FC2ブログ

D 即身成仏 2

仏→イ意 ム務ツトメ=通透明

字が教えるように透明に通じる意識に成る事が成仏。


それは真空透明=宇宙意識は概念を超えた世界であるから

概念を超越する事である。



概念の超越は読みを変えること

概念とは

透明=宇宙意識を生んでいる「音」を対象と結びつけ意味付けている。

例えば

 この絵を見れば誰もがハサミと認識するが

 にハ・サ・ミという音を結び付け、切る道具と意味づけている。

→ハサミという概念を生んでいる。



固定観念=概念を割ることは

読みを変えることである。

対象に固定された音を解放するのである。


ハサミ= 切る道具に固定された音を天鏡図に照らし読み変えれば

波左実→光透波は直理(ヒタリ左)の実態

と概念を宇宙の実相に読み変えている。


天鏡図に照らし読み変えれば

概念として固定された音を

天念=宇宙意識・真空透明の実相に展開できるのである。



概念は肉体五感覚が認識する現象の世界

宇宙意識は命の六感覚の潜象の世界


だから肉体五感覚を超越しようと難行苦行し

マントラという意味づけしない「音」を使い

瞑想し宇宙意識=六感覚世界を開こうとする。


それらに求めなくても

概念を天念(宇宙意識)に読み変えできれば

概念の世界であるこの世に生きながら

あの世に通じる事ができるのであり

日常生活そのもの中に開くことになる。


読み変える=ヨミカエリ=甦→更に生きる と字は教えるように

この世だけでなく更にあの世にも生きる事ができる。


黄泉帰り、四三帰り→四+三=七次元に帰るとも読み変えられる。

黄泉は死の世界、死は一タヒ(対)と取れるように絶対に対応した世界

(この世は相対の世界)

七は一Lと取れるように一は絶対、Lは開く意味があるので

黄泉の世界である七次元は絶対が開かれた世界と展開する。


読み変えりに親しんでくると

ネバベキの思考と感情(固定観念)から解放されていくので

田心(閃き)がどんどん

自身の本来性=愛と感謝、イタワリと許し

健康で豊か、慈愛と安らぎに満ち調和が連鎖する間に合っている世界が広がり

ネガティブな事を反転できてくる。


封印していた無邪気さの回復であり

全てに繋がっている自身の本来性に回帰し

私は和足し

I am what I am→私はIアイ愛を編ム存在である。


自己否定・自己分離の解放に比例し

言霊を使え日常生活に空間性原理を降ろせると考える。



逆から言えば

どんなに知識を構築してもその知識は概念を超えることはできない。

そしてその知識でジャッジしているので

概念から抜け出すことはできないのである。


この世は対象と音が結び付いた概念の世界であるから

真理は曰く言い難し・コトバでは言えない

そう表現するのは概念を超えたところにあるからだが

「曰く言い難し・コトバでは言えない」とコトバを使っているのである。


だから真理はコトバそのものにあると解る。



「真理は知ることではなく生きることである」

聖者グルデブのコトバと聞くが

そんなのわかってらいと知識は構築できるが

問題はどうしたらできるかなのである。



嫌な事・不安な事・上手く行かない事・・・

それらは自身の概念=固定観念が生んでいる。

なぜなら

その概念=固定観念に見合わないことが「問題」になるからだ。

問題は相手や現象にあるのではなく

自身の概念=固定観念が生んでいるのである。


そして問題を無くそうと躍起するが

何に頼ろうが、どう計算と思惑を発揮しようが

固定観念に縛られていては

目先は解決しても問題は無くなりようがないと解ってくる。



その概念を天念に読み変えることで

解放され気づきがお出ましになり

それらのネガティブが反転もするし

意識の拡大=自身の本来性に回帰するのである。


つまり概念を天念に読み変えし続けることで

真理の理解と同時にそれを生きる仕組みなのである。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad