FC2ブログ

D 機織りの夢

来院しているクライアントさんが楽しそうにトントン機を織っている夢を見た。


彼女の背景がわかると夢が意味するものが解ってくる。


背景

彼女はある新興宗教を若い頃から熱心にやってきた。


子供の情緒不安定が来院のきっかけであった。

治療にあたりメンタル面での原因は

幼少期からのオの付いた躾にあるのではの解説に納得を深めてきた。



素晴らしい人生を歩んでもらいたいと願うのは当然で

その為にはと教義を幼少からネバベキで刷り込み

それが間違いのない家庭教育だと思っていたと言う。


しかしそれが裏目になってきたのである。


一言で言えば

常に清く正しく美しくあらネバだから

ネガティブを否定しているのである。


悩みがあるから解放ができ、濁らないと綺麗さが解らず

失敗しないと成功がもたらせない・・・

ネガティブがポジティブの前提であるのに

前提のネガティブを否定していてはネガティブに幽閉され続ける。



その仕組みが解らなければ

熱心であるほど教義とのズレを痛感し

まだ学びや信仰が足りないと思うのは当然で

増々ネバベキで子供にはオ躾し

彼女自身は自己否定と自己犠牲を強めてきたのである。


子供は

親から愛情を貰えないとなると死活問題であるから

正直な気持ちを押し込めイイ子になって報いようとする。


それは無邪気さをアナハタの奥底に封印する。


アナハタのブロックが

「秘田ー中丹田ー丹田」の生命ラインを詰まらせ

生命力低下・自律神経緊張・個性が裏目とリンクし

オ躾がやりたい事や好きな事など内からの情報を出にくくしていく。


情緒不安は

オ躾の外からの情報と内在する命の情報との葛藤なのである。



アナハタに封印されるインナーチャイルドが握る命の情報は

全てに繋がり調和が連鎖し間に合っていくものであり

その開示は神の愛を自覚実感することである。


クライアントさんは

教義に則すことが因縁解消になると熱心に信仰し

教義に則さねばと

子供にも自身にもネバベキで正直な気持ち・命の情報を封印し

まだ学びが足りないと自己否定と自己犠牲に陥っていたのである。


浄化は汚れを出す事なのに

誰もがあるドロドロの感情をネバベキでギューと押し込めてきており

圧が強まればどこかで噴火するのは当然で

それが情緒不安か病気か、あるいは災いなどで出るのである。




どうしたら

アナハタの凍結を解除し命の情報を開示できるのか。


どこまでも深く「ソウカソウカ 無理なかった」と自身をイタワルことだ。

イタワリは

過去の行程を肯定し、過去の闇に加光し

アナハタの凍結を溶かすアタタカイ音のエネルギーで

「今茲」を近づけてくれる。



体は緊張歪み症状として現し教えているのだが

自己否定に陥っている事に無自覚であり

解放を思考や知識・教義に求め続けている。


しかしイタワリができないため

ネバベキの音にロックされ

過去を否定と闇のままにし自己否定を続けるので

いくら教義や知識を構築し頭ではわかっても解放されない。

だから「今茲」を上へ先へ求め続けるのである。


いよいよ、今年こそと言い続けていて

一体いつになったら「今茲」にシフトするのだろうか。


そしてコトバが神であることは知ってはいるが

legendされてきたコトバの使い方のままで

売りコトバに買いコトバ、ジャッジに明け暮れている。

それでは神のお力を降ろせないのである。



クライアントさんはイタワリで気づきが出てきたのである。

アナハタに不安と恐怖と怒りが押し込められていて

彼女自身も刷り込まれた抑圧があったことを。


(それを解りにくくしているのが

親は有難く親孝行しなければならないという刷り込みである。


しかし実際は

親は自身の思考と感情が正義であり

それを不安と恐怖を持って押し付けコントロールし

伝承されてきたコトバの使い方=因縁(因音云)を

先送りする存在ではないか。)



その抑圧の反動で宗教に入り

教義に則すことで満たされ

因縁解消し幸せになれると熱心にやっていても

残念な事に命の情報は封印のままであったのである。


反動そのものに気づけていないので

因縁解消どころか同じように子供に因縁を先送りしていたのである。



イタワリの音のエネルギーは

鳥瞰図的に人生のプロセスを客観する力をもたらしてくれるので

反動に気づけるのである。


反動が割れれば

反重力(動=重+力)になると字は教えるように

合点解放でその反重力の軽さは至福の快感なのである。


だからだったのね「ソウカソウカ 無理なかった」と

自分を許せ認められ緩み

自己否定の解放はものすごい快感とエネルギーをもたらしてくれる。



アナハタの凍結解除で

命の情報開示・生命力アップ・運気の向上

自律神経活性・個性の開花・潜在能力活性・神の愛の自覚実感・・・

健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち間に合っている世界が広がるのである。


クライアントさんはアナハタの凍結解除が加速している。



夢が意味するもの

機織りは縦糸に横糸を通しトントンと織り込むのだが

糸はイト・シの音を持つ→イトシ愛

縦糸は初めからある糸=愛、神の愛

横糸は自身の愛=真心と響く。


縦糸があるからこそ横糸を通せるように

神の愛を自覚できるから自身の真心を通せて

美しい柄の生地が織り出されていくのであるから

織る事はそりゃ楽しいに違いない。


機ハタ→波田

波はエネルギー、田は絶対電磁場

宇宙を構成する絶対電磁場のエネルギーを命に授かり

機を織る事は

悔いのない完全燃焼する自身の命の表現と言える。



今までは

縦糸の自覚実感が無いのに

横糸を通し織ろうとするので無理があり

自己否定と自己犠牲では織れなかったし

心も体も負担がかかり楽しいわけはないと思う。


横糸を通すことは

自身の個性と真心の表現であり潜在能力の発揮でもある。


やりたい事をやるわけで

そこには徳を積むとか見返りなどの損得勘定=感情は無いし

世の中を変えねばとムシロ旗を掲げるでもなく

楽しいから

嬉しいから

好きだから

やっていることなので無邪気さの復活と言える。


その無邪気さは

抑圧=因縁がもたらした不安恐怖怒りによる封印からの

復活祭であり、因縁解消・自己解放でもある。



夢→ユメ由命と取れるように

夢は私の命の情報(潜在意識)に由っているわけで

クライアントさんはそのようになると示唆してくれたのである。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad