D 統一場を開く

百合が相対を調和させている統一場を象徴するが

どうしたら開く事ができるのか掘ってみたい。                

        

意識が統一場に開かれることは

自己分離が無くなり命の本来性に回帰する。


分離がない事は無限の中ではどこに居ても

調和の連鎖のど真ん中に存在する事なので私を中心に動くわけで


やりたい放題しながら

健康で豊かで慈愛と安らぎに満ち、調和が連鎖する間に合っている世界だ。


そんな素敵な世界を開きたい!



百合を見ることで開けるなら

花屋はみんな統一場だが、そうはいかない。

百合は象徴          

      images[3]



自分の気づきの行程を振り返ってみたい。

1979年、

ベナレスの瀬戸物売りの「ナマステ ジャパニ」の一言と

柔かな眼差しにしけていた心のマッチに火が付いた。

メイソウ


求めていた豊さがわかり、

瞑想することで手に入れようとしていて

統一場を求めるあまりネバベキで躍起していたのである。


求めるほどネバベキと自己否定に陥るパラドックスなのだ。



小田野早秧(サナエ)先生と出会い

光透波が宇宙意識を成立する音であり統一場であることを学んできた。


意識はコトバ。

コトバが光透場、統一場の答であり開くマスターキーなのである。


これに気づけなかった為に

瞑想体験によって意識を変えようと躍起していた。


体験を待っていては

日が暮れるどころか一生が終わる危惧があるし

体験を求めるあまり日常を否定する落し穴にすっぽりだった。


(このパターンを長い輪廻でも

統一場を求め自我を超越しようとネバベキで難行苦行をし

瞑想や読経に明け暮れ知識の獲得に躍起し繰り返していたのだ。

きっとあなたもそうだと思う。)



コトバを変えれば意識が変わる


WORLD→WORD+Lと字は教えるように

コトバをどう開いてきたかが今の意識であり、

現象に現在完了進行形で現れているのである。



売りコトバに買いコトバの下からのコトバの使い方をしていては

統一場の知識をいくら構築しても開くことはできない。


統一場は

調和が連鎖する世界→WORLD→WORD+L

どのようなコトバが開かれているかお解りになると思う。


「愛と感謝、イタワリと許し」のコトバ(音)が開かれ

コトバの本来性しか開かれていない場が統一場なのである。



コトバの秘密が解れば

どうすれば統一場を開けるかが観えてくるではないか!


売りコトバを買わない=ジャッジしない。

「ソウカソウカ、無理なかった」のイタワリと

「モンダイナイ」の音波云することである。



イタワリは

過去の行程を肯定するので「今茲」が近づき

  (肯定できないからネバベキにロックされ

   今茲に存在する統一場を上へ先へ求め続ける。)

過去の闇を加光し

凍結麻痺した自身の本来性を溶かし出すアタタカイ温度のエネルギー。


モンダイナイは

問題と認識している思考と感情を解放するので問題は無くなって行く。

(現象や相手が問題ではない事に気づきたい)



授かる命は統一場そのものなのである。

だから本来は何一つ問題は無く調和が連鎖するが

何かがそれをブロックしているのである。


それがネバベキのジャッジ=自己否定であり

そのコトバの使い方は

売りコトバに買いコトバの下からの使い方でいる。


それでは統一場とかけ離れたバーチャルの世界に居続け

間に合わないが故に計算と思惑を発揮せざるを得ず

余計間に合わなくしている使い方である。



バーチャルの世界に気づいたのは良いが

だから統一場を求めるのだが

コトバそのものに気づけない為に

瞑想体験によってのみバーチャルから脱却できるとし

ネバベキにロックされていたのだ。



イタワリを続けて気づくことは

超越でもしなければ自覚できない本来性とのギャップを

体は正直に緊張歪みとして現し教えてくれているので

体にスピリチュアルを見出せるのである。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

脱バーチャル

本当の苦しみは、身体が丈夫じゃないことでも人間関係が上手くいかないことでもなく、自分が自分自身でいられずバーチャルな世界に居続けるしかないということだと、今ならよく分かります。
幻想に取っ組んで問題を作り出しているだけなのに、それに慣れきってしまっていつの間にか幻想が幻想だと分からなくなるのは、最早ホラーです(^_^;)そうなってしまった経緯は人それぞれ、でも誰もが無理なかったの一言に尽きるので、気づいたらさっさとイタワルしかない(笑)
イタワリは本当に強力なエネルギー。インナーチャイルドも身体も必ず受け取ってくれます。

私もスピリチュアル行脚組ですが(それも様々な過去生に渡って)コトバの使い方のことを他に一体誰が取り上げていただろう?言葉に気をつけなさいくらいは言っていたかもしれないけど、それで気を付けられるならって話で。
大治先生の掘り下げがとてもありがたかった。理屈屋の私にスッと入ってくるパワーがありました。
あと前回の記事で百合の謎が完璧に解けました。
小さい頃から疑問だった、どうしてユリは百合って書くんだろう?そもそも百合という花自体が宇宙本来の姿を表していたとは・・・じゃあ確かに、百合になるわけだ、と。
私も今では緊張がかなり解け、自分の本来性がどんどん開いていっている気がします。間に合ってるし、本当にモンダイナイ。
名前に授かった通り、理利ができる人生がどんなものになるか、想像もできませんがたのしみです。

Re: 脱バーチャル

Say-uriさん コメント39!

ではバーチャルではないのはどんな世界でしょう?
それが命の世界です。

命の世界の情報を握っているのがインナーチャイルドで
部位でいえばアナハタに存在し、個々の情報が名前にファイルされています。


内なる子、子はネコシスの音を持ち音光詞数を意味し
それが命であり、調和が連鎖する世界、愛であり真理であり、宇宙の叡智なんです。

その情報を開くことがバチャールからの脱却ですね。

しかしそれは知識をいくら構築しても思考では無理なんです。
思考がバーチャルを生んでいるからです。

なぜならその思考で売りコトバを買いジャッジしている。


インナーチャイルド(内なる子=音光詞数)が握る情報開示
それには名前を愛おしく呼び
イタワリとモンダイナイの音波云がマスターキーとなります。

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad