D菌のハタラキ 6


断食を菌のハタラキから考察
カンジダ菌の撲滅で善玉の有効菌が増殖してくるのが断食の効果ですが
有効菌増殖は好気性菌で酸素供給が活発になります。

抹消まできれいな血液で酸素と栄養が運ばれ、老廃物の除去もいいわけです。
カンジダによるアセトアルデヒドの減少で肝臓腎臓をはじめ内臓の活性です。

断食すると内臓の疲労が少なくなるので睡眠が短くて済みます。
体は軽く(体重減少だけではなく)、頭もすっきり、味覚も鋭敏、
体質改善、若返り・・・いいこといっぱーい


睡眠や食べることをエネルギーの補充と見れば、多眠過食はエネルギー不足のためです。

カンジダ増殖=ストレス=自律神経緊張=エネルギー不足。
そして過食に陥り内臓疲労の悪循環でカンジダ増殖とスパイラルします。

アンチエイジング、スタミナアップはカンジダ撲滅と善玉菌増殖が要。


有効菌増殖はエネルギー触媒作用ですから空間エネルギーを受け取れると考えられます。
自律神経活性で末端は皮膚感覚、中枢は間脳でエネルギーの感応力は高くなります。
それが六感覚活性にリンクします。


聖者など意識の高い人は有効菌がとても多いはず。
多食多眠でエネルギー補充しなくて言い訳です。
死後硬直も起きないのも有効菌が多いからとも思います。


聖者と逆の餓鬼はカンジダ菌がわんさかと考えると面白い。
菌は意識と連動するので食うことばかり、
自分を守るための損得感情で五感と物欲に縛られてしまいます。


人の体や意識をカンジダと善玉菌の観点からみると面白い。
オーラや波動、雰囲気はその人の飼っている菌の質ともいえますね。


カンジダを飼いながら忍耐努力我慢で一生懸命励んでも効率は悪いと考えています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad