D 内臓の状態に感情と思考が現れる 1

感情は内臓に蓄積される。


断腸の思い→はげしい悲しみに心が張り裂ける

腸(はらわた)が煮えくり返る→はらが立って怒りをこらえきれない

腸がちぎれる→悲しみや辛さに耐えきれない



内臓で感情を表現するように

感情は内臓にダイレクトに影響し、緊張、萎縮、変位し機能低下を起こす。


もう忘れたとか、気にしていないといっても

解放されていない感情やトラウマは内臓に蓄積され続けている。


別の表現をすると

内臓にネガティブな音(コトバ)が何重にも録音されて

編集しない限り再生され続け、それが思考(ものの見方考え方)に投影する。



内臓は自律神経に支配されているが、

その内臓にダイレクトであることは

感情が自律神経に影響を及ぼしていることである。


だから病気の原因は心因性なのである。



食は命と考え

酵素たっぷり、マイナス電気が豊富な無農薬無添加を飲食しているのに

なかなか良くならない、腸内細菌が改善しにくい人がいるが

なぜかというと

トラウマやネガティブ感情が内臓に蓄積してることが考えられる。


良いものを摂取しているのにお腹が硬いのである。


特に腸は第2の脳と言われるように

神経細胞が多く非常に繊細に感情に反応するので

感情・意識に腸内細菌は連動するのは当然である。



大概、健康のためと抗酸化食をネバベキで摂取しているが

食にこだわっていても

一発の怒りや恐れで簡単に血液は酸性化する。


それは怒りや恐れに簡単に反応する要素が内臓にあるからで

連動する丹田は弱い=腹ができていない状態なのである。


そして

エネルギーは空にあり菌がそれを触媒しているので

有用菌が増殖しない硬いお腹はエネルギー不足なのである。



怒りや恐れの感情やネバベキにロックされた意識は

カンジダ菌で代表する悪玉菌の増殖に繋がるし

感情はコトバの働きなので食べ物だけでは解放できないのである。



飯は食+反と書くように

口に入れるものが飯なのに、

食べるに反する=口から出すものとなるとコトバである。


どういうコトバを口から出せるかが命の活性度=自律神経活性と解ってくる。


この事に気づけないと

良くならないのはちょっと悪いものを食べたからだとか

噛み方が足りないからだとか

電磁波のせい、冷えのせい

(内臓にネガティブ感情やトラウマの蓄積で硬く能低下が冷えの根底原因)


あるいは霊的な影響とかで増々ネバベキを強める危惧がある。




     dansei-mae[1]


エネルギー面でアプローチすれば

秘田~丹田の生命ラインが自律神経とリンクし

肉体の動力源となる丹田の状態が体調と意識に関与している。


丹田は部位はへそ下三寸、腸にあり

腸の状態が丹田とリンクしていると解る。


怒りや恐れなどネガティブ感情やトラウマが

内臓に蓄積し録音されていては

お腹は硬く腸の機能=丹田、自律神経は活性化しにくい。



頭ではわかるが感情が納得しないのは

「腹の虫が納まらない」というように

腸内細菌(腹の虫)が意識と感情に連動しているので

無自覚であるが

内臓にある怒りや恐れなどネガティブ感情と

それに伴う思考が反応すると考える。



内臓の状態が

感情と思考に大きく関与しているので

硬いお腹のままでは明るく考えよう、ポジティブしようとしても

難しいのは無理もなく、できない自分をさらに責めたり落ち込んだり

ネバベキを強めてしまうのである。


ハラ=波裸と取れるように

自身の裸(隠す事ができない)のエネルギーが腹の硬さに見い出せる。


柔らかいお腹にすることが感情と思考の解放を加速してくれる。


緩むには許す、ユルスとユルム

無自覚だが自分を許せていないからネバベキの音にロックしているので

どこまでも深く自身を

「ソウカソウカ、無理なかった」とイタワリの音波云すると良い。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad