FC2ブログ

D 血の浄化

食事療法は

食物が血に影響すると考え玄米菜食・抗酸化食などで浄血を図る。


「血流と筋肉の関係」でアプローチしたが

抗酸化食に励んでも血流が悪いと濁りやすく

筋肉が硬いままでは血流アップ=浄血にはなりにくい。


この基本が解っていないと

流行りの健康番組のあれが良いこれが良いに

サプリのCMにまんまと踊らされてしまうし

食事に気を付けていても改善しにくい原因の一つと考える。


(これはダメあれはダメと食事にこだわる人に

健康でハツラツの人をあまり見ないのは私だけか?)



そもそも何で濁ってしまうのかを掘ってみたい。


確かに糖質やアルコールなどの過剰摂取や食べ過ぎは

内臓疲労と共に血液を酸性化するため

抗酸化食が大切となるのだが


過剰摂取の大きな原因がストレスがあり

抑圧感情が強いほど慢性ストレス下で過敏に反応するし

副腎疲労に陥っている。



日々食事に気を付けていても

一発の不安恐怖・怒りで血は酸性化=濁る

つまり過敏にストレスに反応するネガティブ感情の蓄積が

血の質に大きく影響しているのだ。


無自覚だがストレスに過敏であるため

食事にもその他にもこだわりやすいのではないか。


なぜならば

問題にするので「モンダイナイ」と吹き飛ばせない。

そのため問題だらけで何とかしようとこだわるのである。


WORLD→WORD+Lと取れるように

どうコトバを展開し意味付けているかが世界=現象であるから

問題にしなければ問題は無いわけで

問題は「問題と認識する思考」であり

その思考を生んでいるコトバの働きには気づけないのではないだろうか。



字はどう教えているか。

血→ノ皿

ノは能(ハタラキ)で最初にあるノ=先天の能

それを受け取る皿が血と取れる。


天の能(ハタラキ)を受け取るには濁っていては難しい。


天のハタラキを命に授かっているのだから

その受皿が綺麗であるほど

命は活性化し健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち

調和が連鎖する間に合っている世界が広がると考えられる。


フィジカル的には

血液サラサラで酸素供給を多くする食事や

軟らかい筋肉で血流アップする運動だが

それだけでは賄えない浄化がある。



それは思考と感情の浄化である。

ストレスは思考と感情に因っているからである。


その思考と感情は何に影響されてきたかというと

因縁は因音云(インネン)と取れるように

親や先祖からLEGENDされてきたコトバの使い方で

それがものの見方考え方を構築し

ネバベキの抑圧が強いほど

自己防衛と主張が強い思考と感情になりストレスに過敏になる。



それでどうしても売りコトバに買いコトバになるのである。


何で買っているかというと

抑圧の反動で構築されてきた思考と感情で

自己防衛と主張が強いほどそれが正義になるからである。


買いコトバするほど因縁にロックされるため

天の能は受け取れず

慈愛と安らぎは薄く間に合わない世界に幽閉され続ける。



買わずにいるには

自身を客観する力が必要で(丹田力)

それはそれは大変なエネルギーがいるため

買いたくなるのは重々承知であるが


売りコトバを買わずに「モンダイナイ」と

「ソウカソウカ 無理なかった」と自身をどこまでも深くイタワルことで

天の能をドンジャラ受け取れるお皿=血の浄化と考える。


血の浄化は因縁解消であり自己解放なのである。


食事や運動だけでは血の浄化は片手落ちで

売りコトバを買っていては因縁のままであり

因縁通りのネガティブ遺伝子が引き出されるのは当然ではないか。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad