FC2ブログ

D スピリチュアル難民

本当の自分はどこにいるのか?

様々な宗教やセミナーを渡り歩き、本も読み漁り自分探しに行脚している。


難民は知識は豊富だが実感できない

知識でがんじがらめ、理性と感情の戦いを続ける故に難民なのである。



誰もが生まれた時は

命そのもの天真爛漫純粋無垢の存在で、それが穢れない自分の本来性である。


そこにオの付いた躾で

有限相対の地上の仕組みをネバベキで刷り込まれ

天真爛漫純粋無垢から比較競争差別に封じ込まれ

命の情報がファイルされる名前をネガティブなエネルギーで呼ばれ

不安と恐れをもって抑圧コントロールされ

穢れない本来性が踏みにじられアナハタの奥底に押し込め成長していく。



そのせいで命の情報は閉ざされ

自己防衛を余儀なくし闘争か逃走の思考と感情

計算と思惑にどっぷりになってしまったからで

あなたは初めからひねくれていたわけではなく

踏みにじらて来たからなのだ。


ネバベキの思考と感情の顕在意識(大脳新皮質が司る)と

アナハタの奥底に押し込めた自身の本来性とのギャップが

自分探し君に駆り立てるのである。



落し穴

WORLD→WORD+L(開く) と字は教えるように

コトバをどう使って来たかの現在完了進行形が

自身のWORLD(人生)に結果しているのである。


自己解放には自分を許す、愛す、受け入れる

「今茲」等々と知識はあるし瞑想もするが

日常のコトバの使い方は ネバベキ=自己否定のままで

売りコトバに買いコトバ、ジャッジに明け暮れていては

アナハタの凍結は解凍されないので

知識は丹田に降りない=生活に投影できないのである。


     dansei-mae[1]



なぜならば抑圧の反動で自己防衛に徹しているので

自身の思考と感情が正義で、培った知識を基にジャッジせざるを得ないのである。


「過去の執着と後悔、将来の不安」に幽閉され

「今茲」にある自身の本来性を上へ先へ求めてしまうわけで

自分探し君の行脚なのである。



意識はコトバが生んでいる事に気づけず

自己解放を知識や思考でやろうとする。


だから許さネバ、愛さネバ、受け入れネバ

あるいは教義に忠実にあらネバ

一生懸命になるほどできない自分がいて

がんじがらめになるのである。


戦→単り+戈 と字は教えるように

自分自身に戈を向けている→ネバベキの音にロックされ

理性と感情のせめぎ合い。

(本当に自傷行為する人もいるが。)


自己解放を自己否定しながら求めてしまうのである。



難民のクライアントさん

PART 1

許せばいい、愛せばいい、受け入れればいい・・・わかっているけど

できないから苦しい

引き寄せの法則も言霊もかじってきたが

思うようにならないと訴える。


なぜできずに苦しいかを解説すると

思考と知識でやるからである。


引き寄せも言霊も

問題は相手や現象にあり

それを自分の思惑に見合うようにしたいと

引きこもって背中丸めて「アリガトアリガト」やっていて

本当の問題は自身の思考と感情(思惑)にある事に気づけていない。


引き寄せようとするほど思惑=自我を強めている。

それを解放することで自我というバーチャルの世界を脱却し

全てに繋がっている自身の本来性に回帰するのである。


そうなればイヤでも調和が連鎖していく仕組みだ。



できずに苦しいのは

理性(思考と知識)でドロドロの感情を押し込め

精神の背伸びをしているからだ。


浄化はドロドロの汚れを出す事なのに

ネバベキとアナハタの奥底にギュウギュウに押し込めては

内圧は高まるばかりで苦しい。


だからガス抜きをしたくなるのだが

一番簡単なガス抜きが下から放出するsexだ。


難民は理性的な事を言うが結構スケベなのは

クンダリーニ(生命エネルギー)はアナハタのブロックで

間脳に昇華できないから下から放出したくなるからだ。


それでもストイックにネバベキでやってしまうと

クンダリーニ症候でエネルギーはコントロールできなくなる。

姿勢から解くクンダリーニ活性 5



そのクライアントさんに

「ソウカソウカ 無理なかった」イタワリと「モンダイナイ」と

音のエネルギーに云ばれる(音波云)を教えた。


彼は「そうか、思考や知識じゃないんだ。音のエネルギーだ!」

わかりました、ルンルン


次の来院時に

「どうですか、どのくらいイタワリできましたか?」と聞いたら

「エッ!イタワルことがわかっただけではダメなんですか?」


頭でわかって終りで、それで解ったつもりになっている。

実践しないのである。

それほど思考と知識の回路は根深いと思う次第であった。



PART 2

できない自分・ダメな自分をイタワル

問題を感じたら「モンダイナイ」

「私、わかっていますよ。感情が納得したらやりますね。

感情が納得しないとできないから。」のクライアントさん。


そういう人は抑圧を強く受けていて自己防衛が強い。

不安と恐れを強く擦り込まれているので

絶えず一々頭の中でフィルターにかけていている。


音がエネルギーだから

イタワルから感情は解放される仕組みなのだが・・・



この事から言えるのは

売りコトバを買わずにイタワリとモンダイナイを回せるのは

感情から離れられるからできるのである。


落ち込み・イライラプンプンに捕まっている時は

イタワリできないし、モンダイナイだって?

冗談じゃない大問題なんだよ!


だからイタワリとモンダイナイは

感情から離れている=主観を客観できる分回せるのである。

そしてそのはざ間にイタワリの反作用として気づきがもたらされ

売りコトバを買わなかった分、因縁解消し問題は無くなるのである。

(問題はlegendされてきたコトバの使い方に因る思考と感情にあるから。) 



カンジダ菌

わかっていてもできないのは

あなたのせいではなく菌のせい(カンジダ菌)である。

私達は菌の複合体・宿主であり

体調体質、嗜好も思考も菌に支配されているからである。

意識と菌は連動しているのである。

私って何?(菌アプローチ)


ネバベキの音は自己否定をしている。

それは生命力は高まりようが無く、自律神経緊張を余儀なくし

酸欠で筋肉は硬く血流が悪くカンジダ菌増殖の体である。


「エネルギーは空にあり」

それを触媒するのが有用菌で

その増殖が生命力アップ=命の情報開示=個性の開花=運気のアップ=

健康で安らぎに満ち、調和が連鎖する間に合っている世界を

有用菌が醸し出すのである。


カンジダ菌はその真逆である。


カンジダ菌は常在菌であるが

一旦増殖したら超ねちっこくおいそれとは白旗を上げない。

だからわかっていても

カンジダ菌が食え食え飲め飲め、落ち込みにイライラプンプンさせる。


この菌の仕組みを知らずに

メンタルだけで何とかしようとしても難しく

菌のせいなのにできない自分を責め落ち込みでは

カンジダ菌の思うツボなのである。


フィジカルアプローチ

「秘田ー中丹田ー丹田」の生命ラインは

アナハタでブロックされので丹田に降ろせない状態だ。

だから構築した知識を降ろせず頭でっかちだし

頭でわかって終りにしてしまうのである。


その姿勢は

猫背→アナハタのブロックで肩は内旋し文字通り怒り肩

首は縮こまりストレートネック、腰は寝ている。


「秘田ー中丹田ー丹田」の生命ラインは

自律神経・中心軸・スシュムナ・コイルとリンクしているので

それらが活性化しない姿勢になっているので

緩める事で活性していくのである。


骨盤が起きる→丹田の受皿の仙骨活性

首が緩む→脳の血流アップで脳力=能力アップ

     潜在意識・能力を司る小脳の血流アップ(顕在意識は大脳新皮質)

     その活性化は命の情報開示であるから迷いが無い

     だから首+走=道となるようにMYWAYが開かれる。

胸が開く→アナハタの凍結解凍


イタワリとモンダイナイの音波云と

菌からもフィジカルからもアプローチすることで

行方不明の自身の本来性が

アナハタの奥底に封印されていたと解ってくる。



      small_image1[1]


そしてイタワリが

本来性回帰の手段でありゴールだと実感を深めてくれる。

「放蕩息子の帰還」を迎える。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad