D 言霊の使い方 2

WORLD→WORD+Lと字は教えるように

コトバの展開が世界=空間を結果している。


個で言えば

どのようにコトバを現在完了進行形で使ってきているかが

一番身近な空間現象の体に、家庭に、仕事に、対人関係に・・・

人生という空間に結果している。


更に言えば

判断の仕方によって現象が変わりそれに意味付けをしている。


何を基に判断と意味付けをしているかと言えば

培ってきた思考と感情=意識である。


それはコトバの展開なのである。



エネルギーは空間に結果する

エネルギーはコトバ

発声だけでなく頭の中で回る念もイメージもコトバであり


(自覚できないほどに絶えず頭の中で超高速で念=コトバが回っており

その念を口から出すのが発声、視覚化が文字で文章となる。)


コトバが思考と感情=意識を構築しそれが判断力となり

空間に結果していると分析できるのである。




「天地を動かすばかり言の葉の誠の道をきはめてしかな」
コトバは天地をも動かす力がある。
キリストや空海、ヒマラヤ聖者・・・聖者が起こす奇跡は全てコトバの力である。


本来のコトバは

「コトバは神なり、神はコトバと共にあり」

神聖なお力そのものでそれに由っている意識は

自然界のあらゆるものと通じ

吹けよ風呼べよ嵐、動物も植物も精霊をも動かす事ができる。


発するコトバは愛と感謝、イタワリと許しで

神と超伝導するエネルギーが調和が連鎖する世界を展開する。

(個人的にそういう時代の記憶が見え隠れする。)


そのコトバを命に授かる故に人間は万物の霊長なのである。



しかし

本来性は失われ

今はもはや、コトバの使い方は自己主張と自己防衛に徹し

刷り込まれた因縁による売りコトバに買いコトバの使い方しか知らない。


当然因縁通りのバーチャルの世界に幽閉され続け

その中で思惑に見合わせようと

言霊と称しアリガトアリガトの連発なのではないだろうか。


     語膜


語膜が創るバーチャルの中で間に合わせようと

シノゴノしているように思えてしまうのである。


あるいはバーチャルに気づいたが故に

こんな世界ではないのだ、こうあらネバベキで繋がろうと

躍起している。

(かつての私はこのスタンスで瞑想にのめり込んでいた。)




コトバの出力を高めるにはどうすればいいのか。

語膜の中に幽閉されていては

いくらでかい声を張り上げようが背中丸めてアリガトを連呼しようが

トロロ芋ではないだろうか。


イラストで解るように

語膜をあけることでコトバの本来性を回復するのである。



語膜は不安と恐怖が厚くし、命の情報を封印している。

それはネバベキにロックされ

自己否定と防衛を余儀なくし

売りコトバに買いコトバしている日常生活であり

あるいは構築した知識でジャッジしていて

それに無自覚なのではないかと思う。



ネバベキを解除し

「ソウカソウカ無理なかった」とイタワリ照射で

語膜が開き自己解放になって行く。


なぜならばイタワリは

過去の行程を肯定するので 今が近づき

過去の闇を加光するので  今が明るくなり

アナハタを解凍するので  アタタカイハートになる


売りコトバを買わずに モンダイナイ

モンダイナイが問題を無くすダイレクトエネルギーである。


なぜなら

命には何一つ問題ないパーフェクトを授かっている

問題の根源は因縁によるコトバの使い方が生む思考と感情で

それを解放すればモンダイナイ世界がお出ましになるからである。



語膜をあけ

コトバの本来性に目覚めることが大切であり

それは自身の命の活性化にダイレクトになっていて

膜あけで暮しに投影すると考える。



内容と関係ないが

吹けよ風呼べよ嵐 Pink Floyd

(懐かしい人もいるでしょ




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad