FC2ブログ

D コトバと手仕事と脳の活性

シュタイナー教育に携わり手仕事を教えるクライアントさんからの問い合わせ。

場の力が手仕事をする時にかなり重要ではないかと。


次回の来院時に聞きたいとの事だが先に見解するので

それを基にスピークがスパーク、トークが解ークできたらと思う。



シュタイナー学校の手仕事授業は

教育芸術の観点から

手によって美しくかつ実用的なものが作られることが大切で

世界は自分の手を動かすことで変えられるという。



それをペンフィールドのマップが示唆している。

ペンフィールドのマップ

   

    o0318032112478224613[1]

      


大脳皮質の各部位と体の各部位の感覚や運動の関係を示した図。


足・頭・手指・顔・舌・唇などの感覚や運動の機能が

大脳皮質のあちこちにあり分業して

大脳皮質の約3割が手指の動きをコントロールするために使われている。


「手は外部に出た脳」といわれる所以がここにある。

  


ホムンクルス人形

   

     th4TO0VJ7A.jpg

                                               

胴体に比べて手指と口・舌が異様に大きい。

手や舌に関係した神経細胞が非常に多いことがわかり

脳の発達は手を動かす機能と話す機能と密接に関係している。  

                                               

シュタイナーの学校で手作業を大切にすることが解る。


手はもちろんであるが

口・舌の動きは乳幼児は舐めることで情報をキャッチし脳を活性化するが

その動きの極意は話す事である。

speakがsparkでエネルギーの放電現象

talkが解ークするからである。



手を使える意義

人類の進化から観れば

二本足で立てることで得た最大の意義は手を使えることである。


火を扱うことももちろんだが

手を自在に使えることで文明文化を発展させてきたのである。

そして

文明→文が明らか、文化→文が現象化と取れるように

文を構成する字がその根底にはある。


手が使えなければ自在に文字は書けないし

文字を書けることで脳は格段に活性化するのである。


文字の実力は

話=音だけなら聞こえる範疇に限定され発した途端消えるが

文字は智恵を時間空間を超え伝えられ確認でき

それが無ければ広める事も深め発展させる事もできない。




クライアントさんは

ペンフィールドのマップやホムンクルス、シュタイナーで

手作業がなぜ大切かをご存知だが

更に言いたいのは場の力(環境・・・取り巻いているエネルギー)

が脳の活性化に影響するのではないかとの示唆と思う。


全くその通りと考える。



なぜならば遺伝子の情報開示は「場」に由る。

ネガティブな場の力(フィールド)がネガティブな遺伝子情報を

ポジティブな場の力(フィールド)がポジティブな遺伝子情報を引き出す。


病気はそのような遺伝子を引き出してしまう環境=場があるはず。


占星術で同じ星を持っていても環境=場によって引き出され方が違う。

まさに私達は環境という場に由っている存在である。



遺伝子の基は何か

遺は貴走と取れ

遺伝子は宇宙の貴い動き(走り)を伝える子ネコシス=音光詞数で

遺伝子情報は宇宙の実相である音光詞数で創られている。


その音光詞数の貴さの走りは光透波=1/∞秒で無限大を動く絶対速度で

それが私達が命=遺伝子に授かるコトバの本質なのである。


音光詞数が宇宙の場の実態で

場はジョウ情と連動し

宇宙の完全なる場(絶対電磁場)が完情の愛と感謝、イタワリと許しを創造する。



この観点から言えば

命の本質に共鳴する愛と感謝、イタワリと許しを醸し出している環境

そのような場=情の中での手作業は遺伝子は開示されやすい。


educateは引き出すが語源のように

命の情報をいかに引き出すかが教育の真髄で

schoolスクウル=救ウルだが

今の教育は引き出すのではなく押し付け比較競争ではないだろうか。


引き出されないから救ウルにならないので

登校拒否は無理もないと思う。


引き出すためには

潜象している命(愛と感謝、イタワリと許し)に共鳴する情報=場の力

=愛と感謝、イタワリと許しを掛けてあげることだ。

-×-=+



コトバは光透場

究極の場の力がコトバなのである。


その場の力(言霊)を使えるようになるには

売りコトバに買いコトバ、ジャッジと自己否定していては難しい。


エネルギーで言えば

「秘田ー中丹田ー丹田」の生命ラインを整えることであり

その要が自己否定で凍結麻痺した中丹田(アナハタ)の解凍である。


     dansei-mae[1]



WORLD→WORD+L(開く)

コトバの開きがWORLDとズバリのように

命の本質に共鳴する愛と感謝、イタワリと許しの

コトバが開かれた環境の中でのeducateは

霊的覚醒遺伝子の開示になるのではないか。


シュタイナーはそれを狙っていたと思う。



どんなイデオロギーや教義を掲げようが

歴史を振り返ればわかるように

平和と豊かさは開けずオールミスしてきている。


霊的覚醒遺伝子=命の情報でなければ

開くことはできないのではないだろうか。


本来は教育も宗教も科学も全てはそれを狙っていると考えるが

如何せんコトバという究極の光透場を封印している。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad