FC2ブログ

D 映画「天国からの奇跡」

奇跡ということがどう言う事か

映画を通して「モンダイナイ世界」に感応したクライアントさんが送ってくれた。


     4547462107299_1L[1] 天国からの奇跡



奇跡など無いと考えるか

日常の日々は奇跡の連続と考えられるか

この映画は示唆している。



思惑に凝り固まっていては

先へ上へと求めるので計らわれていることが観えない。


映画の最後に見い出せるが

鳥瞰図的に振り返る事ができれば、いかに計らわれているかが解る。



その実感が持てるほど

安らぎに満ち、間に合っている世界が広がるのではないだろうか。


イタワリとモンダイナイの音波云がそれを加速してくれる。


その音のエネルギーが先へ上へのビジョンから

振り返らせ過去の行程を肯定でき

見えなかったものが観えてくる。


(振り返り掘り出すから観えてくる

掘り出す日→holy(堀リ) day

掘り出し計らいが観えれば聖なる日々でクリスマスに限った事ではない。)


それが観えてくると

真実は調和の連鎖の中に計らわれ育まれていることを実感でき

何一つモンダイナイ、ただただ感謝の想いが深まるのではないだろうか。


だから英語でconsious→感謝スと取れるように

意識の本来性はイヤでも湧き起る感謝スの想いに違いない。



思惑に固まるが故に意識があまりにも狭く

どんなに愛され計らわれているかが観えず

思惑を実現しようと忍耐努力に明け暮れて緊張を募らせている。


思惑が強いほど360度の全方位を狭め見えなくしているイメージだ。



思惑通りにしたい

だから引き寄せに躍起すると思うのだが

ならなければ満足することはないし感謝も湧き起こらない。


湧き起るのは不満で、human→思惑に駆られフマンが人の性であろうか。


ではその思惑とは何かといえば

不安と恐怖が反動となったものではないだろうか。




奇跡は調和の連鎖であり

それを「ソウカソウカ、無理なかった」のイタワリと

「モンダイナイ」の音が開いてくれる。


問題とは思惑が強いほど多く

モンダイナイが不安と恐怖を解放してくれるので

問題は無くなる。


なぜならば何一つ問題ないパーフェクトを授かっているからだ。


そして同時に

調和が連鎖する間に合っている世界に存在しているので

実は、何気ない日々がwonderがfullしていると考えられる。



送ってくれたクライアントさんは

それを実感していると思う。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad