D 辛さをイタワル

絹の靴下を履き絹や麻をまとい、グッズを身につけ

還元電位の高い水や無農薬無添加食材を食し

備長炭や珪藻土を用いるなど

衣食住には浄化作用のマイナス電気に気を配る。


それらはもちろん大切であるが

物理次元を超える最も身近で究極の電気に気づけば素晴らしいではないか!


それがコトバだ。

コトバが電気でありエネルギーであることを理解したい。


ネバベキは+電気で緊張萎縮痛み酸化を生じ間に合わない世界を

イタワリは-電気で解放緩和還元を生じ間に合っている世界を醸し出す。


WORLD→WORD+L(開く意味)

世界(現象)はコトバが開いていると字が教えるように

コトバの使い方が心の在り方でそれが空間に結果している。




辛さは

電気的に言うと+電気であり

その原因はネバベキの音が根底にあり、

過去を否定しているので現状を認められない受け入れられない

自分をずーと否定し続けている+電気帯電現象である。


衣食住にいくら-電気に気を配っても

コトバを+電気に使っていては

健康と安らぎは片手落ちどころか追いつかないのである。



その辛さを

丸ごと「ソウカソウカ、無理なかった」とイタワル事は

-電気を自家発電し放電することになる。


すると 幸 


ありゃりゃ、幸せになると字は教えている。

それも字形から観て上からも下からも「幸」なのである。


辛さを否定し幸せになろうとネバベキでいくら躍起しても

幸せを上へ先へ求め続けるため

衣食住に-電気をいくら配慮してもコトバを+電気に使っていては

今茲の幸せは永遠のいつかと解ってくる。



更に面白い事に

幸は辛がないと-を付けられず

辛があってこその幸で、

辛さを否定せず丸ごとイタワル事で幸せになれると解るではないか。


求めずとも幸せに転換できる材料はいっぱいある。


立ち上がれないほどの辛さであるほど

イタワリの-電気照射で幸せに大反転すると解ってくる。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad