D一休さんのポーズと蝶形骨 2

「このはしをわたるべからず」の立札。

そこで頭に指先。

ちーん! 閃いたのが橋の真ん中を渡る。    14[1]




はし=橋という固定観念を壊し、端に読み変えた。


はし=橋の固定観念のままなら問題は解決できない。

ということは問題や行き詰まりは

固定観念=概念が生んでいることが解って来るではないか。


さらには問題や行き詰まりと共に

蝶形骨をフリーズさせ脳力=能力を低下させている事がわかる。



ネバベキの思考がコテイ(固い)頭にしているのだが

固定観念=概念を割ることで別の見方や世界がお出ましになる。


それが読み変えることである。



では「読み変える」とはどういう事か掘ってみたい。


私達は概念の世界に埋没しているので、

こうあらネバベキのジャッジを余儀なくしその世界から抜け出せないでいる。


概念は

ネバベキの音が創る限定されたバーチャルの世界であり、

そこには普遍の真理は無い。



そこで瞑想という手段を用いて

概念を抜け出し天念(宇宙意識)に超越しようとするが

瞑想を終えれば日常の概念の世界に戻ることになり

精神世界と日常生活に分離を生む。


精神世界にのめり込むほど日常生活とのギャップが強くなり

六感世界の体験が「違うんだよ、こんなんじゃないんだ」と日常生活を否定し

ジャッジしてしまう落とし穴にすっぽりだ。


だからなるべく分離を生まないように、出家やコミュンを求めたり

はるばるヒマラヤに寝泊まりに行かねばとなる。




概念とは

対象と音ががっちり組み合わされた固定観念である。

だから、橋という対象とハシという音とががっちりくっ付いて固定されている。


しかし、「読み変える」ことで

ハシが「端」に転換できた、つまり概念=固定観念を割り

全く別の意味合い・見方考え方を開くことになり

ネバベキの固定する音(ジャッジ)とさよならできる凄ワザなのである。



更には天鏡図に照らして読み変えれば

概念から天念(宇宙意識、神意)に転換できるので

日常生活に精神世界を開けるのである。



読み変えなければ

どんなに教義をお勉強してもあるいは知識を構築しても、

その内容は概念であるので概念の世界からは抜け出せず


「今茲」の知識はあっても上へ先へと求め続けるのである。




読み変える→ヨミガエリ=甦り

甦→「更に生きる」と取れるのは

概念の世界と同時にそれを超えた世界をも生きる事である。



瞑想は時間をかけてアプローチするが

「読み変える」ことは概念を否定することなく、概念を認識しつつ

読み変えた途端、概念を超越しanother worldが開かれる。


(ハシ=橋の概念を否定することなく、それはそれで認識しつつ

「端」に読み変えた途端、another world=名答を開いた。)


その結果、固定観念から解放されるので、

自由な発想、別次元からの見方・・・田心(インスピレーション)がもたらされる。




固定観念=概念に拘束された意識の解放が黄泉帰り

数で言えば四と三の統一された七の世界、

つまり黄泉とは7次元の普遍真理の世界であり、そこに意識は回帰できるのである。


その意識=吾霊が蝶形骨に鎮座する。    sphenoid-bone-153339DC85466E0DC4A[1]



だから固定観念=概念に縛られている程

別な言い方をすればネバベキの音にロックされている程

脳は固定=萎縮し能力は発揮されないわけで

蝶形骨の緊張歪みに現れる。



さてさて私も蝶形骨に指先当てて、ちーん!

イッキュウ=19=十九=トク=解く

一休は固定観念の解放とヨミカエル。


名前に情報がファイルされてるように

確かに一休さんは読み変えることで固定観念を解放し名答を出している。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad