FC2ブログ

D 膜あけで暮しに投影 1

宇宙は音、私達は音を命に授かっている。


1/∞秒で無限大を回る光透波が詞コトハ

言を司ると書くようにコトバの本質で

調和の連鎖と愛と感謝、イタワリと許しで充満する宇宙意識

授かる命であり自分の本質である。


      語膜


ブロックしているのが語膜であり

コトバをネバベキに使っている為に分離している。



生まれた時は天真爛漫純粋無垢で分離が無く繋がっているが

残念なことに赤ちゃんはそれを自覚できない。


誰も初めからひねくれていたのではない。


全てに繋がっているその純粋無垢に

オが付く躾で不安と恐怖を刷り込まれ

自己否定とジャッジのネバベキの思考と感情を構築させられ

本来性と分離する語膜を厚くしひねくれて来たのだ。


その刷り込みこそが伝承されてきた因縁で

WORLD→WORD+L(開く意味)と字は教えるように

コトバの開きが世界=空間を現象し

因縁通りに体に現れ人生を展開している。


愛と感謝、イタワリと許しが本来性であるコトバを

真逆の売りコトバに買いコトバ

ジャッジと自己否定を生むネバベキに使い続けてきたのである。


不安と恐怖が強いほどネバベキの語膜が厚くなり

本来性と分離→病気・自己否定と防衛・イライラ落ち込み・妬みうぬぼれ・・・

間に合わない世界を強め計算と思惑を発揮する。



自我の超越

宇宙意識に回帰したいと宗教や瞑想に求めるが

ネバベキの音が語膜を創り

自我を強めているコトバの仕組みに気づきたい。


コトバが意識を生んであるのであるから

六感覚の体験によって自我を超越しようとせずも

ネバベキの音の使い方=売りコトバに買いコトバを止め

「ソウカソウカ無理なかった」イタワリとモンダイナイを使えばいいのである。


イタワリとモンダイナイの音のエネルギーが

語膜を開け自我をフェイドアウトさせてくれるのであるが

伝承された因縁=ネバベキにコトバを使い続けている事に

なかなか気づけないのである。


なぜなら

コトバは最も身近な存在、命であるから

コトバそのものを客観できないのである。


それを裏付けるように

コトバで創られる自分の思考と感情が正義になっていて

自己主張の戦いと自己防衛にしっかり根づいているではないか。


それこそが語膜なのである。



コトバが命である理解と共に

自分という主観を客観できなければ

コトバの使い方には気づけまい。


だから分離の穴埋めを思考や知識に求め

答えは自分の中にあると言いながら外に求め

「今茲」と言いながら「上へ先へ」と求め

イヨイヨだとずーと言い続けているのである。



そして外に求めた思考と知識でジャッジしているので

いくら構築しても精神世界(本来性)と日常生活に分離が出るのは当然で

それを埋めようと

まだこんな自分はダメだ

まだ学びが足りない・・・

自己解放をネバベキと自己否定しながらの迷路をさまよう。


自己否定では命は活性しようが無いわけで

それでは瞑想が迷想になってしまい

言っている事やっている事と裏腹にウツや癌が多いのである。


それで癌になると

人類のカルマを請け負ったと言っていた人を知っているが

本当にそうだろうか。


リアルに言えば自律神経緊張=酸欠の極まりでカンジダ菌増殖だ。

命の世界を開けば自律神経は活性化するはずだが・・・




膜は月+莫

月=夜でネバベキの語膜は暗闇を生んでいるが

闇があけて日になると日+莫=暮という字になるように

暗闇を生む語膜があければ

本来性との分離が溶解し暮しに投影するではないか。


健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち

調和が連鎖する間に合っているど真ん中の存在となれるのだ。


なぜならば

分離が無くなれば無限の中では誰もがどこに居ようが

中心になるからだ。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad