D 天が認めてくれている

親に認められたいが故に、自己否定を構築してきたのである。


自己否定は無自覚であるが体の緊張歪み=自律神経緊張に現れ

ウツや過食や依存・・・様々な病気、問題に潜む原因である。


だからそれを足掛かりにして

イタワリの音のエネルギーで緩める事で気づきがお出ましになってくる。

不安と恐れで自己防衛し

認められたい・愛されたい健気でか弱い自分がいる事を。



そして自己否定に陥った大きな原因は前回アップしたように

親からの抑圧であり、先祖から伝承されてきた因縁である。


親はその因縁を解消できなかったが故に

あなたに先送りしてのであり

あなたが自己否定を解消できることは

因縁の解消、先送りのストップのキャパがあることである。




プロセスとして

自己否定に気づくと

奥にしまい込んでいた認められたかった思いが表面に上がってくる。


こうして欲しかった、わかって欲しかった・・・

親に対する不満や我慢してきた事、怒りを籠らせていた休火山が突如噴火する。


いくら親にそれらを訴えてもなかなか受け止めてもらえず

親は相変わらず抑圧体制で

仕方なかった、あなたのためだったの言い訳やら

大人げない、止めなさいよと茶々を入れられる。



なぜならばあなたよりキャパが無かったが故に先送りしたわけで

親は変わらないのだ。


しかし、どこまでも深くイタワリ続けることで

親がそうであることが無理もない事であると解ってくる。


すると何がお出ましになるかというと

肉体の親を超越した命の親の存在が。



それが「天」である。

天→二人、父と母の二人が一体化した字で

父=時、母=空 

命の親は父であり母である天、実態は時間と空間で分離できないことを意味している。


天=真空透明をtrans-parent、超越した親とズバリに驚く!



自己否定が解消されることは

transparentと繋がる事になり、

様々に染まり濁った心がすきとおってくることであり(谷川俊太郎

「愛と感謝、イタワリと許し」の本来性に回帰していくことである。



どんな状態に陥っても一条の光が差し込み

天が認めてくれている、愛していてくれてる、計らってくれている実感で

安らぎと間に合っている世界が広がるのである。



その世界に根=音を張り広がることで護られ恵まれている実感が深まる。


こちらが気づかなくても護り恵んでいることも解ってくると

イヤでも感謝が湧き起るわけで、

イヤでも湧き起る事こそ本来性であるから

consciousを感謝スと読めるように意識の本来性は感謝スである。



親は有難いものだ、感謝せネバと無理して精神の背伸びをしないことだ。

それをやっているとネバベキにロックのままで浄化にならないように思う。


(親孝行に励んでいるあなた、注意深く掘ってみると

認められたい反動でやっているのかもしれない・・・)




親切は親を切る と書くが、

包丁を持ち出したらお縄頂戴なので包丁は使わない。


何を切るかと言えば親とのしがらみで

それが切れることで出る想いが親切ではないか。


しがらみがある内は自己否定に陥っているから。


(その度合いが自分の名前が好きか嫌いかに見い出せる。

自分の名前が好きか嫌いか



自身をイタワル事で切れるのである。

しかし、名刀正宗のようにスパッとは切れない、ジワリジワリだ。


しがらみを切ることが因縁解消でもあることが解ると思う。




イタワルことで

自己否定が溶けtransparentを実感できるようになり

感謝スがイヤでも湧き起るのだから

それまでくそばばぁ・くそじじぃと悪たれつくのも良いではないか。

その方が自身に正直である。


それさえも天は許し認めてくれているはずだ。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad