D NHKスペシャル人体「脳」

2018年2月4日(日) 

動画 http://www.dailymotion.com/video/x6e8uyn


「閃き」の出やすい状態に興味を持った。

集中している時ではなく

ボーとしている時に出やすいと言う。


その時の脳は

電気信号の太い幹ができ全体を繋げいてる状態になり

集中時よりボーの方が脳はすごく活性化されていると言う。


ボーの方が活性化とは面白いではないか。



ボーとしている状態を掘ってみたい。

思考と感情にとっ捕まっていてはできないのだから

それから解放されている状態と言える。


「三つ子の魂百までも」で特に幼少期に受けた抑圧が強いほど

自己防衛と主張が強くなり

自身の思考と感情が正義と固執するのでストレスが強く

その正義にそぐ合わなければ問題だ問題だ

無自覚だが慢性的ストレス状態である。


それは固定観念にがっちり根づいた思考と感情で

ネバベキにロックされており

自己防衛と自己主張、損得勘定の計算と思惑をいつも働かせ

ボーとなどしていられない。



ボーは思考と感情からの開放

角度を変えれば「無になれ空になれ」の状態ではないだろうか。


思考と感情にロック状態とは

刷り込まれたものの見方考え方のまま

つまりlegendされたコトバ=音のエネルギーに束縛され続ける。


ボーは束縛からの開放状態

そこに閃きが電信されると考える。


束縛は緊張を余儀なくしているので

ボーは緊張緩和で脳波ではα波やθ波であり

リラックスが自律神経活性で脳の機能向上になるはずである。


その活性化をフィジカルから言えば首を緩めることだ。

脳の血流は良くなり脳力=能力アップになり

血流低下では緊張しボーは遠のいてしまうからである。



閃きは束縛された思考と感情を超えたところからの情報で

あらゆる情報の源「無」「空」からの電信だ。


legendされた思考と感情にロックでは

自己防衛と主張、損得勘定に培われた

ちんけな情報に限定されるからボケてしまい

ボーとするほど

電信能力は上がり脳は活性化しボケられないと響くのである。



閃き=電信=田心に生きた人が小田野先生であった。


小田野先生

幼少の頃から怖いものが無かったから

無邪気に「それは何で?どうして?」と常にナニナニと問い続ける頭であった。


「お化けが出るぞぉ」と脅されても「見たい見たい連れてって」と

怯まずとことんの追求に大人は閉口してしまい

可愛げのない子供に思われていたそうだ。


(抑圧は恐怖の刷り込みであり

その反動でネバベキにロックされ固定観念に束縛されるから

問いの回路は細くなる。)


問い続けた結果、最後に出た問いがナニとは何か?

つまりコトバとは何か?であった。

そして

「初めにコトバあり、コトバは神なり」と謳われるコトバの本質を

エネルギーと幾何で裏付ける光透波理で解明された。



問い続けることは

固定観念に縛られない=あるがままの世界=今茲の充実

だから頭は常にフレッシュでフラッシュし

それが閃きで天からの電信を受けることと思う。アルがまま


電信=田心で「思」となるように

閃きが思う事のスイッチで

それを基に考える手順になっていると話してくれた。


確かに考思力とは言わない

思考力と言うように閃き=田心を元に考えを深めている。


考えるは神帰るに通じ

その発端に思があり

田心=電信と取れ天からのインスピレーション=閃きである。 


宗像三女神の田心姫とリンクしタゴリ=田合理と取れ

絶対電磁場(田)の合理情報である。

田心


考える=神帰るのスイッチである閃き=電信=田心=思

小田野先生は「思」の字を神様のように大切にされていた。

小田野先生と桜沢如一氏との縁


2001年に93才で昇天されたが

頭はフレッシュでフラッシュのままであった。


天との電信に生きていた先生の脳は

常に電気信号の太い幹ができ

全体を繋げいてる状態であったと思うのである。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ボーっとしていると

このブログで
書かれている事も
受け取りやすいです。
形代の至
が屋
大空間というつながり
も受け取りやすいです。

本日
武蔵野線で
治療に向かう途中
電車でなんだかボーっとして
これを読んだら
スムーズに伝わりました。

奥の間にある
絶対電磁場の回転振動を
字に見たり
音に聴いたりということも
スムーズに伝わります。

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad