D 老化防止

軟らかい心と体を保つこと。


その為には良い姿勢が要である。

良い姿勢=中心軸が重力と同調でき「骨で立つ」

最小の筋力で支えられるので軟らかいのである。


軸がぶれる分、筋肉で支える必要があり硬くなってしまう。

例えば軸が前傾すれば腹筋・足の前面で支え

膝にも腰と肩首にも負担が常時かかってしまう。


        images2U80G311.jpg



その為には軟らかくする運動が大切であるが

なぜ硬縮しやすくなるかアプローチしたい。



軸のブレのメンタル原因

前傾になるのはアナハタのブロックで胸は閉じ肩は内旋し

首は縮こまり腰は寝てしまう→猫背


なぜアナハタがブロックするかというと

不安や恐怖、怒りなどが原因する。

その様な感情は必ず胸を閉じてしまう。


(喜び・優しさ・温かさで胸は開く

なぜなら命の本来性がそうであるからだ。)


それらのネガティブ感情が自己防衛を余儀なくし

反動でネバベキの音にロックされ自己否定に陥るのである。



自己否定していては

余剰エネルギーは枯渇の一途で老化に拍車をかけるのである。


その状態はアナハタのブロック=猫背と共に

過去の行程を否定している為

絶えず先へ先への思考と感情であるので軸は前傾すると考えられる。


(だから姿勢から内面に抱えているものが観えてくるのである。)




肉体は求心エネルギーで構成されるため

求心化=老化は免れないのであるが

命に絶対遠心エネルギー(光透波)を授かっているので

意識はどこまでも深く抽象の世界にアクセスできるのである。


それは六感世界を開き

命の遠心エネルギーを加速するので理知力が高まり

アナハタの解放で丹田が充実することでもある。


丹田の部位は腸であるので

空にあるエネルギーを触媒する有用菌増殖

丹田の受皿となっている仙骨の活性化

それはクンダリーニの活性化であり

仙骨は副交感神経のモーターポイントである為

自律神経は活性化し生命力が高まるのである。


生命力アップは

軟らかい心と体と同時に個性の開花・運気向上と連動する。



逆を言うと

物は求心エネルギーであるので

物欲が強い意識であるほど

本来性を求心化するため理知力も頭の回転は上がらない。


生命力は高まらず心も体も固く

個性は裏目に・運気低下で間に合う世界が遠のき

ボケと老化を加速してしまう。



認知症は脳の廃用性萎縮と言われるように

脳を本来の抽象の世界・智恵・理知・美と愛に使わないから

萎縮=求心化=機能低下となると考えられる。


意識の求心化が自己防衛と物欲と連動し

肉体の求心化=硬縮=機能低下=老化を加速する。



意識が自己防衛と物欲に埋没していたら

いくら抗酸化食や運動に励んでもままならず

その様な意識で甘いもの大好きで運動もせず

一日中TVにくぎ付けであれば簡単にボケと老化を加速する。



なぜ自己防衛と物欲に縛られるのか。

その大きな原因は不安・恐怖・怒りなどの抑圧感情があり

ネバベキの音にロックされ自己否定しているからである。


否定されれば萎縮する

脳にNO!NO!NO!と抑圧のネガティブエネルギーを

撃ち込まれてきたからで

脳の委縮と反動による思考と感情が自己防衛と物欲を強める。


そのようなことに無自覚であるが

ねほりんぱほりん 介護 にあるように

老化で理性を失えば押し込んでいた抑圧感情が暴発するのは当然である。



「ソウカソウカ 無理なかった」のイタワリの音のエネルギーは

抑圧感情と自己否定を解放し

自身の思考と感情を客観する理知力を育んでくれるので

求心化した意識を本来性の遠心性に転換し

命は活性化し美と愛を深めボケも老化も防止すると考える。


飲食や運動だけでは片手落ちなのである。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad