D 治療院の場のエネルギー

カルナ治療院は埼玉県川口市、武蔵野線東川口にあり

神楽坂、荻窪を経て平成元年に移転している。



光透波が宇宙の実質でありコトバが命で

文字はその絶対エネルギーをとどめる結晶であることを

小田野先生から学んできた。


言を開くことで

命は活性し、調和が連鎖する間に合っている世界が開かれるので

光透波理を基にした治療を行っているが

私が和足しに回帰するためにこの場を計らわれていると思っている。



それには場のエネルギーに共鳴すれば加速する。


では場のエネルギーをどうすれば読めるか?


この場は東川口という音に秘められているから音=字を開けば良い。

言を展開すると・川口  言

・テンTEN=十トウ=東 

言→・川口=東川口 でまさに言の展開の場が東川口と取れる。



命である言(コトバ)を展開したい、それに私の命を使いたい。

使命と同調している場であり、計らいを実感するのである。


この事には以前から気づいていたが

その計らいに増々乗れるようにとこの場に祈りを続けている。



そんなある日

実家が近くにあるクライアントさんの話

「私ね、子供の頃ここでよく遊んでいたのよ。

雑木林の山で防空壕があったのよ。」


(武蔵野線開業は1973年で区画整理が始まるまで防空壕があったようで

クライアントさんはそれなりのヤングミセス。)


なんと超レアな情報!

この場は防空壕に響く。

空(そら)からの攻撃から逃れる場、

ここに避難すれば大丈夫の思いで作ったはずだし、避難したはず。


私の願いの場は命を守る為に使われていた場であった。


そして私は空(くう)からの愛を受け取る場に願っている。

受空壕とでも言おうか。


祈りがこのように場のエネルギーを開き、教えてくれることに

イヤでも感謝スの思いが湧き起こり

場のエネルギーが加わる。→場加


そして私はますます感応回路を強め、

下からのコトバの使い方の思考回路を薄くしバカになって

和足しに回帰していく。




さらに、今現在、贈り物の意味のPRESENTに感応する。


PRE+SENT 「あらかじめ送ってあるぞよ」


私の今現在(どういう場に居てどう考えどう命を使うか)

その情報=プログラムはPRE+SENTされていたのである。



「今茲」が充実することは

過去を肯定するからできるのであるが、

その必然性の理解であり

PRE+SENTに仰天(天を仰ぐ)してしまうこと。


その連続で埋まっていることを思うと

アタタカイ想いで胸がいっぱいになる。 (((o(*゚▽゚*)o)))



来院される方は

場のエネルギーと私の願いに共振共鳴する質があるからで

それは深い縁があると考えている。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

素晴らしい縁を有難う御座います。彼女は和足しが80年代北園町に住んでいるときに同じ公団に住んでいたSさんと和足しか知り合い、そこに彼女が遊びに来て、そのSさんを通じて知り合いになりました。そのSさんは、彼女の幼なじみ、そして今、先生のすぐそばの北原台に住んでいます。インシュリンを打っていると聞いて先生の所を紹介しましたが、、、すごいですね東川口!和足しは、東は、日いずる方向で太陽が出てくる場所だからエネルギーの始まりと思っていました。
Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad