのではないだろうか。


スナッチで81キロ、ジャークの107キロのバーベルの重圧と精神の重圧を

無心が押し上げたのだ。


バーベルを愛おしく抱く姿に感動した



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

無心

おはようございます。いつもありがとうございます。無心の境地に至りたいですなぁ。先生の治療院凄い癒しの場ですね。いるだけで癒され楽しくなります。心が喜びで満ち溢れます。植物達も先生のお祈りに答え微笑んでますよね。^_^

ところで先生、治療中出た出たとか、先生が、ゲーゲーするのは、身体からでるのですか?また、予約する場合は、メールがいいですか?
Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad